リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満員御礼
昨日の、「都民芸術フェスティバル、東京交響楽団とのコンチェルト演奏会」ですが、表題どおり満席に近い盛況でした。

飯森先生と東響のみなさまの素晴らしいサポートのおかげで、僕も演奏の喜びを満喫することが出来ました。
細かい問題、反省点は、決して少なくはなかったのですが、たくさんのお客様の暖かい拍手に励まされ、今後もがんばって演奏活動していきたいとの思いを新たにしました。

余談ですが飯森さんのチャイ5も呼吸、躍動感、盛り上げ、とても素晴らしかったです。あらためて、素晴らしい共演者に恵まれたことを感謝しました。

東京芸術劇場大ホールでの演奏は、1994年秋の日本音コン本選会以来、実に12年半ぶりのことで、(そのときも東京交響楽団だったのですが・・・)楽屋入りしたときから、なんだか懐かしい気分で心強かったです。ただ、12年前よりも、気のせいか会場が小さく感じられました。これもひとつの成長なのでしょうか?
終了後の祝福も盛り上げていただきました。これほど多くのお客様に拍手をいただいたのは、2000年のマリア・カナルスコンクール本選、バルセロナのカタルーニャ音楽堂大ホールでのこと以来です。やっぱり大ホールはいいものですね。
次は、12年も開かないと良いのですが・・・(40過ぎてしまう・・・)

昨日お越しくださったかたに限らず、いろいろとサポート、励ましのお言葉をいただいた皆様、ほんとうにどうもありがとうございました。
スポンサーサイト
菊地裕介&佐藤卓史デュオコンサート
来る4月24日(火)
同居人の佐藤卓史君と2台ピアノを中心としたコンサートを開催させていただきます。
チラシが出来上がりましたのでご覧ください。

kawai.jpg


今回の目玉はモーツァルトのジュピター。
佐藤君と僕が自ら編曲するオリジナルバージョンです。

どうぞご期待ください。

会場
カワイ表参道2F・パウゼ
18時30分開場 19時00分開演

プログラム
チャイコフスキー
瞑想曲 Op.72-5(菊地)

ストラヴィンスキー
「ペトルーシュカ」からの3章(2台ピアノ)

メシアン
アーメンの幻影~第4曲「願望のアーメン」(2台ピアノ)

バッハ
平均律クラヴィーア曲集より(佐藤)

モーツァルト
交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」(2台ピアノ)

詳細はこちらからもご覧になれます。
http://kawai-kmf.com/concert-info/2007/04.24/

なおチケットにつきましては、席数に限りがありますので、お早めに僕までお申し付けください。
お名前、お届け先ご住所、枚数をご記入いただき、
yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp
までメールを頂ければお届けいたします。
入場料は3000円になります。

どうぞよろしくお願いします。

社会人になります!
この4月より、東京藝術大学の非常勤講師に採用されることになりました。担当は副科ピアノです。

これで日本での足がかりが一つできたので、わりと急速に帰国の方向へ向かうと思います。ハノーファーの家と学籍はまだ当分残ることになるとは思いますが・・・

実は、僕、芸大に足を踏み入れたことが一度もなかったのですが、今日、ピアノ科部会というのがあってご紹介に与りました。昨夜、北川暁子先生より採用の連絡があったので、本当に突然のことだったのですが、たまたま東京にいて良かったです・・・

名前と写真だけは知っているような大先生がたに囲まれて緊張しましたが、「よろしく、がんばってください。」と激励され実感がわきました。部会を見学することで、学校というものへの見方もすこし変わりました。副科ピアノの試験直後だったようで、興味深かったです。

まだまだ学生気分(というか本当に学生だし)でいたので、これを機に責任ある社会人としての自覚を持って生きていこうと思います。
もちろん、非常勤のポストひとつで自立できるわけではないのですが、ひとつのステップにしてがんばろうと思います。

誰かに必要とされるというのはとてもうれしいことです。多くの人に喜びを与えられるように一所懸命勉強し、経験を積もうと思います。
これも、いろいろな方が直接、間接的に支援してくださってのことだと思います。本当にありがとうございます。

日本を18歳で離れて11年、まだ社会のこと、音楽界のこと、右も左もわからない僕ですが、先輩諸氏にはよろしくご指導のほどお願いいたします。

秋葉原のネットカフェより、まずは取り急ぎご報告まで。

帰国報告
ドイツへ戻ってきてたった4日しか経っていないのに、
現在また、日本にいます。

おまけに今回はいろいろな意味で妙に長旅でした。
まず、ハノーファーに帰るのは一ヶ月以上先の3月19日(予定)だから、荷造りにも気を使いました。
そして、移動自体もドアツードアで26時間を超える気の遠くなるような・・・

まずハノーファーからではなくてフランクフルトまで行かなければなりませんでした。ドイツ鉄道が遅れることを見越して空港に3時間前に着くように出かけ、ソウルで5時間待ちがあり、新百合ヶ丘行き最終バスに間に合わないので電車を乗り継いだり、けっこう大変でした。
小銭をケチってはいけませんね・・・

結局ドイツ鉄道は珍しく定刻に到着したのですが、飛行機のほうが45分ほど遅延。フランクフルトでかなり待ちました。
いつもハノーファー発だからどうせ東京行の直行便はないのであまり気にならなかったのだけど、今日は隣のカウンターがJAL東京行だったのを見てしまい少し凹みました。 ただフランクフルト-インチョンのフライトで隣席が空いていたのが救いでした。
インチョンでは、ペチュキムチにカクトゥギにチャンジャを買い込みましたよ。
それらを抱えて無事7日の23時50分ごろ実家に着きました。
パリ日記
昨日はパリのサル・コルトーでの演奏会でした。
サル・コルトーは、エコールノルマルの付属のホールで、小さいながら古きよき時代の印象を残すなかなか良いホールです。
お客さんはけっこう入っていて、そうですね、300人くらいは居たのではないでしょうか?

当日の朝まで何時にリハーサルが出来るかわからない状態でヤキモキしましたが、結局本番前に1時間半ほどさわることが出来ました。そして、本番直前に曲目変更のリクエスト!僕は普通の休憩付のリサイタルを想像していて、そのつもりでプログラムを組んでいたのですが、どうも休憩なしの短い演奏会にしてほしいとのこと。ふつう、そういうことは広告に曲目を印刷する前に言ってくれないと!でも、結局、もとのプログラムからチャイコフスキーを抜くということでOKしました。(内心では、アンコールに弾いてやろうと目論んでいたのですが)
本番ですが、最初のベートーヴェンではまだ緊張から固さがあったように思いますが、武満を弾いたあたりから調子が出てきました。どうもいつも武満を弾くと吹っ切れるようです。やはり同じ日本人の精神になにか刺激されるものがあるのか、それとも単に、多少違う音を弾いてもわからないでしょ?と開き直れる所以なのか?

演奏曲目
Beethoven Sonate No.26 "Les Adieux"
Takemitsu Les yeux clos
Poulenc Thème Varié
Schumann Sonate No.1 op.11
アンコール
Tchaikovsky Meditation Op.72-5
Poulenc Presto in B flat major
Chopin Mazurka op.33-4

終了後はオーガナイザーのラギャルド教授をはじめとする関係者でランチ。久々に肉の塊を食べてクレームキャラメルまで食べてしまった・・・ダイエットは何処へやら?

でも、終了後はまた練習しなければなりませんでした。マイミクのmakiちゃんがピアノを貸してくれて、あわててチャイコンの解凍。

で、今日は久々にポリャンスキーのレッスン受けました。もちろんチャイコンです。やっと解凍作業に着手したばかりだから、まだまだ練習するところがたくさんあります・・・でも、ドイツに戻ってからにしましょう。僕は朝9時にヤマハに着いて、彼は11時にやってきて、それから3時間もノンストップで見てくれました。相変わらず彼の出す音はすごいです。しかし5時間弾きっぱなしでは、終わるころにはさすがにくたびれました。
これでパリの予定はすべておしまい。今日の午後はオフです。やったー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。