リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れてた!
そういえば、今日放送だった!!!
告知、すっかり忘れてたし、自分も聴き忘れた!もう本番は終わってたのに!!!
聴いてくださった方いらっしゃいますか?

NHK-FM「名曲リサイタル」<奏者>
vl.加藤えりな
vc.金子鈴太郎
pf.菊地裕介

<曲目>
メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番
キーゼヴェッター タンゴ・パセティック(チャイコフスキー)

<放送予定>  平成 21年1月31日(土) 19:20~21:00(FM全国放送)

1月30日(金)
ちゃんと8時20分に池袋へ出勤しました。
でも、ほとんどさらってただけです。ハイ・・・
でも、きっと本番直前の練習を見学することは、生徒のみんなにとっても勉強になるだろうとの信念を持っての行動であります。エヘン!
さらに、また生徒のHちゃんに伴奏してもらって、生徒に聴衆になってもらって3回通しました。疲れました・・・
7時過ぎにに終了後は池袋の地下居酒屋に3人で行き夕食、帰宅。

1月31日(土)
連日の睡眠不足を解消すべく10時過ぎまで寝る。
舞台衣装をクリーニング店に取りに行き、ついでにガスト(はす向かいのバーミヤンが先日変身したんです・・・!)で昼食後、すぐに出かける。
芸劇の楽屋に入り、必死でさらいます。
15時過ぎ、リハ・・・重大なミスも少々あったものの、おとといとは似ても似つかないほど攻撃的な悪魔的な演奏に仕上がったと思います。この調子で本番もいければまあいいんだけど・・・
本番直前までさらに必死でさらう。しかし空腹もあってすこし疲れてしまったようです。自販でリンゴジュース買ってきて、間食の代わりに・・・
本番、ひさしぶり、そして命がけとはいえ、短期で仕上げたコンチェルトはやはりかなり緊張し、指もリハとは比べようもなくガタガタ震え、少し走ってしまったところもあり、すべての決めどころを合わせることができなかったのが反省点ですが、なんとか通りました・・・!
まぁいい曲だってことだけはちゃんとお客様に伝えることができたと思います。次に弾く時はもっと上達して落ち着いた演奏しますから!!

2009年1月31日(土)18時開演
2009年都民芸術フェスティバル助成公演
オーケストラシリーズNo. 40

東京芸術劇場大ホール(池袋駅東口)
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 飯守泰次郎指揮
シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 作品47

来ていただき、拙演に耳を傾けていただいた皆様、本当にありがとうございました。素晴らしい躍動感のある棒で僕の音楽をサポートしてくれた飯守先生、そして、今回僕を窮地から救ってくれたかわいい弟子のHちゃん、本当にありがとう!
一仕事終わると本当にホッとします。
コンサート終了後飯守先生をはじめ皆様にごあいさつして、持参したスーツケースにみなさまにいただいたギフトを詰め込み、リュックしょって花束片手に、一人で普通に電車とバス乗って帰ってきました。そして一人酒!笑
また明日から必死でさらいます!!
スポンサーサイト
リハは待ってくれない
1月22日(木)
母校の卒試2日目で調布GHまで遠征。
昼はT子さま、H江さま、K玲さまという桐朋講師美人3姉妹と回転寿司、笑
終わってからは、急いで帰宅し、昼寝ののち、パガニーニの譜読みの続きを必死で頑張りました。

1月23日(金)
8時過ぎ、池袋に出勤、普通にレッスン日。
でも、大学院の授業はもう終講しているので、空き時間でさらいまくる。
そして、生徒に伴奏合わせをしてもらいました。いつもは教えるばっかりの自分の生徒とはいえ、今日はこの曲を弾いた先輩、女神さまに見えます。
まだまだ問題だらけだけれど、なんとかなんとか頑張ろうという気になりました。月曜日に再会を約束し別れ、レッスンの続き。
8時にレッスン終了後は、2人の生徒ちゃんを連れて、こないだAB原先生に連れてってもらった池袋のお好み焼屋さんに行きました。今日もおいしゅうございました。

1月24日(土)
今日も必死でさらいました。
夕方からは、東音とパリ音の受験生さまをひとりずつ、あわせて4時間ほどレッスン・・・2人ともがんばってほしいものです!
もちろん終了後もさらいましたよ!!

1月25日(日)
待ちに待った完全なるオフでした。
必死で、必死でさらいました。とはいえ、雑用もこなさなければいけなかったので、ほんの7時間くらいですけどね・・・

1月26日(月)
10時にG大へ・・・試験前最後のレッスンなので、非常に出席率が良かったです。
それでも、合間を縫って必死でさらいました。朝、コンビニで食料を1500円分仕入れ、12時間にわたってレッスン室にこもりました。
レッスン終了後は、再び伴奏合わせをしてもらってました。なんとか、出口が見えてきた感じかな・・・?持つべきものは生徒ですね!どうにか本番までには間に合わせようと思います。がんばるぞ!!
22時前に練習終了後、日暮里の居酒屋で軽く飲んで帰宅しました。
その後、とある書類を仕上げる必要があり、4時前まで仕事。コンビニから発送。

1月27日(火)
今日もオフでした。
お昼頃起きだして、必死で、さらいました。
もう10日もさらっているはずですが、まだ完ぺきになりません。やはりラフマニノフは手ごわいですね。まぁ確かに3番よりはかなり楽な気がしますが・・・

1月28日(水)
上野で所用を済ませるために夕方外出した以外は今日もオフでした。
必死で、さらいました。(何回目でしょうね?このフレーズ)
うちのピアノはもうガタガタです・・・

明日はティアラこうとうで最初で最後のリハです。
まだ音楽的に仕上がっているとは到底言い難いけれど、なんとか合わせの感覚をつかめるように努力します!
ピンチは続くよ~どこまでも~
1月15日(木)
とりあえず平熱に戻る。
今日の合わせのためにガーシュウィンなどの新曲をさらう。実はヴィターリもツィゴイネルも愛の悲しみも初めて弾くんだよね・・・ことごとく初見。
昼過ぎに瀬崎さん来訪、お互いマスクをしての完全防備です。

瀬崎さんの演奏はフランクとか・・・ものすごく大人の音楽です。
とても勉強になります。

1月16日(金)
まだウイルスがいる可能性があるので大事をとって今日のレッスンはお休み。

今日も夕方から瀬崎さんと合わせ。
まだまだどの曲も練習の余地があるなぁ・・・
バッハ=ラフマニノフのパルティータも必死で暗譜しました。
なんとか明日のコンサートに間に合わせねば・・・!
練習終了後はいろいろと雑用。

1月17日(土)
朝出発、一路山形は天童へ・・・
新幹線の中では爆睡・・・気がつくと、あたり一面の雪景色でした。
天童市文化会館は昔懐かしの地方のホールでした。
ちょっとオールドなスタインウェイを必死で叩き起す!

1月17日(土)18時30分開演
山形県天童市市民文化会館 大ホール
瀬明日香 ヴァイオリン・ニューイヤーコンサート
~国際派ピアニスト菊地裕介を迎えて~
ヴィターリ シャコンヌ
バッハ=ラフマニノフ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より
「プレリュード・ガヴォット・ジーグ」
クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ
ガーシュイン=ハイフェッツ 3つの前奏曲

フランク ヴァイオリン・ソナタ
サラサーテ ツィゴイネルワイゼン
マスネ タイスの瞑想曲
モンティ チャルダーシュ
http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/tendoshishiminbunka/index.html#jishu

ラフマニノフで少々の問題はありましたが、
今日は、至極まともな演奏だったと思います。
瀬崎さんの素晴らしい音楽に引っ張られました!

本番終了後は、館長さんの素晴らしい洋館のお宅にて打ち上げ&一晩泊めてもらいました。高畠ワインの社長さんが持参してくださった大量のワインを浴びるように飲みました!

1月18日(日)
起床後すぐ、午前中の新幹線で帰京。
帰宅後はお風呂に入ったりして、休む間もなく5人をレッスン。
夜になって終了後は、いよいよパガニーニ狂詩曲の譜読みに本格的に取り掛かりました。もはや時間との闘いです。本当に、必死でさらうしかありません・・・

1月19日(月)
朝、起きられなかったのですが、出かける前に少しは練習しました。
それから池袋に移動し、弟子の修士リサイタルを見届けてきました。三善先生のソナタに・・・パガニーニ狂詩曲、非常に立派な演奏だったので、僕の譜読みが間に合わなかったら代役で出てもらうことに決めました!笑
その後、上野に戻り、レッスン、そして、深夜まで必死でさらいました!まだまだ全然弾けません。ヤバすぎる!!

1月20日(火)
G大の補講。
出席率はどちらかというと良く・・・あまりさらうことができませんでした・・・それでもレッスン終了後少しねばってさらう。
今日はK川先生が若い非常勤を集めて飲みに誘ってくださいました。根津の某店にて、おいしく飲ませていただきました。たまにはこういう集まりも悪くないですね・・・

1月21日(水)
調布グリーンホールで桐朋の高校の卒試・・・
自分が受けた13年前のことが、昨日のように思い起こされます。
朝出かけて、帰宅したらもう夜。
11時まで必死でさらいましたが・・・まだまだ全然足りません。なんでこんなに練習する時間がないんだろう・・・?僕はピアノが弾きたくてたまらないのに、明日も朝から調布へ行かねばなりません・・・
あさっても池袋だし・・・マジで大ピンチですよ!!!!

それでも、本番はプロとして、必ずこなす覚悟でおります!

こういう状況がずっと続いているので、メールのお返事など、連絡が滞っていると思いますが、なにとぞご容赦ください。緊急性の高い順に優先順位をつけているので、長らくお返事できず心苦しく思っているお便りもたくさんあるのですが、決して無視しているわけではありませんので・・・許してください。
本番はタミフルなしで
1月9日(金)
いつも通り8時20分池袋へ出勤。
昼飯は武蔵でラーメン。
それにしても今日はひどい天気でしたね・・・
終了後ずぶぬれになり西武でコーヒーだけ買ってEちゃんとバスで帰る。
20時半帰宅後、さらにもう一人レッスン。くたびれた・・・
ところで次回CDのプロモ用のデモ録音を作るということで急きょ日曜の朝までに何曲か準備しなければならなくなり大ピンチです・・・

1月10日(土)
朝から仙川へ、練習室でさらう。
昼飯はドーナツ・・・?
てかミスド6個も食べてしまいました。やばいですね。
お昼過ぎからOTOの会コンサートの合わせをしましたが、ヴァイオリンのM君の体調不良もあり、夕方早めに解散。
帰宅後、明日のためにあわててさらいましたが・・・
そして20時過ぎから2名レッスン・・・

1月11日(日)
朝から、六本木の「榎坂スタジオ」でデモ録音、自作の編曲も披露することに・・・!まぁ録音ですし編集もできますから、ということで気楽にやってくださいと言われるも、やはり準備期間があまりとれなかったために大変な重圧でした。でも、とにかく一回ずつは使える箇所が取れるように頑張って弾きました。
桐朋へ移動、なみはなは休みだったので、カルディで昼食、レッスンしたりミスドでお茶したりしているうちに18時の合わせ開始。今日は、OTOの会コンサート前のラスト合わせ。
22時まで練習。終了後は打楽器のK君とウェイウェイで食事。24時帰宅。

1月12日(月)
今日もありがたいことに全休ですので、明日のための練習しながら身の回りを整理しようと思っていたのですがこれがとんでもないことに!
朝、起きるのがつらかったのも、お昼過ぎに眠くなって横になったのもここ数日の生活を考えればまぁ普通なのですが、そこからどんどん熱が上がる・・・あっというまに39度を突破してしまい、明日の本番がやばいので寝ることにしました。

ということで、ほとんど何もできないまま一日が終わってしまいました・・・

1月13日(火)
昨日よりは気分はだいぶ楽にはなったのですが、38度より熱が下がらないので朝のSさんとのリハをキャンセル。生徒ちゃんがサイン貰いに来たので、ついでにポカリやら流動食など買ってきてもらって一息つきました。
今日のコンサートのリハ開始の15時半めがけて、マスクかけて初台へ向かう。
普段なら会場入りしてからさらいまくるのですが、今日はそれもあまりできず・・・それでも飯沼先生のむつかしい曲は本番直前まで30分くらいさらいましたが・・・
M君にロキソニンもらって一応飲んどきましたが、本番始まっても熱は38度と39度の間を行ったり来たり。ピークは飯沼先生の曲を弾いている時で・・・あまりの寒気にコート着てガタガタ震えながら舞台へ。せっかくのコンサートでウイルスまき散らすのも悪いと思ってマスクでメガネで、どこのグレン・グールドですか?って感じでした・・・苦笑
それでもどうにか本番は終了。最後の舞台挨拶だけコート脱いでマスクも外して出ました。

2009年1月13日(火)19時開演
東京オペラシティリサイタルホール
OTOの会 新作コンサートシリーズNo.10
室内楽-OTO
第一回「三瀬俊吾のヴァイオリンとともに」
塩崎美幸 「SPARK」(vn. fl. cb. perc. pf. )
山口恭子 「Duo for Violin and Piano」(vn. pf.)
大屋百子 「I saw I was I」(vn. fl. floor-tam)
飯沼信義 「Retrospection」(vn. pf. 招待作品)
三瀬和朗 「La Tresse」(vn. fl. vibraphone)
上野雅亮 「漆黒の階層」(2vn. fl. cb. pf. perc.)
鷹羽弘晃 「Le chant sans frontiere」(vn. solo)

三瀬俊吾(vn.) 泉真由 (fl.) 中村勇一 (cb.) 窪田翔 (perc.) 菊地裕介 (pf.)
(賛助出演) 高橋和歌 (vn.) 鷹羽弘晃 (cond.)
20214091_2531664254.jpg
20214091_442454728.jpg


すでに熱に体が慣れていたのか、さほどひどい体調でもなかったので一応打ち上げへ・・・食欲はすでに回復しており、から揚げやフィッシュアンドチップスなど食べ、駆けつけのビールに、ポリフェノールが風邪に効くということで赤ワインも頂いて、それでも一応早めに失礼しました。24時帰宅。

1月14日(水)
今日は音楽理論、スコアリーディングともに試験なので、5時半に起きていろいろ課題など準備。コピーするために早めに学校へ行くべく7時過ぎ出勤。しかしまだ38度前後の熱が下がらないので、某感染症の恐れを感じ、マスクして仙川へ。

試験という名があまりふさわしくないようなファンタジーいっぱいのI限の試験を終え、II限のスコリはバリバリ試験モードで一人約5分ずつやりました。
もちろん、全員に授業終了後の手洗いうがい励行をお願いしました。
昼休みに、念のためお医者様へ・・・すると、

思い切りタミフル処方されてしまいました。
インフルエンザA型らしいですが、話に聞いていたよりは軽症だったので、受診が遅れてしまい、ウイルス撒き散らしてしまったみたいで多大なご迷惑をおかけしましたm(__)m
なんせインフルなんて20年以上罹患していないもので・・・

ということで・・・
家族庵の隅っこでおとなしく蕎麦食っていちおう学校へ戻りましたが、午後のレッスンは免疫のある人に限定し・・・その結果14時過ぎに早退してまいりました。本来は22時までの予定だったのですが・・・仕事に穴をあけてしまいごめんなさい・・・
帰宅後、昼寝してからさらうつもりが思いきり22時過ぎまで寝てしまいました。明日の午後の合わせのために譜読みしないといけないのに!!!というわけで、早起きしたいのでそろそろ寝ます。
明日放送です
明日、先日の津田ホールでの演奏会の模様が放送されます。
実は4日にすでに一部は放送されているのですが・・・
僕の出番は、明日です。

************************************
〈番組名〉
NHK-FM「現代の音楽」

(放送日時及び放送内容〉
■2009年1月4日(日)18:00-18:50
「西村朗:龍の笛」
「糀場富美子:ドゥイノの城」
「池辺晋一郎:バイヴァランスVI」

■2009年1月11日(日)18:00-18:50
「金子仁美:時の層 III」
「新実徳英:ピアノ三重奏曲 -ルクス ソレムニス- 」

************************************

↓このコンサートですね。

どうぞよろしくお願いします。ライブなので傷はありますがお手柔らかにお願いします・・・m(__)m

2008年12月5日(金)17時開演
東京 津田ホール
2008 全音現代音楽シリーズ・その15
四人組とその仲間たち 室内楽コンサート
現代日本の作曲家《3つの色彩領域-ソロ、デュオ、トリオ》

池辺晋一郎 《バイヴァランスVI》2台のコントラバスのために 吉田秀、西山真二
金子仁美 《時の層III》ピアノ独奏のための 菊地裕介
糀場富美子 《ドゥイノの城》無伴奏チェロのための ドミトリー・フェイギン
新美徳英 《ピアノトリオ:ルクスソレムニス》(仮題)藤原浜雄 岩崎洸 若林顕
西村朗 《龍の笛》無伴奏フルートのための 木ノ脇道元
全曲世界初演
20214091_1284265599.jpg

さっそくフル稼働
1月3日(土)
昼過ぎから、3人レッスン
終了後、最後の生徒のMちゃんと買い物へ行く。近くのスーパーはなぜか閉まっていたので寒空の下ショッピングセンターへ向かう。
ついでなのでついに念願のカセットコンロ買ってしまいました。笑

生徒さまから飛騨牛を送っていただいたので
福岡から戻ってきたM君と3人でマンションの新年会ということですき焼きする。
20214091_2266988620.jpg
20214091_251281396.jpg
見てくださいこの霜降りを!

深夜解散。

1月4日(日)
8時半出勤、仙川へ。
13日のOTOの会コンサートの合わせ練習です。
今日は飯沼先生と山口さんの作品を練習する。
お昼はひさびさに家族庵、飯沼先生御馳走してくださってありがとうございました。
夕方すべて終了後、ペルリで軽くお茶して、上野で用事を済ませ、帰ってきたらもう夜でした。

1月5日(月)
G大初出勤・・・の前に朝8時から自宅レッスン。終了後大学へ移動。
G大生の出席率はあまり芳しくなかったのですが、おかげで少し自分の練習ができました。お弁当を買ってあったので、ほぼ外へ出ることもなく、「夜」8時過ぎにすべて終了。
生徒ちゃんたち連れて帰宅してすき焼きの残りを振舞う。
深夜解散。

1月6日(火)
さすがに疲れたのか10時頃まで起きられませんでした。
すぐに準備して溝の口へ・・・
実は、今日が洗足最後のレッスンでした。
来週はOTOの会本番なので代講をお願いしているのと、洗足は今年度限りで退職させていただくことにしたので・・・
先日、正式に届けたのできちんと公表しておきます。あとは試験官を一度勤めたら、おしまいです。
副科のみの担当で一年足らずの短い間でしたが、お世話になりました。生徒ちゃんたちも、先生が変わっても楽しく勉強を続けてくださいね!

職員レストランの料理も堪能し、後半のレッスンも終了後は御徒町で髪切ってきました。いくら忙しいとはいえ、さすがに伸びまくりでヤバかったので・・・

1月7日(水)
6時半起床、7時30分仙川へ出発という水曜日の日常に復帰。
今日が音理、スコアリーディングともに最後の授業。
来週は試験です!みんな、準備は大丈夫かな??
昼食は4人でなみはなへ行く。
副科のレッスン終了後はひさしぶりにミスドでお茶しました。
それから夜の合わせのために練習し、高校生を一人レッスン、そして、またOTOの会の合わせで閉校まで居りました。
終了後は駅前のクーってお店で、三瀬親子、フルートのMちゃん、打楽器のS君と4人で夕食。
終電「一本前」で帰宅。

1月8日(木)
念願の純休日です!!終日家にいられたのは12月14日以来25日ぶりです。
昼までは死亡。
それから起きだして正月で荒れ果てた家の掃除と片づけ。風呂に入って、ピアノへ向かう。どうにかこうにか、サラバンドだけ編曲の目途を立てました。せっかくの純休日でしたがそんなこんなであっという間に終わってしまいました・・・
今、たまりにたまった契約書やらなんやらを一つ一つ仕上げているところ。
腱鞘炎になりそう・・・
レッスン終了後、やっとのことで年賀状441通書き上げました・・・
高さ15cmくらいになったよ。
マジで手が痛いです。

届いたら、返事ください。
もしほしかったのに届かなかった、という場合、厳重に抗議してくだされば来年は差し上げます。

去年もずいぶん出した気がしますが、それでも今年ほどではなかった気がします。(もっとも返信があったのは、そのうち半分にも満たなかった気がしますが・・・

寒空の下、上野郵便局2往復しました。
まずは葉書が足らず・・・近所のコンビニは品切れで・・・
2度目は、一刻でも早く届くように持参しました。

ついでに、ひとりさびしく、昨年同様に小野照崎神社と三島神社に初詣してまいりました。
今年も本番、無事に行きますように。そして、我が身にも幸せが訪れますように、と。

風も冷たい、東京の静かな夜でした。
2009は熱情でスタート
さて・・・あけましたね。
まずは書き残した日記から・・・

12月29日(月)
お昼過ぎから、飛騨のお客様をレッスン、その後、池袋へ・・・今日は電車で行きました。

昨日と同じく3名をレッスン。
終了後は、今年の学校系の仕事完了を祝い、最後の子と中華行ったんですが、意外と一品が多く、待っててもらってみんなで行けばよかったかな?と思う。
早々に引き揚げ帰宅、11時までベートーヴェンをさらう。
その後年明けの演奏会の案内作成などの仕事を明け方までする。

12月30日(火)
夜更かしにすっかり疲れてしまって・・・午前中は死亡。
午後から練習を開始、するも大した量はさらえず。
夕方から横浜のK先生宅で恒例の忘年会。
現在絶好調の後輩K氏にいじめられてしまいました。悪かったね、こちとらどうせKYでワーキングプアな万年独身男ですよ・・・

でも基本的には楽しく飲んで深夜帰宅。

12月31日(水)
どうも体調が優れないのであまりさらえず・・・
それでも6時前に出勤、オペラシティへ。
リハ室入りするもほとんど誰にも会わずさびしい思いをする。
今日はステージリハがないんです。
代わりに、リサイタルホール(ここ、初めて弾いたんですが、お風呂場のように響きますね。まぁ席が一つもなかったからかもしれませんが)やリハ室でのリハ、
そして22時定時にいきなり本番。ちょっと怖かったです。
2番の4楽章で一か所とっさに即興的な作曲をしてしまうもまぁまぁ表現できた演奏だったと思います。
22番の方は2楽章がかなりハイテンポになってしまいましたが、まぁ悪くなかったかな・・・?

東京オペラシティ コンサートホール
「アイ・ラブ・ベートーヴェン」
16人のピアニストによるベートーヴェン ピアノソナタ全曲演奏会

11:00小林愛実 5 & 19番
11:35イリーナ・メジューエワ 9 & 2 7番
12:15岡田 将 4 & 16番
13:10山本貴志 3 & 6番
休憩
14:10三輪 郁 14≪月光 ≫ & 18番
15:00辻井伸行 11 & 29番 ≪ハンマークラヴィーア≫
16:15三舩優子 7 & 28番
17:15横山幸雄 8≪悲愴 ≫ & 24番≪テレーゼ≫
休憩
18:10迫昭 嘉 25 & 32番
19:00杉谷昭子 12≪葬送 ≫ & 13番≪幻想風≫
19:45田崎悦子 15≪田園 ≫ & 17番≪テンペスト ≫
20:40若林 顕 20 & 31番
休憩
22:00菊地裕介 2 & 22番
22:45関本昌平 10 & 26番 ≪告別≫
23:30清水和音 1 & 23番 ≪熱情≫
24:15伊藤 恵 21≪ワルトシュ タイン≫ & 30番 


ともかく、これで仕事収めです。来年もやるつもりらしいですよ、これ。外されなければ・・・今度は何番が当たるかな・・・?

サイン会などの後、まずは和音さんの演奏を客席で聴かせていただきました。1番の音も美しく、23番も大変な熱演でいろいろ勉強になりました。
熱情の一楽章のppのところで会場に鳴り響くアラーム時計が新年を告げました。

1月1日(木・祝)
というわけで、あけましておめでとうございます!
バックステージで最終バッターの恵先生の演奏を聴かせていただいていると、和音さんがサイン会から戻ってきて・・・えっらいハイテンションで爆弾トークされてました・・・小田急沿線の某所で再会を約束し、僕は客ロビーに残り友人を探しました。が・・・あまりつかまらなかったり、先約があったり・・・
結局T音大のA子ちゃんひとり連れてロマンスカーに乗り込み、タクシーに乗継ぎ、とあるバーに。
20214091_3716465243.jpg

今日はコバケン先生のシンフォニー全曲とか、カルテットとか、各所でベートーヴェンイヴェントが行われていたのですね。だんだん仕事帰りの音楽家たちが集合し、とても楽しく元旦を過ごすことができました。
7時半ごろ帰宅し撃沈しました。

お昼過ぎに起きだすも、完全な寝正月でした。
体も重く、ダラダラと・・・再び昼寝も・・・笑
でも、日が暮れるころ起きだし今年の弾き初め。せっかくだから「熱情」もさらう。(4月に弾きます)
普通に11時までさらい、チーズ食べてワイン飲んで寝ました。

1月2日(金)
仕事始めです。
まずは年賀状を・・・笑、今書いています。
そして、午後からレッスン、そして自分の練習やら編曲作業やらに取り掛かります!明日からは本格的にレッスンなど再開します!
2009年も死ぬ気で働くぞ!!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。