リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職戦線異状なし・・・?
そんな映画ありましたねぇ。
時代は下りましたが、今も、売り手市場だとか・・・
ロストジェネレーション中心世代から見れば、何とも憎たらしいお話ですねぇ・・・

もっとも、音楽業界は相変わらずの就職難です・・・

さて、そんな中、僕は今年も就活頑張っていたんです。ヤボ用とか書いてたのは大抵それです・・・笑、履歴書書くのも慣れてきました。
実は、今年はこの寒い業界もすごく講師公募が多かったんですよ。

重要な戦略上の理由により伏せていましたが、とりあえず所期の最大の成果をあげることができたので公開します。

洗足学園大学 ピアノ科 非常勤講師
桐朋学園大学 音楽理論D 非常勤講師
桐朋学園大学 スコアリーディング 非常勤講師
桐朋学園大学 ピアノ科 非常勤講師
東京音楽大学 ピアノ科 非常勤講師

東京芸大と合わせて来年度は4つの大学でお仕事させていただくことになりました。

実はこれらの募集がかかるちょっと前に、フェリスの「嘱託専任」ってやつ、見事書類で落っことされ門前払い受けました。だからすごい危機感が生まれて色々申し込んだら、全部当たってしまいました・・・まぁ結果としては、フェリスははずれで良かったです。うん。

色んな大学のカラーを研究した上で自分の身の振りを考えることは、最終的にどこかに落ち着くとしてもきっとためになることでしょう。万年非常勤でも困りますからね・・・
そして、大学側にとっても、学校同士の風通しを良くしたり、アイディア共有などを図れる有効な人材になれたら、とかも思っているんですが、まあお上がどう考えるかは何とも言えないですね・・・上の方針には素直に従います。スパイになんかなりませんから・・・笑

仙川にもとりあえず錦?を飾ることができてとっても嬉しいです。
去年は、仙川でとても悔しく、そして悲しい思いをしたので・・・(まぁ学校と直接の関係はないんですけどね・・・)「絶対、仙川にカムバックしてやる!」って思ってたんです。悔しさをバネに頑張ったんですょ!結果論としては、やっぱり「ありがとう!」

とりあえず目の前に与えられた仕事、すべて頑張って働きます。
期待を受けた分だけ、応えたいと思います。
先のことはわかりませんが、それも追々見えてくるということで・・・
スポンサーサイト
年度末?あっというまの10日間
3月11日(火)
昼はKさんに誘われ某レコード会社の社長と3人でメシ。
「メシ」なんて呼ぶのははばかられるほどの素晴らしいランチでした。乃木坂の「シェ・ピエール」にて。このクレームキャラメルが信じられんほどうまかったのです。
10404765_4218250861b.jpg

Kさん、その後も僕を麻布十番にお茶に連れてって色々話してくれました。僕のどこをそんなに買ってくださるのかわからないけど、嬉しいことです。

解散後は専属フメクリスト(笑)のA美ちゃんと日暮里のオコンネルでビール飲みまくりました。今日はやってたぁ!こちらもとっても楽しかったです。

3月12日(水)
午前中生徒さんが来る。あとは、譜読みなどしながら、明日日通に引き渡す家中のダンボールを片付ける。

3月13日(木)
確定申告の準備
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-135.html

昼ごろ日通さんがダンボール片付けに来てくれました。
やっとベランダが使えるようになった!

3月14日(金)
上野税務署行ってきました。チャリで行こうと思ってたら雨が・・・
仕方ないので久々に満員電車にのって・・・

意外とそこまで混んでなくって、青色承認申請も含めて1時間足らずで終わりました。
前もって下書きしてって見せたら、「ああこのまま清書すればいいですよ。」って感じで、ほとんど数字とか見てなくって・・・そんなもんなんですかねぇ・・・帳簿付けたり伝票書いたりした昨日の苦労はなんだったんだ?思いのほか簡単で拍子抜けする。

まぁおそらく全額戻ってくるでしょう。ヤッター!(振り込まれるまで安心は出来ないけど)

一度家に帰り仮眠。午後は仙川でに4月からのことを説明してもらう。
終了後、いつもなら飲みに行くところなんだけど、今日はさらいに帰りました。戴冠式の譜読みもしなきゃいけないし、17日の某試験のためにもさらわないと・・・

3月15日(土)
・・・というわけで戴冠式の譜読みやらなんやら、一日練習をさせていただきました。

3月16日(日)
池袋、ヤマハミュージックセンターへ赴く。今日は来週開催されるピティナコンチェルトステップのリハでエレクトーン合わせ、ということで、人のを聴いて、ワンポイントレッスンをしたり、自分のミニコンサートの戴冠式の合わせをしてもらったり、子供の練習を見学したり、で夕方までお付き合いしました。
急いで帰宅しちゃんと明日の試験の練習をする。

3月17日(月)
また受験(笑)してきました
都の西北の某音大です。
2日連続の早起きにげんなりしつつも7時30分に起床、9時半集合にむけ準備をしてたら・・・また間違った曲をさらっていたことに気付く。(花火のつもりだったけど金魚だった。)ので急いで金魚だけさらう。で、池袋に向け出掛けました。そんなことやってたら時間がギリギリになり駅からタクシー、はい710円

終わったあとは、池袋でO萩と久しぶりに会って話をする。・・・でコンサート行きました。R奈ちゃんが誘ってくれたジュリアン・ラクリンvnとイタマール・ゴランpfのデュオ@紀尾井。イタマールには、僕、パリ時代に室内楽習ってたんだけど、あまりにも要求高かったんでこなせなくってリタイアしちゃったという歴史があります。
でも、コンサートは超感動ものでした。この数年のベストでした!音楽ってこんなにすごいんだ、って思って嬉しくなると同時に、今まで自分が出してきたゴミのような音を恥じました・・・こないだ僕もグリーグ3番弾いたけど、同じ曲とは思えなかった・・・
先生会いに行ったら、ちゃんと覚えててくれて嬉しかったょ!
四ツ谷の飲み屋でO萩と語って解散。今日はホンマに良い一日だった!

3月18日(火)
完全なる燃え尽き症候群でした・・・

3月19日(水)
戴冠式のカデンツァを書き上げました。
夕方はいつもお世話になってるO貫さんと、T大時代同級だったというJR東の元会長!のY之内さんと帝國ホテルの「なだ万」で会食。
なんか、偉くなる人の話ってすごい重みでした。「努力と苦労の人生」だったそうです。フランス時代も苦労されつつ帰国する頃にはもう存在感たっぷりだったらしいですね。ただの雑談でも言葉の端々からオーラが出てました。
そんなわけで料理の写真はありませんが、普通においしかったですよ。
僕もがんばろっと!!

3月20日(木)
生徒さんが4人、さすがに疲れましたが、全力投球しました!みなさんおみやげを持ってきてくださるんで、恐縮ですが・・・助かります・・・笑

3月21日(金)
一日雑用に明け暮れました。学校関係のスケジュールや書類の調整をしたり、連絡をしたり・・・
午後、気分転換に郵便出すついでに御徒町まで自転車走らせて、ラーメン食べたり買い物したりしました。「電動コショウ挽き」なんて買っちゃって・・・
今は4月のリサイタルの案内招待関係のリストを作ってます。近日中に皆様のところにも手紙が行くかもしれませんょ。
金勘定で発熱とはね・・・
久々に微熱出してます。

今日は一日数字とパソコンとにらめっこしてました。

270578円を取り返せるかどうかの瀬戸際ですから必死です。
僕、確定申告ってこの歳にして初めてなんですよね。
そのくせ、書類はまったく整理してなかったもんだから大変でした。

まぁどうにか控除差っぴいたらマイナスになるように仕上げましたが、経費をどこまで突っ込まれるかが不安。(家賃とか家の家具の購入費の半分や、海外渡航費も技術研修ってことで経費に計上したんですが・・・)

まぁ、完全なドンブリ勘定で生きてた自分がどの程度のお金と関わったのかが良くわかって良かったです。こんなに使ってたとは・・・そりゃ貯まらんゎ。

では、明朝は頑張って税務署行ってきます。
自分探し
把握している限りの自分についての記事、インタビューの類を整理しておきました。これから増えると収拾がつかなくなりそうなので・・・

今思えば、そのつど皆さんにお知らせしておけばよかったですね。
下のほうのはまだお店にあると思います。

バックナンバーが見たくなったら図書館へGo!
またはこっそりメール下さい。

音楽の友 04年9月号 Voice12ページ インタビュー(真嶋雄大)
音楽現代 04年9月号 134-136ページ インタビュー(宮沢昭男)
ムジカノーヴァ 06年12月号 83ページ アンケート「ピアニストの、ピアノとカラダ」
ショパン 07年1月号 46ページインタビュー 「満を持して」(角田珠美)
音楽現代 07年2月号 108-109ページ インタビュー (宮沢昭男)
ショパン 07年5月号 33ページ 寄稿「いまどきの音楽留学事情」
音楽現代 07年7月号 78-79ページ 大和魂!なピアニストたち(上田弘子)
ピアノの本 07年9月号 13-15ページ Spot light11 寄稿 「次は何をやる?と興味を持たれるピアニストを目指したい」
ショパン 08年1月号 15ページ 「第26回横浜市招待国際ピアノ演奏会」(横堀朱美)
音楽現代 08年1月号 106-107ページ インタビュー(道下京子)
ぶらあぼ 08年1月号 42ページ ぴっくあっぷ インタビュー(伊藤制子)
ショパン 08年1月号 26ページ インタビュー 「狂気の沙汰!?」(森川玲名)
ムジカノーヴァ 08年1月号 76-77ページ「第26回横浜市招待国際ピアノ演奏会 4人の招待ピアニストに聞くピアノ学習歴」(野平多美)
タワーレコード「intoxicate」71号 23ページ インタビュー (片桐卓也)
モストリークラシック 08年2月号 65ページ インタビュー(谷口康雄)
毎日新聞 08年1月9日 東京夕刊5面 インタビュー (梅津時比古)
http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200801/090.html
音友ムック ピアノ&ピアニスト2008 238ページ 注目の若手ピアニスト 《厳選》24 真嶋雄大
CD Journal 08年2月号 40ページ インタビュー「今、内で燃えている焔を外に出していきたい」(青澤隆明)
音楽の友 08年3月号 137ページ リサイタル評
月刊ピアノ 08年3月号 9ページ インタビュー 「30歳でデビュー、これも結果的には自分らしい」
ピアノの本 08年3月号28ページ「千葉シューベルトコンサート」

今後、音源や放送履歴なども整理します。
こっちはあんまり出てこなさそうだけど・・・
楽しみと悲しみ・・・
3月3日(月)
先月インターネットで衝動買いしたCDラックが届く。
同じマンションの学生君に手伝ってもらい組み立て。
去年の10月以来箱詰めのまま放置されていて我が家の大部分を足の踏み場もない状態にしていたCDたちがやっと納まりました。
もうリッピングしてパソに収めるのとかあきらめた。
7541442_1565787557.jpg

写真には収まりきらないサイズ・・・1668枚収容の優れものです。

夕刻、山岡先生の生徒さんがウクライナでのコンクールの準備のため来る。すごいなぁ、僕が13歳のときはとてもこんな風に弾けなかったです。このときも先生のご病気を心配していたのですが、まさか翌日にその日がやってくるとは思っていませんでした。

3月4日(火)
山岡先生の訃報に呆然。
同世代のピアニストの中でももっともお元気そうな方だったのに・・・
お加減が非常によろしゅうないとは伺ってましたが、つい数ヶ月前お元気なお姿を見ていたばかりなのでやはりショックです。

謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

生徒さんが二人来る。

3月5日(水)
ゆっくり練習したり書類を整理したりしてました。

3月6日(木)
午後は玲子ちゃんと合わせ、
その後表参道のカワイで宮澤むじかちゃんの演奏会。
緻密に準備された、繊細で女性らしい演奏でした。
文雄君と3人で・・・
7541442_4081294994.jpg


この、トレモロ会というシリーズ、次回は僕が出演します。
6月25日です。
打ち上げに便乗させてもらい、
食べた品の数々・・・ごちそうさまでした。
7541442_2013748769.jpg

7541442_4156735491.jpg

7541442_2463893920.jpg

7541442_3829864556.jpg


3月7日(金)
午前中は玲子ちゃんと合わせ。だいぶ素早い仕事ではありましたが、当日の瞬発力に全てを賭けて解散!
僕はその後仙川へ、S先生とO先生、懐かしい顔ぶれで安心するっていうか、なんか緊張しません。同じく新任の4月からの同僚さんとも顔合わせしました。
彼女とアンカーでお茶&僕は遅い昼食・・・

3月8日(土)
朝は髪を切ったり染めたり・・・なんか白髪増えたみたい・・・

そしてまた銀座シャネルで玲子ちゃんのコンサート。
今日も熱く厚く暑く篤く音楽しました。楽しかったね!

プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ2番
ドビュッシー ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
あとイザイの4番。

7541442_312163789.jpg

(なんか偉そうな僕)

終了後は、今日もフメクリストしてくれたあゆみちゃんと3人で、日本橋の三井タワーマンダリンホテル最上階へ(またかよ・・・)
レストランの景色も料理もなかなか良かったのですが、
7541442_3678094280.jpg

(ナパ・ヴァレーのクラレットを開けてみた)
7541442_2640994956.jpg

(りょーちゃん、怖いよ・・・笑)
7541442_962245019.jpg

7541442_983588782.jpg

すごかったのはトイレ・・・話には聞いていたのでカメラを持参←田舎者
7541442_2030272137.jpg

(モザイク掛けられなくてすみません)
ちなみにこのビル、我が家からも見えるんです。
でも逆を探すのは面倒なんでやめました。

あゆみちゃん離脱後は、玲子ちゃんと八重洲のバッカスでビールさらに3杯追加して、帰ってきました。

3月9日(日)
山岡先生葬儀のため横浜へ・・・大変悲しく寂しいひとときでした。
しかし、会場が狭すぎて全員は入れなかったんですが、廊下に溢れたんで中の様子に聞き耳立てていたのに、うしろのオバサマがたがペチャクチャうるさくて聴こえないんです。仮にもお葬式なんですよ。不謹慎にも程があると思いません?ヒソヒソ話だって十分耳障りなんです。小学生だってもう少し静かにできるんじゃないでしょうか?何度かため息混じりに睨み付けたんですが気付く様子も無し・・・モラルってなんなんでしょう?もしももしもあの方々が仮に偉い先生だとしても、お里が知れます。
会場は高台の上で、眺めもよく、春の陽気がとても気持ちよかったのが切ないです。

帰りは鶯谷で久々にラーメン。
夜は買い物に出まして・・・半額のものを10点以上購入、定価とは4000円近くの差が付きました

3月10日(月)
午前中は戴冠式の譜読み、午後はレッスン。
夜は自作のヴォンゴレ。
7541442_2447450669.jpg


おやすみなさい。




ダウンしつつも・・・大先輩たちとの再会
体調はなんにも崩れてないんですが・・・
ここ何日かどうも行動力が落ちてます。

一応週記

2月26日(火)
S水K音さんに呼ばれて歌舞伎町で韓国飯、
見てくださいこのすごい鍋!
7541442_3486922226.jpg

しかし、彼、言うことがかっこよすぎるんです。まぁモテるよなぁ。
僕は真似しても到底及ばないのでやめておきます・・・

2月27日(水)
メシアンの譜読みをいよいよ本格始動しました。難関の6番フーガの解凍にも着手!

2月28日(木)
わけあって新宿のヤマハに練習に行きました。
久しぶりにつな八で天ぷら。

2月29日(金)
今日もヤマハへ・・・
K野さんとN川さんに、またも韓国料理連れて行って頂きました。
帰りは池袋のヤマハによって楽譜や雑誌類を調達して、何か気が向いたんで鬼子母神まで歩いて都電で三ノ輪まで帰ってきました。ゆったり下町旅情、のはずが、混んでて50分立ちっぱで疲れちゃいました・・・8500系はまぁ快適なんですがね。

3月1日(土)
昼過ぎまではのんびりと過ごしました。
パリからS谷君が帰還。無事パリ音楽院ピアノ科合格したようです。
なんでも彼によると恩師ルヴィエ先生が今東京に休暇に来ているとか、笑
というわけで、東京駅で待ち合わせて二人でホテルに会いに行きました。東京駅では芸大入試二次を弾き終えたばかりのT中君も同席、その後新幹線に乗っていきました。
さて、ホテルで先生と3ヶ月ぶりの再会、こないだよりはだいぶ調子がよさそうで安心。相変わらずとてもよくしゃべっていらっしゃいましたが、まぁ内容は以前とあまり変わらず・・・音楽の世界がいかに欺瞞に満ちているか、ということが中心でしたが・・・それ以外にも、鉄ネタはじめ楽しい話もしましたよ。
7541442_333669147.jpg

先生と別れた後は八重洲の例のオコンネルの姉妹店パブでビール飲もうと思ったらもうフードがない、とのこと、とにかく空腹だったので銀座線で上野に移動して普通にワラワラで飲み食いしました。笑
終電で帰還。

3月2日(日)
たまった雑用を結構頑張ってこなしてます。
何から取り掛かるか決めるのに、モティベーションアップに数時間かかってしまいました。
たった今スコアリーディングのシラバス書き終わったところです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。