リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書
まず日本語の自筆の文書を提出するなんて、文化庁の奨学金を申請したとき以来だから、実に3年ぶりだ。
下書きはばっちり、文面も固まっている。
が、書き始めるとまず字が縒れ、画数を間違い、点の向きを間違い、同音異字を書き間違える。散々です。
(「演奏家課程」、と書くべきところで「演奏家程」、って書いちゃったりね。)
もののサイトによれば、履歴書の書き損じの修正は厳禁とか書いてあるし、結局7枚も書き損じて、8枚目でやっと最後まで到達した。あと一歩というところで間違うときの悔しさから、昔やったコンピューターゲームの数々を思い出す。
結局たった2ページ500文字程度の履歴書を書くのに2時間近くを費やした。手がすっかり痛くなった。ピアノを4時間弾くほうがよほど楽だ。
自分の筆記能力低下も予想以上だった。ろくに文面も考えずになんとなくのイメージでキーボードを叩き、画面を見ながら文章を修正していく癖が、自筆の場合まったく通用しないのだ。書く、ということのプロセスが、思いのほかの複雑であることを再認識した。

まだ、これから「自筆」の作文を「パソコンで編集、清書した文書」からわざわざ書き写さなければいけない。履歴書はまだ理解できるが、なんで作文までそんなに自筆にこだわるんだろう?

こんなことなら習字でもやっときゃ良かったかな?
こんな日記は、ものの数分で打ち込めるのになぁ。
スポンサーサイト
指揮者デビュー!?
このたび大変興味深いお仕事を頂きました。

というのは、なんと、指揮。

2007年1月25日
洗足学園前田ホール
大学院修了披露コンサート
Luciano Berio Sequenza VIIb per Saxophone soprano solo
Luciano Berio Récit Chemin VII per saxphone alt & orchestre
佐藤淳一 (Sax.)
菊地裕介 (Cond.)

指揮なんて、高校のときに合唱の指揮をして以来なのです。
スコアリーディングとか、オーケストレーションとか、色々知識だけは蓄えたけど、Berioは実はまだ弾いたこともないし、指揮のテクニックもないし、現代音楽だって通り一遍かじっただけで、経験という点ではゼロの僕を起用してくださって、本当にありがたいことです。
でも、誰だってゼロからスタートするわけだし、不足している点は、これからじっくり勉強して、いい本番にしたいと思ってます。
これでパリならどっかでBerioの実演にすぐ立ち会えるんだけど、Hannoverはその辺きついですね・・・
CDとかじゃ限界あるし。

僕の尊敬するMaestroブーレーズも、最初は自作の指揮を試しにやってみたら・・・ということだったから、僕もこの方面をこれから少し開拓してみてもいいかな?と思ってます。

今回、BerioおよびSaxに詳しい方、どうか声をかけてください、アドヴァイスお願いすることがあるかもしれません。きちんと理解したうえで振りたいですから・・・
ネット上にいい材料ないですかね?検索はしてみますが・・・

うまくいったら、いつかはMozartなどの弾き振りもやりたいな、なんて思っています。
かぼちゃかぼちゃかぼちゃ
今日もお暑うございます。(我が家は南側なので日が照ると外よりも暑くなります。)
さて、いよいよ恒例となりつつある食べ物日記であります。

小ぶりのおかぼちゃが一個ごろんと家にございましたので、
今日のお題はかぼちゃ。

かぼちゃと大根を薄味で炊き合わせたものと、
かぼちゃのポタージュ。
取り合わせが変わっていますが、どちらも頂きたかったもので。

炊き合わせは少々時間が長くて煮崩れ。
ポタージュは、小さめのかぼちゃで皮の部分が多かったのでやや緑がかっていますが、味はOKでした。明日も暑ければ冷製でいただこうかな?

あとは、納豆奴、これは豆腐がどうもよろしくなかったのですが、今日のような暑い日にはさっぱり感はやはり捨てがたかったのです。
それからきゅうりは、うちのぬかづけでございます。

では、ごきげんよう。

226446370_156.jpg


絶句
こんな旅行、してみたいけれどしんどいだろうな。
時刻表片手に計画を立てているときが一番楽しそう。

225789096_126.jpg


思えば僕も、3年前は、ハノーファーからパリへ夜行列車で毎週往復してたんだなぁ。当然2連車中泊。
写真は、授業を終えてパリ北駅から出発するときに撮ったものかな?当時の通学列車・・・これに乗り込むときの安堵感と達成感、そして疲労感は忘れられません。

225789096_24.jpg


キノコ
乗りかけた舟、かつ楽なネタなので、この際食べ物ブログを継続することに・・・

秋の味覚と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?
ドイツではPfifferlinge、日本ではアンズタケと呼ばれるこのキノコに出会ったのは、パリ留学当時のことした。
フランスではGirolleというのですが、夏の終わりとともに朝市ではこれやヤマドリタケといったキノコ類が山盛りに売られるようになり、食欲の秋の到来を実感させてくれます。

224620484_193.jpg


生でサラダに加えてもよし、バターソテー、クリーム煮にしても味わい深いこのキノコ、フランス料理には欠かせない食材なのですが、今日はあえてさっぱりとイタリア風に調理。

たっぷりのオリーブ油(スペイン、アンダルシア産これがうまい)を熱してにんにくの香りを引き出し、キノコを投入、塩、胡椒、バルサミコで味を調え、隠し味に醤油を少々。最後にプロヴァンスハーブを振りかけて香りをつけます。いたって基本的でシンプルですが、これがけっこういけます。
パスタは今日はカペリーニを使用。茹で上がりにオリーブ油を和え、キノコソースをかけ、いつものグラナ・パダーノを削り振りかければ出来上がり。

お皿が浅くて、盛り付け時に少々事故が発生しましたが、まあ良いか。
ルッコラとローマトマトのサラダ(切っただけ)とともに、初秋ならではの食事でした。

224620484_119.jpg


秘伝の牛タンです
だんだん食べ物ブログみたいになってきましたが・・・

今日のお昼ご飯は牛タン焼仙台風でございました。

ドイツの食生活の数少ないメリットの一つ。
牛タンが安く手に入る。ということです。
近所の大型スーパーで、1kgを越えるような大きな塊を10ユーロ以下で求めることができます。
今、日本だと、米国産牛肉のBSE対策の影響もあって、ずいぶん高価ですよね。

酒飲みのオジサンは大抵牛タンのようなものを好んで食べると思いますが、僕もご多分に漏れずこれが好物です。

良く砥いだ包丁で薄くスライスし、皮を削ぎ切り、細かい切込みを入れて、下味をつけていきます。
あとは、このように網でじゃんじゃん焼くというわけ。
結構面倒だけど、やめられません。ガスコンロで良かった。
家中に煙が充満するのが難点ではありますが・・・

223161103_112.jpg


アジアショップで買った芋でとろろを作り、白いご飯、いつもの納豆や卓史君のお母様に作っていただいたサラダと合わせていただきました。

お母さまが、肉を焼くのを手伝って下さいました。写真はその光景です。

223161103_4.jpg


ドイツ在住の方は、ぜひお試しあれ。

大譜読み大会
先のことを考えれば考えるほど、
目先のことがおろそかになる。

しかし、先のことを考えなければ、
間際になってドタバタになる。

どっちがいいんだろう?

結局はいつも自転車操業。
納豆(嫌いな方スミマセン)
ひさびさに納豆を仕込みました。
嫌いな方には申し訳ないのですが、出来上がりはコチラ。
っぽく出来ているでしょう?
豆を少し焦がしたところや、古い納豆がそのまま混ざっているところがあって、色にムラがあったり、大粒なので糸を引きにくかったりしますが、味は納豆そのものです。
これを覚えてから、食生活がぐっと豊かになりましたよ。ダイエットにも役立つでしょう。
気温や湿度、蒸し時間などの条件で、出来は変わります。
もっと試行錯誤して、より美味しく美しいものに仕上げるのだ。

221239401_237.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。