リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログリレー
大先輩、永野英樹さんにメールを頂きました。

「携帯サイト“CLASSIC1st”でブログリレーなるものがあり、僕の次に執筆を・・・・云々」

へぇ、最近はいろんなメディアがあってすごいですね。
もちろん、喜んでお引き受けさせていただくことにしました。

横山幸雄さん→千住明さん→矢部達哉さん→豊嶋泰嗣さん→三輪郁さん→金聖響さん→渡辺玲子さん→江口玲さん→藤森亮一さん→古部賢一さん→川田知子さん→向山佳絵子さん→永野英樹さん→僕、と回ってきたとのこと。すごいメンツの後ですこし気後れはしましたが、さそっていただけたのは光栄なのでやってみようと思いました。これを読んで僕の名前を片隅において下さる方が一人でも増えるとうれしいです。

6月5日~6月11日まで執筆して、
6月18日~6月24日までの間に順次アップされるようです。
興味がおありの方は、是非お読みになってください。
http://classic1st.jp/
携帯専用

ちなみに、次の執筆者は大萩康司くんにお願いしました。ギタリスト、いなかったようなので。

スポンサーサイト
ティアラこうとう
パリ仲間のギタリスト大萩康司くんと、デビューCDで共演させてもらった鍵冨弦太郎くんが、共演するコンサートがあると聞きつけ、楽しみにしていました。

いつだったけ、とか思いながら、油断していて、今日は久々に昼寝をしてしまいまして、気づいたら18時半、まさか今日じゃないよな、とか思いながらティアラこうとうのサイトを見たら本日19時開演!

うわー、やばいチャリでぶっ飛ばすかとか思ってたら雨が降ってきた。タクるほど懐が豊かでもないし、とか思ってたら、錦糸町行きのバスが来たので飛び乗りました。途中押上で半蔵門線に乗り換えればよいことに気が付き、どうにか15分遅れで会場に入ることができました。最初の曲聴けなかったよ。ごめんよやっちゃん。

大ホールなのに、彼の柔らかくて豊かな音はホールの隅々まで響き渡っていました。初めて行ったけど、いいホールですね。ピアノだとどうなるんだろ?
彼の演奏は久々に聴いたけど、いっそうパワーアップしていて、いよいよプロの演奏家として堂に入ってきていて、頼もしかったです。トークも、かなりウケるんだけど、自然体であそこまでボケられればそれも才能ですね
後半、鍵冨君が登場、漫才のようなトークも演奏もとても楽しそうに息が合っていて、楽しめるコンサートでした。
用あってサイン会が終わるのを待っていたのですが、あれだけ弾いたあとにさらに長蛇の列のお客さんすべてに丁寧にあいさつしていて、プロ根性に頭が下がる思いです。

演奏者たちは残務があるので残して、同席した友人たちと錦糸町で飲んで、帰ってきましたとさ。

刺激な日々
昨日はうちのマンションの住人仲間である吉武優君が出ていると知り、芸大の学内演奏会へ。
奏楽堂って、はじめて行ったけど、立派ですねーそりゃー、人件費削減の噂が飛び交うのも無理ないわ・・・
でも、ホールは大事だしねー。

さて、吉武君、すごく気に入りました
正直なところ、日本の学生の演奏でそんなに感心することは少ないんだけど、彼は良かった!シューベルトというこれまた僕の大好きな作曲家の、渋い曲を、実に丁寧に誠実にさわやかに、ハーモニーも音色も豊かに、ひとことで言えば「ポエティック」な演奏で、実に感激しました。
いい刺激をもらったので、僕もがんばります!ありがとね!

夜はいつものパリの友達が家に遊びに来てくれました。こないだと同じく、大福とショウゾウさんのドルチェでお迎え。今回はたこ焼きのかわりに、三ノ輪の商店街で買ったおいしい餃子をセット。
みんなもいろいろお土産を持ってきてくれて、植物まで頂いてしまって・・・すごくうれしかったです。本当にありがとう!

その後、吉武君たち、うちのマンションの学生諸君が遊びに来てくれて、楽しく朝まで語らいました。ここのところ本当に孤独だったから、すごく楽しかったこれからは、仲間に入れてね。みんな。

そして、今朝は(夕方だと思ってたら朝10時だった・・・)表参道のカワイでドレンスキー先生のマスタークラスを聴講してきました。9年前浜松でにレッスン受けたり、その年のチャイコンでも結構良い点をつけてくださったりしていたらしいのですが、「覚えてたりしないですよね?」ってお聞きしたら、「いやいや、覚えとるよ覚えとる」とおっしゃってましたが、本当かな~~ !?

いっしょにモスクワへ赴く川村君と食事をして、おしゃべり。申告のこととかいろいろ教えてもらいました。個人事業主なのね。僕。

帰ってきて、さすがに寝てしまいました。
夕方起きだして、ごそごそやってます。
明日はまたG大だー!
里帰り
今日は夕方思い立って1ヶ月半ぶりに町田市の実家へ行ってきました。
いやー、小旅行ですね。
毎日、神谷町へ通ううちの親、エライなーと思いました。

僕の部屋はすでに親が使用しておりました。
僕の荷物は今日、クルマにのって運んできたけど、まだだいぶ残ってます。
すこしずつ片付けてあげなきゃ。
あとは、茨城の田舎のコシヒカリなどもばっちり運んできましたよ。

それにしても深夜12時前に渋滞にはまるとは思いませんでした。首都高3号線が工事でした。

明日の早朝、クルマを返すついでに借りていた布団など運んで、その足で芸大へ行きます。僕も遠距離通勤、体験してみます。

つかの間の休息
昨日は高校時代のクラスメイトが4人も来てくれました。
生徒さんを除けば、たかしくん以来ひさびさにして2組目の来客。

午前中は掛川疲れでわりとのんびりしてました。

昼飯は根岸柳通りの「舌焼亭」でタンシチューを頂き、店主のだんなにちょっとこのあたりのことを教えてもらう。
そして、晩のつまみを買出しに出かけました。
まずは「竹隆庵岡埜」で最近お気に入りのこごめ大福を調達。でかくてもっちりで、あましょっぱくてとっても美味しいんです続いて桜木の「イナムラショウゾウ」にケーキを買いに行きました。ここは初めて行ったのです。
っていうか鶯谷なのにその一角だけまるっきり成城。こちとら自転車で乗り付けたのにドアマンの方がいたりしてびっくりです。キラキラと輝くケーキを仕入れた後は駅そばの「ヨロヅヤ」で「菊水山廃」一升購入バッチリです。

がんばって掃除をして、夕刻第一陣が到着、さっそく飲み始め第二陣の到着にあわせてあたたかいつまみも買出し。いつも立ち飲みしてくる「ささのや」で今回はモツ串10本テイクアウト言問通りのたこ焼き「一本蛸」でたこ焼き20個ゲット
帰ったらさめないうちにとすかさず食べました。串のほうはやっぱり店頭で食べるほうが美味しいけど、たこ焼きはタコがプリプリでかなりうまかったです。みんなが持ち寄ってくれた食べ物をつまみながらも、ピッツァを頼んだり、いろいろ懐かしい話やこれからの話(?!をしたり、杯を酌み交わしすっかり満腹になりました。
真打の「イナムラショウゾウ」もかなりいい線行ってましたみなさん喜んでくれてよかった

また次の来客を楽しみにしてます


帰京
掛川ヤマハ行ってきました。
行きに東京駅の人身事故に巻き込まれましたが、
次のひかりで追いかけてどうにか定時到着。

おじさまたちの前でちょっとしゃべったり,
ピアノ弾いたりしてきました。
新Cシリーズの新作お披露目、みたいなイベントで、全国から楽器店のしゃちょーさんがお集まりになられていて、今後の売れ行きを決める大事なイベントでした。

僕はC7を試弾して、感想を話し、その後同じプロで立て続けに15分x3回の演奏という、今までにない体験でした。

そんな大変な会なのに、ドビュッシーの月の光と、トルコ行進曲、はいいとして、先週譜読みはじめたばかりのチャイコフスキー「スケルツォ・ファンタジー」の試運転を強行しました。前の日にやっと暗譜した・・・

かなり愉快なことにはなりましたが、ここで何回も続けて弾いてダメ出ししておいてよかったです。人前で弾くことの大切さを身にしみて感じました。どんなに一人でさらって煮詰まっても、本番でダメなものはダメです。
最近はレッスンを受ける機会もほとんど無く、完全に一人試合だったので、あのままいくら一月さらっても、到底コンクールで弾く気にはなれなかったし、それはきっととても危険なことだったと感じています。お偉いさんがたの前で多少の犠牲を払いましたが、仕方ないと思ってます。

一つ一つが勉強だなぁ。

ドビュッシーとかで、楽器の魅力はがんばって伝えたつもりなので、お勤めは果たしたと思っています。
あ、新Cシリーズ、音にまろみがあり、バランスも取れていてなかなか良かったですよ。設計の変更とかではなくて、仕上げ工程に力を入れて作っていらっしゃるようです。CPはとっても良いです。

これから芸大行きます。雨、いやだけど夕方には晴れるようなのでチャリで出かけようかな。
あ、今日は3-2-1ね。来客Willkommen!

熱狂と孤独のはざまで
今日は「熱狂の日」最終日でした。
パスキエ先生の細部にこだわらず本質をズブっと突いたツィガーヌも良かったし、沼尻氏の棒と、東京モーツァルトプレイヤーズのみなさんは「マ・メール・ロワ」の美しさを再認識させてくれた。
そして、ラーンキ夫妻の2ピ打ソナタは圧巻だった!あの名演でなぜかいまひとつ会場の集中力というか熱気に欠けたのが少し残念だったけど。

意外だったのは、延べ4日間も会場付近をうろうろし、これだけの人出だったにもかかわらず、ほとんど知り合いに会わなかったこと。
僕の知っている人に声をかけることも、僕を知っている人に声をかけられることもほとんどなかった。
特に桐朋の同級生には一切会わず・・・どこへいっちゃったの?連休だから仕事が、ってこともなさそうだし・・・それとも音楽家にとって連休など関係ないとも言えるのかな・・・?

ハノーヴァー、いやパリでだってめぼしいコンサートに出かければ、5人くらいの友人には必ず鉢合わせしたものだった。

ましてやここ東京は僕のホームタウン、唯一の故郷のはずなのに・・・
そして、自分の属している業界の祭典なんですよ!

結局、菊地裕介のことなんか、誰も知らない。僕が音楽家として存在しようとしなかろうと、これだけ多くの人々にとってそんなの全くどうでもよいことなのだ。

なんて思ったりもして・・・

マーケティングのこれほどの成功と、自分がまったく蚊帳の外であったこととを合わせて、いろんな意味で、今後の身の振り方、自分の仕事の売り方を真剣に考えさせられた。

それでも声をかけてくださったお二人、どうもありがとう!
盛りだくさんな一日
今朝は熱狂の日、海老彰子さんの演奏会に行って来ました。

すごく示唆に富んだ演奏で勉強になりました。
好きなピアニストの一人ですねぇ。

海老さんのお母様に初めてお会いしたのですが、
お若くていらっしゃって驚きでした。

午後、生徒さんが一人いらっしゃって、その後、フルートの金井さんのご招待に預かり白金のフレンチへ・・・
東京のフレンチなんて何年振りでしょう?
さすが地元の方のご案内とあってすっかり堪能。ローヌのワインも美味しかった!
その後麻布十番のお宅にお邪魔して、初ドリアン!
大好きなチーズ、エポワス。そして「くさや」
うーん、匂い物大好きです。旨かったッス。
ヤッコさんどうもありがとう。とっても楽しかったです。

コニャック片手に話も弾み結局、上野行きの京浜東北終電をギリギリつかまえ帰ってきたのですが、上野で降りた客は僕を含めほんの数えるほど。
いつも多くの人々でごったがえす上野駅とは思えない静けさで、思わず写真を撮ってしまいました。
もともと大きい駅だけに、実家のある鶴川駅以上に閑散としていて、新鮮な体験でした。

Image0051.jpg


確かに熱狂だ・・・
今日はお昼過ぎに有楽町に出向きLa folle journee(熱狂の日)を見物してきました。
っていうか、一応目当てのコンサートはあったんだけれど、余裕で売り切れで入れず、まだ残っていたチケットをかき集めてとりあえず退散してきました。

なかなかの人出でしたよ。
クラシックも売り方次第ではお客さん入るんですね。まさか売り切れ公演があんなに多いとは思ってませんでした。

で、帰り際に通りがかったら芸大の学生たちの「たじオケ」というのが見世物になっていたので聴いてきました。「韃靼人」だったんですが、フレッシュでなかなか良い演奏でしたよ。日本の将来も明るいかも・・・

ちなみに僕の今後の出没予定は、
まずは今晩の岡田博美さんのイベリア後半、22時30分開演。
5月4日16時45分開演の清水和音さんのラヴェルのコンチェルト、
同じく4日18時開演のダルベルト、
5日9時45分開演の海老彰子さん、
6日12時45分開演のパスキエ&沼尻さん、
同じく6日14時開演のラーンキのバルトークです。

かぶってる方、同じころいらっしゃる方は是非声をかけてくださいね。

いずれは演奏者として呼んでもらえるように頑張ります!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。