リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリチャリ&最高の休日!(後編)
日比谷から銀座に抜け人間観察などしながら日本橋、神田を抜け秋葉原へ、結局アキバでちょこちょこと買い物。アキバもすごい人でしたがホコ天でわりと楽に通過できたのに対して上野付近は抜けるのにかなり苦労しました。天丼でも食べようかと思い何となく浅草方面へ、しかし、ひさびさに食べたかった大黒家はすごい行列なのであきらめて隅田川を渡り反対岸をのんびりと走りました。桜橋というパリをちょっと思い出させる歩行者用の新しい橋を渡りまた浅草へ、ここも人だらけの六区を抜けていったん家に帰ってきました。が、特売チラシに惹かれて再び三ノ輪へ、物干し竿やらT-falの電気ポットやらサランラップやらタワシやらいかにも主婦な物を買い込んで来ました。

東京は坂が多いなんていうけど、天気さえ良ければ、自転車でどこまでも行けますね。今日は35キロくらいの道のりでしたがアシストのおかげもあって全然OKでした。町田ではちょっと移動するのも体力との戦いだったけどね。
好きなはずの電車にあまり乗らなくなるかも。

ただ、とにかく今日は人が多かったです。

帰宅後はそら豆ゆでて(捨てるところの多いことといったら・・・)一杯やりました。
NHK-FMでアーノンクール&VPOのモーツァルトをやっていたので堪能させていただきました。そのままラジオをつけっぱなしで昼寝、これがすごい好きなんだけど、もうずいぶん長らくできなかったもんな。昼寝自体かなり久しぶりでしたよ。

そして日が暮れてからノコノコ起きてきて、さっき宅配ボックスに届いてた(休日なのになんか気の毒ですが・・・)イケアの箱からシーツやら布団やらハンガーやら取り出し、セッティング。着々と家作りも進んでます。

今日はまったく練習しなかったけど、かなーり久々の休日らしい休日を過ごして最高の気分でした。これでまた鋭気を充電できたかな?

写真は、日比谷のお濠、桜橋、そしてチャリ。

Image010~00c.jpg

Image012~00c.jpg

Image011~00c.jpg

スポンサーサイト
チャリチャリ&最高の休日!(前編)
24日のコンサートもまあまあ無事に終了しまして(録音を聴いて思わずOh lala!と言ってしまった場面も少なくはなかったですが・・・)、>いらしてくださった皆様本当にありがとうございました。

さて、少しだけ時間ができたのでやっと家の建設工事に取り掛かりました。IKEAの組み立てに格闘したり腹筋を攣らせたりいろいろあったけど丸4日働いたらどうにか形になってきました。これで床で寝なくても良くなりましたww
近々写真もお見せできるかと思います!

さて、昨日はチラシ見て三ノ輪のオリンピックでチャリを購入しました。見た目ダサ目のいかにもママチャリなんだけど実用性はこれに勝るものはないです。デカい荷物も運べるしね。(昨日はアキバからアンプを運搬)そして、こいつは実は結構な底力を秘めているんです。そう、ついに買っちゃいました、電動アシストなんですよ。ジジイの乗り物とか言わないで!はっきり言って平地だらけの下町では無用の長物なんだけど、とりあえずクルマもバイクも(このマンションのバイク駐輪場、月3000円もするようだし)持たない方針に決めたので、行動範囲を広げるにはいいかな?と思いましてね。坂がいやでチャリで出かけるのが億劫になるよりは結果的に体力を使うかな?と。

で、今日はとてもいい天気だったので試乗をかねてちょっと遠乗りに出かけてきました。
長距離の予定でバッテリーの都合もあるから平地では極力ノーアシストで走りましたが、まあ快適ですね。全然疲れないもん。もともと多摩丘陵で鍛えた足はまだそこまで衰えてないようだ。

手始めにやはり山の手を横断しようと思いなんとなく新宿に向かいました。上野の山も本郷の坂も全然苦にならず40分くらいで着きました。電車代がかかってないから躊躇せずいつもの思い出横丁のうな重を頂きました。
次は気分を変えるために渋谷へ、途中原宿付近では人が多すぎて進むのに手こずりましたが、渋谷は渋谷ですごい人、そして若いやつだらけ。こんなに街ごとに客層って違うものかと思いましたよ。
ここでは特に何もせず、青山通りを桜田門あたりまで走ります。渋谷の坂も楽チンに登れて、買ってよかったとしみじみ。
内堀通りがホコ天になっていたので皇居外苑あたりをぐるぐる。ここも、丸ビルがどちらも建て変わって風景がずいぶん変わりましたね。家族連れも多くでとてものどかにくつろいだ雰囲気でしばし休憩しました。東京は忙しすぎると思ってたけど、なかなか捨てたもんじゃないです。

写真は、今日一番きれいだった皇居周辺。
Image005~00c.jpg

Image009~00c.jpg

Image008~00c.jpg


お出かけ
昨日は、学生を集めてのミーティングでした。まだ、新入生オリエンテーションも済んでないので、特に一年生がきちんと集まるか心配だったのですが、フタを開けてみたら、欠席したのは2年生の弦が3人で、思ったより集まりが良くてホッとしました。あちこちで学生に間違えてもらえて、嬉しかったですね。特に学生がそう思ってくれると、まだまだいける!と思ってしまいます。
夜遅くまでさらって、鶯谷の立ち飲みモツ焼きでひっかけてまいりました。学生とオヤジの境目を行き来しております。

今日はこれからハノーファーへ飛びます。出掛けた瞬間すごい雨で、傘を出したりしてたら日暮里行きのバスに目の前で置いてきぼりをくらい、すぐ来るはずの次もなかなか来ず、駅についてから走るはめに・・・どうしてこういつも荷物持ちで走らにゃならんのか・・・変わりません。スカイライナーに駆け込み乗車してこれを打ってるところです。それでは行って参ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。