リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリ演奏会
先日指揮を担当させていただいたBerio "Recit Chemin VII"ですが、めでたく再演の運びとなりました。

というのは、サックスの佐藤氏が見事木管部門首席に輝かれ、来る2月13日に開催される「大学院グランプリ特別演奏会」に出演されることになったからであります。
ピアノ、木管楽器、金管楽器、弦楽器、打楽器、電子オルガン、声楽の各部門首席が共演する演奏会です。
で、さらにこのグランプリで優勝すると奨学金200万円が支給されるそうです。洗足っていい学校ですねぇ。桐朋にそんなのあったっけ?

洗足学園前田ホール(東急田園都市線溝の口駅またはJR南武線武蔵溝ノ口駅徒歩8分)
2/13(火) 16:30開場 17:00開演
入場無料
Luciano Berio Sequenza VIIb per Saxophone soprano solo
Luciano Berio Récit Chemin VII per saxphone alt & orchestre
佐藤淳一 (Sax.)
菊地裕介 (Cond.)
http://www.senzoku.ac.jp/music/concert/program_0702/0213.html

今回は演奏時間の都合で一部カットしなければならないそうですが、そんなわけで再演の運びとなりましたのでどうぞ皆様お誘いあわせの上お越しくださいますようよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
パリ日本文化会館 若手音楽家コンサート
洗足の本番の翌朝は新百合5時半のバスで出発。
今回はテーハンハンゴン(大韓ね)初体験でした。諸費用込みで8万円台で安かったんだけど、発券直前になって僕の持つエールフランスのマイレージアカウントに加算できないチケットであることを知らされ愕然。(同じスカイチームのはずなのに)たとえ1万円安くても、2万マイルつかなければこれは大損害です。もっと早く知らせてくれれば素直にKLMにしたのに。しかたがないので、せめてニダーランドムードを楽しむことにしました。
安チケット客の分際で生意気ではあるけれど、サービスはなかなか良かったように思います。そういえばアエロフロートも悪くなかったし、結局ヨーロッパ系があまりサービス良くないんだよね。アメリカ系よりは若干ましだけど。
機内食のビビンパもインチョンで買ったキムチもなかなかおいしかったです。ただ、物売り攻勢はやめてくれ。僕は小心なので、あれでは本当に欲しいものも買えなくなってしまいます。
まあ、飛行機なんて時間通りについてくれれば、それでOK、それが一番なんですけどね。

で、夕方予定通りパリへ着き、電車に乗り込み翌日本番のあるパリ日本文化会館へ向かうと、もう初日第一陣が演奏していました。ほとんど聴くことはできなかったのですが、一応会場を見て、パリでいつも泊めていただくヤマハのT氏宅へ。バタンキューです。

そして本番当日、T氏のクラビノーバをちょこっと触って、会場へ。このパリ日本文化会館は、ちょうど僕が留学してすぐのころ建ったわりと新しい近代建築です。

gaikan.jpg

開館のときには、僕も見に行って、その清潔な日本ムードにしばし癒されたことをよく覚えています。そして、今年開館10周年だとか。時の流れは実に速いものです。
ホールですが、定員は300名くらいかな?音響はちょっと難しかったけれど、とても綺麗なホールでした。パリにこんな場所があるとは知りませんでしたよ。

本番には、パリ時代にお世話になった大家さんの家族、祖母の友人、コンセルヴァトワールの仲間、そして、プーランクコンクールでお世話になったラギャルド教授など、たくさんの方が聴きに来てくださいました。ここ一ヶ月以上人前でピアノを弾いていなかったので、けっこう緊張しましたよ。
肝心の演奏ですが、自分としては、時差ボケ、旅行疲れなど手伝って意識が朦朧としていたもので、けっこう危なげだった気がするのですが、以前聴いた時より良くなった、といってくださった方がいくらかいらっしゃったので、それは嬉しく頂戴することにしました。

本番後ちょっとしたレセプションがあって、懐かしいお顔を拝見することが出来ました。
パリは第2の故郷だから、恩返しさせていただかないと。

そしてお流れ後はT氏宅でいつもの宴会でした。でも、途中で居眠りしちゃってみなさんのお見送りが出来なくってすみませんでした。

演奏曲目
フランシス・プーランク 主題と変奏 (1951)
Francis Poulenc Thème Varié

武満徹 「閉じた眼」 (1979)
Toru Takemitsu « Les yeux clos »

アレクサンドル・スクリャービン 詩曲 「焔へ向かって」 作品72 (1914)
Alexandre Scriabin Poème « Vers la flamme » op.72
指揮者デビュー完了!
本日は僕にとって記念するべき日でした。
洗足学園の前田ホールで、ベリオの、「レシ Chemin VII」 日本初演の指揮を担当させていただきました。サックスの佐藤淳一氏の大学院修了演奏会のオケ伴ということでした。そもそもオケを振るのがまったく初めての僕が、いきなり現代曲を振るなんて、とーーーっても大それたことだったのですが、皆さんの暖かい協力のもと、無事に役目を果たすことが出来ました。

そもそも、何を苦労したかって、何せ日本初演ですから、音源がまったくなかったのです。
いちおうスコアは読みましたけれども、実際に音を出してみるまでやはり具体的なイメージを作ることは出来ず、果たしてどういう練習をしたら良いのかも試行錯誤の連続でした。
そもそもピアニストである以上いつも一人で練習しているから、イメージを言葉にするのがあまり得意でありません。大勢相手に話すのも苦手、途中まで言いかけてからついつい口ごもっちゃったりして・・・
それに本来は指揮者が一人でやってくるべき作業(振り方を考えたりとか、スコアに蛍光ペン入れたり、)をリハーサル中にやっていたりして、効率もあまり良いとは言えず、プロ指揮者だったら許されなかったかもしれないのですが、予定通り4回にわたるリハの末どうにかまとまったので、良いことにしましょう。

もちろん、完璧ではありませんでしたし、振り間違いもまったくなかったわけではありません。
でも、自分が中心となってみんなが心をひとつにして音楽をする、そのことをとても素晴らしいと感じました。
これはやめられない快感です。
うちの先生がなぜあんなに棒を振りたがるのか理解できました。僕もまた機会があったらやりたいです。
今まで、自分の体験してきたことをことごとく不可欠であると言ってきたので、今度はピアニストはぜひ指揮を体験するべきだと吹聴して回ろうかな?
今度はクラシックなレパートリーにも挑戦してみたいですね。
サックスのソリスト佐藤氏、僕のあまり効率よくない練習に付き合ってくれたオケの皆さん、指揮は素人の僕に話を持ってきてくれたとっくんさん、みなさま本当にどうもありがとうございました。何事も経験だなあ。次はもっとうまくやりますので、よろしくね。


インタビュー
前回、11月に帰国した際に何度か音楽執筆業界の方にお話を聞いていただく機会があったのですが、下記の通り記事にしていただけました。

ショパン 1月号 46ページ
音楽現代 2月号 108-109ページ

特に音楽現代のインタビューは最近僕の感じていることが如実に巧みに表現されているのでご興味をもたれた方はぜひお読みになってください。

ただ、記事に添えられた写真を見て、僕はついにダイエットを決意しましたよ。
腹筋やって、駅までの移動を自転車に変え、など基本的な方法で、ただいま開始後一週間でやっと2kg減です。ただ、体重変化の小さい割にはさっそくおなかは引っ込んできました。
生活習慣、変えないと・・・

個人レッスンのご案内です
今後、活動の拠点を徐々に日本へ移して行くに当たって、あらゆる形でこれまでの芸術体験を皆様と共有したいと考えています。
演奏活動に加えて、ご希望の方には個人レッスンをさせていただこうと思っています。

例えば僕の演奏をお聴きになった上で、もし何か共感していただける点があって、ご自分の演奏に取り入れてみたい、というようなことがあれば、喜んでお力になりたいと思います。また初見、譜読みなどのテクニック、さらにソルフェージュや楽曲分析、楽典等でもお悩みのことがありましたら、そちらも加えてアドバイスいたします。

来日できる期間が限定されているので、いつでもというわけにはまいりませんが、ご希望の方には短期集中でレッスンをいたしますので、入試、コンクールなどの準備のお手伝いもさせていただけるかと思います。

レッスンは一コマあたり最低で60分は保証させていただきます。生徒さんの熱意や進行状況によっては90分程度までになるでしょう。曲数や受講科目が多く一コマでは足りないと予想される場合、前もってお申し出頂ければスケジュール調整の上、延長も可能ですのでご相談ください。
レッスン料は内容(レッスン内容、レベル、年齢など)に応じてご相談させていただきますが、たとえば音大などで専門的な学習をなさっている方の実技演奏を指導させていただく場合は一コマ10,000円でお引き受けさせていただきます。
お知り合いをお誘いになることやグループでの参加も3人程度までなら可能です。
レッスン会場は基本的に実家です。ヤマハのC7グランドピアノが入っています。

小田急線鶴川駅または京王線若葉台駅まで初回送迎します。以後は可能な限り。

ご興味のある方は、簡単な自己紹介および音楽歴(学校名・師事した先生など)と曲目、もし特に克服したい課題などおありでしたら、それらを添えて、ご連絡頂けましたら幸いです。まずはご相談に乗ります。その上で納得していただければレッスンをいたします。初回のレッスンは、レッスン時間も長めにとって、今後の方針を固め、ご相談にも乗らせていただきます。
残念ながら僕に指導スキルがございませんので、初心者の方はお引き受けいたしかねます。原則的に、過去にある程度勉強した経験がある方に限定させていただきますことをご了承ください。
現役の方は可能であれば現在師事していらっしゃる先生のご了解をとっていただくのが望ましいと思います。もし、ご心配の点がおありになればご相談ください。

臨機応変に対応いたしますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせは
yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp
によろしくお願いいたします。
演奏会予定更新いたしました。
1月25日洗足学園大学での演奏会の出番確定
1月31日パリ、4月24日東京の演奏会のプログラム公開

http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-1.html
ゴールド免許の効用
今朝、思い立って府中まで免許取りに行ってきました。
といっても、試験を受けに行ったわけではありません。

もともと日本で運転するときはフランスで取った免許証を使っていたのです。10年近く前に取ったものですが、更新せずとも一生有効、EU諸国では共通という実にありがたい品なのです。
ただ、これ、JAFの翻訳書類とパスポートも携行してないといけなくって、かさばるんですね。
日本の免許に書き換えちゃうとヨーロッパで面倒かな?とか思っていたのですが、調べてみたら、日本の免許に切り替えてもフランスの免許は持ち続けることができるようです。更新の手間は増えますが、高1のときに取った原付免許も身分証代わりに更新し続けていたので、普通免許もくっつけることにしました。あと、件の「中型限定」導入の噂も聞きまして・・・

手続き自体は何ら煩雑なものではなく、係の方も丁寧ですんなり進みました。お役所とはいえ、さすが日本だわ。

所定の時間の5分くらい前に引き取りに行ったら、もう出来上がってて「はい、菊地さーん、こちらへどうぞ」と、いきなりゴールド免許渡されたんでびっくりしました。確かに、最後に違反したのはもう7年くらい前だから、条件としては整っている。
しかし、普通免許の交付年月日は今日なんですよ。表には「優良」マーク、裏を見ると、「初心者標識免除」って書いてあるんです。なんか奇怪な代物ですよね。

で、僕のような小市民はこういう「ステータス」を守りたくなっちゃうんですね。帰り道の運転が、妙に安全運転になって、ゴールド免許の思わぬ効用を実感しましたよ。お上の思うツボなんだなぁ。まあ、安全に過ごせるならばとてもありがたいことですが・・・

余談ですが、ICチップ入り免許証、ちょっと厚くて硬くなりましたが外見はまるで従来の品と同じです。あと本籍欄が空白になっています。読み取り機にかけて(といっても所定の位置に載せるだけ)暗証番号を入れると内容が見られるんです。管理されている感たっぷりですよ。

もうひとつ呟き・・・「二・小・原」と「その他」は上下に別の日付が記載されていますよね。それが、「平成5年」と「平成19年」。原付免許取りにこの試験場に初めて来たときのことを思い出し、その間に流れた時の長さに感慨を覚えました。おっさんになったんだなぁ。


写真が届きました!
プーランクコンクールでお世話になったホストファミリーの方から写真が届きましたのでアップいたします。
なんとなく雰囲気が伝われば・・・と思います。

プーランクピアノ協奏曲演奏中
20070110015643.jpg


ファイナル終了後、課外授業で聴きに来た小学生たちに囲まれて
20070110015621.jpg


みんなノリが若いです。(あたりまえ)
20070110015630.jpg


こちらはお行儀良く・・・
20070110015637.jpg


実際には曲は弾いていない、はず・・・・
20070110015649.jpg


表彰の舞台で・・・
20070110015657.jpg


ポルト国際コンクールの創始者ヴァントシュナイダー先生と
20070110015604.jpg


なんかヤラセっぽい・・・
20070110015653.jpg


ファミリーのワンちゃん"Oxane"
20070110015609.jpg


ニャンコのマイキー君はベッドで寝るのが好き。(これはソファだけど・・・)
20070110015615.jpg


謹賀新年
皆様、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

さて、以前申し上げたとおり、今年の幕開けは空の上でした。
どういうわけか僕が乗る日欧間の飛行機はいつもほぼ満席なんですが、
アムステルダムから乗り込んだKL861便の機内は珍しいほど空いておりました。
俗に言うエコノミー寝台というやつで、左側3列を占領して快適な空の旅。

機上で過ごす新年ですから、どこでいつ日付が変わるのか特定できず、(飛行地点の現地時間を厳密に採用すると時計ではなくって航法装置のカウントをしないといけない場合も・・・)カウントダウンなどできないな、と思っていたのですが、結局、離陸後まもなく、日本時間の新年0時にお祝いの放送が流れました。
KLMからささやかなお祝いがございます。と言うので一瞬期待しましたが、いつものウェルカムドリンクにシャンパンの選択肢が加わるだけといういたって簡素なものでした。当然、年越しそばもおせちも無く、いつもの謎の魚の丼物("Unadon"だそうですが・・・)。

数時間後、ロシア沿海州を南下中、左側の席だったので遠くの空が白んでくるのが見えました。2000年に犬吠崎へ行って以来(なんとミーハーな)、7年ぶりにご来光を拝むことができました。(かなり無理な姿勢でとった写真なので、画質が悪いのはご容赦ください。)

IMG_3349p.jpg


まあ、エコノミー寝台のおかげでいつもよりはすっきりした気分で成田に到着することができました。
連休とはいえ、元旦の成田空港はいつもと比べると人もまばら、まだUターンとかは始まってないんですね。
でも、ガラガラのスカイライナーに乗ったら、成田から初詣客がたくさん乗り込んできましたよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。