リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のオフ(でもないけど・・・)
今日は特に出かける用事がありません。

もちろん、チャイコのトリオを死ぬ気でさらわなければやばいのですが・・・

さて、どれくらい久々だったのか、手帳をひっくり返してみました・・・
前回の週記が終わった9月11日以降・・・

9月12日(水)
今日は午後に文化会館で大物アーティストのマネージメントをされているHオフィスの社長さんにお話を伺いに行きました。結構、手厳しい内容で、落ち込むやら奮い立つやらいろいろでしたが、自分の将来についてきちんと考える心構えが出来ました。そして、過去の何がいけなかったかも反省しようと思いました。
お忙しい中お付き合い頂き、ありがとうございました!

9月13日(木)
基本的には、中部コンサートツアーの準備のために譜読みなど・・・していましたが18時に生徒のU君が来訪、みっちりしごきましたよ(笑)

9月14日(金)
朝、調律の方に来ていただき弦を張ってもらいました。だから今、一本も切れてないの!すごいでしょ?

そして、また浜松へ行ってきました。
詳しい内容は企業秘密につきナイショですが、新製品の試作品とかを弾いてきました。

仕事が済んだ後は、工場の一角の「リヒテルルーム」(そういえば、浜コンとかの機会で何度か来たことがあります・・・)というところで練習をさせてもらった後、パリで大変お世話になっていた河野さんに、飲みに連れて行っていただきました。今回はちゃんと連絡しておいたのです。
お店のおばちゃんがホンマにおかあちゃん!って感じで、とても楽しかったです。料理もおふくろの味って感じで美味しかったし!
で、焼酎グビグビ飲んで毒を吐きまくってしまいました。
結論は、「男はどこまで行ってもおかあちゃん!」
なんだかなぁ・・・

帰りの新幹線でもテンションを下げるのがイヤでビールを飲んで、家に帰ったらウイスキー飲んで・・・
そのまま長電・・・!

いろいろ考えちゃってとても難しいですが、未来の方を大切にしなきゃね!

9月15日(土)

譜読みに疲れています・・・

つーか、シュトラウス難しすぎじゃあ!vlソナタの癖に、pfコンチェルトかよって感じです。
あとは、来週末に弾くドビュッシー(映像)を今頃暗譜に取り掛かりました。まだ通して弾けもしないのに・・・
今日は、あとドビュッシーとモツのvlソナタをさらいました。なんかvlの曲ばっかり・・・
プーランクとかクライスラーもさらわんといかんし・・・

あ、そうだ、チャイコのトリオもやっとさらいはじめました。曲数多すぎて忘れちゃうよ・・・

肝臓もお疲れのことと思うので、今日は一杯でおしまいにします!

9月16日(日)
友人と日本音コンヴァイオリン部門3次予選を聴きに行きました。
13人同じ曲・・・これってどうなんでしょうね?ピアノのコンクールではちょっと考えられないことです。ある意味分かりやすくもあったけど、イザイのバラードとドビュッシーのソナタを13回繰り返し聴くのは少々つらかったです。ピアニスト頑張れ!とか思っちゃったりして・・・
芸大の生徒にも遭遇したりしてまあ楽しかったですよ。
終了後は友人の希望で20ウン年ぶりに東京タワーに赴くも連休の中日とあっては人大杉で退散・・・
銀座で買い物と鉄板焼きディナーに流れ終了。
あとで結果を見たけど、まあ3人は妥当だと思いました。あとの一人は、多分2次までが良かったんだろうな・・・と。

9月17日(月)
朝、生徒くんにレッスンを一本。
そして桐朋の後輩Rちゃんのリサイタルで横須賀へ・・・
そもそも僕はこの横須賀のリサイタルシリーズのOBなのです。
2001年7月15日、実は国内で一人でフルのリサイタルをやったのはここが初めてだったんですね。その後も2004年に合唱幻想曲(そもそもこのときに指揮の飯森さんにお会いしたのです)に呼んでもらったりした思い出の地です。
3年も経てば異動とかもあるだろうし、もう懐かしい方には会えないかな?とか思っていたのですが、横須賀在住の友人と待ち合わせて入口へ向かうと、「菊地さん!」劇場の方に声をかけていただきました。やっぱり再会って嬉しいですね!
コンサートは、とても素晴らしいもので、嬉しいやらなんやら、まあいろいろ複雑な気持ちでしたが(笑)・・・
楽屋に祝福に行きお土産渡して、劇場の方と歓談などして、それから友人と軽く食事して帰宅しました。そして・・・・・練習しましたよ!11時まで。相当切羽詰ってるからさ・・・

9月18日(火)
リサイタルを目指し某オーディションを受けるヴァイオリニストSさんとあわせの為に桐朋へ・・・朝方必死でさらいましたが相変わらずリヒャルトは手ごわいです。
2時から始めたんだけど、結局8時ごろにやっと終了。アンカーに行ったら昨日の主役やらその友人やらで賑やかなことに・・・僕の友人も新たに呼び出し、終電までしっかり飲んできました。やれやれ!

9月19日(水)
午前、銀座のK本音楽事務所へ、色々話を聞きつつ、営業してまいりました。まあ道は険しいけど、地道に一歩一歩進もうと思います。
帰宅後は、ちゃんとさらいましたよ!

9月20日(木)
今日はSさんに自宅に来てもらって合わせました。さすがに出かける気力がなくなってきた・・・今日も5時間以上、みっちり合わせました。合わせながら譜読みするような有様で申し訳なくもありました・・・
9時ごろに終了後は、明日のT先生レッスンの曲を練習・・・やばい、やばいよーー!

9月21日(金)
朝は、プーランクのVlソナタやら武満の悲歌やらを必死でさらいました。
11時前に弦ちゃんが来訪、プーランクを3ヶ月ぶり2回目の合わせ、とりあえず、やばかった!・・・けど、とにかく14時のレッスンに間に合うように出かけ、鶯谷の松屋で二人牛丼をかき込み上北沢へ・・・
レッスンでは、ウソ?ってくらいまともに弾けましたよ。これがプロ根性というか、底力ですよね!
帰ったらすぐ練習しようと思ったんだけど、体が言うことを聞かず昼寝をしてしまいました・・・大丈夫かな?

9月22日(土)
荷造りやら残務整理に手こずりあまり練習も出来ませんでした。
そして中部地方ツアーへと旅立ったわけでした。
メチャクチャだよね。本当に!

9月27日(木)
13時過ぎに新宿到着、うな丸で食事して14時過ぎに帰宅、さすがに一休みはしましたが、それでもリヒャルトを必死でさらいました。だって、だって、明日はH先生のレッスンなんだよ!
で、20時過ぎにSさん来訪・・・視界がしょぼつくも23時前まで会わせました。もうバスもないのでSさんを駅まで送って僕はまたもや松屋・・・

9月28日(金)
朝は早く起きて8時から1時間半さらいました。とても僕の行動とは思えないわけですが、それくらい切羽詰っているのです。
鶯谷で朝マックして浜田山のH道場へ・・・実は、初めて伺うんですよ。意外なことに。17日に挨拶だけはしておいたんですが・・・
とにかく二度目の第一印象は無いわけですから、これは本番か、ってくらい必死で弾きましたよ!もちろん細部のクウォリティは本番には程遠かったけど、それなりに気に入っていただけたようでとりあえずお褒めいただきとりあえず一安心。来週はもっと頑張ります。しばし歓談ののちおいとまし、駅前で食事とコーヒーを頂き取り急ぎ帰宅。
また日記を書いたり、一休みをしたのち、チャイコなど、いつものように23時まで・・・5時間近くさらいましたよ。もうクタビレタ・・・・
スポンサーサイト
中部ツアー終わったぁ!
22日に出発した中部地方ツアー3連コンサート、無事終了しまして、ただいま中央高速バスの車中よりこのご報告を認めております。

初日は21時ののぞみで東京を出発、名古屋で近鉄特急に乗り換え三重の津のホテルに到着したときにはすでに日付が変わっており、即、爆睡と相成りました

翌23日、11時に会場入り。岩田楽器店の山の手センターというところは、新興住宅街に最近新築なさったらしい素敵な会場で、小さいながら天井は高くアコースティックも上々でした。使用楽器は商品の笑、新C3でしたが、箱の響きも良いため気持ちよく弾けました。一年来弾いていなかったショパンの葬送では随分ヒヤリともしましたけれどねあとハ短調のノクターンと、展覧会の絵、シューベルト20番のスケルツォで締めました。

終了後は最近恒例のサイン会、そして明日の曲を2時間ほどさらわせてもらい、次の滞在地岐阜県は大垣へと向かいました。

割と早めに着いたので、駅ナカの焼鳥屋に呑んだくれに行きましたおひとりさま、ピアニストって孤独じゃ…部屋に戻ったらパリの友人から入電、でまた毒吐きながら呑んだくれ…いかれとる

3日目、7月にドタキャンしてしまった松栄楽器さんのサロンコンサートです。会場はいわゆる楽器店のサロン、あまり響きはなく楽器は懐かしいS400!必ずしも好条件ではありませんでしたが若い調律師さんの奮闘のおかげもありメインのシューベルトに入るころには雰囲気をつかめました。最初のモツではまだ乗り切れなかった感がありますが…
その後は売り場へ移動し商品のC5でアンコールにノクターンを2曲、なんかこちらのほうが弾きやすかった…笑

終了後は少し時間があったので調律師さんと語らいながらギネスを一杯列車に乗り込み高山へ!せっかくのワイドビューひだ初体験なのに暗くて何も見えんかったよ…

車中でおにぎりやらサンドイッチやら食べてしまった僕を高山のホテルで待ち受けていたのは、「お食事の用意ができております!」え?

もちろん行きましたよしたら、飛騨の名産が次々登場地酒と焼酎片手に平らげたけどね!温泉も広々快適でした。宿泊費を知らされてなかったから勘定が怖くなったけど…笑

翌日は朝9時から17時まで、結局昼ご飯もとらずに必死にさらいました…なんせドビュッシーの映像は譜読みから通算7日も弾いてなかったし、こんどはちゃんとしたホールだし……

終了後は友人たちと電話とかしながら一休みした後、中華のコースを平らげました。で、あとは先日の日記参照のこと…笑

でもね、1時ごろうたた寝してたら後輩からメールが来て、3時半ごろまで長電してしまいました。

5日目、少し眠い目をこすりながら10時に会場入り、しかし25歳の元祖CFは僕の何倍も眠かったようです…笑
僕も昼寝して、午後リハまで頑張って叩いたら、やっと起きて来ました。
いつものようにトークつきの本番、プーランク、ショパンと弾き進め、懸案のドビュッシーもどうにかクリアー、後半は展覧会、だんだんペース配分がうまくなってきたかも…笑
アンコールはシューベルトの20番のフィナーレを演奏しました!サイン会も手慣れてきて、終了、終わったぁ!
飛騨の地酒をボトルでたっぷりいただきました!

お世話になったみなさん、ホンマにありがとうございました。

恐れていたお勘定も拍子抜けするほどお安くて一安心8時高山発のバスで山越え谷越え新宿へ向かってます。今は…山梨県かな
見ちゃった…
573049232_122.jpg


いま、飛騨高山にいます。ホテルはなかなか良いところで、食事も浴場もよろしく温泉リゾートという感じ。で、一日目はしばしセレブ(死語)気分だったのですが(ただし自腹)、二日の今日、どうも様子がおかしい気がしてきました。だって、一人客ってのを見かけないんです。部屋もツインだし…
で、一人で紹興酒片手に中華のコースを平らげて出てきた僕の目の前に、…ありましたよやっぱり。高山LOVE SPOTだそうです…豪華であればあるほど、自分の身の上を恨みますね…あいつに食べさせたかった、とかね…

週記後半
9月8日(土)
本当は今日も芸祭に繰り出したかったのだけれど、はっきり言って無理、でした。やっぱり本番前日なので・・・それに新曲が・・・笑
誘ってくれた生徒のみんな、ごめんね・・・!

9月9日(日)
今日は八王子でのサロンコンサートです。
神田から中央線に乗って50分、都内とはいえ八王子の空気はやっぱりちょっと緑の香りがするんですね。
会場は100名程度のサロン、駅からもちょっと距離があったりして、どの程度のお客さんに来ていただけるか少し不安があったのですが、結果的にはほぼ満員で、楽しく演奏させていただくことが出来ました。終了後の試弾会やサイン会、なんてのも新鮮でよかったです。小さな本番でも、ひとつひとつがんばって一人でも多くの固定客をゲットしなきゃ!ある意味、コンクールよりずっとハードなのかも・・・
終了後は、池袋でえりなちゃんからチャイコのトリオのチラシを受け取り、帰宅。そして、なんと・・・・


練習したんだよ、ちゃんと11時まで!明日、急遽いろいろあわせることになったもので!

9月10日(月)
朝は川崎の某楽団のオフィスでお話を聞かせてもらいこの世界のことを色々勉強しました。お忙しいところ時間をとってくださってホンマに感謝です!
そして数分で牛丼掻きこんで仙川へ直行、三瀬先生に御呼ばれした「OTOの会」のコンサートについてのミーティングがありました。作曲の先生や学生たちの新曲の発表会、本番は、2009年1月13日(火)です!終了後は室内楽の合わせ、っていうか雑談しながらのミーティングとか、友達と遊び弾きしたりしているうちに夜に・・・仙川のアンカーで飲んでたら偶然指揮の飯森さんにお会いしたりして楽しく過ごし、終電を逃し調律のO君の家になだれ込み、朝帰りになってしまいました・・・

9月11日(火)
6時過ぎに仙川を出ていったん帰宅、9時ごろまた起き上がり、六本木にCDを届け(あわててタクったら一葉さんがほぼ消えました、高速使うと時間的にはすぐだけど、その分遠回りしてるからね・・・)、品川でまた勉強をさせていただき、新幹線に駆け込み車内で弁当を掻きこみながら浜松へ、ヤマハの新しいピアノの試弾調整の仕事をやらせてもらいました。帰りの新幹線では1時間半爆睡でしたが、これで少し力が湧き鶯谷でラーメン食べて帰宅後、ちゃんと10時過ぎまでさらいましたよ!また14日に浜松行ってきます!今度はすこしゆっくりしてうなぎくらい食べたいところだけど・・・・無理かしら?
週記です!(前半)
この一週間は、なんだか分からないけれどやたらにバタバタしていた気がします。

9月3日(月)
とりあえずひさびさに芸大へ、いちおうレッスン日、ということにして連絡はしたんだけれど、芸祭の準備で出席率は低く、おかげでずいぶん自分の練習が出来ました。とにかく、9日の八王子のコンサートで新曲を2曲(フランク、ショパンのH-dur)並べなければいけないので必死です!
来てくれた生徒さんとは、曲を決めたり、雑談したり・・・

9月4日(火)
六本木のコロムビアへ、10月のレコーディングのやり方について作戦会議、それから代々木のカワイに移動し、ショパン協会の例会についての説明を受ける。それから霞ヶ関のクリニックへ向かい、例の喘息の薬をもらいましたが、基本的にもう症状が無いので、今回からは吸入は弱いものに替えて、飲み薬とかはやめることに。あくまで予防ということです。
11時まで練習した後はうちのマンションの学生♂と二人でチーズ会・・・

9月5日(水)
夜は奏楽堂で伊藤恵先生のリサイタルでした。キラキラ星変奏曲、フモレスケ、117-1、シューベルトc-mollという重いプロでしたが、非常に密度の濃いポエティックな演奏で、正直感動しました。そして、自分がシューベルト弾くのが恐くなった!笑
終了後は、会場で久々に会った友人I君や、マンションの学生とまたまたチーズ会を開催。今度はだいぶなくなったけど、それでもまだあまっています・・・

9月6日(木)
今日も芸大のレッスン日でした。(7月に休んだ分の補講)
まあ月曜日と大体同じように過ごしていたんだけれど、お昼過ぎから台風接近で15時には学校を追い出されてしまいました。
しょーがないので日暮里で坦々麺食べて帰宅、うちに帰ってさらいました!

9月7日(金)
台風接近のために開催が危ぶまれた芸祭でしたが、「ドン・ジョバンニ」は無事、開催。
谷中の筆やさんで遅めの朝食(でもついに食べたぞビーフシチュー!)をとり奏楽堂へ。
学生たちががんばって一丸となって演奏している姿には心を打たれ、そしてモーツァルトの作品に素直に打ちのめされ、とてもよい時間を過ごしました。しかーし・・・・同時にピアニストの孤独をひしひしと感じてしまったのでありマス。あーゆーチームワークってホンマにうらやましいです。そして学生時代へのノスタルジーがプラスされちゃってもう!
そして、帰宅しまた必死の形相で練習・・・嗚呼!
履歴書とかCDとか
最近、すき焼きやらスッポンやら連続の宴でメタボ進行中の疑惑がかけられていますが・・・まだ平気かな!

先日は高校時代の恩師加藤先生に、軽井沢の別荘に招いていただきました。美味しい野菜と自然、そして温泉に囲まれて、リフレッシュしてきましたよ!

で、さっきまで、久々に履歴書と格闘してました・・・
やっぱり指が痛くなったよ。

まあ今度もダメモトですが、横浜の某大学に書類出してみます。

それから、とっても急なことだったのですが、2008年1月16日にコロムビア・ミュージックエンタテインメントからソロアルバムが発売される見通しが立ちました。実はまだ音はとってなくて10月末にレコーディングとなります。これがうまくいけば、世界初の試みも含まれたなかなか面白いディスクができる予定なのですが・・・どうなることやら。
どうぞよろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。