リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの本2007年9月号
草思社クリエイティブ発行の「ピアノの本」2007年9月号13-15ページ、「Spot Light」欄に拙文を寄稿しておりますので、よろしければご覧になってみてください。
帰国を機に今までの生い立ちやこれからの抱負を語るような、簡単な自伝的な内容です。
各地の楽器店で入手なさることができます。

スポンサーサイト
沼津港
沼津行ってきましたよ。

結局、10年放置して1週間の突貫工事で仕上げたムソルグスキーは、汗を1リットルくらいかいたものの案外まともな出来で、ここのところよく弾いていたものの2ヶ月放置して本番前に1時間しか弾かなかったプーランクが一番?の多い演奏となってしまいましたまあしょっぱなに弾いたということもあるんだろうけれども・・・リハではもっと弾けてたのに・・・
あと、トークはやっぱり苦手でごわす

いらしてくださったお客様のみなさん、本当にありがとうございました。

終演後は楽器店の社長さんやヤマハの方々と沼津港の寿司屋さんへ・・・魚介分を補給してまいりましたやっぱり地場もんはうまいっすねぇ。東京は高いかまずいかだからなぁ・・・ドイツよりはましだけど・・・

家へ帰ってきたら見ず知らずの観客の方(男性)からうれしいメールをいただけたりして、結局のところは良い一日でした

ムソルグスキーでだいぶ楽器を傷めたので、今は調律の方に来ていただいていて、終わったら大譜読み大会です。
シュトラウスのvlソナタ
ブラームスのvlソナタno.2
チャイコのトリオ
ラ・ヴァルス2台版両パート
ドビュッシーの映像1巻

それから暗譜大会
ショパンのノクターンH-dur
フランクのプレコラフーガ
武満の雨の樹2
その他諸々・・・全て2ヶ月以内のプラン・・・間に合うの???
明日の沼津の演奏会
16時開演とアナウンスされていたのですが、
「14時」に変更になっています。
修正が遅くなりましてすみません。
くれぐれもお間違いのなきようよろしくお願い申し上げます。
帰国しました
さてさて、片付けてきましたよ。ハノーファー。今回は役所にも行って、転出届けも出してきました。健康保険も解約したし、貯蓄口座も解約、日本にその半分を送金しました。しかし、時まさにユーロ大暴落中、ぎりぎり切り抜けたというべきなのか、少し遅かったのか・・・・?

Bahnhofstr.jpg


たった一部屋片付けただけですが、大変な作業でした。
2週間で25kgのダンボール18箱にもなりました。
ゴミも100kg以上捨てたと思います。まあよくもあんな大量のゴミの中で暮らしていたものだと感心しました。
はっきり言って、今の家には入りきりません。
おそらく日本についてからまた捨てるものも結構あると思います。・・・これから留学する人にとっては有用なものがあるかもしれないので、荷物が着いたら皆様にお分けします。乞うご期待!

ハノーファーの空港まで友人が送ってくれたのですが、アムステルダム行きのしょっぱなの飛行機が遅延、最初50分遅れだったものが(この時点でアムスでの乗り継ぎはかなりハードなものに・・・)、みるみるうちに遅れが拡大、結局1時間40分の遅れとなり、東京行きの便は見事に出発してしまいました。当日の明け方ハノーファーは大荒れだったため、もしかしてアムステルダムの天候不良とかなのかな?と思っていたら、単に当該便の機材故障だったのでした・・・どうものろわれとる・・・

結局パリまで飛べば東京行きを捕まえられるとのことでパリへ飛び、パリ発の便はアムステルダム上空を通って東京へ向かいましたとさ・・・なんだかなぁ。まあおかげでおいしいチーズを仕入れできたので、みんなで食べましょう!

trip.jpg


東京到着時、相当に身構えていたんだけど、思ったほど暑くはなく、特に夜はとっても涼しくなったので、チャリで南千住に寿司食いに行き、そのまましばらく放浪してきました。

昨夜はほとんど眠れず、午前中は届かなかった荷物を引き取るためにおきていたので、昼寝。

夕方起きだして、小腹がすいたのでラーメンでも食べようかと思って出かけたら、なんかピーヒャラドンドンいっているので音のする方向へ行くと、やってました、盆踊り。太鼓こそ子供たちがたたいていたものの、踊っているのはなんか老人が多くて、一歩間違えればそのまま倒れるんじゃないか、ってな盆踊りでした。まあ、でも風流なものですね。僕が帰国した直後はいつもこういうイベントがあって心が和みます。

20070819022632.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。