リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris→Tokyo食い倒れ!?
6月24日(水)
ウィーンよりパリへ移動、夜はシャンゼリゼ劇場でピリス様のコンサートでした。
20214091_3007318293.jpg20214091_864968408.jpg

イケメンチェリストPavel Gomziakovとの共演。
プログラムはショパンが中心で、
練習曲op.25-7 (ピアノ+チェロ版)
ピアノソナタ第3番
リストの悲しみのゴンドラ(ピアノ+チェロ版)
が前半、
後半は
マズルカ op.67-2 67-4
それからチェロソナタ

最後は遺作のop.68-4 のマズルカで、
非常に素敵なコンサートでした。
20214091_972441066.jpg
終演後お会いしに行ったら、パリ音楽院時代の友人Sodi Braide君にも会ってビックリ!いろいろ話しました。
夕食は一人だったのですが、学生時代よく通ったBistro Romainのカルパッチョ食べ放題で・・・
5727653_3394279645.jpg

実はこの日、宿をとってなかったのですが、パリ到着後(おいおい・・・)連絡した友人たち、この日に限ってNGで、かといって目上の人の家に転がり込むには申し訳なく、開演1時間前にスーツケースを引っ張ってホテル探しをする羽目になったのですが、どこも100ユーロ以上するうえに今夜は空室なしとかって返事・・・でもまもなくサンラザール駅近くで100ユーロ未満で無事に見つかって事なきを得ました。フランス語が通じるってありがたいですね。ドイツも楽しかったけれど、ドイツ語は少し考えないと出てこない、そこ行くとフランス語は自然に出てくるし、やっぱり第2の故郷という感じで非常に落ち着きます!

6月25日(木)
雑用をしたり、いつもの宿の「田近亭」に移動したりしているうちに夕方に・・・
今夜はOpera Bastilleの小ホールでラヴェルの「子供と魔法」の室内楽ヴァージョンがありました。
20214091_2184095448.jpg20214091_2224065438.jpg

室内楽だからこそ聴こえてくるエクリチュールが非常に美しくかつ緻密な音楽で、あらためてラヴェルの偉大さを実感しましたよ。今度はオケ版でも聴いてみたいですね。
20214091_1464442601.jpg
(今回の旅行後半の戦果)

さて、終演後は、一緒に行ったMakiちゃんと、さらに作曲家のノンちゃんを誘って、クスクス喰らいに行きました。
パリに来たら必ず行く、というくらいの、僕のカルチェ、マレ地区のクスクス屋さん「Chez Omar」です。相変わらずあわただしい雰囲気でしたが、クスクスのヴォリュームはすごい!!
5727653_2855832313.jpg
(左の肉、一人前です・・・)
5727653_1274470305.jpg
モロッコ人の店員もノリノリで、楽しく腹いっぱいになりました。

6月26日(金)
昼は1月に共演したM瀬S吾君とランチ。
20214091_3215936424.jpg
サンルイ島の素敵なレストランで、おいしかったですよ。
5727653_21183350.jpg5727653_420742066.jpg
その後Galerie Lafayetteへ行って日本へ持っていくお土産、ワイン8本、チーズを4キロくらい買いました。行きつけの店にも行きたかったのですが、時間がなかったので・・・

夜は、前回もお邪魔した
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-110.html
大家さんのご両親に夕食をごちそうになりました。
僕の住んでいたカルチェ、マレのレストランです。

20214091_1150143921.jpg20214091_3369637175.jpg
20214091_4249707284.jpg
(左手奥の少しくすんだ家が僕の住んでいた建物です。)
5727653_1598739943.jpg
(サレール牛のステーキ、赤身で程よい噛みごたえがあり最高)
お宅にもお邪魔し食後酒に1940年物のポルトを頂きました。
5727653_421863724.jpg
意外に力強い風味にびっくりしました。ムッシューマダム共に80も後半ですが・・・お元気でお過ごしください。

翌6月27日パリを発ち・・・

6月28日(土)
早朝に成田に着きました。
もわっとした空気に・・・帰国を実感しました。
これはこれでまあ落ち着きますね・・・!

仮眠ののち夕方、早速ふらりと浅草に出かけて、うなぎ屋へ吸い込まれる・・・
5727653_3357626369.jpg
いつもは蕎麦なんですが、今回は「うな鐡」のひつまぶしが日本食食べ初めでした。
夜、帰宅後は、とある先生とMJの住民が入り乱れてチーズ宴会をしましたとさ!!

でも、明日からは13日間連続で仕事です。一日たりとも休みはありません。
スポンサーサイト
ウィーンの夜会
6月14日(日)
夕刻ハノーファーを離れ、実に4年ぶりにウィーンの地に降り立ちました。1990年に家族と来て以来ちょうど5回目の訪問です・・・
このところいつも泊まっているホテルの最寄り駅Pratersternが激しく変わっていてびっくりしました。地下鉄とかも延長されている模様。
でも、ウィーンは心が躍ります。やっぱり美しい町ですね。

6月16日(火)
昼間はピアノを弾いていたんですが、夕方になって、ヴァイオリン弾きの友人M浦君がウィーンに入試を受けに来ている、ということで、連絡を取ってみたら、今晩コンサートに行く、とのこと。
演目は?ってきいたら、ラクリンとゴランのデュオだとか・・・!
ラクリン!!そしてゴラン先生!!去年の3月17日に聴いてますますファンになっているんですが・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-137.html
なんという偶然!これはまた聴きたいと思い、すぐにムジークフェラインに走りチケットをゲットしました。

ベートーヴェンオンリーの濃~いプログラムでしたが、絶妙なコンビで、まぁときどき噴出したくなっちゃうくらいすばらしい熱演でした。スプリングソナタもあそこまでエキサイティングになるとは・・・2人ともすごすぎる!!!
20214091_2594202879.jpg
20214091_2017681785.jpg

会いに行ったら先生もびっくりしてましたが、「最近、君の名前をコンサートガイドで見かけるよ」って言ってくれてなんだかうれしかったですね。

終了後はM浦くん親子と、これまた久々の再会のT橋くんとウィーン料理ディナーと洒落込みました。

6月18日(木)
そんなわけで今日キーシンのリサイタルがあることを知りましたが、広告には「売り切れ」の文字。でも、ないわけないと思ったんで、少し早めに来たら、案の定チケットを持ったご婦人が・・・譲っていただきました。おまけに安く譲ってくれて、ラッキー!

プログラムは先だっての日本公演と同じでした。聴き逃してしまっていたので、ここで聴けて本当によかったです。
実は日本でキーシンを聴いたことがないのです。パリで何度か、そして、前回キーシンを聴いたのは、もう6年くらい前で、確かザルツブルク音楽祭だったかな・・・偶然、またオーストリアですね。

プロコのロミジュリと8番ソナタ。
後半はショパン、幻ポロにマズルカ3曲、エチュードの抜粋。
そしてアンコールは、ショパンのノクターンop.48-2 悪魔的暗示、そしてウィーンの夜会6番でした。

前半のプロコでもう・・・・打ちのめされました。出だしの少女ジュリエットからもう奇跡のようなサウンド、そしてソナタでは、笑いが止まらない、そして涙が止まらない状態、感動でした。最近、忙しいことを隠れ蓑にして弾き散らしていた自分のゴミのようなピアノを本当に恥じました。これからまた、心を入れ替えて練習しようと思いました。
それに比べると後半は慣れもあってか、割と凡庸に感じましたが・・・それでも只者でないことは良くわかります。ただ、やはりショパンは難しいですね・・・

キーシン定番のロングアンコールの曲数、今日はいつもより少なめでしたが、割と濃い目の曲でしたね。オハコの悪魔的暗示は、もう圧倒的で、息が止まりそうでした。
そして締めがウィーンの夜会ってのは、実に憎い演出ですね。
会場は大盛り上がりでした。

すばらしい演奏会、タナボタ的に聴けて大満足でした!!!
こういう機会を、東京では逃してしまっていたんだから、本当に働きすぎは毒ですね。

20214091_2491441022.jpg
20214091_141131984.jpg

パリでも演奏会に行こう!!
Swi---tzerla-nd♪そして帰国
12月5日(水)
さて、あわただしくパリを離れ、スイスはチューリヒの空港に降り立ったBAe146と僕。
しかし、早朝にハノーファーで預けた荷物が出てこな~い(><)
プライオリティタグまで付いてるのに~

これだからパリの乗り継ぎはよぉ~!
乗り継ぎ時間は短すぎても長すぎてもいけないんですね・・・

ともかく、連絡先を残して列車に乗り込みBadenへ。
ここに、昨年のゲザ・アンダコンクールでお世話になったホストファミリー、DoraさんとHansさんを訪ねるのが、今回の目的です。

ジュネーブのコンクールのファイナルにもわざわざ聴きに来てくださったんだけど、
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-19.html
今回も歓迎してくださってとっても嬉しかったです!

12月6日(木)
なんという偶然か、この日がDoraさんの七十ウン回目の誕生日だったのです。僕は何も知らずに訪れたんだけどね。
朝からお祝いの電話が鳴り止みません。
夕方に心配していた荷物もやっと到着、どうにか明日の帰国までに中身を整理できそうです。
夜はご家族が10名ほど来て、軽いバースデーパーティーと相成り、僕も少しピアノを弾かせてもらいました。しかし、わりと新しいスタインウェイのA型があるんだけど、ほとんど弾かれてないみたい。もったないから、是非練習してください!

12月7日(金)
2週間半に及んだヨーロッパ滞在も今日でおしまい。帰国の日です。
結局、このお宅から一歩も出ることなく今回のスイス滞在は終わりましたが、とてもゆったりと身体を休めることが出来ました。

7541442_872710766.jpg


チューリッヒの空港までお二人がお見送りに来てくださいました。
しばし名残を惜しんで、アムステルダムに向け出発!のはずが、飛行機が遅れること約一時間・・・もともと1時間強の乗り継ぎなのに・・・
結局、ドアが開いたのは大阪行きの出発15分前・・・
ああもう荷物は間に合わんだろうな・・・?と思いつつも自分だけでもとにかく間に合わせようと重い荷物を抱えてダッシュ開始!

アムステルダムの空港は非常に広く、猛ダッシュするも長くは続きませんでした。それでも10分ほど走り次のゲートに着いたら、なんかみんな関西弁でおしゃべりしながらのんびりしてはるんですよ。
どうやら大阪行きも遅れているみたいですね。Tシャツ一枚になりぐっしょりかいた汗を乾かしながら待つこと45分、やっとボーディングになりました。なんか損した気分でしたが、運動にはなったしまあこれなら荷物も間に合うでしょう。ヤレヤレ・・・
二つとなりが強烈なメタボさんでしたが、一つとなりが空いていたのが幸い。快適に過ごし無事関空に着陸しました。

再びパリ
前回の日記にも写真をアップしました。良かったら見てください。

11月27日(火)
T氏は寝ていらっしゃったので一人でT邸を出発しメトロでヤマハへ、リビツキー先生とお昼過ぎに約束をしていたんだけど、たまたま時間が空いていたようなのでちょっとピアノを聴いていただく・・・いや、最近室内楽ばっかりさらってたから、ちょっとソロを弾いてみてよといわれたときはあせったけど、ドビュッシーとシューベルトを少しずつ弾きました。
そのあと、ブラームスやラヴェルなどをさらい、それからさらに日記を書いたり、書類やメールを書いたり、ひととおりのデスクワークをさせてもらう。そしてお昼も食べないまま15時過ぎヤマハを後にしました。

その後はLes Hallesのタルト屋さんで永野英樹さんと待ち合わせ、来年共演するコンサートのことを中心に、あまり長くは居られなかったけどお話しすることが出来ました。

7541442_1460676240.jpg


その後母校CNSMへ行く。もともとはベロフ先生にコメントをいただきたくて、CDを渡す約束をしていたのですが、ほかにも何人か僕の先生がいらしていたようなので教室まで会いに行きました。やっぱり、パリとのつながりは大切にしたいですから・・・
あと、後輩たちにも何人か出会うことが出来ました。2004年に修了しているわけだから、もちろん学生はもうほとんど入れ替わっちゃってたけど、先輩で先生になってる人がいたり、伴奏をずっとやってる人も居るし、鍵を渡すおじさんやおばさんや、懐かしい顔ぶれがいっぱいでした。ちょっと複雑な構造のこの学校、抜け道や裏階段も駆使して、当時を懐かしみました。もちろんEugene Juminのサンドウィッチプーレも食べたし!
7541442_2718071612.jpg

それに今回新しく知り合えた子も居たし。(やはり思い切って声もかけてみるもんです。)
1996-2004、8年も通った学校・・・ある意味、僕が生涯で一番長く連続して所属した組織なんです。完全に関係が切れちゃったら寂しいですからね。

CNSMを後にしてBonne Nouvelle界隈へ、先日お世話になったおばさまが京大の先生とディナーをするから一緒に来ませんか?と誘ってくださったので出かけてきました。界隈のアールデコ様式のいかにもなビストロで食事、でも、アンドゥイエット、なかなかおいしかったですよ。
先生方のお話もやはり研究職同士わかりあえる部分が多くてとても楽しかったです。

さらにT邸に戻るとブイヤベースを肴に宴会が行われていました。もちろん参加、ルヴィエクラスの後輩で今売り出し中のRomain Descharmes君と同じくルヴィエクラス同輩のきょーこねえさんが来てました。共通の友人の話しなんかをしているうちに久々にルヴィエクラスの雰囲気が漂って、これまた懐かしい気分でしたよ。
そこにヤマハのSさんも加わり、結局宴会は朝の6時前まで行われてしまいました・・・

11月28日(水)
眠い目をこすりながらヤマハへ。久しぶりにバリバリさらいました。
その後、今日もやっぱりデスクワーク、何をそんなに書くことがあるんだろう、って思うんだけど、やっぱりやることがあるんですねぇ・・・ルヴィエ先生に聞いていただくための音源を整理したり・・・大変でございます。
その後、Rome通りのの楽譜店へ、何軒か回ったんだけど、結局目的の楽譜(ラモー)はファクシミリ以外手に入りませんでした。まあ、ファクシミリはファクシミリで面白そうだから買ったけど。
今日も再びCNSMへ、ルヴィエ先生はとってもとってもお忙しそうだったけれど、どうにかCDをお渡しして、あとちょっとしたお手紙を書いていただくことは出来ました。先生、白髪増えまくり・・・あの黒髪が年を感じさせなかったのにねぇ・・・
その後は再びRomeまで戻りマドリッド通りのCNRへ、ちょうどメシアンコンクールの最中で日本から僕の同級生が受けに来てたんだよね。彼女は無事通過し、一緒に食事しに行きました。どこでもいい!ということだったので、やっぱり勝手知ったるバスティーユ!やっぱり、帰ってくると不在の期間なんて流れ去ってしまうから不思議です。やっぱり故郷なんだなぁ!
T邸に戻るころには、今日も真夜中、カルネも6枚も使って疲れたけど、楽しい一日でした・・・

パリ、わが第2のふるさとよ
前回の日記の後パリに到着。
ストの真っ盛りだったので、とにかくインフォメーションで質問。
「パリに行く交通機関で動いているのは?」
「RER(郊外電車)があります。」
「え、ストは?」
「ストはやってるけど15分おきに来ます。」
うそだろ?それって普段と変わらないじゃん。と思いつつ駅へ。切符を買おうと思ったら「今日はタダ」との一言。

そして、やはり15分おきということはなく45分おきくらいだったみたいなんですが、とっても運よくすぐに発車する電車に乗れました。しかしこの電車に乗ると、もうすぐ家に帰れる、って気がするから不思議です。もうパリを離れて4年以上経つのにね・・・

ほどなく市内の北駅に到着、メトロはほとんど動いてないようなのでタクシーを探すと・・・普段フランスではあまり白タクって見ないんですけど、今日ばかりは例外か、「ムッシュー、どちらへ?」みたいな・・・そしてまあとんでもない値段吹っかけてくるんですよ。「冗談じゃない」と言って去ろうとすると「じゃあ2時間待つのかい?」って・・・
正規のタクシー乗り場に行くと確かに100人くらい待っている人が・・・
にしてもねぇ、汚いやり方だ。

もう腹をくくって目的地まで歩こうかと雨の中を歩き始めてしばらくしたら、駅からちょっとはなれたところに閑散としたタクシー乗り場を発見!そこから乗っていく人を目撃。自分もそこで待っていたらものの数分でタクシーを捕まえることができました。ネバーギブアップですね。そいで、運転手氏の愚痴を聞きつつ、チップをはずんでも10ユーロで収まりましたよ。白タクの40ユーロってのがいかにインチキなことか・・・?

今回は、いつもの宿主が不在だったのでどうしようかと思ってたんだけどですが、Rちゃんのご好意で飛び込ませてもらいやした。どうもありがとね。

11月21日(水)
朝、ヤマハに向かおうと思ったら7番線は全面ストップ、それもホームに下りて40分以上たった頃「今日はもう電車は来ません」というアナウンス・・・
途方にくれつつもとにかく目的の方角に歩くこと約20分、途中で例の貸し出し自転車を見つけて使おうと思ったら、定期がないと使えないことが判明!使えねぇええええ!
メトロの高架線を走る別の路線の電車を目撃。とりあえず方角的にそこまでずれてはいないのでその線に乗り込む。本数が少ないので当然劇混み。
ヤマハに近い駅まで行く線への乗換駅で降りたら、一応その線も動いているということなので20分ほど待ったんですが、来ない!ということで地上に出て再び歩き出す。途中で愛用している楽譜屋さんに寄れたからまあ良いんだけど・・・
都合2時間ほどかかってヤマハのカルチェに着いた頃には、疲れ果て、食事をしてたらさらに遅くなってしまいました。ポルトガル風のカフェ、前菜のタコサラダ。
Image0031.jpg


夕方まで練習を延長していただき、夜は祖母の友人で僕もとてもお世話になった老夫婦のお宅へ。サン・シュルピスのアニエスbのブティックの上のとても素敵なアパルトマンにお住まいなのです。歩きと、なかなかこないメトロの合わせ技で、いつもの3倍近くはかかりましたが、それでもなんとか到着。懐かしいマダムの手料理といまさらながらボジョレーヌーヴォーもいただき満足。色々とお話している間に抜けかけていたフランス語も一通り思い出す。
帰りもマダムがタクシーを呼んでくださるのにすごい時間がかかりましたが、どうにか一台確保できて時差ぼけの体もなんとかなりました。

11月22日(木)
今日はストもだいぶ収まりメトロにもすんなり乗れました。いつもより混んではいたけどね。ヤマハに着いて、午前中練習しようと思ってたんだけど、ドイツの試験の登録をきちんとしていなかったのでトラブルになり、慣れないドイツ語で電話と、始末書作成しなければなりませんでした。その後、エコールノルマルへ。プーランクコンクール主宰のラギャルド教授と約束していたのです。僕のCDをフランスベルギー、そしてカナダでも売れるかもしれないからとりあえず見本を持ってきて、とのことでした。彼がいつも連れて行ってくれる学校近くのリヨン風カフェで食事。僕は「仔牛の頭」をいただく。これがコラーゲンたっぷりでおいしいんですよ!

Image0041.jpg

Image0061.jpg

ミーティング終了後は再びヤマハへ、今度こそ練習する。
ベロフ先生の住所を聞こうと思って後輩のトモアキ君に電話したら、もうすぐコンクールに行くからレッスンしてほしい、だって!だってストで移動大変だよ!って言ってたんだけど、しばらく後に自転車に乗って到着。レッスンというのもなんですが、いろいろアドヴァイスさせてもらいました。彼とお茶したあと、Rちゃんちに戻り、二人でピッツァ喰らいに行きました。彼女は私生活がとても幸せそうで、僕はちょっとジェラス笑

11月23日(金)
朝、スーツケース抱えてRちゃん家を後にする。ヤマハへ向かうもののピアノの不調で結局練習はできず。でも、ゆまちゃんとかリビツキー教授に会うことができたのでよしとしましょう。その後は、うちの近所でたびたび世話になったおばさまの家にお食事におよばれ。そのカルチェからわりとすぐのサンルイ島にとってもおいしいお肉屋さんがあるんですが、そこで調達なさったオングレを食べさせてくれました。やっぱりうまいのぅ。
そして、僕のパリの家の大家さんを訪ねました。(正確には大家さんのご両親なんだけど、近所なのでよくお世話になりました。)ムッシューはもうすぐ87歳ということで、だいぶお疲れのようではありましたが、久々に再会できて本当によかったです。マダムはお変わりなく、相変わらず学会やら講演などでお忙しい日々を送っておられる様子。セーヌのほとりのとても快適なアパートです。
Image0071.jpg

Image0091.jpg

その後サンルイ島のおいしいアイス屋ベルティヨンで三瀬俊吾君とミーティング、いろいろおしゃべりを楽しみ、ここの素晴らしいアイスクリームも満喫した後、サンミッシェルから回復したRERに乗ってオルリー空港へ、そしてハノーファーまでたどり着きました。こちらはこちらで、家に帰ってくる気分がするんだから本当に不思議な感覚です。

それではおやすみなさい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。