リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展望
今日のお昼は、音高時代にお世話になった三瀬先生のご家族に招かれて、恵比寿のウェスティンホテルで中華を頂きました。家を出たときにはほんの小雨だったのに、電車に乗ったら突然雨脚が強くなり、恵比寿の駅に着いたら土砂降りになってました。うわーん!

今日の話題、詳細はまだ発表できないのですが、要は若手演奏家と、邦人作曲家のコラボによるの新作コンサートのシリーズ旗揚げということで、将来的には10年の見通しを持って開催していくということで、思わず40歳の自分を想像せざるにはおれませんでした・・・やれやれ。

終了後は雨もすっかり上がり、別の会合のため日暮里へ移動、「ダージリン」というインド料理店でお茶をしながらお話をしました。とても雰囲気の良いお店でしたよ。来年のメシアンイヤーをネタに、僕の特徴をいかにプロモートしていける可能性があるだろうか?という話が中心でした。まなざし全曲に限らず、シリーズ化した企画にして行くつもりです。
何だか、帰国後の活動、少しずつ具体化してきました。しかし、ひとつひとつの話に費やす準備と、直接のリターンを考えると、仕事としてやって行くにはとても厳しい世界ですね!でも、使命感、自分磨き、将来への投資、という観点から、精一杯やってみようと思います。

解散後はウナギ買ったりしながらとぼとぼ歩いて帰ってきました。もちろん国産です。なかなか美味しかったですよー。
スポンサーサイト
たーまやー!
今日はうちのベランダからみんなで隅田川の花火を見ました。
蔵前の第2会場は良く見えなかったけど、浅草の第1会場の方はバッチリ見えました。

やっぱり、日本の夏はいいですねぇ。暑いけど!

花火終了後は、僕のみそじをみなさんで祝ってくれました。

どうもありがとう!
IMG_1110.jpg

IMG_1144.jpg

IMG_1154.jpg

IMG_1156.jpg

IMG_1172.jpg

IMG_1180.jpg


大変だ!
ついになってしまった30歳!

多分、30歳になっても全然ショックじゃない人もいると思うんだよね。20代を精一杯頑張って、エキサイティングな恋愛もたくさんして、ちゃんとキャリアを築いて、私生活もしっかり落ち着いて、子供なんかもいちゃったりして・・・

でも、僕はまだまだ落ち着く準備ができていません。
まだまだ若いままのノリとエネルギーを持ち続けたいんです。
もういい、って思えるところまで行けば、ちゃんとそのうち落ち着くつもりだから・・・

日本で青春した経験がほとんどないせいかもしれませんね・・・

まあ、でも素敵な30代を過ごせるように頑張ります!
神楽坂とランチタイム
今朝はちょっと見たい楽譜と聴きたいCDがあったので久々に芸大図書館に行きました。せっかく所属しているんだからもっと使わないともったいないよね。

そして矢野りょーこちゃんに誘われてクズネツォフのミニコンサートを聴きに神楽坂のホテルへ行くことになってたんだけど、今日は天気が良かったので芸大からそのままチャリで直行しました。
なんだかこじんまりとしたところでしたが、地下の会場はそれなりに大きく、それなりの雰囲気でした。
クズネツォフ君はオールラヴェルプログラムで相変わらずのインスピレーションあふれるハイクラスな演奏を聞かせてくれたのですが、セミの鳴き声やら赤ん坊やらカメラやら、なかなか集中できない雰囲気でした。

終了後は関係者のランチがあったのですが、僕は予約していなかったので一人神楽坂に繰り出し中華食べました。今日は毘沙門さまのお祭りをやっていて、賑やかでしたよ。そして、クーちゃんとりょーちゃんと合流してお茶を飲みながら歓談。
彼、なかなか面白いです。うん。短い間だったけど楽しかった。

それから先週の検査結果をもらいに霞ヶ関へ・・・やはりアレルギーいろいろ出てました。ネコだとかスギ花粉だとかなんて、まったく自覚無かったんだけど・・・
ドイツへ行く分の薬、一か月分もらってきました。

帰りがけに御徒町の吉池鮮魚館でかつおやアンキモや鮎など仕入れてきました。たまにはいいでしょ?

帰宅後はばっちり11時までさらって、お友達に頂いた高級大吟醸片手にひとり宴会やりました。
少しは息抜きしないとね。しかし孤独は孤独ですね・・・

今日も暑かったけど、よく走った・・・途中で充電足りなくて電池切れたし。
リベンジ(大垣の件)
大垣松栄楽器でのサロンコンサート
9月24日14:00から、やり直し公演決定しました!
よかったよかった、今度は前後の仕事の関係で中部地方にずっといる最中なので、よほどのことが無い限り大丈夫!

ただし、その前後はすさまじいハードスケジュールになるので、今から気合入れて頑張ります。

演奏会予定もそのうち更新します。

あと、ドイツへ行く日程は8月1日から8月17日に決まりました。こちらも頑張って片付けてきます。


血抜きとか・・・
今日はのんびり過ごしました。

ここのところ空咳が止まらないので午後は内幸町の呼吸器クリニックに行って来ました。

胸部レントゲン、血液検査やら・・・
久しぶりに受けてきましたが、レントゲンは異常なし。
結果見るときはやっぱりドキドキしますよね。
あとは来週アレルギー検査の結果が出るんだそうです。
血を抜かれたのは久しぶりですよ。ほんの微量だけど、赤黒い自分の血を見るのはあまり気分良くないですね。

診断は、予想通り咳喘息とのこと、3年前にもなったから、こりゃ持病みたいなもんですね。

帰りは有楽町のヤマハによってひさびさにいろいろ室内楽関係の楽譜を買いました。最近、ス○○○ばかりしていたので、たまには良いでしょう・・・

明日入れた鍵冨君との合わせのために11時までいろいろ練習して、冷蔵庫がカラッポなので、夜食は回転寿司に・・・もっとも深夜なので何も回ってなかったけど。

ひさびさにのんびりとした一日でした。
出発中止
今日からリスボンに行く予定だったのですが、
飛行機が時間通り飛ばず、乗り継ぎががたがたになってしまい、現地での苦戦を強いられることが予想されたため、思い切って中止にしてしまいました。

最近何だかいろいろな事が中止になる・・・

一度、人生を立ち止まって振り返る段階に来ているってことなのかもしれませんね・・・
ここで強行軍の連鎖を断ち切っておくのが良いのかもしれません。

音教のほうは
さて、本日の演奏は中止になってしまいましたが、
7月12日の音楽教室の演奏会の方は無事に終了いたしました。

トークを交えて・・・、ということをお願いされ、戸惑いもあったのですが、どうにか、しゃべって、弾いて、しゃべって、弾いてという感じでやってまいりました。
曲の解説がメインになったと思うのですが、小さい子たちも多かったので、わかりにくかったかもな・・・?
聴いてくれたのはピアノの子たちだけではなく、当日は弦楽アンサンブルの演奏があったので、そちらに乗ってた子達もたくさんいました。ですから、そのことも考えて話したつもりではありますけれど・・・(バッハのフーガをカルテットに見立てたりとか??)喜んでくれたかな?
先生方は喜んでくださいましたが・・・(僕の幼少のころ、さんざん迷惑をかけまくった先生方がずらりと来てくださって、本当に懐かしく、うれしかったです)

モーツァルトの長いソナタや現代曲、挙句の果てはショパンエチュード3曲もあって、ハードでロングなプログラムでしたが、静かに聴いてくださったお子さんたち、どうもありがとう!

少しは音楽教室への恩返しになったかな?


猛省・・・
本日の大垣、松栄楽器さんでのサロンコンサート、
中止となってしまいました。

原因は、基本的に台風4号・・・なのですが、僕の見込みの甘さもあります。
昨日の夕方、最終の列車で大垣に行っておこうかずいぶん考えたのですが、体調が今ひとつだったために朝のうちにあまり練習ができず、
午後にはじめた練習が盛り上がってしまったこともあって、
結局、行くのをやめてしまいました。リハの時間が十分とってあったこともあり、最悪、徐行運転か一時中断程度で本番には間に合うだろうと思っていたこともあります。
12,13日と仕事をして、中日の貴重なオフだったこともあって、億劫がってしまったのです。

イタリアだったら必ず前日入りするのですが、日本での開催とあって油断していました。

しかし、今朝8時前、小雨の中、東京駅に着くと、すでに新幹線、在来線ともに止まってしまっていたのです。どうも事態は思ったよりも重大で、動く気配はまったくありませんでした。鉄道好きの僕ですから、思いつく迂回路はすべて問い合わせました。中央線、御殿場線・・・などもです。しかし、どれもだめそうでした。
Image0011.jpg


ここで、もうひとつの判断ミスがありました。新幹線が止まっているなら、当然飛行機など問題外だと思っていましたが、大阪までの空路はどうも運航されていたようなのです。新幹線に早めに見切りをつけて、大阪経由で大垣へ向かっていれば、本番には間に合ったかもしれません。
しかしそれに気がついたのが11時。一応急いで羽田空港へ向かいましたが、最低でも2時間遅れになってしまうということで、空港にて最終判断を仰いだところで中止が決定しました。
Image0021.jpg


すべてが後手後手に回ってしまった形となり、楽しみにしていてくださったお客様にご迷惑をかけてしまいました。
深くお詫び申し上げます・・・

これに懲りずに、今後ともよろしくお願いいたします。以後このようなことが起こらないように気をつけますので・・・

朝顔市とだべり
帰国後は、お友達を誘ってすぐに入谷朝顔市に繰り出しました。迎えに上がった鶯谷の駅も、いつものくたびれた感じと違ってお祭りムードでいっぱい。
いつもは多くのクルマが行き交う環三こと言問通りは入谷鬼子母神付近の一区間がホコ天になり、鬼子母神がわには朝顔の市が立ち、反対岸には屋台がびっしり。

493027509_102.jpg
493027509_67.jpg

縁日なんて、何年ぶりかなぁ?
しかし、最近の屋台ってすごくない?

僕が子供の頃にはあまりみられなかったメニューがいろいろ・・・洗足池や花園神社なんかでソースせんべいとかに命かけた記憶はありますがね・・・

食するは塩タン、カルビ串焼き、トッポギ、玉こんにゃく、中国風おやきシャーピンそして定番のたこ焼き・・・

ドイツからロシア経由で帰ってきて、直後にいきなりディープノスタルジー満喫しましたよ。ああ帰ってきたんだなぁ。としみじみしますよね!

あ、朝顔市の話なのに、花はまったく見ませんでした。
だって朝顔なんて昼行ったって花は咲いてないし、不在がちなうちでは飼えないし・・・

その後は地元民の溜まり場のような喫茶店に4時間も居座り胃の中はソフトクリームでいっぱい!(この「デン」というお店モカソフトクリームが名物らしく、たとえプリン頼んでもソフトクリームの中にプリンが浮いてる感じ)
さらに友人が合流、一時4人まで拡大・・・

その後は酒が出ないということで自宅へ戻り、結局宴会になってしまいました。時差ぼけよさようなら・・・・!
一期一会
ハノーファーからデュッセルドルフ、モスクワを経由して一昨日無事に東京に到着しました。

モスクワからの飛行機でとなりになったオジさんがなかなか印象的な方でした。
林業をやってる方なんだけど、なんでも、ロシア人の奥さん子供2人を連れて奥さんの実家で過ごした後、一足先に群馬の御宅へ戻られるのだとか・・・
最初はへー、そうなんすか?って聞いてたんだけど、だんだんディープな話が出てくるわ出てくるわ・・・

まず・・今の奥さん、10人目らしいです。そして20歳くらい年下。
「今度は10年続いてるんだよー、今の息子たち大人になったらこれでおれの役目は終わりなんだーって思う」
「本当にいい子をもらったと思ってるんだ。ご両親も本当に良くしてくれてね。でも、ロシアって国は恐ろしいとこだねぇ。家族以外には人情なんてありゃしない。」

・・結婚したときは奥さん23歳だったってことかぁ。

「パパ、ママったって俺と2、3歳しか離れてないんだよ。でも、やっぱりパパだしママなんだよなぁ。」
「ほら、俺は親にもらった手をこんなにしちゃったんだ、極道の道に走ったこともあったけど誓約書書いてきっぱりやめたんだよ。」
「こんなイレズミだとサウナや健康センターだって入れないんだよね。ハンディキャップなんだよ、こんなの。でも、報いだから仕方ないけどね・・・」

「うちで修行してる若い衆もね、一人前になったら外へ出しちゃうんだよ、囲い込んだりしない。」
「でもね、心を鬼にしても礼儀と感謝の気持ちだけはしっかり教えてやろうと思ってるんだ」
「最初は逃げるように出てったヤツでもね。あとで手紙送ってきたりするんだよ。親方、あのときがあったから今の自分があるんです。みたいな」
「そういうときは本当にうれしいねぇ。」「感謝されるってことの喜びを、教えてやりたいんだ。」「どんな仕事だって、お客さんと心が通じ合うことが大事だよね。何をしたら安心してもらえるかな、喜んでもらえるかなっていうことをいつも考えてる。」

「前の嫁さんとの子供ももう一人前になったんだけど、今はうちのお袋のところに居るんだ。そして、今でも俺と一緒に仕事したりするんだよ。」

なかなかこういう人生送っている人と出会う機会って無いよなと思って、思わず耳を傾けてしまいました。

氏「そうかピアニストさんかぁ。いろいろ頑張ってるんだねぇ。こんなところで会えるなんてうれしいなあ。」
「音楽が好きでねぇ。主にドラムたたいてたんだけど、一時期はそれで生きてこうって思って、バンド組んでやってたんだ・・・」

僕「親にもずいぶん苦労かけましたけど、今はなんとかやってます。」

氏「まだ若いのにそんなこと考えなくたっていいんだよ。でも、大事なことだけどねぇ。俺なんかオヤジが死んでからやっと気づいたんだ。せめてその分オフクロは大事にしたいんだけど。」「やっぱり親は子供が育っていくことが一番うれしいんだしね。」

僕「結婚はまだまだ・・・仕事も落ち着かないし、相手を支える力も無ければ、だいいち相手がいないし・・・」

氏「そうか、本当に真剣に仕事のこと考えてるんだね。責任感も強いんだなぁ。」
「でもね菊地さん、結婚はきっと仕事にもいいもんだと思うよ、俺がしっかりしなきゃ誰が面倒見る?って思うしね、
それに、今は共働きだって普通なんだし、いっしょにがんばろうというスタンスでいいんじゃない?そのかわり、いばっちゃいけないよ。まあ、ロシアなんてもともと完全に女性上位だけどねぇ!」
「群馬で仕事するときは、ぜひ連絡してくださいよね。」

まあ、いろいろ激励されて空港を後にしました。
日ごろ、狭い世界に生きているゆえに忘れていたような、素朴であたりまえの事柄を、いろいろ再確認するきっかけになりました。ありがとうございます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。