リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェグジン先生とオルフェオ
今日は、佐藤卓史くんが2人の共通の友人である永井公美子さんのレッスンの伴奏に行くということで、譜めくりを口実について行ってみたのです。
ヴェグジン先生、評判は前から聞いていたんだけれど、実際に見学する機会はなかったもので・・・
レッスン室は僕と佐藤君のアパートのすぐ裏手にあり、広場をはさんだ向かいに位置する本校よりもさらに近い別館です。
レッスンを見学して、こんなに家から近いところに、こんな栄養が転がっていたんだなあ、としみじみ感じました。なんだか勇気付けられるような、そんなレッスン風景でした。自分が漠然と感じたことを、先生がどのように言葉にあらわしていくのか、僕もこれから教える立場としても興味深く見せてもらいました。先生の音はなんか張りがあるにも関わらず全く無理なく美しくって、印象に残ったなぁ。これからヴァイオリンと弾く機会も多いから、いろいろ吸収したいと思いました。
ヨーロッパを去ることがわかった今、なんだか急に新しい行動に出ているような気がします。やはり名残惜しさから来ているのだろうか・・・?これからヨーロッパでまだまだ一杯勉強できる人たちが羨ましいです。どうか悔いの残らないようにやってね。

夜は、桐朋の先輩がハノーファーのオペラハウスの指揮をしているので見に行きました。モンテヴェルディの「オルフェオ」、僕がわりと子供の頃から好きだったオペラです。バロックオペラなのに、今日の演出はとても現代的でちょっと戸惑ったけれど、先輩のなかばストイックともいえる真摯な取り組みのおかげで音楽そのものはとても心に染み入る美しさでした。モンテヴェルディの「狂気」にどっぷりと浸りましたよ!
オルフェオって淡々としているように見えて、突然の転調とか、モードの変化とか、実はかなり過激に心を揺さぶる音楽ですよね。

それにしても今日はなんだかこのオペラのストーリーが最近の自分の心境に重ね合わさってしまって仕方ありませんでした。400年もの時代を超えても、感情の移ろい、そして人間の心のもろさって変わっていない。教訓も・・・

僕は最後まで目隠しに耐えられるんだろうか・・・?

それにしても、こうして空白の時間が出来て、いろいろ好きな曲を存分に弾ける時間を得てみて気が付いたことがひとつ・・・
ここ最近、目先のことをこなすことばかりに追われて、
音楽に託して自分の感情をぶちまけてやろうという気迫が足りなかったんだと思います。
無事に切り抜けることばっかり考えてました。
束の間の休息をもらったことに感謝し、猛省して、前進あるのみです。
スポンサーサイト
母校?
2ヶ月ぶりにハノーファーにやってきて、大学のヴァルディ先生のレッスンに顔を出しました。ハノーファーに来るのは急に決まったことなので、今回はレッスンを入れてもらうことは叶わず、たかしくんが同じ曲を勉強しているのでそれに付いて行きました。

僕、一応まだ学生証持ってます。ここの学生です。
試験もこれから受けに行きます。それなのに、なんだか卒業した母校を訪れるような妙な感覚を覚えました。
東京の仕事のほうがメインになってきたからかもしれません・・・

こうしてひとつひとつが過去の思い出になって行くのでしょうか・・・
今、あたりまえに過ごしている時間も、ひとつひとつがセピア色の淡い記憶のかなたに飛び立っていくんでしょうね。人生は短いです・・・

例えばシューベルトは僕の年齢+2年であのような記念碑的な作品を残してこの世を去ったんですよね。今、その作品を勉強しているところですから、いろいろ感慨深いです。
エスニックな一日
昨日はなんだか地球市民な一日でした。
朝は三ノ輪の吉野家でいきなりすき鍋からスタート。そして向かった先は狸穴のロシア大使館。受け取りに来ただけなのに、やはり予想通り1時間近く待ちましたが、沼澤くんのお母様と川村君にバッタリ会いました。川村君と雑談をしながら日比谷線に乗り、茅場町でお別れ。僕はそのまま秋葉原まで乗って、ヨドバシでスーツケースを物色。(今までの相棒はこの4年間で数十回の旅行に耐えたものの取っ手が一箇所折れているのみならず、ついに鍵まで壊れ気味で毎回こじ開けないといけなくなったので、そろそろ変えることを決意)
しかし思いのほか値が張るので、末広町や御徒町近辺まで足を伸ばしましたが、結局内容が同じなら大差が無いことが判明。現金が非常に寂しいのでカードが使えるヨドバシで買ってしまいました。そしてついでに8階の韓国屋でスンドゥブ鍋を一人で突付きました。

スーツケースを抱えて一度帰宅したら、なんか疲れが溜まっていて寝てしまいました。昼の部これにて終了・・・


夜は芸大に行って「ペール・ギュント」でした。僕のお友達や生徒(兼お友達ですけど)もずいぶんこのコンサートに絡んでましたね。みんなお疲れさま!駄洒落と下ネタが若干目に付く演出ではありましたが、それはそれでとても楽しかったです。
ウチの亡き母の友人さんが10年以上ノルウェーに住んでいらっしゃったこともあり、彼女と同席したのですが、大使館の方も紹介して頂き、また野望を新たに!!?
終了後はちょうど時を同じくしてノルウェー大使館での会食に参加していた彼女のご家族とアキバに合流(2回目かよ)、アジアンダイニングの店で無国籍風料理に酒、そして、おみやげにノルウェービールまで頂いてしまって・・・
吉野家に始まって、ロシア、韓国、ノルウェー、東南アジアをめぐるすごい一日でした

しかし、練習はまたもやゼロ。そろそろやばいんじゃない僕!!?
巡業最終日
今日も朝からリハでした。かなり響かない会場!そしてお客様は中共・・じゃなくて中京地区音大などの立派な先生方、恐ろしくなりました。久々にまとまった時間が取れたこともあり、今日は時間いっぱい必死でさらいました。
さて本番、音響の関係上、厳しい部分を孕んだ演奏ではありましたが、そこはプロの聴衆だからわかってくれて一安心。でも、次は是非ホールで聴いて下さい・・・
会場のホテルで立食パーティーがあり、終了後は来年あたり名古屋コンサートをセッティングして下さりそうな、パリ仲間の友人のお母様に会う用事を済ませて、今、新幹線乗ってます。静岡は過ぎたかな?あとは品川駅の山手線ホームwwで原田くんと楽譜のやりとりをしたら今日の仕事は終了。3日間の巡業、よくあることとはいえさすがにくたびれました。でも、試運転で問題点を洗い出せたし、新たな仕事もゲット出来たし、頑張った甲斐はあったかな☆
大移動後半戦
札幌から帰京してその足で、新宿のヤマハへ。フジ「めざましテレビ」の収録がありました。新Cシリーズの発売6月15日にあわせて「本日発売」というコーナーで40秒放映されるとか。楽器が主役ですから、僕はあくまでも「謎のピアニスト」として匿名の出演です・・・5時45分とからしいので、興味のある方には録画をお勧めします。

で、明日に備えて名古屋まで移動してきました、が夜の10時では店もほとんど閉まっているので食い倒れは明日に順延、と・・・千歳で買った菓子類をさっそくゴソゴソと・・・片手には缶チューハイだし・・・

明日も早いのでそろそろ寝ますね~

大移動前半戦
胃腸に昨夜の余韻がかすかに残っていましたが、7時半に起床。コンビニで朝食を調達し、早々と会場入り。今日は本番直前に頼まれ(しかも曲目指定)急遽月の光が追加になりました。もともと練習しない人なので突発事態には強いけどね。
本番は、演奏もしゃべりも昨日よりは反省点を減らした内容で終了しました。でも本番中に録音忘れたことが気になって仕方なかった・・・
終了後はヤマハの方々と札幌ラーメンを頂き(これも外せない!)さっさと空港へ。一路東京へと戻ってきました。




ホテルからの風景
457169806_42.jpg

電車の切符(東京でもすぐ買えるものなのになんか懐かしくない?長距離だと大きさ違うし、最近はモバイルスイカなので、切符売場に行くこともないし・・・、メトロの土日回数券は買おうかと思ってるけど)
457169806_158.jpg


大御馳走
昨日の本番は反省点を多数孕みながらも無事終了しまして、さすがに倒れそうだったので会場での練習はパスしてホテルへ入りました。
その代わり一時間ばかり休んで、桐朋の大先輩でありパリ仲間のむじかちゃんのお父様でもある宮澤先生の音楽院へ伺い、しばらくさらわせて頂きました。
終了後は回転寿司やさんへお連れ頂いたんだけどこれが回転とは信じがたく素晴らしい美味しさで、名物を次々にお勧め頂きショックで卒倒しそうでした
おそるべし北海道!
その後は御自宅で美味しいワインを傾け楽しいお話、ご家族のぬくもりも味わい満たされてホテルへ戻ることができました。思えば3年前に頂いた巨大ガニも美味しかったなぁ。ごちそうさまでした!

457169806_82.jpg


IMG_3652p.jpg


また徹夜旅行・・・これから札幌行
なんかここ何日か異様に忙しいです。
前回の日記の後の行動を簡潔にまとめると・・・

6月1日
お昼は佐藤卓史くんがドイツから持ち帰ってくれた僕の荷物を鶯谷まで持ってきてくれました。海鮮丼をご馳走させてもらいしばらく歓談・・・
日本円の資金がついに底をつきそうになりロシア行きの航空券が買えないので、銀行へ行き手持ちのUS Dollarをいくらか処分。これにもなんか時間がかかりました。
夜には渡邊健二先生のリサイタルがあったので文化会館へ、終了後は「同僚」の中尾さんや丸山先生、そして「恩師」の野本先生と急遽モスクワ壮行会を実行しました。(丸山先生も芸高の子の伴奏でやはりモスクワへ行かれるのです。)

6月2日
この日だけはわりと練習できたのですが、それでも夕方17時に生徒さんが来て、1時間強のレッスンと雑談。

6月3日
朝は何だか雑用に追われ、お昼に新御徒町の美容院へ行き、髪切って染めてもらいました。初めて行ったところだったけど、なかなか腕いいようです。気に入りました。その後、多慶屋で雑貨品をいくつか買わなきゃいけなかったんだけど、激混みで疲れました。
そして、某先生の秘密レッスンを受けに、夜の仙川へ・・・
やっぱり久しぶりの受身レッスンはいいものでした。気づかぬうちにあらぬ方向へいっているみたい・・・
その後ある若手ヴァイオリニストと調布でワイン一本空けて、帰ってきてバタンキューでした。

6月4日
朝7時に起きて桐朋の音教コンサート関係の書類をまとめ、その後麻布のロシア大使館でビザの申請。吉野家で豚丼をかきこみそのまま上野へ、芸大直行して16時までレッスン。この遅めの昼休みにあわせて永野英樹さんが芸大に会いに来てくださいまして、学食で1時間ほどお話させていただきました。そして残りのレッスンをすませ、夜は大萩くんと飲みました。僕の窮状を察してか、おごってくれた。ありがとう!
で、なぜか昨日、今日に次々と飛び込んできた仕事の必要書類をまとめたり、友人の原田くんに借りっぱなしでまもなく返さなきゃいけない大量の楽譜をスキャンしたり、残務整理に追われ、今、日の出を見る羽目になっています。でも日の出、綺麗だ・・・

6月5日
で、今から2時間強仮眠して、荷造りして札幌へ行きます。
今日は夕方に札幌で20分演奏の仕事、その後友人と大先輩にお会いする約束が入っています。
明日は、朝札幌、夕方に東京で仕事があり、夜には名古屋に入ります。
7日は朝リハ、夕方に本番があり、その後懇親会というのに出席、それからさらに別の人に名古屋で会った後、もう一人東京で会わなければいけない人がいるので、夜の23時半ごろまでに東京に戻り、用事を済ませ、終電で帰宅の予定です。

その4日後にはモスクワ・・・

体、もつかなー?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。