リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wohngemeinschaft (住宅共同体)
さて、ドイツ語でも日本語でもやたらいかめしい響きのする言葉ですね。何のことはない。友人とか、気の合った仲間同士で一つの住居をシェアすることです。この8月からピアニストの佐藤卓史君と、一緒に住んでいます。

え~~!?キクチが共同生活だって~~?無理無理!
って思うそこのあなた。それはもっともなご意見です。確かに起きたい時に起きる、食べたい時に食べる、寝たいときに寝る、気が向かないときは自室に引きこもり電話線を抜く。という生活をかれこれ10年以上続けてきた僕にはとても大きな試練かもしれません。ただこのような超BB型のB型を極めている私にとってはとても良い社会訓練になるのではと思っています。同居人さんのたかしさんには、不安が付きまとっているかもしれないですが。

そもそも、この計画が持ち上がったのは、ひとつには僕の帰国が近づいていること、懐に不安が生じたことにあります。どうせ同じお金なら、部屋代に消えるよりは勉強に少しでも多くまわそうという気持ちからです。文化庁からの奨学金も、この夏で終わり、これからは学生からプロのアーティストに向けて徐々にシフトしていく時期。そこで、金銭上の問題でいい加減な選択をしたくないという思いがあります。

そして、同居人の卓史君ですが、この秋から、僕のここドイツでの師匠であるVardi先生のクラスに晴れて入学されたのです。
彼も練習が確実に出来る住居、を探していて、このような形になりました。
彼は素晴らしい才能に恵まれた若きピアニストであるばかりでなく、とても広い視野を持ち、豊かな人間性に溢れる尊敬すべきお方なのです。それでいて、僕よりも6歳も年下なのだから驚きです。これからどんな世界を僕に見せてくれるのか、とっても楽しみです。どうぞよろしく・・・

今は、彼のお母様が日本からいらっしゃっているのですが、すっかり甘えてしまい王子様のように暮らしております・・・
僕はもう長らく母が居ないので、家族というものには憧れますね。(つづく)


スポンサーサイト
プログラム決定
11月11日コンサートのプログラム決定しました。

O. メシアン 火の島 I (4つのリズムエチュードより) (1950)
武満徹 閉じた眼 I (1979)
L. v. ベートーヴェン ピアノソナタ第32番 ハ短調 作品111 (1822)

野平一郎 ピアノのための響きの歩み (2000)
M. マタロン 2つの時間のフォルム (2000)
F. ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 (1844)

野平作品はまるっきりこれから解凍しなきゃ・・・
6年ぶりに引っ張り出す必要に迫られまして・・・

ゴスラー
Harz山地の入口、中世の皇帝の町GoslarでのVardi先生の夏季講習会に参加するのもこれで6回目くらいになるんでしょうか?
僕は2000年の夏に行ったのが初めてで、それからほぼ毎年行っています。これをきっかけにして生徒にもしていただきました。その後も、ちょうど秋口のコンクールを受けることが多いので、何かと準備に都合が良かったんですね。そしてアシスタントのLori Sims先生のレッスンが実践的でとても役に立ちます。だいいいち上手だし。(先生はG.Bachauerの勝者です)
Hannoverに住むようになってからは、自宅から日帰りをするようになって、当地には滞在しなくなってしまいましたが、とてものどかで落ち着いた、良い町です。

ちなみに写真は全て初めて行った2000年のもの。うち一枚はホームステイしていたお宅で撮ったものです。左はなんとルームメイトだったショパコン直前のユンディです。僕も若いですね。このワンちゃんも亡くなってしまいました。まだ夢も希望もあった頃・・・・・・どんどん月日は流れる・・・
203757009_121.jpg

203757009_195.jpg

203757009_202.jpg


リハビリ
リスボンから帰ってきて2週間、この夏2度目の引越しのせいでまたもやピアノにさわれなかったんだけど、新しい同居人の卓史君にも刺激されてやっと2,3日前からさらい始めました。

でも、ちっとも練習にならない。自分の手じゃないみたいに動かないし、力がうまくかかってくれない。そんなんでイライラしてリハビリのために色々な曲を無理して弾いていたから、小指の付け根の筋肉がやたらに痛いです。やっぱり日常は使わない筋肉なんですね。

師匠ヴァルディ先生は毎年、ハノーファーからさほど遠くないゴスラーという古い小さな町で講習会を開催しているのですが、今日はそのオープニングコンサートというのにお声がかかり弾いてくるのです。プロコの束の間の幻影。大丈夫かな・・・?これもリハビリの一環ですかね。

秋葉系脱出
さて、外界へ出て行くにあたって、
まずはこれから、ってことで、
はるばるハンブルクの日系の美容室まで出かけて、
頭を丸めに行って来ましたよ。
学生の特権でタダで乗れるので、普通列車を乗り継いで片道2時間半。
浮いた金でということで日本レストランでお寿司も頂きまして、ほとんど一日仕事でした。

そしたら、担当してくれたおねえさんが、
なんと音大出身だったのです。
最初、自分の日常のこととか世間話をしていて、
妙に話が通じるなあ、と思ったら、やっぱり!
ホルンを吹くんだそうです。

人生色々だなあ。

で、首から上のほうは、少しは写真に近づきました。TVとかに映るたびに秋葉系といわれて、少しは気にしてたんです。
最近、ほったらかしだったもんなぁ。ハノーファーに居ると、段々いい加減になります、よね?

あまりにもありきたりな話
ここドイツも7月前半は異様に暑かったのに、
今や半袖では肌寒くなってしまった。
ドイツの夏は短い。30度以上になる日も多いが、湿度が低いため何とか耐えられる。

先月の終わりごろはアメリカ南部に居たのだが、
かなり蒸し暑かった。なんせ95度とかだから。(F=(9/5)C+32だから、えーと・・・)室内は冷房が効いていて、涼しい。しかし、外へ一歩出たときのあの感覚。
東京育ちで、ほとんどヨーロッパに居る自分には妙に懐かしかった。

そして今月はじめは、リスボンに居たのだけれど、
とにかく暑かった。一番暑い日は40度近かった。おまけに練習室にはクーラーも無い。流れる汗とはこのことか。

今年も一通り経験したから、もう夏は終わりでいいよ。198785146_36.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。