リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとバカンス気分に
12月15日(火)
朝から東京音大、夜まで東京音大、そしてうどんすき大会。しかしカセットコンロが倉庫に入れっぱなしだったので全部煮てからテーブルへ・・・でも京都からのお品物、たいへん美味しゅうございました。

12月16日(水)
夕方まで家の片付けをする。倉庫にも行ってカセットコンロをとってきたり走り回ったのち、レッスン。
終了後、今度こそ本当にうどんすき大会。

12月17日(木)
東京音大ピ演卒試一日目。
ほとんどの子たちがとっても完成度の高い演奏を聴かせてくれました!僕もしっかりがんばらないといけないな!と思いました。
夕方終了後すぐ自宅へ帰りレッスン・・・
粕漬けを焼いたり砂肝の焼き鳥作ったりしてプチ宴。

12月18日(金)
二日目。
朝一は僕の教えてるMちゃん。直前までかなりいじっていたので緊張しましたが、見事にプロコの8番弾きのけてくれて一安心しました。昼飯は先生方を学食に残し仲の良い3人でキンペイ行きました。
そして午後ももうひとふんばり!

終了後は明日の講座のためにショパンプレリュード必死でさらってコメントも少し考えました・・・それから・・・

北川先生が誘ってくださったので芸大の若手パーティー!
池袋のイタリアンで楽しく盃を傾けていたら、お店で働いていたのが芸大卒業したばかりのパーカッショニストさんでなんだか不思議な出会いでした。だから世の中は面白いね!!

12月19日(土)
朝から夕方まで東京音大。
その後新宿へ移動。朝日カルチャーセンターの講座。30人以上といつもより多くのお客様に来ていただき、ショパンの人気の高さを実感しました。今日はしゃべりはほどほどに演奏メインのつもりで、1曲ずつ非常に簡単なピンポイント解説をしながらプレリュード全曲弾きました。ただとにかく24曲には時間が足りず、「雨だれ」は省略演奏した上に大幅に時間オーバーになってしまいました。楽しみにしていた方々には申し訳ありませんでした。 

2009年12月19日〈土〉 18:30~20:00
朝日カルチャーセンター・新宿

ショパン 24の前奏曲作品28について

次回は3月6日土曜日18:30から・・・
「ショパンの日記・マズルカ」です。どうぞよろしくお願いします。

2009年12月20日(日)
午前中はかなり死んでましたが、夕方2人レッスン。
終了後は誕生日お祝いで湯島のイタリアン「サルターレ」さんへお邪魔しました。
37311230_1333345100.jpg
37311230_2725560497.jpg
37311230_2246311609.jpg
37311230_1603181287.jpg
37311230_228186738.jpg
料理も素晴らしかったですが、カメリエーレのお兄ちゃんが気さくでとっても楽しかったです。良い誕生日(翌日)になったかな??
家の近所にこういう店があるってうれしいですね!

2009年12月21日(月)
朝から夕方まで東京音大レッスン納め日(まだ冬期講習はありますが・・・)
大学院の忘年会で酒なしですが昼食にご招待しました。
解散後用事を済ませふたたびレッスン室に戻ってくると、
こ~んなプレゼントが扉に!!
35019801_1567293568.jpg
(抱き枕!!)
35019801_4288111789.jpg
さきほどの子たちから!
オッサン、泣いちゃいますよ~~
やっぱり師弟の愛情は偉大ですね!!
僕もせいいいっぱい愛情を注ぎたいと思います。
夜まで気持ちよくレッスンし、帰宅。
さっそくギューして寝ました。

12月22日(火)
夕方、有楽町に出かけて「クリスマス・キャロル」見てきました。
前回が「タイタニック」とかだから約10年ぶり・・・
「クリスマス・キャロル」自体は子どもの頃実写版で見たんですが、今回のはアニメなのに超リアルでおまけに3Dですごい迫力で時代の流れを感じました。
終了後、写真はないのですが上野のバニュルスでワイン飲んでたんですが、イカスミパエリアでお歯黒状態になりました・・・笑

12月23日(水)
午前中はレッスン、そのあと、香味屋。久しぶりにハヤシライスいただきました。今日は甘めの味付けだったかも。でもやっぱりおいしかったです。
その後、銀座に行って王子ホールでパリ時代の同期同門の池村京子ちゃんのリサイタルでした。懐かしい顔ぶれに会うことができて楽しかったです。終了後はM坂屋でやっとお歳暮の発注。どんどん件数が膨れ上がりますが多少なりとも経営に貢献して斜陽百貨店などと言わずに上昇ムードに乗ってほしいですからね。

ここ数日遊んでばかりのような気がしますが、どうせ年末にかけてまた働かなければならないので束の間の休息、許してください!
スポンサーサイト
時間とスペースが必要(お金もだが)
9月19日(土)
愛知県小坂井町でのリサイタル。朝から必死でリハ、本番へなだれ込む。
母方のゆかりの地ということで、母の同級生、そして祖母の同級生がたくさん来てくださいました。自分の故郷ではないものの、やはりいいものですね。ラフマニノフも初演ならではの緊張感でどうにか乗り切る。

2009年9月19日(土)15時開演
愛知・小坂井町(豊橋近郊)
フロイデンホール
菊地裕介ピアノリサイタル
ショパン 24の前奏曲 作品28

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36

アンコール
ベートーヴェン バガテルop.126-3
ドビュッシー 月の光
35019801_1257632637.jpg

終了後は、懇親会があり、
17848725_1706435724.jpg
その後祖父が幼少のころから営業しているといううなぎや「丸よ」さんに祖父母と3人で行きました。
37311230_3162428774.jpg
37311230_1424266689.jpg
豊橋風、基本的に関東風の蒸しうなぎなのですが、皮を上にして並べるのが独特ですね。
市電に乗り、新幹線まで送ってもらい、深夜帰宅。

9月20日(日)
スクリャービン、ウィーンの夜会、ショパンファンタジーを必死で練習開始。タイムリミットまであと1週間!!

9月21日(月)
朝9時からからレッスン、夜までレッスン。
10時間以上教えてましたね・・・
終わったら10時近くて、もうさらう元気はありませんでした。

ランチは翔子ちゃんと香味屋で。
今日はビーフシチュー。写真は真っ黒ですがおいしかったです。
37311230_3854887730.jpg

9月22日(火)
午前中、ちょっと大きな買い物をする。
午後は必死でさらう。

9月23日(水)
とにかく必死でさらう。3曲同時練習はさすがにつらいです・・・

9月24日(木)
東京音大でレッスン、明日から高校の実技試験なのでその子たちの最終チェックも・・・

9月25日(金)
もうね。必死で必死で暗譜作業にいそしみました。
本当につらい仕事です・・・笑

9月26日(土)
高校ピ演の試験。
みんな頑張って弾いてますね。
夕方終了後、すぐに退散して必死でさらう。

9月27日(日)
朝から必死でさらう。
そして、お昼過ぎに現地入り。
行きがけに食らったのはすき家のうな牛生卵かけ。

リハーサル、とにかく2時間必死でさらう。

本番では懸念事項が噴出した感はありましたが・・・
とにかく弾き切りました。
聴いてくださったお客様、また僕の新しいレパートリーの開拓に立ちあってくださって、本当にありがとうございました。

2009年9月27日(日)15時30分開場 16時開演
ヤマハ銀座店(仮店舗)サロン
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
ショパン 幻想曲 作品49
シューベルト=リスト ウィーンの夜会第6番

スクリャービン ピアノソナタ第4番 作品30
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36
kikuchi01.jpg

終了後は珍しく打ち上げにも参加!
夏休み明けの譜読み地獄から、一瞬ですが少し肩の荷が降りました。

9月28日(月)
ピ演前期試験二日目@池袋
細かいことはともかく、みんな暗譜が飛ばなくってえらいなぁって思いました。素晴らしい!
終了後は巣鴨のPTNA本部に初めて行きまして、とあるインタビューをしていただきました。2時間以上好き勝手にしゃべりましたが、どんな記事にしていただけるか楽しみです。
さらに、大塚蒼天、再訪しました。今回、カウンターだったので写真もないのですが、相変わらず素晴らしい焼き物、そしてお酒!
堪能いたしました。付き合ってくれたYちゃんどうもありがとう!

9月29日(火)
朝9時から東京音大に缶詰。少々きつし。
院の授業ではプーランクの即興曲を一気に7曲消化。来週もがんばりましょう。
おなかの具合が・・・とか言っていたくせに昼飯は二郎に行ってしまいました。オイオイですね。黒ウーロン茶は飲みましたけど・・・
夜7時に終了後即帰し、さらに1名レッスンしました。コンクルがんばってね!

9月30日(水)
朝からお2人様レッスン、2人とも長引いて、終わったら2時・・・
さすがにここ数日の疲労がたまっていたので寝ました。
起きたらもう暗くなってました。
ここのところ気が回らず家の中が廃墟だったので片づけに着手。大袋3杯のゴミと2抱えの紙・段ボールの処理をする。

そうそう、とにかくこの家がどんどん手狭になってきたので、長年の懸案事項の1つトランクルームをついに導入しました。
今日鍵が届いたので、まずは雨の合間を縫って抱えている大量の在庫CDをもっていきました。(どうか買ってください、お願いします・・・m(__)m)
楽天で買った台車も、きちんと働いてくれました。足りなきゃ複数契約すりゃいいと思ったので、0.5畳の最少サイズですが、まだまだ空きスペースはありますね。これから何を持っていくか考えます。
とにかくいらないものに囲まれて暮らすのにはつかれたので・・・収納場所のほとんどが使わないものに占拠され、機能していません。
どうかこれ以上ものが増えませんように・・・
在庫食糧もこのところ必死で減らしています。基本的に自炊を続けていて、朝食はほぼ毎日クッキーなど、頂いたお菓子類です。糖尿病になりませんように・・・

しかし、最近いつの間にか時間が過ぎています。前回の日記を書いたのが10日以上前だなんて信じられない。
たいせつな勉強
7月29日(水)
今日から第6回安川加壽子記念コンクールは第2次予選に突入です。
また保谷に出動、なのだけど、今回は午後からでした。
1人、自宅でレッスンしてからの出動。

委員長は変わらず多美智子先生ですが、メンバーは少し入れ替わりました。野平先生とか青柳ススムさんとかがjoin。
とにかく夜まで、ひたすら聴きました。
古典のソナタ一曲、そしてバッハ、ラモー、クープランのいずれか、という課題。一次の時とはだいぶ印象が異なる参加者もチラホラ・・・古典ってやっぱり難しいんだな~と実感。

夜まで働いて、帰りがけススムさんが池袋で中華おごってくださいました。芸劇楽屋口すぐそばのここの名物という黒酢酢豚、メチャおいしかったです。

帰宅、睡眠。

7月30日(木)
2日目、今日も、でかける前に、別のコンクールを受けている生徒を一人レッスン。
さて、コンクールは昨日と同じ印象はありましたが、昨日より拮抗している感じでした。審査会議は、同点者すら出ず誠にすんなり終了。最上位は完全に納得。中間層はまぁだいたいOK。という感じの結果。やはりみなさん少しずつ考えることは違うようですね。
でも、だからこそ9人もの審査員がいるわけで、コンクールというのは本当に奥深いものだと思いました。この経験を生かして作戦を練ってから参加していれば、今まで自分が受けたコンクールでももう少し良い成績を出せたかもしれない。と思いました。
まぁ、後の祭りですが・・・

今日はさっさと帰宅。それでも最終バスの一本前でした。
帰ってから、某参加者くんの残念会をしました。お疲れさまでした。僕も今回は強くは応援できなかったんだ。いつものキミじゃなかった。
でも勝負は時の運だから!次がんばれ!

会が終了したら明るくなってましたが・・・

7月30日(金)
審査員としては昨日でお役御免だったのですが、途中まで首を突っ込んだコンクールだったので最後まで見届けるべく、眠い目をこすりながら朝から保谷へ向かいました。

フランス音楽を課題とする本選の演奏は、さすがにほとんどの方が渾身の熱演で、素晴らしかったです。疲れて崩れてしまったケースもなかったわけではないですが、十分にハイレベルな戦いで、このような本選参加者を選出できたことを審査団の一員として誇りに思いました。

たくさんの重要人物が来訪していて、レセプションではスピーチまで求められてキンチョーしましたが・・・無事に務めあげました。
こんな新人の僕(今回は4日差で年齢制限にひっかかり出場はできない身分でした・・・)ですが、今回本当に素晴らしい経験をさせていただきました。
若い参加者たちの真摯な熱演から多くのインスピレーションを得て、大変な励みになりました。もちろん他人の振り見て我が振り直せ、という部分も・・・それはそれで素晴らしい勉強でした。

審査委員長の多先生、その他審査員の先生方、委員のみなさま、裏方で働いてくださったすべてのスタッフの方々、そして演奏してくれた参加者のみんな、どうもありがとうございました。

そして優勝した仁田原くんおめでとう!特に2次予選は本当に素晴らしいものでした。

帰りは日暮里で一杯やって・・・12時過ぎには帰宅。

8月1日(土)
午前中はボーっとしていましたが、
午後に入ってからまずなまりきった指のリハビリ、ちょっとガスパールとか弾いてみたけどぜんぜん弾けない・・・
そして朝日カルチャーセンターのレクチャーの準備をささっとして。
新宿へ出かけました。

「変貌するバッハ」

というテーマで、おもに自作の編曲について、その哲学や手法などをとめどもなく語りましたが、それでも面白い、と思ってくださった方がかなりいらっしゃったようで良かったです。今回、あまりピアノを弾かずに済ませてしまったのが心残りでしたが、上記のような生活であまり楽器を触っていなかったので・・・

しかし、このレクチャーシリーズ、レクチャーと銘打ちながらも、毎回、自分の考えかたやしてきた勉強について再確認を迫られ、自分にとってとても勉強になります。それにつきあってくださっている受講生のみなさまに本当に感謝です。

終了後は楽譜やCDなどにサインをさせていただき・・・
特に悪さをせず、スーパーで買い物だけして帰宅しました。

安売りのスルメイカ買ってきたので、酒飲みながらイカの塩辛を漬けてみたりしましたが・・・おいしくできるかな?

8月2日(日)
昼過ぎまで、上野や有楽町に出かけで所用をすませたりカレー食べたりしていましたが、帰りがけに上野駅から自転車出した瞬間に土砂降り、濡れました。
夕方から夜まで自宅でレッスン・・・、みなさんコンクールとか準備されてますが、・・・どうなることやら・・・?安川コンクールのようなハイレベルなものではなさそうですが・・・

8月3日(月)
朝9時から東京音大でレッスンです。トイレ休憩以外ノンストップで・・・3時過ぎまでレッスンしました。
6時に渋谷で待ち合わせで、いったん帰るのは億劫だったので、25年超ぶりに、サンシャインに行ってみました。腹ペコで、どの店もかなり混んでいたので空いていたイタリアントマトでお茶しました。東京音大の周辺だけ見て、池袋ってなんとなく冴えない町だと思っていたけれど、本当はこっちの方に人が流れているんですね。

渋谷で待ち合わせ、向かった先は代官山の小川軒という老舗の洋食屋さんで・・・僕をサポートしてくださる親子・・・お二人ともすごい経歴の頭の切れる賢人さまなのですが・・・にお招きいただきました。こんな高級店、ひとりじゃ敷居が高いのですが・・・どの品もシンプルながら非常に丁寧な手の込んだ逸品でした。どうもありがとうございました。代官山のタワーマンションにちょっとお邪魔して、しばらく談笑ののち帰宅しました。
70代と40代と30代の会食・・・人生について考えさせられました。

明日も池袋と、代々木上原で働きます!
コンクール第2弾
7月18日(土)
池袋Day。
朝9時から夜7時まで、ほんの15分ほどの休憩をはさんで働きました。
終了後は、Mちゃんにフロマージュ食べさせて、ほんの少しのカマンベールを残して見事完食と相成りました!!

7月19日(日)
午前中はかなりまいってましたが、午後から始動。
一応、土用の丑の日ですので、南千住の「尾花」にでも行こうかと思ったのですが・・・松坂屋にお中元の手配をしに行って、そこで意外と時間を使ってしまい、夕方からのレッスンに間に合わせるために、結局うなぎ弁当を買って済ませてしまいました。
5727653_1969156369.jpg
5727653_2197539026.jpg
しかしこれをゲットするための行列が意外と長くて・・・急いで帰って夜は11時過ぎまでレッスン・・・

7月20日(月・祝)
ひさびさの休日、だったはずなのですが、今日もお昼過ぎまで起きられませんでした。やはり身体に来ているのでしょうか・・・
うちにもなんどかご招待している先輩のA先生に誘われ、お寿司を食べに行きました。お店は勝手に決めてよい、とのことで、行ったことのある四谷の寿司屋に行こうかと思ったのですが、日・祝休みのようで電話には応答がなく・・・結局、よく目の前を通るのに入ったことがなく気になっていた、御徒町の「勘八」にお邪魔しました。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003613/

下町の気さくな感じの板さんに、伝統の江戸前を教えていただきました。久々のマトモな寿司。堪能いたしました。また誰か連れてきますね!
A先生には、なんか予期せぬことでごちそうになってしまって・・・本当にありがとうございました。また、我が家にご招待しますね。
二次飲みは慣れた店、上野駅の「バニュルス」で・・・

7月21日(火)
審査員シリーズ第二弾は、安川加壽子記念コンクールでした。
出がけに家のエレベーターの中で、偶然、某参加者と出会ってしまい・・・笑
途中まで一緒に行きましたが・・・あらぬ誤解を受けても困るので会場入りは別々にしました。

西武線に乗って、はるばる保谷へ、会場に着くと、予想していなかったほどに大御所の先生方が、実行委員としていらっしゃって、身の回りの世話をしてくださって大変に恐縮でございました。
しかし、実行委員の先生にしても審査員の先生にしても、はたまた事務のお手伝いをしてくださる若い方の中にも、世の中、心の底から尊敬できる人とそうでもない人がいるものだと実感します。我が身にもつまされる思いだったので、精進したいと思います。

審査は大変な強行軍でした、15分プログラムで、1日目は28人中6人棄権で、22人を審査しました・・・10時半に始めて、終わったら7時半、
正直、参りましたね。慣れないスーツルックも疲れました。
とはいえ、必要ですから、帰りがけに池袋でもう一着スーツを新調しました。やれやれ。
帰宅後は、いただいた今半のすきやき弁当を・・・バタンキューです。

7月22日(水)
2日目、棄権者は2名と少なく、21人を審査しました。
それでも、終了は6時近くでした。
全体を通して・・・あくまでも個人的見解ですが・・・
今のところ突出した人も見えませんでしたがかなりレベルは高めだと思いました。次以降の快演も期待できそうですね!
もちろん、そうでもない方、残念な方もいらっしゃいましたが・・・地道に勉強を続けていただけたら、と思います。

審査会議は、大変に公正なやりかたで、十分納得できる結果が出たと思います。残念ながら自分の生徒は通過できませんでしたが、演奏を聴く限り自分もあまり応援することはできず、皆の公正な審査の結果だったと思いますので納得です。

2次へ進まれたかたは、がんばってください!!楽しみにしています。

今日も帰宅途上でスーツの直しを受け取り、さらに身の回りの物をいくらか買い込みました。さいきん、物いりで大変です・・・
今日もいただいたお弁当でかるくビールを頂いて、すぐに練習しました。モーツァルト、27日までに暗譜しなくては・・・!

7月23日(木)
朝9時から、池袋に缶詰でした。

今日は、茨城の水戸三高というところから、見学のクラス(30名くらい?)が大学にいらしていて、
うちのクラスのレッスンを1時間、見学していかれました。
大きな教室で、それでもマスタークラスではなく個人レッスン、ていうのは少々違和感はありましたが、来てくださった生徒さんたちにとって何らかの刺激になってくれていれば大変に幸いに存じます。
もし、ピンとくることがあったら、東京音大にぜひ志願してくださいね。

そのまま夜7時過ぎまで連続レッスン。
帰りがけに、日暮里のクスクス屋さんに3人で行きました。
そして、ザッハートルテの残りも平らげました。

おやすみなさい・・・!
明日も働きます・・・!
いつになったら夏休み?
7月6日(月)
G大勤務。
朝から晩まで・・・疲れました。
夜はMJ会。

7月7日(火)
七夕ランチ、ということで東京音大の学食がバイキングになり大混雑!
しかし、一度盛りということで、あまりたくさんは食べられなかった気が・・・
勤務終了後は、雑司ヶ谷鬼子母神の縁日を冷やかしながら都電に乗って・・・
20214091_127689037.jpg
前から行きたかったのにいつもいっぱいだった大塚の焼き鳥やさん「蒼天」へ。全音の、楽譜無事発売しましておめでとう飲み会でした。
噂にたがわず、ひとつひとつの仕事がしっかりしていて、絶品の良いお店でした。
5727653_3765613183.jpg

5727653_1274253957.jpg

日本酒の品ぞろえも素晴らしかったですよ!
5727653_2031636991.jpg
皆さん、ぜひ一緒に行きましょう!
そして、買ってくださいね。楽譜!!
20214091_177372388.jpg

7月8日(水)
G大へ、やっぱり今日も朝から晩まで・・・
終了後は・・・ヴァイオリニストのMちゃんと連れだって、
昨日は雑司ヶ谷でしたが、今日は入谷の鬼子母神の朝顔市・・・
20214091_3993818693.jpg
これもだんだん自分的定番イベントになってきましたね。季節感を感じます。
そして、自宅へ移りフロマージュ会になりました。
思い切って開けたNuits-Saint-Georgesが最高でした。

7月9日(木)
東音日なのですが、ブランチに西武の地下で海鮮丼を買ってしまう・・・
終了後は急いで帰宅して、ひさびさに再会したAちゃんと、生徒を交えてプチフロマージュ会ののち自宅レッスン・・・きちんと夜中まで働きました。

7月10日(金)
G大の試験&p科大部会の日。
同室は東先生と山城先生、そして児嶋先生とはPTNA以来の再会。
今回はあまり問題も起こらずスムーズに終了しました。
部会もスムーズ、すべてスムーズだったので数名の同僚と谷中ボッサへ・・・
その後、霞が関へ向かいヤボ用をすませ、有楽町で夏物などを買って帰ってきました。
そして、すぐに自宅レッスン・・・終わったらやっぱり夜中。

7月11日(土)
さすがに体調がおかしくなり・・・午後までずっと寝てました。
そして、リハビリを兼ねて16日のコンサートの譜読みを開始。
頑張らないと!!

7月12日(日)
雑用をしつつ、練習に明け暮れました。
台東区は2人区なので、結果が一つしか見えず、面白みのない選挙区だったとのであまり意欲はわきませんでしたが、それでも投票はちゃんと行きましたよ!!
まぁ、全体では思った通りの結果になりましたね。

夜はまったりと過ごす。

7月13日(月)
お昼から16日のコンサートの合わせ・・・

7月16日(木)
13:30開場
14:00開演 紀尾井ホール
アリオン・アフターン・コンサート2009第2回「高木綾子と仲間たち」
  共演:高木綾子、長原幸太

<曲目>
 *ピアソラ:タンゴの歴史より、ボーデル1900/カフェ1930/ナイトクラブ1960 
(Fl+Pf)
ドビュッシー:シリンクス(Flソロ) 
ライネッケ:フルート・ソナタホ短調「ウンディーヌ(水の精)」 (Fl+Pf) 
     休憩
*イベール:2つの小品 (Fl+Vn+Pf) 
モリーク:フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ  
マルティヌー:フルート、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 


やばいです。けっこう難しいです・・・
譜読みしたて、とか言い訳はできません!
頑張らなくっちゃ!!!!

死ぬ気でさらってます。

でも、明日も朝から晩まで大学に缶詰です。ふぇ~ん><


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。