リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告どおり、今日はクスクス。
かなり久しぶりに作りましたが、やはり美味しかった。メトロ5番線最高!

先日買い物に出たときは、クスクスに欠かせないチュニジアの唐辛子ペーストHarissaを買うことができなかったので、これが買えるトルコ食品店まで雨の中チャリを飛ばしました。この出不精の僕が!写真に写っている缶詰がそれです。

レシピはかなり自分流に改造しているのでアラブ人からは邪道だと怒られる点もあるかもしれませんが、自分的にはかなり気に入っています。例によってクミンとコリアンダーの実はたっぷりと。にんにくも大量。
そして今日の肉はラムとメルゲーズ。

相棒の卓史くんといっしょに美味しくいただきました。

252174497_218.jpg

252174497_174.jpg


ただ、これを一回作ると食べ続けなきゃいけない。明日もクスクスです。
今度作るときはパーティーにしようかな?ハノの人は必修ですよ!
・・・でも餃子パーティーも捨てがたいしピッツァとかもありだし、そして今度やろうと思っているのが牡丹鍋(イノシシです)・・・パリでは、鮟鱇鍋なんてのもやったものですがここでは無理・・・
さて年末は忙しくなりそうだこと・・・

スポンサーサイト
(演奏後)イタリア週末紀行第一陣 
一度ホテルへ戻り、
夕方の本番へ向け昼寝。

本番は聖アントニオという古い教会。祭壇全体を布で覆ったり、天幕を張ったり、随分苦労されているようですが、やはり教会、すごい響きです。あまり自分の音を聴きすぎると、前の和音の残響に暗譜が乱されるというなかなか危険な会場。しかしあとで録音を聴くと、客席には結構ちゃんと聴こえていたみたいです。

実はこの会場にはけっこうきつい思い出があります。
去年のコンクールのときは、ここが練習会場のひとつになっていてアップライトピアノが教会のそれぞれの隅に3台。みんな自分の音が聞こえないものだから、フォルテで弾きまくり、そりゃすごい轟音がミックスしてとんでもないことに・・・僕ははやばやと引き揚げました。

さて、リサイタルは去年弾いたレパートリーを4日間でチンした綱渡り的なプログラム(去年、ろくに考えずに決めてしまいパンフレットまで出来上がっていたから・・・)でしたが、どうにか弾き切りました。自分としては、細部に怪しいところがあったり、汗ですべったり、反省点はありましたが、200人ほどのお客様は結構盛り上がってくださいました。

プロコフィエフ 束の間の幻影より11曲抜粋
ヤナーチェク ソナタ「1905年10月1日 街頭にて」
ショパン 4つのマズルカ作品33
ショパン ソナタ第3番作品58
アンコール
モーツァルト ロンド K.494
スクリャービン 詩曲「焔へ向かって」


で、演奏後、再び先ほどのレストランへ、今度は4人で繰り出します。
タコ、イカ、エビなど魚介、モッツァレッラ、そしてヴォンゴレパスタに魚料理、と、今度はたっぷりの白ワインを満喫。デザートのジェラートまで大満足してお開きとなりました。
251564681_134.jpg

251564681_25.jpg

で、おまけですが、翌日バーリ空港で買った何てことない切り売りのピッツァ。そんなものでも、最低限の基準は満たしているのです。しかしどうしてこんな単純なものがドイツでは買えないんだろう・・・?ボテボテのグニャグニャで具ばかりたくさん載ってて・・・
251564681_148.jpg


なにはともあれ、また一日がかりで無事帰宅しました。
次は金曜日出発。今度は同じプーリア州でもかかとの先の先。
帰りに飛行機の関係でローマへ寄るというおまけつきです。
今度は武満を解凍しなきゃ・・・
(演奏前)イタリア週末紀行第一陣
10月後半のメインイベントはイタリアでの2度の演奏会。
まずは、南イタリア、長靴のくるぶしの辺り、プーリア州Barlettaへ行ってきました。
イタリアで何が楽しみって、ええもちろん食べ物ですよ!

Hannoverからケルン・ボン空港までICEで3時間、HLXというドイツのいわゆる格安航空会社でBariまで一っ飛び。空港バス、ローカル列車を乗り継いで無事Barlettaへ到着。完全に一日がかりの長旅です。去年訪れた際には、Hannoverから飛行機に乗れたものの、ミラノから列車で8時間という、それはそれですごい長旅で、なかなか簡単にはたどり着けないところです。(安い選択肢にこだわるから、というのもありますが・・・)
駅までMonopoli先生が来てくださり、ホテルに滑り込みました。とりあえず当夜は一人で遅めの夕食です。去年コンクールで滞在した際も、このホテルのレストランが気に入ってほぼ毎日利用したのですが、なかなかのハイレベル。
写真はありませんが、ドイツのとは一味違うソーセージ、大好きなゆでタコやアンチョビーの酢漬け、水牛のモッツァレッラや太陽をたっぷり浴びて育った美味しい野菜などのAntipastiに舌鼓を打ち、ポルチーニのパスタ、地元産の赤ワインでさっそく満足。

翌日、午前中のリハーサル終了後、Monopoli先生に連れられて海辺のレストランへ、手打ち魚介パスタに、地元の魚。オリーブやらフォカッチャといった小物の味も最高です。演奏前の緊張はあったものの、しっかりと平らげました。

(つづく)
251374668_204.jpg

251374668_200.jpg


アラビアーン
写真があまり美しくないけど・・・息抜きに食べ物ネタです。

2週間以上滞在したスイスから帰ってきて、3日間引きこもっていました。そうなると問題は「何を食べるか?」
まずは白いご飯に佃煮、ねぎじゃが味噌汁などを食べ、うちに残っていたグラナパダーノやらペストやらカペリーニだので3日間をしのぎました。が、やはりフレッシュなものが食べたくなった。
明日イタリアに行くんだからそれまで我慢するという手もあるが、どうせ帰ってきてからまた買い物へ行かなければならないのであれば、今、行ってしまえ。
で、今日やっと買い物に出かけました。

明日からイタリアだし、もうすぐ日本へも帰るし、
ということで、ここはアラブで行きましょう。

イタリアから帰ってきたら、クスクスを作ろうと計画、
しかし今日は時間がないし、今、作っても残ってしまう。
ということで、材料の一部を廻してアラビアンカフェ飯としゃれ込みました。

メルゲーズをグリルし、茄子をたっぷりのオリーブ油でソテー。

そして付け合せ、っていうかこっちがメインなんだけど、パリで親しんだタブーレです。
クスクスを蒸して、刻んだにんにく、きゅうり(最近、ピクルス用の小胡瓜が手に入るので助かる)、トマト、ミントを加え、オリーブ油、レモン汁で和える。
フェタやオリーブの実も投入し、泣く子も黙る菊地流の大量香辛料の投入。コリアンダー、クミン、黒胡椒、そして塩。
よーく冷やして・・・

248886963_2.jpg


うーん、懐かしい味だ。
これぞパリの味、っていうかメトロ5番線の味。

では、一回目のイタリア行ってきます。

スイス帰り
9月30日に消息を絶った小生ですが、本17日早朝ハノーファーヘ帰還いたしました。
大抵、理由も言わずに消えるときはコンクールでして、今回はジュネーヴへ行っていたわけです。
15日間で5回のステージを踏む、結構しんどい日々でした。おまけに今回出かける直前には11月以降に使う曲の譜読みに追われていて、特にコンクール用の準備ができていなかったので、現地で毎日必死にさらい、新しい曲を暗譜したり、古い曲を解凍したり、指使いを替えたり、、心身ともにかなり消耗しました。幸いなことに、リーズ用に準備した曲をだいぶ回せたので、どうにかなったのですが・・・
多分、出かける前、隣人は僕がコンクールに行くとは気づいていなかったでしょう。(毎日、ぜんぜん違う曲をおずおずと譜読みしてたんだから!)
でも、特に2回のファイナルは怒涛の勢いで仕上げたので、それぞれの前日のリハーサル時と内容がだいぶ変わってしまったりしたところがあってカルテットや指揮者さんにはちょっと迷惑かけたかもしれません。リハの録音を聴いて初めて思いつくことがあったので仕方ありません・・・

一次予選
10月2日
モーツァルト ピアノソナタ第18番ヘ長調 K.533 第1楽章
ショパン 練習曲 作品25-11 「木枯らし」
ストラヴィンスキー 練習曲嬰ヘ長調 作品7-4

二次予選
10月5日
ショパン バラード第4番へ短調 作品52
メシアン 喜びの聖霊のまなざし
ベートーヴェン ピアノソナタ第32番ハ短調 作品111

三次予選
10月9日
プロコフィエフ 束の間の幻影 作品22より
1.3.4.5.6.8.9.11.14.15.18番
メシアン 火の島I (4つのリズムエチュードより)
マタロン 2つの時間のフォルム
スクリャービン 詩曲 「焔へ向かって」
シューマン ピアノソナタ第1番嬰へ短調 作品11

ファイナル
10月13日
モーツアルト ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415
テルプシコルド弦楽四重奏団
10月15日
ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調
マルクス・ボッシュ指揮 ジュネーブ室内管弦楽団 

で、結果ですが今年はこれで三位が三つ目!、でも、今までのとはちょっと重みが違うと思うので、大変ありがたく頂戴いたします。
これで数ヶ月間長くこちらで勉強することもできます・・・
今年は奨学金もおしまいになり、コンクール収入もかなり少なかったので、経済的にかなりやばかったのです。

帰りがけに6月にチューリヒのコンクールでお世話になったご夫妻のお宅にお邪魔してきました。
そもそも彼らはわざわざジュネーヴまでファイナルを見に来てくださり、翌日一緒にチューリヒへ向かったのです。6月にお会いしたお知り合いたちも、お宅へお祝いに来てくださいました。
ご夫妻のお人柄からか、皆、素晴らしい方々です。
遠い国からやってきた、しがないピアノ弾きの僕に、いろいろ気遣ってくださって、本当にうれしいことです。

さて、次はイタリア、4日間でプログラムほぼ総取っ替え。間に合うか・・・?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。