リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずはこちらへどうぞ!
菊地裕介公式ブログへようこそ、
タイトルの「たまゆら」、はほんのわずかな時間、刹那ということ。
一瞬で過ぎ去ってしまう音楽、しかしそのわずかなひとときにも、音楽を通して心と心が触れ合うことができたら、という願いが込められています。

日本コロムビアよる菊地裕介ホームページ
http://columbia.jp/artist-info/kikuchi/index.html

今後の演奏予定はこちらをご覧ください。(2013年4月24日更新
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-60.html

最近の演奏歴 (2013年4月24日更新
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-95.html

レッスンについて、連絡先など
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-52.html

携帯の方はこちらから筆者プロフィールがご覧になれます。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-54.html

ツイッター
http://twitter.com/Uacademia
スポンサーサイト
公式Webサイト(仮設)
最近、仕事がどんどん忙しくなり、告知系がすべてSNSになってしまい、こちらの管理はすっかり手薄になっていました。
事態を打開すべく、仮設ではありますが、公式Webサイトを作っています。
ぜひご覧ください。

本設サイトができて、会社や仕事が軌道に乗って、
余裕が出てきたら、またブログも再開できたらなぁ、とも思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

http://yusukekikuchi.jimdo.com/
久々の更新
演奏会予定など更新いたしました。

2013年4月24日更新
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-60.html
御礼とご挨拶
過日の東京文化会館ニューイヤーコンサートには本当にたくさんのお客様にお越し頂き感謝しております。
本当にありがとうございました。
kikuchi_omote.jpg
リサイタル翌朝から非常に体調優れぬまま、マンションの総会と5時間のレッスン、翌々日は経堂にてのピティナステップで終日の缶詰、そして本日は旧奏楽堂での佐藤淳一氏とのリハーサルと予定が立て込んでおり、ご挨拶が遅れましたことをお詫び申しあげます。

リサイタルの調子にはずいぶん波がありましたが、いくつかの印象を抱えてお帰りいただけていれば、と願っています。リサイタルにおいてのみならず、計画したとおりになったところとそうでもなかったところとあるのは人生の常ですが、2012年は僕にとって非常に動きの多い慌ただしい年であり苦境も続きました。
ここで心機一転して2013年は徐々に落ち着いた人生にシフトしていきたいと願っています。

と、言いながらも明日より大学にも復帰し、今までリサイタルのために遠ざけていた通常の日常業務とともに19日には最初の本番がございます。

IMG_NEW.jpg
IMG_0001_NEW.jpg

サックスの佐藤淳一さんとは、2007年に洗足学園でベリオの「レシ」の室内オーケストラ伴奏を指揮させていただいて以来のご縁です。その後、東京芸大で博士号取得していらっしゃる、とても立派なサクソフォニストに成長されましてうれしい限りです。
僕も、フォーレの幻想曲、ドビュッシーのラプソディ、ラヴェルのソナチネでかなり活躍しますし、
最後にはちょっとしたサプライズも予定されておりますのでぜひお誘いあわせの上お越しください!

会場の旧奏楽堂、本日リハーサルをしてまいりましたが、先日の東京文化会館よりも上野公園を芸大方向に少し奥に行ったところに移築された、とても歴史と雰囲気のあるところです。

また、その次には湘南モーツァルト愛好会の第134回例会で演奏させていただきます。
こちらのほうもぜひ合わせてよろしくお願いいたします。

2月3日(日)   午後2時~     藤沢リラホール

菊地裕介ピアノ・リサイタル 

モーツァルト作曲  ピアノ・ソナタ ヘ長調  K.533/K.494
モーツァルト作曲  ピアノ・ソナタ 変ロ長調  K.570
モーツァルト作曲  フランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による
              12の変奏曲 K.265
ベートーヴェン作曲  ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 
           「ワルトシュタイン」 Op.53
シューベルト=リスト作曲 「ウィーンの夜会」第6番 S.427


http://www.shonanfujisawa.com/~mozart/index.html

2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
週末は谷中散歩とベートーヴェンを!
こんにちは。

今日は、「ディアベリ変奏曲CD発売記念レクチャーコンサート」
のお知らせです。

3925213_1801871051_44large.jpg
3925213_1801871050_130large.jpg

オクタヴィア・レコードより10月24日にベートーヴェン変奏曲シリーズ第1弾として「エロイカ&ディアベリ変奏曲」のCDが発売されるのを記念して、
3925213_1801873427_242large.jpg
10月21日(日)14時 より
東京都台東区谷中のやなか音楽ホール(西日暮里駅徒歩4分)にて開催いたします。
定員100名程度の気持ちの良い音響で、演奏も語りも身近に感じていただけると思います。
http://www.yanaka-music.jp/
現地付近は近ごろ谷根千と呼ばれる、多くの寺社や商店街など昔ながら趣きのある地区で、お散歩も楽しめると思います。

プログラムは、前半が変奏曲とソナタについてのレクチャーで、
後半に、熱情ソナタとディアベリ変奏曲を演奏します。

チケットは、僕にメッセージをいただくか、
アルペンミュージックオフィス 03-6868-7292
イープラス http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002083940P0030001P0007
東京文化会館チケットセンター
などにてお求めください。心よりお待ち申し上げております。

また当日は、今回の新譜の先行発売、即売会に加えて、
終了後は、会場からほど近い「シャレースイスミニ」(荒川区西日暮里3)というスイス風ログハウスのカフェで懇親会が開催されます。
3925213_1801877463_250large.jpg

http://www.chaletswissmini.com/
スイスワインなどを交わしてぜひファン、サポーターのみなさまと交流させていただきたいです。こちらのほうもぜひよろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。