リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後追い日記、広島編
最近、時が矢のように過ぎ去っていきます・・・
お父さまが広島出身の原田君の誘いで広島行ってきました。

1月25日(金)
今日は新幹線に4時間乗るので、良い休息になります。
という目論見で、徹夜作業。前回の日記もその間に書きました。
とにかく最近デスクワークが多いです。マネージャーがいないと苦労します・・・メールも一日10通近く書いている気が・・・(PCの)

9時50分ののぞみに乗るのに、例によって東京駅到着は3分前・・・
でも、今日は乗り込んだ瞬間、まだ発車ベルが鳴っていなかったのでよしとしましょう。
実は、500系、って初めて乗ったんですよ。浜松や掛川行くので主にこだま、ひかりユーザーだったので、のぞみってそんなに乗らないし。でも、写真とかとる余裕はなくって・・・
品川駅で原田君合流。

今日はとにかく天気がよくって、富士山もくっきり。
10404765_388786433.jpg

ちょっと寝てたら、関が原通過中。
10404765_2708498401.jpg


そうこうするうちに広島に着きました。
宿泊先はリーガロイヤルホテル。まあ払ってくれるんなら泊まります。13年前の前回は自腹で東急ホテルだったけど・・・
最近、その分現金でくれ!とかは思わなくなりました。笑
22階の部屋の眺めも良好。
10404765_1760402240.jpg

10404765_2717230386.jpg

さっそく歯科医師会に挨拶に行き、その後はスタインウェイのある「浜松ピアノ」さんへ。練習しました。
コルトーが弾き初めしたらしい1952NYスタインウェイ。ベートーヴェンが怖いですね。
10404765_1219148892.jpg

2時間弱あわせた後、27日の会場のウエストプラザへ・・・
僕が来るということで、新品のピアノを前倒しで入れてくれたんです。
10404765_4218250861.jpg

10404765_2164326280.jpg

2008年1月24日納入、って書いてあるでしょ?=
ここで、新しい命に魂を吹き込むために弾きこみ。

夜は、「酔心」なるお店で魚介をえっと頂きました。メバルの煮付けにオコゼの唐揚げに、カキフライくん!
10404765_3241259749.jpg

10404765_3992213146.jpg


いい気分で夜景も美しく、眠りに付きました。
10404765_2480736687.jpg


1月26日(土)
今朝は、高校の同級生のTちゃんの御宅に練習させてもらいに伺いました。Tちゃん、ご結婚されて、今はもうすぐ赤ちゃんが産まれる、ということで身重、なんだけど、今回いろいろとお世話になりました。
紙屋町から電車に乗って(どーでもいいが広島には東京と同じ、あるいは似た地名が多い。紙屋町、八丁堀、大手町、胡(えびす)町とか、とどめは「牛田早稲田」っていうバスの行先には仰天しました。東武線と東西線は直通運転してません・・・笑)、西観音町電停へ、Tちゃんが迎えに来てくれました。ホンマにおなかおっきくなってますね。大事にされてくださいね。再会を懐かしみちょっとお茶。
このTちゃんはチェリストさんなのですが、なんとスタインウェイ君をお持ちです。30年くらい前の、いい音の楽器でした。是非もっと弾いてあげてね。僕でよければまた行きますよ!
その後、ご実家に少しだけご挨拶、ご実家は舟入本町っていう街中の酒屋さん。ワインが積んであって、思わず目がキョロキョロしてしまいました。近くのお好み焼きやさんで、コテ片手にペロリと平らげました。写真も撮ることなく黙々とね。ごちそうさま。
そして、再び「浜松ピアノ」まで送ってくれて、合わせ。
終了後は今日の会場、リーガの宴会場でリハ。「広島県歯科医師会設立100周年記念祝賀会」というおめでたい席なのです。
10404765_1778248076.jpg

曲目は、ドビュッシー、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

しかしね、本番、うるさすぎましたよ。原田君の音を聴くのにも苦労するくらい。大画面に、僕の憮然とした表情が映ってしまったかも・・・
特に後ろの方にいる方々。前のほうのお偉いさんはきちんと聴いてくれたのに・・・
仮に礼儀としてであっても、一応聴いてくれる方、そして、本当に演奏を聴いてくれようとしている方がいるかもしれないのに、迷惑かもしれないって想像力は働かないのでしょうか?僕らは、いいんですよ。でも、他のお客さんに失礼でしょ?
そして、僕らを招いてくださった広島県歯科医師会のかたがたにも失礼だと思いませんか?僕らに、恐縮されていましたよ。ホストにそんなことをさせちゃったらダメでしょう?仮に、天皇陛下がご臨席されているパーティーでも同じことをやりますか?
でも、普段コンサートで、聴いてもらえる、ということが、どれほど幸せなことか実感いたしました。
僕らのときは遠慮していただいていた食事が始まっていたにもかかわらず、MCでガンガンに増幅したポップスのかたがたはそれなりにウケてましたね。なんか妙な敗北感を感じて彼らとは一言も会話しませんでした・・・笑、プライド高いんだね、僕。

終了後は今はエリザベト音大で先生をしてらっしゃるMちゃんとイタリアンバーで二度目の飲み。いろいろと毒を吐きあいましたよ。ええ。

でも、招いてくださったことにはホンマに感謝しています。
僕らもこれをひとつの経験にして、どうしたらあのような状態でも注目してもらえるか技を磨きますね!

1月27日(日)
少し早起きして、散歩。
10404765_1039208327.jpg

ホテルをでて
10404765_3980573861.jpg

地図で気になっていたハノーバー庭園、にも行きました。
10404765_1166840753.jpg

10404765_811889447.jpg

10404765_987742558.jpg



東急ハンズに開店と同時に入り、
今日のCD即売に使う袋を購入。
一度ホテルに戻りチェックアウトして、会場のウエストプラザへ向かいました。
リハと弾きこみの後、本番。
会場は満員になり、盛況でした。新広島テレビ(だったかな?)のアナウンサさんが司会をしてくださったのですが、さすがプロは雰囲気作るの上手ですね。お客さん、もともと客層も違いますが、昨日とはぜんぜん違う雰囲気で、釘付けになって聴いてくださいました。歯科医師会の会長さんと局長さんも来てくださり、今日は良い環境で聴いていただけましたよ!

広島市紙屋町ウェストプラザビル 5Fギャラリー
ドビュッシー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
ドビュッシー 映像第一集
R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ
原田陽(vn.)
菊地裕介(pf.)

CDの即売は、Tちゃんと旦那さんが手伝ってくださいました。どうもありがとうございます!たかが10枚、されど10枚、一歩一歩売り上げを増やしますぞ!

終了後は広島駅に直行、あわただしく東京に戻ってきて、21時30分からひとり生徒君をレッスンしました。がんばったでしょ?

お世話になった方々、みなさん本当に良くして下さってホンマにありがとうございました。もちろん目標は広響定期ですが、こうやって一歩一歩努力します。また行きますね!
スポンサーサイト
まだまだ続く試練、東京編
1月15日(火)
12日のコンサートでお取り違えになられたコートを預かっていたので文化会館で待ち合わせ、寒い中チャリに乗りお渡しに行く。この方、某巨大鉄道会社の元会長さまだとか・・・クラと鉄道は切っても切れん!
なんとなく息抜きがしたくなり不忍池へ行くとゆりかもめの大群。
思わずレンズに傷の付いた携帯を取り出してしまう。

7541442_776022833.jpg

7541442_863855047.jpg

7541442_1942968636.jpg

7541442_1786540504.jpg

7541442_1614766324.jpg

7541442_3077217864.jpg


弁天堂のところで餌付けしていて、まあすごい賑やかでした。

なんとなく丸井に行って、ちょっとだけ服を買う。結局セール品にはあまり手を出さず。
昼食は広小路口向かいの東京牛丼で

1月16日(水)
良く覚えてないけど、練習してたはずです。
プログラム、入れ替えなきゃいけなくて必死!

1月17日(木)
上に同じです

1月18日(金)
朝は文化会館でピアノ選びとリハーサル、重要な書類の提出のため半分徹夜だったので、眠かったです。実は文化の小で弾いたのはこれが初めてです!まあ緊張するわ。
あまりにジャングルになっていたので美容室に行き急いでカットだけしてもらい、そのあとは溝の口で洗足の説明会&懇親会(←意味分かります?洗足学園のことです)。
明日リサイタルなのに余裕だね、とか言われるけど、余裕はまったくありやせん。でも、礼儀だとおもうので・・・

1月19日(土)
とにかく必死でさらいました。当日もさらいすぎたかもしれません。17時からリハ、19時から本番、ちょっと疲れてましたね。とても大切な機会なのに、ケアレスミスや集中力の途切れが目立つ本番でした。なにより、恐怖心の強さから表現意欲が少し低下していたように思います。久しぶりの重要な本番で緊張がいつもより大きかったってこともあるかも。それにしても、ベストコンディションで臨めるように、次はもう少しうまいことスケジュールを調整しないといけませんね。
でも、来てくれたお客様にはホンマに感謝です。398名だそうで、定員に比べればだいぶ少ないけど、まあ上出来でしょう。持ち出しはなくて済みそうだし、CDも120枚も買っていただけましたので・・・
サイン会もみなさん待っててくださって、本当に嬉しかったです。
でも、疲れました・・・
終了後はうちの親と家の近くで軽く飲む。

曲目

ドビュッシー 映像第1集
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差し 第11曲「聖母の最初の聖体拝領」
プーランク 主題と変奏

ドビュッシー 映像第2集
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差し 第13曲「降誕祭」
フランク 前奏曲、コラールとフーガ ロ短調

アンコール
ラヴェル ラ・ヴァルス
ドビュッシー 月の光

1月20日(日)
某地方都市より親子でレッスンにいらっしゃいました。(つまり二人のレッスン、てこと)
さすがに疲れていたのか、それだけをこなして、あとは大した仕事もしなかったように思います。

1月21日(月)
芸大日です。試験が近いのでやはり出席率がすごくよかったです。合間に、メントリの解凍に取り掛かる。いちおう21時過ぎまでさらって、またオリンピックで買い物して帰りました。一人鍋、一人宴会。
ちなみに、この日買ったものは、

味噌だれモツ焼肉
ぶり大根
和牛フィレステーキ
鴨肉、ネギの塩だれ
などに続々化けました。けっこう良いもの食ってるかも。でも、見事に全部半額で買ってるのよ

1月22日(火)
月刊pianoの取材でコロムビアへ、またまた調子に乗っていろいろしゃべってしまう。その後は徒歩圏の演連へ移動し反省会と、4月のリサイタルの打ち合わせ。
FAXリボンが切れていたのでアキバのヨドバシに寄って、他にもいろいろ買ってしまった・・・

1月23日(水)
12時から原田くんと合わせ、今度はリヒャルト全楽章とドビュッシーです。まあ、こないだ途中からやってあったから、そんなに不安はないかな?

1月24日(木)
14時から原田くんと合わせ、そして18時からはえりなちゃんと合わせ、たまたまリヒャルトが共通曲目なのだけど、二人の解釈の違いに改めて感心する。えりなちゃんとは、パルピティもちょっとチェックする。こういう、ピアノが本当に伴奏の曲って、テンション保つのが大変ですよね!でも、共感して乗せてあげないといけないもんね。

発売です!
http://columbia.jp/artist-info/kikuchi/COCQ-84407.html

出来上がってみれば、自分はさらに先を歩んでいるので、
いろいろ思うところはあるのですが、
とにかく、ここまで来ました。

どうぞよろしくおねがいします。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2638457


一日おきの本番 代官山&千葉
1月8日(火)
トリオの合わせ。一大決心をしてピアノの部屋を片付け、家でトリオが出来る状態まで復旧させました。そのかわり寝室がダンボールだらけになりましたが・・・毎回出掛けることを考えれば、かえって時間の節約になるし。
トリオの後は、原田君とデュオ。
しかし、まだまだ練習が必要ですね!

1月9日(水)
今日は家でのんびり、とはいえ、必死で練習しました・・・

1月10日(木)
今日も合わせ、今日は逆の順番で、デュオを先にやってからトリオ。
今日でトリオの合わせは最後・・・どうなることやら?
リヒャルトってどうしてこう難しいんだろう・・・?
二人が帰った後、シューベルトを譜読み&解凍、こちらもどうなることやら。

1月11日(金)
今日は15時からデュオだけ合わせ。朝もずいぶん遅くまで寝ていたのに、終了後も寝てしまう。よほど疲れているんだろうか・・・?それでも、起き出して、23時まで頑張ってさらいました。火事場のOO力です。

1月12日(土)
6時に起床、コンビニ行って朝食調達したり、今日のチケットを整理したり・・・8時から9時まで必死にさらい、代官山の会場へ出発。電車でもうたた寝。会場に着いたら、まだ調律が上がってなくて結構待ちました。寝てしまいそう・・・
今日はベーゼン、やっぱり好きだなぁ・・・
11時ごろからおもむろに合わせ。14時から一回目の本番。僕だけは最初から最後まで出ずっぱり、トークも頑張る。

R.シュトラウス ピアノトリオ(1877) 第1楽章
R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ op.18 第2,3楽章 
シェーンベルク 浄夜 (シュトイヤーマンによるピアノトリオ編)
R.シュトラウス 歌劇「カプリッチョ」より月光の音楽(ピアノソロ)前奏曲(トリオ)
R.シュトラウス 4つの最後の歌 (ヴァイオリン+ピアノ)

後輩のあやのちゃんに譜めくりをしてもらう。万一ぐちゃぐちゃになったら、きっと救いの手を(文字通り)差し伸べてくれるんではなかろうか、という妙な安心感がありました。
16時20分昼の部終了。まあかなり苦笑物の事故も少々起こしたもののちゃんと最後までたどり着いた感じ。しばらく一服していたもののやはりさっきの事故を原因究明と反省するためピアノに向かう。再び開場まで粘る。
18時夜の部開演。もう体力が続かなくて無理かも、とか思っていたけれど、どうもこちらの方が調子が出ました。むしろ、昼の部では集中力をセーブしてしまっていたのか・・・?それか失敗は成功の元?さっきの練習が効いたか?
またはこれで最後と思えたから思い切りが良かったのかも。
20時半ごろ無事終了。長丁場でした。
しかし原田君の企画力には脱帽です。どうやら好評だったらしい。スクリーンを作ってくれた番さんもおつかれさま。

あまりの荷物量を見かねた小川さんがあやのちゃんと共に、家まで車で送ってくれました。途中、鶯谷でみんなで焼肉。レバ刺し、カイノミ、うまかったで!

1月13日(日)
今日はひたすらシューベルトと語り合いました。
こないだの八王子で弾いた危険な楽興の時のもう半分を頑張って譜読み。菩提樹も解凍3日目。明日はさすがに怖いです。

1月14日(月)
それでも7時に起きて、8時15分にはピアノに向かいました。
9時半過ぎに出発。バスで錦糸町へ。駅のてんやで朝食、いきなり天丼。
グリーン車でうたた寝しながら千葉へ。千葉市文化交流プラザ 音楽ホール、駅からすぐだと聞いていたのに道に迷い30分以上かかってしまう・・・
ここ、マラドーナコンクールの会場らしいです、笑

7541442_1479250607.jpg
7541442_65282103.jpg


諸々の打ち合わせをして、すぐにリハ。少し開場を遅らせてもらう。
ヤマハらしく反応が良くて楽器に助けられそう。

14時から本番、オールシューベルトプログラム。
600人ほどのお客様。盛況と言えるでしょう。
シューベルト 楽興の時 全6曲
シューベルト/リスト 菩提樹、魔王
シューベルト ピアノ・ソナタ第20番イ長調D.959(1828)
アンコールはまたもや金魚で。宣伝も兼ねて・・・

前半はまた譜面を置きましたが、こないだの八王子に比べるとかなりスムーズな演奏だったと思います。楽興の5番はイマイチだったけど・・・譜めくりしてくれたKさんどうもありがとう。救われました。

終了後、駅のあまりの近さに愕然としました。
7541442_4074746378.jpg


乗り継ぎも良く、一時間ちょっとでスムーズに帰宅・・・メールを書いたりして、一時間ほど寝たあと、19日のプログラム練習に取り掛かる。1時間半ほどさらって、オリンピックに買い物へ行き、一人宴会をして今、日記執筆中です。
さて、寝ようかな?

何だか大事になりそうだ!
ピアニスト・菊地裕介:CDとリサイタルデビュー 情緒を求めながら自然に
http://mainichi.jp/enta/music/archive/news/2008/01/09/20080109dde012200058000c.html

あとは、音友、音楽現代、モストリー、ぶらあぼ、ショパン、ムジカノーヴァ、intoxicate(タワレコ情報誌)などはすでに記事が出ているはずです。どうぞよろしくm(__)m

年明け早々ピンチ
どーも!
年明け早々ピンチが続いています。
自分の行動を忘れそうなのでそろそろ日記書いておきましょう。

1月1日(火)
文字通り、ただの火曜日でしたがなにか?
普通にネットサーフィンしてたらいつの間にか年明け。
何となく寝て、起きたらもうお昼前。

初詣なんて知らん、みたいな日記を書いたけれど、それじゃあんまりなんで、引越しの挨拶もしていなかった氏神様の下谷三島神社に詣でる。しかし、お神酒はおことわり、だって仕事だから・・・

15時に原田君を入谷駅に迎えに行き、そのまま小野照崎神社(学問、芸能の神様)に連行、文字通り、「困ったときの神頼み」をしてまいりました。

7541442_282553101.jpg


そして合わせ、リヒャルトの4つの最後の歌、まだ譜読み段階でゴメン!>原田君
ヴァイオリンソナタの方は少しマシでしょ?

白菜と鰹節のお雑煮は食べたけど、御節は無し・・・

1月2日(水)
八王子音楽祭のあわせでお昼から八王子へ、共演者たちと合わせをする。そしてその後ステージへ、ゲネプロ、のはずなのに、ステージ上で思い切り譜読みの延長の練習。
まあ何だか疲れました。
帰りは、一番早く来るのがスーパーあずさだったのでとりあえずそれに乗って新宿へ。途中で寄り道がしたくなり西口のヨドバシへ。一眼デジカメでも買おうとしたんだけど結構高かったのでソフマップを探したんだけど、新宿ソフマップは縮小していたのかデジカメは見つからず。
で、意地になって秋葉原に寄り、ソフマップで無事にデジカメ購入、じゃんがらでラーメン食って銀座線乗って三ノ輪駅のスーパーで買い物して帰ろうと思ったら休み。結局年明け早々オリンピックへ行くことに・・・

1月3日(木)
そりゃあもう、さらいましたよ。ちゃんと。
でも、昨日買ったカメラを試したのは当然の行動。
9532801_2191133785.jpg
9532801_1298789162.jpg
9532801_3153914809.jpg
9532801_1221517552.jpg
9532801_1968185227.jpg


1月4日(金)
上に同じです。6年ぶりのラ・ヴァルスに一週間もののメシアン2曲、そして3日物のシューベルトですからね・・・
夜9時ごろ家を出て、八王子のホテルへ向かう。
東京駅から中央ライナー、189系の3列グリーンを堪能しました。

7541442_1133780582.jpg


東京駅でお弁当買おうと思ってたんだけど、中央線ホームには駅弁売り場がなく、ビールだけ買ってどうしようって思ってたら、新宿で駅弁売店の目の前に着いたんで急いで釜飯弁当を購入、小旅行を楽しみました。

1月5日(土)
八王子音楽祭です。朝、ヴィオラの宇野さんのお宅で練習させてもらう。そして10時過ぎからゲネプロ、11時から本番。
現代曲でもないのに譜面をおいたのは今回が初めて・・・怖かったです。でも、僕は譜面を置くことに関しては実は肯定派。あまりに難しくて譜面なんかみる余裕がないって曲でもなければ、譜面見ていたほうがインスピレーションが湧きます。なんかその辺、今月の音友に特集されているようで・・・笑
午前終了後は若い子達のクインテットのリハを見学後一緒に食事へ・・・いや、そのシューベルトのすさまじい熱演とは裏腹に、何ていうか本当に若くて無邪気、ある意味ガキっぽい彼ら。中学生ってこんなもんだったかな、と思いつつ、彼らの演奏とのギャップにゾクっとする。

7541442_2061299573.jpg


夕方は16時から彼らのコンサート、僕は三浦君のヴィニャフスキと宇野さんのヒンデミットを伴奏。このヒンデミットが結構難しかったのだよね・・・

7541442_3389157437.jpg


終了後は八王子のコーヒー店で健全な打ち上げ!

そして僕と三浦君は仙川へ・・・それぞれの友達に会い、結局その後スタバでほぼ全員集合とはね・・・
結局帰ったら夜中でした。コーヒーの飲みすぎで眠れず・・・

1月6日(日)
自宅でレッスン、なんと飛騨高山からのお客様。
ピアノを始めて1年という小学校1年の女の子とその先生。
僕は始めて一年でこんなに弾けなかったなぁ>K545とか・・・

1月7日(月)
普通に、なだれ込むように芸大出勤日。
いつもは鶯谷で朝食を食べるんだけど、今朝は郵便局に行ったら思いのほか時間が掛かり、食べ損ねる。
途中、休んだ生徒さんが居たので根津駅の吉野家で朝食。
思いのほか高い出席率でフルに働く、合間にはシェーンベルクを練習。
終了後は9時前までレッスン室でさらい、帰りがけに久々に鶯谷立ち飲み。そして締めに家系ラーメン笑
謹賀新年
どうも、未だに年賀状作成に追われています。

まあ、世間ではみなさん初詣とか、楽しんでらっしゃるんでしょうけど、それがどうした?って感じです。こちとら普通に仕事あるし、やり残したこともたくさんあって、遊びに出掛ける暇なんてないんだよ

12月30日(日)
年賀状作成の続き、とりあえず、先生と名の付く人たちには何とか送ってしまおうということで、75通作成。
15時に生徒さんが一人、今日もついつい長くなり2時間。
その後は横浜の加藤先生宅で忘年会、シャンパンでスタートし、モンラッシェを経由して、最後は焼酎を浴びるように飲み、ピアノも弾きまくり、色々と失態を演じる。も楽しく過ごしました。
K塚君の愛車で送ってもらう。しかし、何で同じ音楽やってるのに、一応先輩なのに、片や3ナンバーでこっちは軽車両(二輪)・・・貧乏暇なし・・・悲惨

12月31日(月)
10時前に一回起床に成功したのだけど、朝食をとり、ちょっとした雑用をこなしているうちに異様な睡魔に襲われ、結局また寝てしまう・・・
起きたら15時過ぎ、とりあえずピアノに向かう。いろいろやば過ぎる譜読み。メシアン2曲はどうにか形になってきた。「魔王」はあと一息。だけど「ラ・ヴァルス」はいまひとつ。「楽興の時」は譜面を見れば弾ける。
チーズ一切れと野菜ジュースを片手に小休憩、それから明日合わせるリヒャルトの4つの最後の歌を譜読み、そしてVlソナタを解凍。最後に「菩提樹」の解凍に取り掛かったところで23時過ぎてしまい時間切れ。まあそれでも今日はよくさらえていい日でした。
冷奴、そして一昨日から食べ続けている「けんちん汁」にたけのこご飯、冷凍の唐揚げ2切れが今年の食べ納め。
ネットをうろうろしていたらいつの間にか年が明けていました。

今年もよろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。