リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン終わりパリへ
6月20日(土)
M浦君親子が僕の演奏を聴きに来てくれて、そのあと大宴会をしました。ウィーンの若手ヴァイオリン弾きのホープたちと出会えて、とても楽しかったです。みんな芸術家ですね!!

6月22日(月)
Volksoperで、リヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」を見てきました。国立歌劇場では「アイーダ」をやっていたのですが、ちょっともたれ気味だったので、軽めの、ウィーン全開の作品を鑑賞したかったのです。
ところが・・・これがすばらしかったのです!!
ツェルビネッタ役を歌っていた・・・誰だかチェックを忘れたのですが・・・
もう、テクニックも表情づけも、舞台上での軽やかな立ち振る舞いすべてが本当にすばらしかったです。
音楽って本当にいいものだな、と思いました。
20214091_3766512046.jpg

おまけにこれを「学生券」10ユーロで見ちゃったんですから・・・(売り場のおじさんがそれでいいって言うので)ウィーンはそのアバウトさも含めてやっぱり素晴らしいですね!笑

終了後は正統オーストリア料理を。
5727653_2840948871.jpg

6月23日(火)
昼はイタリアン・・・
5727653_1391718093.jpg
5727653_1141698976.jpg

まぁ隠していたわけではないのですが・・・
表彰式でした。
第13回ベートーヴェン国際ピアノコンクール・・・

2月の予備予選、139人の参加者から始まり、
16日(op.126 op.34 op.57)
20日(op.2-2 op.120)
20214091_2137224474.jpg
を経ていたのですが・・「6位」という微妙なポジションな賞と日本人最高位に与えられるKojima/Honda賞を頂きました。
20214091_1348959610.jpg

テンポ速め、個性が割と強めということで、審査員の間でとても評価が割れてしまったみたいです・・・もちろん本番は緊張もあり会心の出来というわけではなかったですが、僕だけが選んだディアベリの評判はだいぶ良かったんですけどね・・・
無難に学生風の演奏をする若い子たちが上位に残ってしまったのです。
1位のドイツ人はそれなりにうまかったですけどね。

ウィーンのK先生は最高点をつけてくださって非常に残念がってくださって・・・今後の励みになりました。まぁコンクールは本当に水物で、技術的にはともかく、非常に豊かな音楽で僕が強敵だと感じたあるオランダ人は一次で落ちてしまったし、僕と同い年の実績あるプロのピアニスト、テベニヒン君はすばらしいハンマークラヴィーアを披露したのに賞に入らなかったり・・・難しいですね、平均点が要求されるコンクールのトライはそろそろやめて、これからももっときちんと勉強して、プロとして特徴のある演奏を皆さんに聴いていただきたいと思います。
また心を入れ替えて頑張ります。

とはいえ、旅費の元は完全にとったし、リサイタルだと思えば出演料くらいにはなりました・・・!その点ではタダでヨーロッパ旅行ができて遊んでお土産も買って、おつりも・・・笑。まぁよかったですかね・・・?

6月24日(水)
毎日雨ばかり降るウィーンを離れて、パリへやってまいりました。素晴らしい晴天です!!
これからシャンゼリゼ劇場でピリス様のコンサートへ行きます!
スポンサーサイト
ウィーンの夜会
6月14日(日)
夕刻ハノーファーを離れ、実に4年ぶりにウィーンの地に降り立ちました。1990年に家族と来て以来ちょうど5回目の訪問です・・・
このところいつも泊まっているホテルの最寄り駅Pratersternが激しく変わっていてびっくりしました。地下鉄とかも延長されている模様。
でも、ウィーンは心が躍ります。やっぱり美しい町ですね。

6月16日(火)
昼間はピアノを弾いていたんですが、夕方になって、ヴァイオリン弾きの友人M浦君がウィーンに入試を受けに来ている、ということで、連絡を取ってみたら、今晩コンサートに行く、とのこと。
演目は?ってきいたら、ラクリンとゴランのデュオだとか・・・!
ラクリン!!そしてゴラン先生!!去年の3月17日に聴いてますますファンになっているんですが・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-137.html
なんという偶然!これはまた聴きたいと思い、すぐにムジークフェラインに走りチケットをゲットしました。

ベートーヴェンオンリーの濃~いプログラムでしたが、絶妙なコンビで、まぁときどき噴出したくなっちゃうくらいすばらしい熱演でした。スプリングソナタもあそこまでエキサイティングになるとは・・・2人ともすごすぎる!!!
20214091_2594202879.jpg
20214091_2017681785.jpg

会いに行ったら先生もびっくりしてましたが、「最近、君の名前をコンサートガイドで見かけるよ」って言ってくれてなんだかうれしかったですね。

終了後はM浦くん親子と、これまた久々の再会のT橋くんとウィーン料理ディナーと洒落込みました。

6月18日(木)
そんなわけで今日キーシンのリサイタルがあることを知りましたが、広告には「売り切れ」の文字。でも、ないわけないと思ったんで、少し早めに来たら、案の定チケットを持ったご婦人が・・・譲っていただきました。おまけに安く譲ってくれて、ラッキー!

プログラムは先だっての日本公演と同じでした。聴き逃してしまっていたので、ここで聴けて本当によかったです。
実は日本でキーシンを聴いたことがないのです。パリで何度か、そして、前回キーシンを聴いたのは、もう6年くらい前で、確かザルツブルク音楽祭だったかな・・・偶然、またオーストリアですね。

プロコのロミジュリと8番ソナタ。
後半はショパン、幻ポロにマズルカ3曲、エチュードの抜粋。
そしてアンコールは、ショパンのノクターンop.48-2 悪魔的暗示、そしてウィーンの夜会6番でした。

前半のプロコでもう・・・・打ちのめされました。出だしの少女ジュリエットからもう奇跡のようなサウンド、そしてソナタでは、笑いが止まらない、そして涙が止まらない状態、感動でした。最近、忙しいことを隠れ蓑にして弾き散らしていた自分のゴミのようなピアノを本当に恥じました。これからまた、心を入れ替えて練習しようと思いました。
それに比べると後半は慣れもあってか、割と凡庸に感じましたが・・・それでも只者でないことは良くわかります。ただ、やはりショパンは難しいですね・・・

キーシン定番のロングアンコールの曲数、今日はいつもより少なめでしたが、割と濃い目の曲でしたね。オハコの悪魔的暗示は、もう圧倒的で、息が止まりそうでした。
そして締めがウィーンの夜会ってのは、実に憎い演出ですね。
会場は大盛り上がりでした。

すばらしい演奏会、タナボタ的に聴けて大満足でした!!!
こういう機会を、東京では逃してしまっていたんだから、本当に働きすぎは毒ですね。

20214091_2491441022.jpg
20214091_141131984.jpg

パリでも演奏会に行こう!!
結局、ただの休暇に
ハノーファーへ行ったらあれもしようこれもしよう、練習もたくさんして充実した1週間をすごすぞ、と意気込んでいたのですが・・・
結局、当時のグウタラ生活が戻ってきてしまいました。もうね、あのアパートに入った瞬間から、モードは完全に引きこもりに・・・
そんなところまで時を越えなくても・・・と思えど、やはりこの1年以上ずーっと全力疾走を続けてきたその疲労(特に、異文化衝突にまつわる精神的な)は相当なものだったのだ、と自分に対して言い訳・・・

近所のスーパーに行けば当時と同じおじさんがレジ打ちしてるし・・・
駅前の大型スーパーでは当時と同じように1時間かけてあれやこれや悩み買い物
幸せです。

まぁ、あれですね。みんなも実家に帰ると安心してついグータラしちゃうでしょ?あの感覚に近いのではないかと・・・思います。

とはいえ、それなりに有意義な時間も過ごしました!

6月11日(木)
元ハノっ子で今はLAで暮らす台湾人のチュンチエ君がハノに来て、うちのアパートに住んでいます。ちょうど日本から河村尚子ちゃんが戻ってきて、当時の仲間同士夕食会をしました。
今はみんなバラバラに生活してますが、以前は集まって食事とかしたものです。チュンチエ君が手料理を振舞ってくれました。
5727653_2868644593.jpg

僕もここへ来て、毎日自炊しています。
これは僕の大好きなキノコPfefferlingeのクリームパスタです。
5727653_182583884.jpg

6月12日(金)
同門の中国ピアニスト、シャオハンが友達を集めて、僕のためにVorspiel(試し弾き)の機会を作ってくれました。昨日の2人とか、合わせて5人のギャラリーが来てくれました。Gezaが学校中回って部屋を探してくれて、1時間にわたってベートーヴェンを聴いてもらいました。
みんなそれぞれに意見を言ってくれて、特にシャオハンがたくさんアドバイスをしてくれて、とても参考になりました。彼は良い先生になるだろうな・・・
僕も彼の本番前にアドバイスをしたことがありますが、同年輩(彼は3つ下だけど)でもお互い違う経験を持っているし、自分のことはなかなか客観的になれないので意見の交換はとても大切です。
芸術家同士にとっては、立場だの何だのというのは本当にくだらないことです。ヴァルディ先生も、自分のことをyour friendであると言いますし、彼の指導wの結果お互いファーストネームで呼んでいます。40歳くらい離れているのだけれど!!日本の某「音楽学校」で、立場が違う場合ファーストネームで呼ぶべきではないとか誰かが言っていましたが、そんなのは実にバカげているし間違っている。そして、自分の思っていることや感じていることを言わないのは騙しているのと同罪です。
持つべきものはなんといっても友人です。そして互いに尊敬できる友人!やはりハノーファーに来てよかった!
終わったあとは、新しくできたちょっと高級なトルコ料理店に。なんだかケバブばかり食べてますね。
5727653_714008542.jpg

ハノーファーを発つその日にMatti門下の後輩のまやちゃんが表敬訪問wしてくれました。自分の生徒たちと同じくらいの年齢ですが、彼女はあくまでも後輩であり友人です、お互いに。音楽家、ピアニスト、という同じ職業を営んでいるのだから当然です。そんな当たり前のことが当たり前にならないのが日本のおかしなところですね!
1年半ぶりの脱出
6月2日(火)
夜までレッスンして、久しぶりに行きました山田屋。
カンピロバクターE型肝炎なんのその。というわけで刺身系(レバ、ガツ、チレ、コブクロ、センマイ)を始めホルモン焼き食いまくりマッコリを浴びるように飲みました。締めのモンク(海藻スープ)もおいしかったです。歩いていける隣町なのになかなか行かない三河島という東京最深タウンですが、この店はマジでおすすめです。お越しになる際は声をかけてくださいね。
5727653_1397640436.jpg
5727653_2742659226.jpg
Mちゃんおつきあいいただいてありがとうございました。毒吐きまくりの会話も楽しかったです。

6月4日(木)
前日は夜までG大の補講をしてました。ちなみに松坂屋で買ってきたうなぎ弁当を教官室の電子レンジで暖めて蒲焼の匂いを充満させたのは僕ですw、学校の電子レンジを見ると中学のころ無線部の部室で昼休みに、生徒会の畑で取れたジャガイモをふかして食べたりカップラーメンに水入れてあたためて作ったりしていたことを思い出しますね・・・ホットプレートで焼肉、なんてこともあったような・・・(笑)
帰宅後荷造りその他の準備を開始しましたが、異様に時間がかかり、結局完徹になってしまいました。
8時過ぎ、眠すぎる眼をこすって、日暮里までタクり荷物を預け、池袋に行きました。レッスン中も眠くて死にそうでしたがどうにか頑張り、日暮里に戻ったところでバカなことに自宅へ帰るバス停の方に降りてしまうところでした。習慣って怖いですね。
気を取り直して荷物を取り出し、スカイライナーに乗ったらもう爆睡でした。成田ではスーツケースの鍵探しで時間を食ってしまい、結局何もできず、ギリギリで搭乗口に向かいました。
20214091_532420482.jpg
離陸して、食事でワインを飲み干して、けっこう気流が悪くてシェイクされていたらさらに眠くなってあっという間に寝てしまい、気がついたらもう朝食の時間でした。そしてまたうたた寝をしていたら着陸の衝撃を感じ、実にあっけなくパリに着きました。今まで日欧間を何十往復としてきましたが、成田発の夜便は初めて乗りました。なかなかいいですね。
なんといってもいつも混んでいる成田空港がガラガラだったのにびっくりしましたよ!
20214091_131537519.jpg


6月5日(金)
乗り継ぎ時間は3時間強、かって知ったるCDG空港、なんだかすでに帰ってきた気分になります。なのでのんびり読書などしていたのですが、乗り継ぎ便は2Gっていう聞いたことないターミナル発で、これがえらい遠くて危うく乗り遅れる寸前でした。
ハノーファーまでは1時間強のフライト、この区間は通学していたこともあるので慣れた道のり、ほどなくハノーファーに到着しました。空港につくと、ここも帰ってきた感触を覚えるのだから不思議です。
電車に乗り町に出て、バスを乗り継ぎ元住んでた家(今は後輩が住んでいる)に帰りました。パリの空港で外に出たときにもすでに感じましたが、朝のこの空気、この匂い、懐かしい、ヨーロッパの空気だ!!
やっぱり感動しますね。1年半の時の隔たりなんてすぐに忘れてしまいます。僕の部屋もほぼ元通りで、この家に住んでいたのがつい昨日のことのように感じます。そして、やっぱりヨーロッパに来ないと自分の音楽が荒んでしまうのではないかという思いを新たにしました。ちょっと離れすぎたね。次はもっと近いうちに来ようと思いました。
ちなみに、前回の時の日記はこんな感じで・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-109.html
自分の状況が当時とずいぶん変化しているのを感じます。

トルコ料理店で昼飯を喰らい、あらためてドイツ帰還を実感。

6月6日(土)
同門の後輩の試験を聴かせてもらいましたが、とても立派な演奏で感歎しました。日本に帰ってから、日ごろの判断基準がやっぱり下がっていたかもしれません。やっぱりハノーファーレベルの耳を維持しなければいけないよな。と痛感。
その後夕方、ヴァル師匠にレッスンをしてもらいました。ここのところ全くさらえてない曲だったので恐縮だったのですが、いろいろとアドヴァイスを頂きました。なんだかそれだけで純粋に感動しました。人は習うことをやめてはいけません。もっともっと勉強したいです!!!!

夜は宴会しワインを飲みすぎました。おかげで翌日は一日寝て過ごしました。でも、ずーっと疲れ気味だったと思うので、ここで休めてよかったです。
ラフマ切り抜けた!
5月31日(日)
朝からさらう、とか言っていたくせに結局起きられず、練習を開始したのはだいぶ遅くなってしまい、家を出る前は45分くらいしかさらえませんでした。大きな不安を抱えて出発。平日のつもりで出たら上野駅前が渋滞し遅刻・・・
ステージでしばらくさらうもほどなくGP・・・
CDのディスプレイなど作ったりしてたら、
楽屋のスタインウェイにかじりつく間もなく開演でした。やっぱり16時開演は早いですね!
もう本番は集中力で乗り切るしかない!!!!!

文化会館小ホール400人は軽く超えていたでしょう。大入りでした。

2009年5月31日(日)16時開演
東京文化会館小ホール
川井真由美チェロリサイタル
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番 イ長調 Op.69
シューマン:アダージョとアレグロ Op.70
マルティヌー:ロッシーニの主題による変奏曲 H.290
ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 Op.19
アンコール
ラフマニノフ: ヴォカリーズ
サン・サーンス: 白鳥
20214091_1968585288.jpg


前半は、ベートーヴェンなどは慣れもあって、ミスも少なく集中してさらっとこなすことができました。ベーゼンのサウンドもとっても良かったと思います。

休憩中にマネージャーのM様が一言「Kさんがいらっしゃってますよ!」

え~「人のコンサートなんてぜったいいかねぇよ」って言ってたじゃない!?
嬉しいけれど、ラフマニノフの猛者を前にちょっと緊張。

後半、マルティヌーでいきなりとちったり、ラフマのいいところの和音がゆがんだり、ちょっとトラブルはあって前半ほどの完成度ではなかったものの、思いっきりエキサイトして集中できたとは思います。まあ完全燃焼だったでしょう。基本的にかなり音量抑え目で弾いたのですが、ラフマではやはりコンチェルト弾きが姿をのぞかせてしまいます。だって難しいんだもん!!!でも、ピンポイントで良かったでしょ?

真由美ちゃん、お誕生日とリサイタルの成功ともに本当におめでとうございます!!
ふめくりをしてくれたYちゃん、CDを売ってくれたMちゃん、M様はじめスタッフの方々、どうもありがとうございました。

終了後はみんなで打ち上げに行ったのですが、割と早く店じまいの模様だったので、東響のみなさまと喜びを分かち合う真由美ちゃんを残し、敬愛する大先輩のK師匠と、弟子後輩みな引き連れ焼肉二次会行っちゃいました。名店「鶯谷園」地元ながら久々に行きましたが、やはりCPは最強クラスです。肉ばかり食べまくりみなさん満足してくれてよかったです。早い時間のコンサートでしたが、結局深夜帰宅でした。

6月1日(月)
それでも朝から芸大行きました・・・
昼は今日も谷中のもへい。
夕食は、松坂屋の地下の回転寿司が、駐車場完成記念セールとかで全品半額だったのでつい入ってしまいました。一皿も回って無くって全部握ってもらったし、値段を考えれば、とてもお得でしたよ。6月9日までだそうです。ぜひ上野へ!

4日の夜にヨーロッパへ飛ぶのだけど、明日も明後日も当日も終日仕事です。いつ荷造りとかするんだろ・・・?
朝日夕刊
今日6月1日の朝日新聞の夕刊7面お手元にあったら見てみてください。
IMGP0540p.jpg

内容は以下の通りですが・・・
それにしても、しっかり昔の悪事をバラされてしまいました・・・笑

http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY200906010229.html
よこすか、とか
5月23日(土)
一日中レッスンをしたあと、また香味屋に行きました。今日はメンチカツやタンシチューを体験しました。
そんなに期待しないで頼んだCotes du Rhoneのワインが美味しかったです。
人を呼べるご近所レストランとして便利な存在ではありますが、なかなか一人では行く気にならないので、ご一緒してくださる方は入谷まで来てくださいね!

5月24日(日)
新弟子たちを連れて横須賀へ行きました。

野島稔コンクールの審査員たちによるベートーヴェン・ソナタの演奏会。
神谷先生、田部先生、野平先生、迫先生、そして野島先生。

みなさんそれぞれに興味深い演奏をなさっていたのですが、
野島先生の32番が神でした。
なんて美しい音!!そして、ひけらかし、とかいった種類のものと最も遠い、誠実な演奏・・・まさにニルヴァーナそのものの2楽章に大変感銘を受けました。この巨匠にウィーンで演奏をお聴かせするのが恐ろしくもなりました・・・
先生がたはみな顔見知りなので、ご挨拶ができてよかったし、以前お世話になった横須賀の劇場の方々とも再会できたし、行って大満足の演奏会でした。
たまにはこうして充電しないと、消耗する一方になってしまいますからね・・・!

帰京後は閉店間際の大丸に駆け込み、弟子たちといくら丼その他をゲット、おいしく頂きました!!

5月26日(火)
大学の健康診断なので朝は断食でした・・・
「ずいぶん体重減ってますね」(いえこれでも4kgもリバウンドしたんです・・・そんなこと言われると油断してしまいそう・・・)

とりあえず今年の腹囲はメタボ検診の基準からは程遠いものでした。

その反動か、夜は日暮里のオコンネルでビールを浴びるように飲みました(笑)
今年に入ってからアルコールを摂取していないのは3日くらいですね。血も抜かれましたが、数値がどのようになっているか気になるところ・・・

5月28日(木)
終日レッスンをしたあと、日比谷の東京會館で「音楽人パーティー」に参加してきました。日本演奏連盟の企画だったので親父にも久々に再会したのですが、偉い先生がたがたくさんで恐縮してしまいました・・・しかし結構楽しみにしていたのに、学校の先生方はほとんどいらっしゃらないのですね。もっとも、東京音大の先生がいらっしゃらないのは僕が作品解釈の授業を抜け出してきた(任意参加なので・・・)ので当然なのですが・・・
とはいえ、G大の先生方には何人かお会いすることができました。本会終了後は、北川先生とバーに行きました。今日はビール、ワイン、ウィスキー3杯にパスティスと飲み進みました。ほろ酔いで楽しかったです!!

5月29日(金)
一日中自宅レッスンをしてました。
トリオを入れると自室は本当にギリギリで、貧乏なのを恨みます・・・

まぁしかしとにかく自分のさらう時間がほとんどありません。
仕事が絶えないのはありがたいことではありますが・・・
もちろん教えるのは好きですが、楽しいと思える限度以上にはやらないように、気をつけないと、惰性でやってしまったら生徒さんにも申し訳ないですからね。

5月30日(土)
27日に引き続き、中野坂上のベーゼンドルファーのサロンで練習をさせていただきました。インペリアルの響きは重厚でもうたまりません。明日のコンサートがとっても楽しみです。休日にわざわざお店をあけてくださったEさん、どうもありがとうございました。
20214091_2857030650.jpg
小腹がすいたので、帰りに伊勢丹の地下に寄って押しずしを買ってきたのですが、上野の松坂屋や池袋の西武との落差にめまいがしそうでした。自分の日常の行動範囲なので両者とももうちょっと頑張ってほしいものですね。

明日の上野のチェロリサイタル、どうぞよろしくお願いします!!
会場入りして、また必死でさらう予定!笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。