リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶりの東京文化会館ソロリサイタルでした
4月23日(木)
・・・いやはや、何はともあれ・・・終わりました。
学校の先生方も集客を手伝ってくださったり、そして、当日いらしてくださった一人一人のお客様・・・
本当に、みなさまがたのおかげで無事に演奏会を開催することができました。

なぜかわからないけれど非常な緊張を誘う東京文化会館小ホール。
譜読みしたてホヤホヤの大曲、名曲を2曲もひっさげて登場するのは非常に恐ろしい体験でした。いつもの50倍くらい緊張してしまっていたと思いますし、本番のミスもいつもより多かったと思い、悔しく思う部分もあります。途中で逃げ出したい瞬間もあったけど、最後までがんばりました!
新しい曲、どこかで弾かなければ永遠にレパートリーにはなりません。これらの名曲は、これから、きっと繰り返し繰り返し弾いていくのでしょう。(まずは「熱情」、5月17日に名古屋で弾きます。)ですから、これからのコンサートで練りこまれていくものと思います。その記念すべき第一歩を見届けてくださったみなさまに本当に感謝しています。

2009年4月23日(木)19時
菊地裕介ピアノリサイタル
日本ショパン協会第246回例会
東京文化会館小ホール

J.S.バッハ
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004
「アルマンド・クーラント・サラバンド・ジーグ(以上菊地裕介編)
シャコンヌ(ブゾーニ編)」

ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ 第23番 「熱情」 作品57

ショパン
24の前奏曲 作品28

アンコール
ドビュッシー 月の光
リスト B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ
バッハ=ヘス 主よ、人の望みの喜びよ

20214091_480767213.jpg

昨日発売したCDの即売も好評でした!
ありがとうございました!
これからも修行します!

4月26日(日)
5台ピアノカルメン、やっと仕上がりました!!あとは前日の練習を聴いて(って自分も参加するんだけど・・・)、修正する可能性はありますが・・・
しかし、5台ピアノへの編曲、軽く言い出したことですが、結果的には大変な労力を伴う作業でした・・・もうしばらくはいいかな・・・
5月8日のコンサートを楽しみにしてくださいね。
スポンサーサイト
B-A-C-H CD発売
4月17日(金)
東京音大の新入生さん達を含めたミーティングでした。
もう2年目ですので、去年の反省を生かし、よりよく頑張ろうと思ってます。どうぞよろしくお願いしますね!

終了後、髪をバッサリと切りに行きました。
・・・というのも・・・


このビデオ・・5日のトークコンサートの時のもの、
まあ、徹夜明けだったりしてかなりくたびれていたのですが・・・
これは完全にヲタ以外の何物でもないです。

・・・というわけでリフレッシュ!
したのですが、この何カ月かで白髪が異常に増えたみたい・・・
いやだいやだ・・・一時的なものであることを望みます。

その深夜、7割仕上げたカルメンをとりあえず発送する。
ここでちょっとリサイタルに集中させて下さい!お願いします!
とはいえ、月、火と学校へは行かなくてはいけないのですが・・・

4月21日(火)
今日は院生たちとのミーティングでした。こちらも去年よりは手際よくできるように頑張ろうと思います。どうぞよろしくね!

4月22日(水)
セカンド・アルバム「B-A-C-H」の発売にこぎつけました。
まだお店に見に行っていないので、どの程度のプレゼンテーションがされているかはわかりませんが、全国のレコード店でお求めいただけます!どうぞよろしくお願いします!!

http://columbia.jp/artist-info/kikuchi/index.html(一部試聴可)

http://www.amazon.co.jp/B-C-H-~%E5%A4%89%E8%B2%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%80%81%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E8%A3%95%E4%BB%8B-p/dp/B001S5KZLA

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090402-00000014-cdj-musi

こちらは宣伝用のチラシ。
20214091_1793260680.jpg
20214091_3023246465.jpg
20214091_4099982158.jpg

リサイタル前日ですが、天気も良かったので、自宅近所を散歩。
ランチとか図書館とか、憂さ晴らしをしました。合羽橋付近になかなかおいしいフレンチを発見!通ってしまいそう。
春休みは終わりです
本当は3月25日から4月1日までドイツとパリへ行く予定だったのですが、キャンセルせざるを得なくなってしまいました・・・
編曲その他の仕事が全く進んでいないというのがその理由であります。
・・・なわけで、そこで編曲など必死にやったのですが、仕上がりには至らず・・・orz
いまだに遅々としてやっております。ごめんなさい。

4月3日(金)
今年もお花見です。
結局、近場、vc中木氏との合わせを終えて、まずは芸大前の道でパチリ。
20214091_385626013.jpg

上野公園定番の場所。
20214091_725901117.jpg

こんな感じでした。
20214091_1729225780.jpg

不忍池の歩道、僕は山の上よりこっちが好き。
20214091_780900769.jpg

ボートに乗って接写!
20214091_159947865.jpg

ここのボート初めて乗りました!!いちおう一人じゃなかったんだぞ!
20214091_281539770.jpg

4月5日(日)
本郷は真砂坂にあるバリオホール、初めて行きました。
天気が良かったのでチャリる。近くて助かります。

・・・今日はピティナのトークコンサートでした。

バリオホール(JR水道橋・地下鉄春日駅・後楽園駅 徒歩2~5分)
春休み ピティナ・トークコンサート祭り 2009
第1部1100~1240で出演
「白と黒のドビュッシー、光、色彩、そして陰」
(月の光、と金色の魚を弾きました)
20214091_4245748476.jpg
20214091_385478739.jpg

トークも演奏もでっち上げましたが・・・
満員のお客様、楽しんでいただけましたら幸いです。

帰宅後は、レッスンとかしてました。

4月10日(金)
岡崎でコンサートでした。
時間に余裕をもって行動、という口実でリハ開始のはるか前に現地入り!
でも、実は、ひそかにうなぎを食べてました。
JR駅近くの「はせべ」ってうなぎやさんです。
住宅地の中にあって見つかりませんでしたが、においを手がかりに数分捜索・・・ありました!!
腹開きでパリパリの、ちょっと関西風なうな重、大変おいしかったです。

・・・・さて、演奏会は、ここのところお世話になっている高木綾子さんと、パリ音楽院の後輩なのにモスクワで初対面を果たした中木くんと・・・二人ともこの近辺の出身なのだとか・・・!

2009年4月10日(金)19時開演
愛知県岡崎市シビックセンターコンサートホール・コロネット
高木綾子&中木健二 世代を代表する若きソリストたちの出会い

■出演/高木綾子(フルート)、中木健二(チェロ)、菊地裕介(ピアノ)
■曲目/
〈チェロ+ピアノ〉
シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821
マルティヌー:ロッシーニの主題による変奏曲
〈フルート+ピアノ〉
フォーレ:コンクール用小品、リーバーマン:ソナタ Op.23
〈フルートソロ〉
マレ:ラ・フォリア
〈トリオ〉
フンメル:「麗しのミンカ」の主題によるアダージョ、変奏とロンド Op.78、
マルティヌー:フルート、チェロとピアノの三重奏曲 ヘ長調

しかしフンメルが異様に難しかったです。
ほぼ10年ぶりに弾いたアルペジオーネはブラボーも出る中木くんの快演!いや~シューベルトって本当にいいですね!
リーバーマンでは異様にハイテンポになってしまっていたようで綾子さんに迷惑かけましてごめんなさい。
でも、エキサイティングな演奏ではなかったでしょうか?
20214091_2919552230.jpg

意外と僕関係のお客様も少なくはなく、サイン会の時もさほど手持無沙汰にはなりませんでした。
終了後は岡崎出身のI君と居酒屋に行きました。

余談ですが、翌日、豊橋駅で、ICカードの不調が原因で「ひかり」に乗り遅れ・・・次の「こだま」に乗ったら東京到着は1時間以上遅くなってしまいました。新幹線に乗り遅れたのは初めて・・・往路でなくてよかったです・・・

4月15日(水)
CDのサンプルが届きました。
来週、4月22日、いよいよ発売です。感慨深いですね。
買ってくださいね!!!

20214091_2602122780.jpg
20214091_1779095914.jpg

そんなこんなしているうちに、
だんだんに学校が始まりました。

でも、今のところリサイタルに向け必死にさらっています。
やっと譜読みが終わった感じです。

やばいやばい・・・がんばります!
楽譜とかの原稿も書かなきゃ!

時間は貴重ですね!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。