リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました
昨日は、たいへん多くのお客様にお越しいただき、
無事(ではない部分もございましたが・・・)コンサートをさせていただくことができました。
弾くほうにも、聴くほうにも、かなり負荷の高いプログラムだったと思うのですが、最後までお付き合いいただいた方々、ほんとうにありがとうございました。
ちなみに最後に弾いたのは、プーランクの「プレスト」です。譜読みして一週間といったところなんですが、楽しい曲なので軽く弾いてみました。


2月26日のチャイコフスキーも、どうぞよろしくお願いします。今度はキャパが大きいので、ぜひ皆様お誘いあわせの上お越しくださいませ。

東京交響楽団 飯森範親指揮
東京芸術劇場大ホール19時開演です。

すでに、チケット売り出したようです。
お問い合わせは、
日本演奏連盟 03-3437-6837 (学生割引(25歳まで)はこちらのみ)
または、
チケットぴあ、ローソンチケット、楽天チケット、イープラスなど各プレイガイドにお願いいたします。
A 3800 学3000
B 2800 学2200
C 1800 学1400
とのことです。

スポンサーサイト
残席僅少!
11日のコンサートですが、
もうほとんど空き席がない状況で、
あとは無理やり椅子を詰めるらしいです。
それにしても、あと20席程度で、30増やすのはきついだろうとのことです。

ご予約はどうぞお早めに。
03-5414-2966(ヤマハサロンコンサート受付専用電話)
受付時間:平日10:30~18:00
※土・日、祝日はヤマハ銀座店(03-3572-3171)へお問い合わせください。)
http://www.yamaha-ginza.co.jp/event/2006/06111101.html

南伊珍道中第弐巻
10月29日、コンサートを終えた僕は午前中だけ練習。
午後いちばんに、今回のコンサートを企画したPonzetta先生の車で一路Brindisi空港へ。
道中、ルービンシュタインのブラームス2番っていうのを恥ずかしながら初めて聴いたんですが、感動してしまいました。
ゲザ・アンダの時に苦労して譜読みしたんだけど、また弾きたくなっちゃったよ。どこのコンクール行ったら弾けるかな・・・と。(おいおい)

飛行機はおととい6時間以上かかった道のりを1時間で飛びあっけなくRomaはフィウミチーノ空港に到着。
アテンダントの兄さんとおじさんが超ハンサムで驚きました。でも、男なので、それで終わり。

空港からは、40ユーロのPrezzo Fizzoを当てにするわけもなく、11ユーロの電車の切符を購入。
そして、乗り込みました。そしたら、いたんです。また、変なヤツが・・・

開放客室のほうはちょこっと混んでたんで、コンパートメントに行ったんです。
そしたら、一室、中年の全身黒で真っ黒いサングラスかけた細身の男が一人しかいない部屋があったので、
そこに入って、発車間際でもう入ってくる客もいないことだから、床にスーツケースをヨイショと置いたんです。
そしたら、この男、いきなり立ち上がって指突きつけて(失礼なヤツだ!)「no!no!」って言うんです。
だから、「Perche?(なんで)」って普通に聞きました。
そしたら、「Perche? no! no! 」って理由もいわずにいちゃもんつけてくるんです。
でも、普通いちゃもんつけるときは正当な理由がなければおかしいわけだし、こちらも「Perche?」と再び。
それでも、同じ対応しかしないんです。この男。
だから、「ma, Perche?(だから何なの?)」と、オーマイガポーズを交えて再び。
そしたら、判読不可能な言語でブツクサ言いながら出てっちゃいました。
何がしたかったんだろ?この人。
おかげで一人でコンパートメント占領できてよかったんだけど、どうもローマの空港周辺には変な人が沢山いるんですね。

で、列車はテルミニ駅に程なく到着し、今晩の宿となる桐朋時代の同級生ピアニストT夫妻の留守宅の鍵を受け取りに荷物引きずってレストランへ、
ここは彼の家の大屋さんの日本人が経営していて、オーナーのマダムは「何泊するの?」「明日、また鍵をお返しにうかがいます。」
「えっ?一晩のためにあんな遠いところいくの?」「ピアノが練習できないとだめなんです。」「大変ねえ、頑張って!」
無事、鍵を受け取り、メトロとバスを乗り継いで、送ってもらった丁寧な地図を頼りに、留守宅へ到着しました。
彼は家賃が高いってぼやいていたけど、それもそのはず、僕のうちの2倍は軽くあろうかという、立派なアパートでした。

掃除もきれいにしてあって、タオルもちゃんとあって、感謝感激です。

やれやれ、くたびれたけど、まだ一時間だけ練習できたので、させてもらい、明日のローマ観光の計画を立てて、早々と眠りについたのでした。
おやすみなさい。

南伊珍道中第壱巻
さて、そんな間に行ってきました。
この秋2度目のイタリア!
っていうか、中3日しか空けないで再び(それもほぼ同じ地方に出かけました。)

今回は、ずいぶんと波乱含みの展開でしたよ。
まず、10月27日朝ハノーファーを出発する飛行機が1時間以上遅れるところから問題はスタート。
ローマの空港に着いたときには、すでにテルミニ駅からの列車が出発するまで1時間を切っている・・・
バスなんか乗ったらもう間に合わないんじゃないのか?
荷物を出てくる間にもイライラ、しかし、その間に面白いポスターを発見。
「2006年10月からローマ市内行きのタクシーは均一料金になりました。」とのこと、
僕が今いるチャンピーノ空港からは30ユーロだって・・・いいことを聞いたぞ。それならタクシーに乗ったほうがいいかな?
とか考えている間に、荷物がやっと到着。外へ出ます。
一応、テルミニ行きのバスが客を乗せて待っている。運転手氏いわく「10分後に出るよ」・・・ということは20分後だからもうバスでは間に合わないと判断。タクシー乗り場へ。「たっすぃ?」と運転手が寄ってくる。「すぃ」そしたら、「金は持ってるか?」って言うわけ。
だから、「いくら?」って聞いたら「うーん、まあ、50か55ってとこだね」って言いよるんですよ!
「E troppo caro!(高すぎるよ!)」って言ってんだけど、「ma molto lontano(でもすごく遠いんだ)」とか言って譲らない。うそつけ15kmって書いてあったぞ。
だから、さっきポスターを見たんだと言ったら、何を思ったか「それは嘘!」とか言うんですよ。「それはフィウミチーノだから」とか言うわけ。
でも、フィウミチーノってのはローマのもう一つの空港で、このチャンピーノよりもっと遠いんです。無茶苦茶な論理でしょ?
だから「ふぃうみちーの、40、ちゃんぴーの、30 prezzo fizzo(固定料金)!」と言ったんですよ。
そしたら、「no,no,non e possibile, 50 capito?(いーやありえない50だ、いいか?)」っていうから、「non ho capito(うんにゃ)」と返す。したらなんと乗車拒否しやがったんですよ。イカれてる!目前の客を逃すなんて商売人としては最低ですね。
仕方ないんで、運ちゃんがタムロしてたあたりに戻って「Prezzo fizzo! Chi va(誰が行く)?」ってやったんです。そしたら「Io vado」って刺青、長髪、サングラスのアンちゃんが出てきた。「だってあいつは55っていうんだ!」って言ったら、「それは変だね、でも荷物もあるから35でもいい?」、と言う。まあそれならと納得して車に乗り込みました。
タクシー乗るのになんでこんな苦労しなきゃならんのだこの国は?
でも、運ちゃん、ちょっと急ぐんだけど、と言うと、渋滞してる中でも神風運転で頑張ってくれて
無事15分前にはテルミニ駅に着きました。やれやれ・・・バスだったら絶対遅刻でした。

そもそも何でこんなに急いでその列車に乗らなければならなかったかというと、Lecceというのはローマから6時間半もかかるところで、
列車は午後はその一本だけで、かつ最終だったのです。これを逃したらより損害が大きいからね。(類似経験あり)
15:28定刻に出発した列車は、22:15分、15分遅れでLecce駅に滑り込む。
先方の生徒たちが迎えに来ていて、車でさらに南下、Taurisano町に到着したのはもう23時過ぎなのに、食事に誘われ、結局何も食べないよといったんだけど、まあ一杯と言われ、結局宿舎に着いたときにはもう24時をまわっていました。
で、その宿舎、ホテルだとばっかり思っていたんですよ。
そしたら、「ヴィラのなかのアパート」なんですよ。アパート自体はまあOKだったんですが、掃除が・・・床を見るとムカデやらの死骸が・・・長く使ってないのか、なんか下水匂うし、閉口でしたよ。タオルもなかったし・・・
でも、もう逆らう気力もなく、それらは見なかったことにして眠りに落ちました。
翌日おきて、周りの景色を見ると、なんとも見事な田園風景、迎えが来ないことには何も出来ないのに、
259956579_94.jpg

迎えの車は約束の1時間後もいまだ現れず・・・腹減ったぞ・・・!

と、ここまでがえらい苦労話だったんだけど、
そっから先はちゃんと面倒見てくれてコンサートもだいたいうまくいきました。武満の出だしで少々面白いことが起きましたが・・・
259956579_187.jpg

演奏後はこんなご飯もしっかり食べて・・・
「コンクールあるから是非来い!」と言って下さるんだけれど、来るの大変だよな。ココ。
259956579_201.jpg


祖国の土を踏む
ご無沙汰いたしております。
本日、2年2ヶ月ぶりに無事、日本の土を踏みました。
最初乗るはずだったAmsまでの飛行機が欠航になったので、
一便早くハノーファーを出発することになり、
それなのに乗り継ぎの飛行機が遅れて、
結局Schipol空港で5時間を過ごす羽目になるなど少々のケチはついたものの、成田についてからは電車の連絡もよく、念願の「快速急行」にも乗れて、自宅方面行きのバスも待っていて実にスムーズな帰宅でした。最近、イタリアでひどい目にあっていたから余計にそう感じました。
久しぶりの祖国は安心しますね。

とりあえず、荷物を解いて食べるもの食べたらもう夜になってしまいました。

まずは、ご報告まで。
こうして帰ってくるまでの一週間については、
これから別の日記にまとめますので・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。