リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛するルイと年の瀬を
いよいよ明日、初台でベートーヴェンに祈りがささげられます。

全曲聴かなければいけないわけではなく、1000円という破格の入場料で、気軽に一人だけ聴いて行かれることもできます。
まだ残席があるようですので、カウントダウンの前に初台にふらっと立ち寄っていらっしゃってはいかがでしょうか?

ちなみに僕の出番は、22時です。
当日は、JR、地下鉄や私鉄各線、終夜運転が実施されてところが多いですから、最後まで聴いていかれてもお帰りの足にも困らないと思いますし・・・そのままオールで初日の出、なんてのも悪くないではありませんか??


2008年12月31日(水)
東京オペラシティ コンサートホール
「アイ・ラブ・ベートーヴェン」
16人のピアニストによるベートーヴェン ピアノソナタ全曲演奏会

11:00小林愛実 5 & 19番
11:35イリーナ・メジューエワ 9 & 2 7番
12:15岡田 将 4 & 16番
13:10山本貴志 3 & 6番
休憩
14:10三輪 郁 14≪月光 ≫ & 18番
15:00辻井伸行 11 & 29番 ≪ハンマークラヴィーア≫
16:15三舩優子 7 & 28番
17:15横山幸雄 8≪悲愴 ≫ & 24番≪テレーゼ≫
休憩
18:10迫昭 嘉 25 & 32番
19:00杉谷昭子 12≪葬送 ≫ & 13番≪幻想風≫
19:45田崎悦子 15≪田園 ≫ & 17番≪テンペスト ≫
20:40若林 顕 20 & 31番
休憩
22:00菊地裕介 2 & 22番
22:45関本昌平 10 & 26番 ≪告別≫
23:30清水和音 1 & 23番 ≪熱情≫
24:15伊藤 恵 21≪ワルトシュ タイン≫ & 30番 

20214091_3323383146.jpg
20214091_1911928142.jpg
http://www.classic1st.com/beethoven/top.html
スポンサーサイト
仕事納めって何ですか?
12月25日(木)
朝8時半、仙川へ出勤。
パリより帰国中の三瀬俊吾くんを迎えて、
1月13日のOTOの会コンサートのための練習開始です。

OTOの会とは、10年ほどの歴史を持つの作曲家グループの名前です。
今度のコンセプトは『室内楽-OTO』

演奏を担うメンバーはvn. 三瀬俊吾、cb. 中村勇一、perc. 窪田翔、fl. 泉真由、pf. 菊地裕介 の5人。
このメンバーで、今後10年間で5回程度の展望で、会員、およ招聘作家による新曲オンリーの演奏会を開く予定です。
各回、この5人のうちの誰かが中心的役割を担いますが、今回は vnの三瀬くんがその役割を負い、全曲に参加します。

2009年1月13日(火)19時開演
東京オペラシティリサイタルホール
OTOの会 新作コンサートシリーズNo.10
室内楽-OTO
第一回「三瀬俊吾のヴァイオリンとともに」
塩崎美幸 「SPARK」(vn. fl. cb. perc. pf. )
山口恭子 「Duo for Violin and Piano」(vn. pf.)
大屋百子 「I saw I was I」(vn. fl. floor-tam)
飯沼信義 「Retrospection」(vn. pf. 招待作品)
三瀬和朗 「La Tresse」(vn. fl. vibraphone)
上野雅亮 「漆黒の階層」(2vn. fl. cb. pf. perc.)
鷹羽弘晃 「Le chant sans frontiere」(vn. solo)

三瀬俊吾(vn.) 泉真由 (fl.) 中村勇一 (cb.) 窪田翔 (perc.) 菊地裕介 (pf.)
(賛助出演) 高橋和歌 (vn.) 鷹羽弘晃 (cond.)
20214091_2531664254.jpg
20214091_442454728.jpg

チケット 一般3000円 学生2000円
・・・ですが、完売だそうです。

今日は、ピアノとヴァイオリンのDuoで、飯沼先生、山口先生の作品を夕方まで練習、昼食はオヤジ食堂の代一元で・・・(高校時代愛用していましたが・・・笑)
終了後は東京音大へ直行、冬期講習です。
副科の子を4名とピアノ科の中学生を1名レッスン、終了後は西武の地下で食品を物色しました,
クリスマスムード満点でしたが・・・結局買ってきたのは「味噌」でした。仙台味噌と、広島の麦味噌・・・さらに日暮里で日用品を買い帰宅。もちろん11時まで、明日の合わせとリハのためにさらう。
それからきゅうりに味噌をつけ、かぼちゃを煮て食べました。素晴らしいクリスマス!

12月26日(金)
昨日と同じく8時半仙川へ向け出発。
今日も飯沼先生作品の合わせ・・・
少し早く上がる。
今日は31日のベートーヴェンのダメ出しをするために333を夕方まで使わせてもらいました。生徒のE子ちゃんに聴衆役を務めてもらいました。まずはアミューズでランチ、それからとにかく通して弾いて、問題個所の把握をしました。これからそれらの個所の改善に努めます!
お礼にスコアリーディングのアドヴァイスをして新宿でお別れ。
僕は南池袋に向かい、今日も冬期講習の続きです。
今日も西武に寄って、フランスチーズなど買っちゃいました。
ヘトヘトの帰宅でしたが11時まで明日の合わせの曲をさらい、ワインとともにおいしく頂きました。

12月27日(土)
今日は6時半起床、7時55分出勤・・・
今日も仙川です。
まずは山口さんの曲の確認、そして塩崎さんの曲の初合わせ、そして上野さんの作品の大初見大会(笑)でした。
お昼は演奏者のうち4人組で・・・最年長のプライドもあり「なみはな」でごちそうしちゃいました。ハーフ丼は今日もおいしかったです。
終了後は三瀬先生、俊吾君、フルートの真由ちゃんという面々で、仙川のカフェで軽くお茶しました。「隠れ家」「密会場所」と呼んでいましたが、あまりいろんな人を連れていくとだんだんその色が薄まってしまいますね・・・笑
帰宅し、かるく掃除、それから札幌のMちゃんをみっちりレッスンしました。終了したら、21時を回っていました。毎日毎日・・・

12月28日(日)
今日はさすがに午前中倒れてました。しかしおかげさまで数日来続いた「目まい」はなくなりました。
お昼に里芋を煮たりしていたらもう出発時間になり、あわただしく自転車にまたがり池袋へ。今日も冬期講習で3人のレッスンでした・・・
今日はデパ地下ではなく自宅近くのスーパーとパン屋さんに寄って帰宅、おいしいクロワッサンとパン、そしてチーズやワイン、締めは太刀魚のムニエルを作りました!ダイエット終了後、最近また自炊してますね・・・やはり楽しいです。もちろん生活のためという側面は小さくないですが・・・!

・・・明日も自宅レッスンと冬期講習の続きです・・・
年賀状も書かないと・・・
3年連続のシングルベル
12月22日(月)
明日の演奏会の合わせでG大へ。
さてさて、今回主役で企画を練ってくれた綾子様、急遽、もともとピアノパートのない曲の楽譜を見せながら、「これ、入ってくれるかな?」との一言!「おう、やってやろうじゃないの!」
というわけで一晩でそのスコアは数字だらけになりました。楽譜起こす時間なんてなかったんだもーん!

帰り道に松坂屋に寄って商品券とか酒とかお歳暮の類を調達。自分にもご褒美で一本ワインを買いました。いつ開けましょうか・・・?

帰りに土砂降りになり、自転車を仲御徒町の地下駐輪場に避難させワインを抱えて徒歩で帰宅。勘弁してほしいです。

しかし、家に帰ってひとりさびしくクリスマスソングをさらうのはたまらなく、たまらなく鬱ですね・・・

12月23日(火・祝)
まずは一国民として天皇陛下75歳の誕生日をお祝いし、陛下の末永いご健康を祈念しました。
朝からリハ入り、会場は南与野駅からタクシーで15分ほど走ったちょっとした「僻地」でしたが、とてもきれいな、響きのよいホールでした。

さてさて今日もほぼフル出演だったので、リハの時客席で聴いた唯一の曲は、綾子さんのシリンクス、実に美しかった。マヂ惚れましたよ。

コンサートは、前半は真面目に、クライマックスはプーランクのソナタ。後半は、クリスマスソングなど軽いものを中心に楽しくやりました。(昨日の数字付き和声も役に立ちました!)

2008年12月23日(火・祝)14時開演(13時30分開場)
さいたま市プラザ・ウエストさくらホール(さいたま市桜区民対象)
第3回桜区区民ふれあいコンサート
「高木綾子のクリスマスコンサート」
高木綾子(フルート)
菊地裕介(ピアノ)
濱崎由紀(クラリネット)
小峯  晋(チェロ)

第1部 フルートリサイタル
ペニーレイン(ビートルズ)
シリンクス(ドビュッシー)
ソナタ(プーランク)

第2部 アンサンブル
リベルタンゴ(ピアソラ)
エンターテイナー(ジョップリン)
くるみ割り人形より(チャイコフスキー)
アメイジング・グレイス
クラリネット・ポルカ
ホワイトクリスマス など

17848725_353132027.jpg
(女性に花を持たせようと必死で・・・笑)

終了後はさっさと東京に戻り御徒町で後輩Aちゃんの相談に乗り・・・そのまま焼肉食べちゃいました。おいしかったですゎ。
昨日捨ててきた自転車に荷物をくくりつけ帰宅。

12月24日(水)
朝から、たまった書類の整理、作成、次シーズンのプログラムの構築など、そしてお歳暮に添えるお手紙を書いたり、雑用に次ぐ雑用で半日が終わる。
夕方からは郵便局に出かけてギフトの発送や年賀はがきの購入、銀行に行ったり、さらに松坂屋にもう一度出かけて、今日こそお歳暮を注文しました。かなり遅くなってしまいました。僕はつくづく計画性がないです・・・

そのあと、急いで文化会館へ向かい、北川暁子先生のリサイタルでした。僕の初めて持った上司です。前半のシマノフスキがとても気に入りました。
僕の知人は決して多くなかったので、先生にご挨拶し、粗品をお渡しし足早に失礼してきました。

帰ってからは、明日から合わせるOTOの会コンサートの譜読みをする。
自分たちの世代にとって青春幕開けの象徴である某元タレント氏の孤独死に愕然とし、
青春時代が終わったことを実感し、お茶漬け食べてふてくされて寝ました。
今のところ一人ですが何か?
12月15日(月)
メントリの解凍などしながらG大勤務。
終了後は、神楽坂のルバイヤートというお店で、音楽評論家のM嶋さんの主宰する宴会シリーズに出席。雑誌でしか見たことなかったような憧れのアーティストにもお会いできてとても楽しく過ごしましたが・・・少々飲みすぎで自虐トークを炸裂させてしまいました。
やさぐれる男は嫌われるんだってね・・・
終電も逃し、タクシー(自腹)帰宅。

12月16日(火)
朝からTK音大の大学院、器楽特殊研究クラスの年度最終授業、総括、訓話、そしてお菓子打ち上げ・・・笑
溝の口へ移動し通常のレッスン、終了後は急いで帰宅し、メントリを必死で解凍する。

12月17日(水)
8時出勤、T朋の1年の試験。自分の生徒もいるので緊張しましたが・・・まぁ詳細はここでは語りません。笑
終了後は、23日に共演する綾子ちゃんと、今回の初合わせでG大へ直行。1時間ちょっと合わせる。その後は、文化会館に直行、植田先生のリサイタルを拝聴する。なかなか知り合いに合わないなぁ、とか思っていたら、開演間近になって結構な知り合いがいらっしゃいました。演奏は、とても潔い、凝縮された表現に満ちていました。
先生に簡単にご挨拶をして、帰宅。またメントリをさらう。

12月18日(木)
また遅刻、です。ごめんなさい。
昨日の電話で、リハ15時だよ、と言われ、そのつもりでいたのと、リハではなくて別のスタジオでの音合わせが15時からだという連絡が直前に入っていたので完全にそのつもりでいたのだけど、実は14時からでした。山手線の中でメールを受け取り、「今日は30分前じゃん、余裕!」とか言っていた僕は青ざめました。譜めくりのJさんと予定通り(苦笑)原宿で落ちあい、タクシーでNHKへ・・・
30分遅れでしたが、リハはサクッと終わりました。場当たり、台本合わせなど、初めての経験を重ねているうちにピアノを弾く時間はほとんどないまま本番突入。

たくさんのお客さんに来てくださっての演奏でしたが、取り直しはできずそのままオンエア、という環境、トークなどでいらぬ緊張をしたのか、いつもはしないミスもいろいろしてしまいました。・・・でも、最近のスケジュールから導ける自分の精一杯でした。
そんな中でもりんたろーは相変わらず、トークも飛ばしてて快調でしたし・・・だから、聴いてください!

司会のアナウンサー伊藤健三さん、そして加羽沢美濃さんをはじめ、お世話になったスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

NHK-FM「名曲リサイタル」公開収録

<奏者>
vl.加藤えりな
vc.金子鈴太郎
pf.菊地裕介

<曲目>
メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番
キーゼヴェッター タンゴ・パセティック(チャイコフスキー)

<収録スケジュール>
平成 20年12月18日(木)18:15開始
NHK放送センター509スタジオ(17:50開場)

<放送予定>  平成 21年1月31日(土) 19:20~21:00(FM全国放送)

ちょうどそのころ僕は池袋でラフマニノフを弾いています。東京の方は、ラジオは録音してこっちを聴きに来てくださいね。


通常ならばこれでこの日記は終わりなのですが、21時過ぎに収録の終了後、僕は次の現場へ!
「タカギクラヴィア」さんにおじゃましました。ホロヴィッツがカーネギーのデビューで弾いた楽器など、とても貴重な楽器を何台も弾かせていただき、疲れていた僕も大興奮してたくさん弾いてしまいました。
次回作CDは、こちらにある、とある楽器を使わせていただくことになりました。楽しみです!
すべて終了後は渋谷で軽く飲ませていただき、深夜帰宅しました。

12月19日(金)
朝から晩まで池袋に缶詰でした。
正直、まったく心が休まりませぬ・・・

12月20日(土)
午前中、少しだけ疲れた体を癒しましたが、
午後からG大で補講、合間に練習・・・
夜7時まで働き、帰宅、さらに1名レッスン・・・ぐったりでしたが、なんだか安心してしまい一人宴会、そして、二日酔い・・・眠れぬ夜。

12月21日(日)
強い二日酔いを押して、朝から自宅でレッスン、6人を、7時間超にわたって・・・
ウコンの力とかキャベジンをか飲んで踏ん張りながら、途中、生徒達と焼肉ランチを食べに行ったり、一時的に回復の兆しを見せたものの、やはり終了後は疲れて昼寝(夕寝)をしてしまいました。
目覚めた後は、もちろん、さらいました!
ちょっとサボリ気味?
12月8日(月)
G大日。
ちょうどお昼休みの生徒が欠席だったので午前中の最後の生徒ちゃんを連れて根岸で昼食。
レッスン中も雑談などかわしつつリラックスモードで一日が終わりました。
終了後は即帰宅し室内楽のレッスンをいたしました。終了後はまたもやプチ宴会と相成りました。

12月9日(火)
朝は池袋へ、お題はフォーレのカルテット、高校の時、岡本麻子ちゃんが弾いていたのがいまだに忘れられない曲です。
午後はいつも通り溝の口へ。終了後は上野での藤井きゃずおき先生のリサイタルに向かう道すがら三越に寄って先生へのギフトなど買い物をしていきました。
藤井先生の演奏会は大変勉強になりました。あのサウンドは本当に奇跡としか思えません。たとえ多少の傷があっても、リサイタルとしての完結感をいかにしてもたらすか?というようなことの勉強にもなりました。久々の友人にもけっこう再会できたし、楽しい演奏会でした。
終了後は偶然会ったA先生と2人の生徒をタクシーに押し込み、自宅へ連行、いただきすぎて床に転がっている焼酎の数々を消費していただきました・・・笑

12月10日(水)
T朋の大3コンチェルト試験初日。朝から仙川へ。
やはりコンチェルトは聴いていて面白みがありますね。でも、オケでやるのとは全く別物だと思います。
昼休みを挟んで5時間ほどの試験ののち明るいうちに仙川を離れる。これは極めてまれなことです。とても幸せな気分で日暮里で日用品を買い帰宅、しばらくのちに一名レッスンしました。疲れました。寝てしまいました・・・
それでも夜中再び起きて日記など書いたのですけどね・・・結局睡眠不足になりました・・・

12月11日(木)
今日も朝から仙川。
今日の方が昨日よりも意欲的なプログラムが目立ち、レベルも高かったように思います。それでも眠眠打破片手に必死で目を開けました。
電車の中でも終始うたた寝をしながら帰宅後、すぐに昼寝。夜になって上野へ行き所用を済ませる。

12月12日(金)
今日は朝から池袋。
途中欠席者も少なくなかったので、時間調整をして、昼食は生徒ちゃん連れて東通りのうどんやさんに行きました。シコシコでおいしかったですね。午後はノンストップでレッスン。室内楽は、今日は伴奏法の授業みたいな感じで・・・あまり言うことがありませんでした。
夜はE原先生と生徒のKちゃんとお好み焼きを頂きました。粉ばかり食べたような気がしますが、大変おいしゅうございました。
深夜帰宅。

12月13日(土)
自宅レッスンをさりげなく6時間超。そののち、クリーニング店行くついでに、野菜などを買ってきて、今朝届けていただいた素晴らしい飛騨牛サーロインステーキを頂いて寝てしまいました。

12月14日(日)
ものすごくたまってしまった雑用を整理しています。メールや手紙を20通以上書き、一年分の領収書などを整理しています。それでも、まだいろんな懸案がたまっています。お歳暮も手配しなきゃだし、年賀状も・・・
まぁ、それでもピアノをさらわないわけにはいきません。ここ数日まともに弾いてないし・・・
これからメントリの解凍したり、さらいます。
明日からまた怒涛の一週間の始まりです!がんばるぞ!!
師走の紫女たちとか・・・
12月2日(火)
好天だったので朝は池袋へチャリチャリ・・・
Nちゃんがラヴェルコンチェルトを弾いてくれました。数日後広島で本番があるそうです。素晴らしい!
終了後は、今日は溝の口へ行かなくていい日なのでいい機会だと思い、みんなを東通りのカレー屋さんに招待しました。みんな乗ってくれて9人の団体になり壮観でした。おまけに・・・この人たちみんな紫だったんです。この日!+男が2名居ましたけど、写真には入ってくれずカメラマンなどに・・・笑
偶然らしいですが、みんなどっかしら紫です。怖いですね。笑
20214091_864976921.jpg
20214091_4142097513.jpg
(しかしだんだん同年代には見えなくなってきたかも・・・上大岡でもらった花束持ってきてます!笑)
二次会はカフェで・・・
いつでもどこでも御馳走できるように、そのために僕はがんばって働きます!
天気があやしくなってきたもののどうにか雨には遭わずに帰宅。K子先生の曲を必死でさらう。

12月3日(水)
普通に7時半出勤で仙川。
途中2時間の空き時間にK子先生の曲を必死でさらう。
夜はYちゃんのショパンコンチェルトを聴かせてもらう。これも昨日のNちゃんと同じコンサートで広島で弾くのだとか。2人ともがんばってね。閉校までレッスンして、アンカーで飲み、午前帰宅。

12月4日(木)
引きこもり、ええ、もちろん、いつものごとく「必死で」さらいましたよ。
明日のコンサート、それでもかなり不安ですが・・・明日が勝負です!!

12月5日(金)
朝練をして津田ホールへ。リハでK子先生に初めて演奏を聴いてもらう。まだ形になっているとは言い難いです。ここは突貫工事をしなければならないのだけど、リハと本番の間、リハ室はNHKの機材が入っていて、なんとピアノが使えないとのこと!あわてて新宿のヤマハに電話をしたら快く貸してくださるとのこと。大変に助かりました!!雨の中新宿へ向かい、2時間弱さらったらどうにか形になりました。譜めくりをしてくれた全音のMさんは初対面ですが桐の後輩らしいです。世界は狭いですね。
本番、とても危険ではあったものの持前の集中力とハッタリ力でどうにかそれっぽく見せることができました。

2008年12月5日(金)19時開演
東京 津田ホール
2008 全音現代音楽シリーズ・その15
四人組とその仲間たち 室内楽コンサート
現代日本の作曲家《3つの色彩領域-ソロ、デュオ、トリオ》

全曲世界初演
西村朗 《龍の笛》無伴奏フルートのための 木ノ脇道元
糀場富美子 《ドゥイノの城》無伴奏チェロのための ドミトリー・フェイギン
金子仁美 《時の層III》ピアノ独奏のための 菊地裕介

池辺晋一郎 《バイヴァランスVI》2台のコントラバスのために 吉田秀、西山真二
新美徳英 《ピアノトリオ:ルクスソレムニス》藤原浜雄 岩崎洸 若林顕
20214091_1284265599.jpg

NHK-FMでの放送は来月とのこと、日程わかり次第またお伝えします。
終了後はユーハイムで打ち上げ。
5727653_2160771308.jpg
深夜帰宅。

12月6日(土)
2月に結婚した従妹の弟が結婚することになりました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-128.html
というわけで横浜へ。
幸せそうでした。親戚も元気そうで安心!
酔っ払って愛の夢を弾いてあげましたよ。笑
帰宅後は酔いもさめやらぬうちに1名レッスン。
終了後、祖父がくれたきりたんぽ鍋の材料をMJ住民に振舞う。3時頃まで飲んで、撃沈です。

12月7日(日)
朝から5人を自宅レッスン、その後はC社のKさんと次回作CDについてピアノを交えて相談、いいものができそうです。打ち合わせ終了後は我が家の酒を振舞わせていただきました。
NHK「名曲リサイタル」お申込みは急いで!
伝説の(笑)Trio30's
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-127.html
がNHK-FMで復活します!
(まぁ31'sになってしまったが・・・)

<奏者>
vl.加藤えりな
vc.金子鈴太郎
pf.菊地裕介

<曲目>
メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番
キーゼヴェッター タンゴ・パセティック(チャイコフスキー)

<収録スケジュール>
平成 20年12月18日(木)18:15開始
NHK放送センター509スタジオ(17:50開場)

<放送予定>  平成 21年1月31日(土) 19:20~21:00(FM全国放送)

● 番組観覧希望の方へ
  基本的に一般のお客様には、お一人様一通で往復葉書に、ご住所、お名前、年齢、電話番号、希望日を書いて
〒150-8001
NHK放送センター「名曲リサイタル」の係 まで
収録日の一週間前必着でお申し込みいただいています。
なお、未就学児童の観覧はお断りしていますのでご了承下さい。
テラヤバス
11月24日(月・祝)
相当に参っているようで、朝はぜんぜん起きれませんでした。
とりあえず、ベト2の譜読み、がんばりましたが、まだまだヤバス。
日曜日には弾かなきゃいけないんだぞ!!!

夜は、3人の生徒様をレッスンさせていただきました・・・

11月25日(火)
久々の3校出勤日です。
朝は、池袋で・・・歌曲をいろいろ勉強して、
溝の口へ向かい・・・夜は仙川で・・・
終了後は最後のデュオちゃんたちを連れてウェイウェイさんところで念願の紹興酒を飲ませていただきました。とても美味しかったです。杏仁豆腐をサービスしてもらいました!☆ごちそうさま!
・・・帰宅すると、学生たちがCD貸してほしいとお出迎え・・・
10分で帰ってください、と言ったつもりなのに結局解散したのは2時過ぎでした。空気嫁YO!

11月26日(水)
いつもの通り早朝出勤・・・テラネムス・・・
昼はなみはな行きました。学生達とはしゃいでたら、地下で高校の先生方の会合があったようで少々気まずい思いを・・・笑
恩師N先生にもお会いする。
午後は、とりあえず空き時間は「必死で」さらいました。が、2番って意外に難しいです
夜は後輩のYちゃんと八幡山でステーキデート!笑
こないだ岡崎でK子K子先生が割引券くれて・・・という話をしたら、その店Yちゃんの家の近くだったらしいので・・・一緒に行ってみました。笑
あんな肉のカタマリを食べたのは、ダイエット開始以来では初のような気がします。とても清々しました。
散歩したり茶したりして、結局終電帰宅。今日もがんばった!

11月27日(木)
来年5月のとある演奏会の件で神谷町の父のオフィスへ。
ともにお仕事させていただくM山先生にもご同行いただきました。
帰りにスーパーで買い物をしたぐらいで、あとは、普通に家でさらったり、休日らしい休日でした。

11月28日(金)
朝から雨の中出勤、池袋に缶詰です。室内楽は・・・ちょっとしたハプニングがあり課外授業・・・?教育論を語った後、雑司ヶ谷を散歩しました。
カフェでお茶したり、一見遊んでいたように見えますが、僕たちは音楽家の人生について、かけがえのない勉強をしていたのです!
今日は電車出勤だったので帰りがけは西武でお惣菜を物色、うまそうなルブロション・フェルミエを購入。久しぶりのフロマージュはやっぱり激ウマ、1300円のちょっとした贅沢でした。おかずは結局、米ナスの詰め物とハム・ローストビーフを500円でゲット。
21時半に帰宅、すぐにローヌの赤ワインを傾けお土産を平らげるも、ちゃんと23時までさらいました。必死です。

11月29日(土)
ちょこっと寝坊、デスクワークをこなしつつ、昼ごろから練習。
昼飯は季節はずれのガスパッチョとボッタルガのパスタです。ボッタルガと明太子の関係についていっとき思案し、グラーヴの白ワインをまたあけてしまいました。そんなわけでちょっと昼寝。
目覚めてからも夜中まで、ベートーヴェンとラフマを必死でさらい、結局トータルで7時間強練習しました。まだ不安がいっぱいですが、明日の上大岡のコンサート、なんとかなりますように!!!!
まずは7時に起きれますように!

11月30日(日)
朝、7時には起きれず起きたら8時。
上大岡到着後コンビニに駆け込み、迎えに来てくれたE藤さんの車中で昼食、到着後すぐにリハ。今日はフルコンではなく新発売のC6XA。まだ新しいけど、よく鳴ってくれそうです。ほどなくして本番。
今日はトーク付きだったのですが、鼻水が止まらなくて、手が空いたところでタオルで拭ったりして大変でした。すごく懸念していた、1週間で読んだベートーヴェンはさほど問題なかったのだけど、それで安心したのかラフマニノフの方がプレリュードからちょっと傷多く、心配になりガヴォットとジーグは譜面を見て弾きました。
結局アンコールはベーアーツェーハーという暴挙に、弾きまくりました。

2008年11月30日(日)14時開演
横浜・ヤマハピアノフォルテ上大岡サロン
2008ヤマハグランドピアノフェア特別企画
菊地裕介Piano Recital

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第2番 op.2-2
バッハ=ラフマニノフ(1873-1943) 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番BWV.1006 より「プレリュード、ガヴォット、ジーグ」
バッハ=ブゾーニ(1866-1925) シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV.1004より)
F.リスト B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ
20214091_3911198604.jpg


いつも通りの山岡先生の寿司屋に連れて行っていただき、以下の品を堪能。
5727653_823519400.jpg

ビールもうまかった。
同級生のMちゃんとスタバでお茶してすぐに帰宅後は、やっとK子先生作品の「断片」をさらいはじめましたが、難しい・・・大丈夫だろうか?

12月1日(月)
芸大出勤、しかし朝はちゃんと起きられず朝食抜き。
1人休んだタイミングで根津駅の吉野家に避難しブランチ。
今日は欠席も少なく普通に夜まで勤務。
帰りは比較的早かったので一番近いスーパーであるユータカラヤへ行く。
ここは早じまいなのでなかなか行けないのですが、今日はちょうど半額タイミングにありつけるはず・・・
しかし、ここはやはり安かったです。納豆が68円になるのはここだけです。近辺では78円が最安値だから・・・サンマも68円だったので買ってきて刺身にしました。今更ながら今年初です。なかなかおいしかったですよ。
やっと今年のボジョレー初飲みしました。かなりしっかりした出来のように感じましたが・・・まぁやっぱり懐かしい味ですね。

明日の授業のためにラヴェルのen solちょっとさらったら一日が終わってしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。