リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒さん募集中(2013年4月更新版)
今後、あらゆる形でこれまでの芸術体験を皆様と共有したいと考えています。演奏活動、大学での教育活動に加えて、ご希望の方には個人レッスンをさせていただきます。

例えば僕の演奏をお聴きになった上で、もし何か共感していただける点があって、ご自分の演奏に取り入れてみたい、というようなことがあれば、喜んでお力になりたいと思います。また初見、譜読みなどのテクニック、さらにソルフェージュや楽曲分析、楽典等でもお悩みのことがありましたら、そちらも加えてアドバイスいたします。 入試、コンクールなどの準備のお手伝いもさせていただけるかと思います。

また、専門家の方のみならず、ピアノが好きで弾いていたけれどやめてしまった。また弾いてみたい。という方、独学でやってきたけれど限界を感じている、もっと楽に弾きたい。といった方々にも、最小限の練習で最大限の効果を引き出す練習法を指導させていただきます。

現在、新規の方のレッスン料は1時間15,000円です。
お知り合いをお誘いになることやグループでの参加も3人程度までなら可能です。
レッスン会場は基本的に東京の自宅(荒川区西日暮里)です。ハンブルクスタインウェイD型フルコンサートグランドピアノが入っています。

ご希望の方は、簡単な自己紹介および音楽歴(学校名・師事した先生、あるいは今までに弾いてきた曲など)とレッスン希望曲目、もし特に克服したい課題などおありでしたら、それらを添えて、ご連絡頂けましたら幸いです。
残念ながら僕に指導スキルがございませんので、まったくの初心者の方はお引き受けいたしかねます。原則的に、過去にある程度勉強した経験がある方(たとえ独学でも)に限定させていただきますことをご了承ください。
現役で師事していらっしゃる先生がいらっしゃる場合は可能であれば先生のご了解をとっていただくのが望ましいと思います。もし、ご心配の点がおありになればご相談ください。

臨機応変に対応いたしますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせは
yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp
まで、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
桜の写真(根岸編)
一枚目
下根岸稲荷の桜。この裏手がうちのマンションなんです。
Image0221.jpg


二枚目
こんなところにまで・・・
Image0201.jpg


三枚目(番外)
下谷の鮮魚店割烹、「さいとう」のランチ海鮮丼具大盛1050円なり。写真が下手でよく見えないのだけど、奥のほうに、中落ちやら甘エビやらぎっしり詰まってます。ちなみに、これはしじみ汁。

Image0191.jpg


桜の写真(上野編)
昨日は桜が満開と書いたばかりなので、東京以外の方のために写真をup。

一枚目
寛永寺の桜です。
Image0261.jpg

二枚目
上野黒門の桜。
Image0231.jpg


三枚目
その名も上野桜木町の桜並木。さすがです。
Image0271.jpg


携帯のカメラなので画質はいまいちですが・・・


菊地先生!??
今日は、雑用の合間を縫って芸大に様子を見にでかけてきました。
家から歩くと20分以上はかかるのですが、今日は根岸界隈の寺院や民家の軒先の桜は満開で、とてもよい気分でした。
そうはいっても今日は日差しも強く、やはり早く自転車を持って来ようとも思いました。

教務課が守衛さんのところに預けてくれた鍵を受け取りました。
この間は「学生さんですよね?」でしたが、今日は「先生のサインをここに・・・」と、なりまして・・・老けたかしら?
入り口を入ると、今年の担当教官の一覧が張り出されていて、学生が群がっています。
「菊地裕介先生」は、どうやら副科の学生を20名担当することになりました。声楽の学生がやたらに多い。顔、覚えられるのだろうか??
使わせてもらうレッスン室の鍵を開け、中へ。スタのBとヤマハが入ってました。3-4人で交代で使うみたいだけど、なんか待遇良いじゃないですか?せっかくだから、しばらく練習させてもらいました。その後は、こちらも鍵を渡された第2教員室というところへドキドキしながら行きましたが、やはり誰も居らず、ひととおり掲示やら備品などを見て周り、部屋を後にしました。

学生に紛れてベンチで一休みしたり、演奏会のチラシを集めたりして、帰ってきました。
寛永寺の桜も、とてもきれいで、やはり入学シーズンは4月がいいよな!?と、思ったものです。

写真も撮ったのですが、今はネットカフェなのでアップできません。また後日~

引っ越しました!
いろいろ書くことはたまっているのですがとりあえず・・・

約一週間前のことですが、ついにハノーファーの家からピアノが運び出されました。
狭い階段に大きめの楽器なので、今回も運送屋さんはとても大変そう。時間があまりないので手伝って、とか言われて、一緒に運んでもらう引越し荷物ダンボール7箱を運んで、すっかり筋肉痛になりました。こういうときに限って荷物エレベーターは壊れてるし・・・

直前に手伝ってくれた友人男性群どうもありがとう。
そして、次の日のお別れパーティーに来てくださったみなさん、これまたどうもありがとう。

その後、筋肉痛をおしてレッスンなどこなし、完徹で片づけをがんばったんだけど間に合わず、家はぐちゃぐちゃのまま、おととい、ハノーファーから帰国しました。同居の佐藤くんごめんなさい。また夏休みにゆっくり片付けます。
ただ万一忘れ物をしても、来週またハノーファーに寄るという安心感があったのは幸いでした。

成田から池袋の不動産屋さんに直行、新居の鍵をもらいました。
最初玄関の鍵の設定が狂ってて開かなかったりしてすったもんだだったのですが、どうにか入居しました。 新築ならではのトラブルでしたが、やっぱり入ってみると気持ちいいですね。
各所の寸法を測ったりしながら、間取りを考えました。悩ましいながら、楽しい瞬間です。
その後、南船橋のイケアに行って、家具を注文しようと思ったのだけど、時間切れで結局下見のみに終わりました。
その日はいったん鶴川に帰って寝ました。

昨日は、鶴川から車で出かけ、最低限の荷物を運び入れたり、ネットで注文した家電やらを受け取ったり、ガスやら役所やらの手続きをしたり、まあ異常に忙しかったです。住民票も移り、健康保険も、世帯主になるってのは感慨深いですね。日本では初めてだし。
そして祖母が差し入れとともに掃除を手伝ってくれました。そうするうちに友人から、今、芸大に来ているけど見に行っていい?との連絡があったので、訪問者第一号になりました。しばらく雑談した後、三人で車に乗ってアキバへ出かけ祖母を駅まで送り、締めは友人と照明器具を買い、じゃんがらでラーメンをすすってタリーズでコーヒー飲んで帰りました。やっぱり心のふるさと、アキバが近いって最高です!
帰ってくると、どこからか告別ソナタが聞こえてくる。けっこう弾けてるじゃない、やっぱり芸大生なのかな?
ヘトヘトになっていたものの買ってきた照明器具を取り付け、またすこし家らしくなりました。夜を越せる状態になったので、お泊り、というか床に敷いた平たいマットレスで初寝しました。

今日は芸大に様子見に出かけたのですが、そのことはまた別日記に書きます。

朝は、銀行に行ったりして手続きとユーロで持ち帰った資金の両替などをすませ、午後はおとといに引き続いて、今度は車でイケアへ行って、家具一式を買い込みました。
あそこってまるでセルフサービスで、カート3台に大量の家具を積み込んで、しめて14万円!懐も痛いですが、腕も痛いです。

で、なんか昨日に引き続いてアキバのじゃんがらに寄ってしまいました。今日は20時以降なので限定のぼんしゃんを頼みました。やっぱうまい、ココ。

今日の東京は桜が満開で、上野公園をはじめ台東区各地はとてもきれいでした。

まだまだカーテン買ったり、いろいろやることがありますが、とりあえずこのぐらいにしといて、練習しなきゃ。今日は少し練習できたんだけど、演奏会も近いですしね。
忘れ雪
月曜日にハノーファーへ帰ってきました。

おととい、昼食はクラスの友人たちとタイレストランに出かけたんだけど、その帰り道の寒かったこと!薄手のセーターにコート一枚はおって出かけたのだけど風が吹き付けるたびに思わず震え上がりました。
で、夜中に外を見ると、しとしとと雪が降ってました。そんなに寒かったのか!?
うっすらと積もってました・・・忘れ雪?それともまた降るのだろうか?

浜松詣
今から、一週間ほど前の話ですが、浜松へ行きました。お察しの通り浜松国際ピアノアカデミーの機会を利用して、いろいろな先生に挨拶を。というところ。今回はわが師匠ヴァルディ先生、スーパーピアノレッスンでもお世話になったベロフ先生。ゴスラーでも見ていただいたラエカリオ先生、そして、その昔一度だけレッスンしていただいたトロップ先生といった面々。これは行かない理由は無いでしょう。

もちろん今回も青春18きっぷを利用しての旅行です。今シーズンは、「JR発足20周年記念」ということで5日分8000円という激安振り。一日あたり1600円ですよ。東京から藤沢往復で元が取れちゃうんですよ。

例のごとく、徹夜明けで鶴川5時17分発の下り始発電車、一路小田原を目指します。東海道線の静岡までの列車は一日一本しかない特急車両を使った普通列車(18乞食はこういうことに詳しい)。静岡からは普通の電車に乗り込み、一時間ほどで浜松に到着しました。さて電車が浜松に到着し、アクトシティが見えてくると、それだけで気持ちが引き締まり、身震いがします。

9時30分過ぎで、まだレッスンが始まるには時間があったので、ホテルオークラで師匠を呼び出してみるも、不在。とりあえず、レッスン会場の研修センターにもぐりこみました。
事務室のほうにはジェスクの方たち、懐かしいお顔がちらほら、雑談をかわしながらも、現場の生徒たちに漂うすごい緊張感も懐かしいような怖いような。

10時を過ぎると先生方がチラホラと到着します。わが師匠が真っ先にやってきました。雑談をしていると、ほかの先生も次々到着、

最後を締めくくったのは中村先生、「あらー、おひさしぶり!と」ハグ。いやいや、到着早々歓待していただき恐縮であります。

さて、とりあえずそのまま中村先生のお部屋へ伺い、レッスンを見学しました。部屋の造作やら匂いやら、椅子の置き方からお客さんの雰囲気まで、なにからなにまでが懐かしいものでした。
レッスン中途ではなぜか僕がご紹介にあずかったりして、冷や汗ものでした。「この方はとても優秀な方でね」みたいな感じだったので、これは返礼せねばと思って、「ここでしごいていただいたきました。このお部屋でレッスンしていただいたチャイコを先日弾きました。先生の赤鉛筆がまるで昨日のことのようで・・・」「あら、いつだったっけ?」「あの時は9年前で・・・」「あら、もう歳ね。」と、いつもの展開でしたが・・・
ひとまず3時間後には無事、退散。表敬訪問という当初の目標はほぼ達成することができたような気がします。

その後、師匠と軽く昼食、パン屋さんでイートインしたのですが、「ドイツの黒パンはないですか?って聞いたら、明日までに僕のために焼いてくれるそうだ。」としきりに感心のご様子。

さて、午後の部ではかなり疲れが出ていたため、ラエカリオ先生とベロフ先生の聴講をして、そこでもまた懐かしい顔に出会ったりして、一通り楽しんだ後、ホテルへもぐりこみました。

しばし夕寝をしたあと、後輩と八百徳でいつものひつまぶしと肝焼きを食べてきましたよ。疲れていたのと、相手が未成年だったので、酒はなし。

くたびれたけど、充実した時間をすごしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。