リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハシゴ公演一段落
9月22日(月)
25日のコンサートに向け初リハ、問題点の洗い出し。
フランク、いつか弾きたいと思って譜読みはしていたのですがなかなかヴァイオリニストとの調整がつかず(1月に瀬崎さんと天童で弾くことになりましたが!)、またフルートとも一度瀬尾さんと試しにあわせたりしていたのですがなかなか機会がなく、今回やっと日の目を見ることになりました。
高木綾子ちゃん、長原幸太くんとの共演も今回初めてです。こないだ一緒に弾いた瀬崎さんもそうですが、今までは芸大系、桐朋系って感じでなかなか会う機会がなかったのですが、帰国後、同年代の活躍する仲間たちとの演奏の機会が一気に増えました。とてもうれしいことです。

ドビュッシーの牧神は二人の所有する楽譜の編曲者が違い、再度手直しすることを余儀なくされました・・・

日用品の買出しの後帰宅。

9月23日(火)
朝から2人自宅レッスン。所用で上野に出る。
帰りに一蘭行ってしまいました。ああいうジャンクフードってたまに無性に食べたくなるんですよね。替え玉もしっかり。カロリーが・・・

9月24日(水)
明日のコンサートのため昼過ぎから最終調整のリハ、牧神の改変オリジナル版もしっかり機能することを確認し一安心。
帰宅後はフランクの難所、そしてあさってのミニコンプログラムの解凍、練習。

9月25日(木)
朝は荷造りに追われ結局練習できず・・・
10時半ののぞみで大阪へ、新大阪でメンバー集合しタクシーでホールへ直行。
意外なことに、なんと90年代前半に遊びに行って以来の来阪でありますから15年ぶりくらいか?しかし皆で昼食を食べたうどんやさんの入っていたビルの看板には、「国鉄大阪駅方面」という矢印があり、その程度の時間の経過は全く気にならなくなりました!笑
ホールの響きは最高でリハも順調に経過し、大阪のリスナーの皆さんもノリが良く、アンコール2曲に至るまでとても熱く燃える本番ができました。
やっぱり室内楽は最高ですゎ。

前回来阪時に滞在させてもらった父方の親戚が聴きに来てくれてマジ感激でした。時の流れなんてなんでもないこと!

終了後は幸太くん行きつけの福島の鉄板焼きやさんで深夜まで打ち上げ、と相成りました。
幸太くんも綾子ちゃんもハイテンションでノリが良く、楽しく過ごすことができました。ま、独身は僕だけですけど・・・

17848725_1373945002.jpg
17848725_1625514333.jpg

2008年9月25日(木)19時30分開演
大阪・フェニックスホール
高木綾子と仲間たち
高木綾子(フルート)
長原幸太(ヴァイオリン、大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター)
菊地裕介(ピアノ)
[フルートとピアノ]
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲作品26
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
フランク:ヴァイオリン・ソナタイ長調
[フルートとヴァイオリン]
W.B.モリーク: フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ
[トリオ]
イベール:2つの間奏曲
C.P.E.バッハ:トリオ・ソナタニ長調Wq.151

モンティ:チャルダーシュ
エルガー:愛の挨拶


9月26日(金)
前日の興奮もありあまり寝付けないまま朝5時、起床。
6時ののぞみで東京へトンボ帰りです。今回はグリーンをとってもらってたので少し休息の足しになりました。
タクシーで浜離宮へ乗りつけ9時から早速リハ、今日はヤマハの新作ピアノの発表会というこれも大事なお仕事です。
朝は指導者、昼は販売店さま向けの2回にわたるミニコンサートでした。

ヤマハ C-XAシリーズ発表会 ミニコンサート
ショパン ノクターン第17番 ロ短調
ドビュッシー 月の光
リスト B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ
ベートーヴェン 悲愴 第2楽章

C-XA、CPも良く、練習が楽しくなりそうな良いピアノですよ。ぜひお試しあれ!

終了後は雑司が谷へ移動。学食でデスクワークののち6時から東京音大のピアノ部会。同僚S君と池袋でホッピー片手にモツ鍋食って帰ってきました。ホンマくたびれましたわ・・・

9月27日(土)
朝9時半から仙川・・・昼食休憩以外はぶっ通しで20時過ぎまでレッスン。
昼食時にはウェイウェイさんにも会えました。

最後の生徒2人と新宿で鉄板焼、ワインも一本あけて、深夜帰宅しました。明日は午前中ゆっくりできるので・・・
スポンサーサイト
天晴くんを救う会
TITLE_TENSEI_02.jpg

友人の松田理奈ちゃんよりメールがあり、
特発性拡張型心筋症という病気に苦しんでいる
中学二年生「天晴くん」がいるということを知りました。
(詳しくは上のバナーをクリックしてください)

自分がこうして音楽家として生きていけるのも、
健康体あってのことです。

もともと健康な少年だったそうです。
風邪だと思い受診した日、突然、難病を宣告されたそうです。
決して他人事ではありません。

すでに各紙などでも報道されているようで、
自分のブログでどこまで協力できるかはわかりませんが、
一人でも多くの方に知ってもらえるように、
微力ながらここにご紹介させていただきます。

ここをごらんの音楽業界関係者のかたがたへ・・・
チャリティーなどの企画があったら乗りますから、声かけてくださいね。
言論の自由を謳う影のヒトラーは何処に?
「個人的な思想を国務大臣という公人の立場で発言したことは、政治家としての資質・見識が問われることであり、国会議員も辞職すべきである。麻生首相の任命責任は極めて大きい。日教組は改めて一連の発言に対して強く抗議するとともに、発言の撤回・謝罪を強く求める」
だそうですが、それでしたら「個人的な思想を教師という立場で発言することは、教育者としての資質・見識が問われることであり、公務員を辞職すべきである。」
との見解はもたれないのですかね??
国会議員の免責特権とかは、どうなっちゃうんでしょうかね?

ミイラ取りがミイラってやつ?

何が正しいのかよくわかりませんが、これはいい機会ですから、われわれは「言論・思想の自由」について、よーく考えましょう。いかなる職に就こうとも、やはり人間的な生活とコミュニケーションが欲しいですからね。
仕事ラッシュ、PCクラッシュ・・・汗
9月13日(土)
昨夜の長旅の疲れも抜けきらず・・・
朝10時から1名だけレッスン。
夕方のリハに向けレパートリーの入れ替え。
中目黒でリハ、立ち寄ったスーパーで物価の高さに驚愕。
深夜帰宅。

9月14日(日)
やっと・・・完全なオフでした。
もちろん練習しましたが。

9月15日(月)
10時にレッスンスタート、ノンストップで20時終了。昼ご飯食べる時間すら無かったです。まぁ、がっつり稼ぎました。笑

9月16日(火)
朝は9時半から池袋、院の授業、出席率はまぁまぁ、雑談というか後期の計画を練る。
溝の口へ移動。普通に働き、上野に寄って夜帰る。

9月17日(水)

池袋へチャリる。
9時半からレッスン、昼休みを30分とって、18時半までノンストップ。
急いで帰り、調律師さんに断線を直してもらう、しかし、その後の練習で早速切る・・・

9月18日(木)
朝の8時からサン・サーンスをあわててさらう。
9時半には出発、横浜へ。すぐにリハ。
南公会堂、というところは、昔の雰囲気漂う響かないホールで、懐かしいCFと対面いたしました。

主催してくださった、からたち童謡の会、最高齢の方は96歳だそうです。
こないだまで小中学校をまわっていたのに・・・
人生の縮図を見ました。笑

横浜 南公会堂 市営地下鉄ブルーライン蒔田駅前
13時30分開演
Duo with 瀬崎明日香

クライスラー 愛の喜び
サン・サーンス 白鳥
マスネ タイスの瞑想曲
J.S.バッハ/F.ブゾーニ シャコンヌ(無伴奏パルティータ第2番より)

サン・サーンス ヴァイオリンソナタ第1番
バッハ G線上のアリア
モンティ チャルダーシュ

終了後高島屋によって飲茶、紹興酒を飲んでしまう。帰宅後昼寝。
練習前にちょっと、と思ってパソコンをいじると突然画面が真っ暗に、今までにも何度か落ちたことはあったのですが、電源を入れなおすもBIOSすら立ち上がりません。頭は真っ白に・・・
最近バックアップとってなかったけれど、メールはもちろん、仕事上のファイル、音源、写真、その他もろもろの原稿などの資料は全てパソコンの中、もしかして数百時間の業績がパァになるのではないか・・・?

もう練習どころではなかったです。ピアノには向かったのですが、全身が震えてしまい練習にならず即中止、WEBで必死にトラブルシューティングをあさりました。サブノートがこんな形で役に立ちました。まだ1歳9ヶ月なんですけど、どういうことですかツクモさん!!?
ハードディスクが生きていることを祈りつつ、眠れぬ夜・・・

9月19日(金)
9時半の開店と同時にアメ横のヨドバシに。とにかくハードディスクのバックアップをとるべくSATA、USBの変換ケーブルを買い、すぐに帰宅。ハードディスクに接続・・・・・
・・・・生きてました。しかし、マイドキュメントがXPアクセス権の問題で吸い出せない。これもWEBで解決法を調べ、セーフモードでadministratorログインでどうにか解決。ここまで終えたところでもうリハの時間に・・・あわてて池袋へ。
リハから夕方の本番前まで必死でさらいましたが、本番ではくだらないミスをしました。まぁみなさん少しずつやってらっしゃいましたけれど・・・・笑
聴衆には偉い先生方や、そして興味津々の生徒たち、恐ろしい本番でした・・・

東京音楽大学 Piano Faculty Concert 1730開演
東京音楽大学ピアノ教員によるコンサート~次世代に向けて~

長川晶子:S.プロコフィエフ ピアノ・ソナタ第4番 ハ短調 作品29
中西誠:L.v.ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 作品110
稲田潤子:S.ラフマニノフ 幻想的小品集より 前奏曲 作品3-2 道化役者 作品3-4 S.ラフマニノフ リラの花 作品21-5 F.クライスラー/S.ラフマニノフ 愛の喜び

鈴木弘尚:S.ラフマニノフ 前奏曲 ト長調 作品32-5 S.ラフマニノフ ヴォカリーズ 作品34-14 M.バラキレフ イスラメイ
菊地裕介:J.S.バッハ/F.ブゾーニ シャコンヌ(無伴奏パルティータ第2番より)
寿明義和:L.ゴドフスキ ジャワ組曲より ボイテンゾルグの庭園 変イ長調 F. ショパン 舟歌 嬰ヘ長調 作品60 F.ショパン/L.ゴドフスキ 子犬のワルツ 変ニ長調
石井克典:F.リスト 歌劇「ノルマ」の回想

終了後は池袋で打ち上げ・・・出演者+教授陣+理事長さま+事務局長さま・・・大量に飲酒し(させられ??)終わったのは、2時半・・・明日朝からレッスンなんですけど~~!大雨の中3500円をはたいてタクシーで帰宅、3時前には撃沈。

9月20日(土)
7時に起床。久しぶりにひどい二日酔いでした。
何も食べられず、立ち上がるだけで吐き気がして、休み休み歩く、池袋の墓地でウォーキング老人にも何度も抜かされ、それでも10時過ぎには学校にたどり着きました。最初は寝っころがって、かすれる声でレッスンしていたのですが、時間とともに徐々に元気になり、お昼過ぎには食べ物が食べられるようになり、生徒にパシってもらい、おにぎり買ってきてもらって食べました。ありがとう!
室内楽もベトチェロ3をやって、夜の7時過ぎまでノンストップでレッスンしました。
終了後、K音さんに誘われ、学生2人とまた連れてってもらいました。乃木坂「シェ・ピエール」、夜は初体験です。あんなに気分悪かったのに、バターたっぷりのフルコースいただいちゃいました!ロックフォールのテリーヌ、アスペルジュ、ジロール茸などの秋のキノコ、舌平目、鳩、フォアグラ、フロマージュの数々、ショコラのタルト・・・フランスの伝統的な味、第2のふるさとの味、堪能いたしました。このお店は何も目新しさや器用さは無いけど、本当においしいです!
しっかり力をつけ深夜帰宅。K音さん今日もありがとうございました。僕も将来後輩にこうやって振舞えるように頑張ります!

9月21日(日)
朝から夕方まで自宅レッスン、生徒に遅い昼食を振舞う、もっとも時間が遅かったのでどこも開いてなくて、鶯谷のガストでしたが・・・笑
昼寝の後大阪のコンサートに向け譜読み。現在に至る・・・
小中学校ツアーを終えての雑感
さて、そんなわけで東京に帰ってきました。

鶴岡の小学生たちはもう純粋にかわいくって、あんなにスレてない子達は久しぶりに見ました。台東区の小学生とは何かが違う気が・・・(うちの目の前は小学校でして・・・失礼!)
海も山も見える小学校もありました。
20214091_2164512165.jpg
20214091_3567634124.jpg

さて中学生、その昔は真剣に恋愛対象に据えていましたがwww、(そりゃ自分だって若かったし・・・)今となってはやっぱり子供に見えるようになりました・・・こちらが歳を取ったということか・・・少しホッともしたりして・・・
けど、けど、たまにドキっとするような子もいたりして、あるいは数年後の姿を勝手に想像したりして妄想を膨らませてました・・・願わくは、あの子達に僕の存在がポジティブな記憶として残りますように!東京来たら優しくするょ。笑

そして学校によってかなり校風の違いがあるのを肌で感じました。小学校はともかく、中学校は特に・・・
目が輝いていて元気だったり、あるいはちょっとおとなしかったり・・・あと、部活動や文化活動への力の入れ方も学校によって異なるようだし、きっと学力もさまざまなんでしょうが・・・

実は、自分は公立の小中学校にはどこか偏見を持っていたのです。学級崩壊の話とかを取り上げた新聞記事をよく目にしていたし、自分が通っていないだけに、より一層・・・
だから、私立に通わせられるだけのじゅうぶんな経済力が身につかないうちは、絶対こどもなどいらないと思っていたのです。
でも、こんなに素敵な環境で学べるなら、公立でも良い気がしてきました。結局は本人、そして親次第だし、何よりこどもはかわいいし自分にとってのエネルギーにもなりうるのかな?と思いましたね!
ま、いずれにせよその前に踏むべきステップが山のようにあるので、当分は無理ですが・・・

あと、今回の共演者のかたがたには本当に恵まれました。

瀬崎明日香さん、渡邊方子さんとのトリオはまぁ当然良いとして、(この二人とはまもなくそれぞれに共演の機会があるので楽しみ!)

二胡奏者の劉鋒さん
http://www.officeliu.com
中国琵琶のウェイウェイさん
http://www.weiwei.co.jp/w-w/index.html
津軽三味線の小野越郎さん

それぞれにとても素敵な方でした。
劉鋒さんは隣町にお住まい、そして、ウェイウェイさんは僕の出身地の隣町にお住まいで、そしてなんとあの仙川の「ウェイウェイ台所」のオーナーの妹さんでだそうで・・・たまに店に出ているようです。
不思議なご縁ですね。紹興酒飲みにいきますね!!
小野さんは僕と数歳しか違わないのに、3児のパパ、だそうで、まったく驚いてしまいます。

・・・とにかく子どもが興味を持ってくれないことには日本のクラシック音楽は壊滅してしまいます。
最初は、「なんで自分が"千と千尋の風邪になって(笑)"なんて曲(実は今回初めて知った曲、僕は非国民wwなので・・・)を弾かなきゃいけないんだ!」とか思ってたのですが・・・
これを弾くとこどもたちみんなが「わぁ・・・!」って歓声上げて喜んでくれる、ということを知りました。
お金や自分の名誉のためだけではなく、音楽の裾野を広げるために、今後もこういう機会があればやってみようかな?と思いました!視野は広げなければいけませんね。

こどもたちに良い音楽を聞かせたいとの一心でこういう機会を企画、提供してくださった鶴岡の先生方、そして東京音楽鑑賞協会のスタッフさんたちに心より御礼申し上げます。

さて・・・
またバッハとかの世界に戻ります!
帰京しました
東北山形、鶴岡市の学校めぐり・・・
相当にハードでしたが、それなりに楽しんできました。
以下のスケジュールで廻りました。

9月1日(月)
850 朝暘第三小学校
1110 鶴岡第四中学校
1400 小堅小学校
1830-2100 おんがくハウス(練習)

9月2日(火)
850 京田小学校
1100 栄小学校
1400 斎小学校
1800-2100 おんがくハウス

9月3日(水)
850 朝暘第一小学校
1100 黄金小学校
1400 櫛引中学校
1830-2100 おんがくハウス

9月4日(木)
850 羽黒中学校
1100 羽黒第二小学校
1400 鶴岡第一中学校
1800- 鶴岡第一ホテル 先生方との懇親会
5727653_2417326876.jpg
料理は普通でしたが、庄内の地酒がとても美味しく(「くどき上手」ってのが気に入りました!自分はドヘタやし。)先生方との距離が縮まった感じがします。教員同士似たような苦労もあるだろうし!笑

9月5日(金)
850 朝暘第五小学校
1100 朝暘第四小学校
1400 由良小学校
終了後、庄内空港より羽田へ、一時帰京
20時から品川駅で10月のコンサートの打ち合わせ、
深夜帰宅

9月6日(土)
朝一で美容室へ、上野で買い物、その他雑用、帰宅後休息をとる。

9月7日(日)
午前中は一人レッスン、データ移転ソフトの調整に手こずる。
結局、今年も芸祭にはまったく顔を出せず、昼過ぎには羽田へ、鶴岡到着後、ホテルでメールを大量に打つ。

9月8日(月)
また6時起床の生活が始まる
850 西郷小学校
1100 大山小学校
1400 庄内町響ホール
1830-2100 おんがくハウス

9月9日(火)
850 藤島中学校
1110 三川町立押切小学校、低学年
1320 同高学年
1800-2100 おんがくハウス

9月10日(水)
850 三瀬小学校
1100 温海小学校
1400 温海中学校
1830-2100 おんがくハウス

9月11日(木)
850 鶴岡第三中学校
1110 朝日小学校
1400 櫛引西小学校

今日は、明日演奏する鶴岡二中の校長先生に甘えて、学校であわせをさせてもらいました。サン・サーンスのヴァイオリンソナタ、ブラームスのチェロソナタ2番、ベートーヴェンのチェロソナタ3番を初あわせ、途中で、先生から、吹奏楽部の子達に見学させたい、とのお申し出。譜読みしたてだし、ヤバい、とは思ったけど、彼らにとっては大切な機会だろうと思い快諾。
すくなくとも一人可愛い子がいたので頑張ってみたけど、初合わせはどこまで行っても初合わせでした・・・[m:78]
終了後はホテル近くの和食店で全員揃い一足早い打ち上げ!美味しいし楽しかったです!
5727653_3567302322.jpg


9月12日(金)
850 鶴岡第五中学校
1110 鶴岡第二中学校
1400 朝暘第二小学校

やっと終わりです。

1612鶴岡駅発 新潟乗換 2030頃帰宅
感想などは次の日記に!
弦楽リストランテ
8月31日(日)
山形県鶴岡市への移動日、結局移動日の常で、今日も完徹。
かもめーるの抽選日9月2日、ということで、さすがにはずれ券送るわけにもいかないので、思い切って残暑見舞いも200枚弱書き上げました、とはいえ、みなさんのところには届かなかったらごめんなさい。さすがに年賀状ほどの気合は入れられなかったので・・・

往路はチェロのM子ちゃんと同行しました。お昼過ぎに上野を出る新幹線で、新潟で乗り換え、4時間ほどで鶴岡に到着!
駅で会ったマダムがチェロに興味を持ち、ホテルまで送ってあげてもいいんだけど、楽器が入らないかしら・・・?と・・・

いえいえいいんです、タクシー乗りますから、ほんっとに親切というか、素朴というか・・・感動ものですね・・・!
ホテルは駅から離れているようなので食いっぱぐれないか心配していたのですが、目の前にガストが・・・、国道沿いということで、いろいろな店があって安心しました・・・やっぱりこちらは車社会なんですね・・・!

9月1日(月)
まずは関東大震災の犠牲者に黙祷・・・

さて、今日から小中学校一日3校をまわる、10日間にわたる室内楽コンサートツアー「弦楽リストランテ」です。室内楽といっても、トリオ+二胡、中国琵琶に津軽三味線も加わる異色の編成です。

朝は街中の小学校、昼は街中の中学校、夜は山あいの小学校でした。

中学校の音楽室で見つけた恐ろしい張り紙「音楽に言い訳なし・・・!」ごめんなさいっ!!!
20214091_3253760107.jpg

東北の学校はクーラーが無いようで体育館などけっこう暑かったのですが、汗だくになりながらも一日目のプログラムはどうにか終了いたしました。整備や状態はまちまちでしたが、ちゃんとどの学校にもグランドピアノがありました。NIPPON GAKKI(最近の若い子は知らないかもしれないけど、ヤマハのことだよ、うちの親の楽器もそう書いてありました・・・)、て書いてある懐かしいモデルが・・・多かったですね・・・
小学生は素直で素朴で・・・でも中学生はちょっとおとなしい感じでしたね・・・スカートも長かったし・・・・

やはり田舎の空気は気持ちよく・・・
車窓もなかなかのものでした。
20214091_3628030922.jpg
20214091_2228138029.jpg

夜は約束どおり自分の練習をさせてもらいました。
まぁこれも悪くないですね・・・!

明日も7時半出発で、がんばります!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。