リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァカンスに向けての素敵な出会い
昨日の話ですが、、そんなわけで女子高生に囲まれる(笑)、ということでスーツを着て行ったのがよほど珍しかったのか、うちのクラスの高校生クンから写真のリクエストが・・・!そのくらいめずらしいので載せましょう。
35019801_204344942.jpg
さすがにこうして並ぶと僕も歳をとったかも・・・

水戸三高には、今度は10月に僕の方が伺うことになってます。その時もキメていかないと!笑

7月24日(金)
昼過ぎから自宅レッスンに明け暮れました。生徒さんが燕尾をプレゼントしてくださる、とのことでテイラーの方も見えてにぎやかでした。
夕方に終了後、即東中野へ走りました。
M嶋Y大先生に誘われての、飲み会です。前もって予告通りの遅れての登場でしたが、ちょうどおいしいものが出そろったあたりのよいタイミングでした。(とっておいてくださってありがとうございます!)
ずいぶんいろいろ頂きましたが、音楽関係者数名で、親交を深めてまいりました。ずいぶんいろいろ飲み食いしましたが、おいしかったし、お財布にも優しかったですね。東中野侮りがたし。
ちゃんと電車で帰宅。
35019801_2995539098.jpg

7月25日(土)
恒例の隅田川花火大会兼誕生会、今年も開催されました。
午後までモーツァルトをさらったのですが、まずはMJのベランダを掃除することから準備を始めなくてはならず、先日買ってきたデッキブラシとバケツを駆使しての、1年分あるいはそれ以上の汚れ落としは、けっこう大変でした。でも、おかげで、きれいな鑑賞スペースができて楽しく見ることができました。このところグズついていた天気もすっきり晴れましたし・・・風がちょっと強かったけど。
今年はあまり早くから知らせるとメンバーが膨らみすぎると思い、ギリギリの告知になりましたが、ちょうど良い感じでした。
浴衣を着て、みなさんのお出迎えをして・・・開始、
もちろん飲みも開始!
35420598_533133585.jpg
35420598_61617009.jpg
35420598_1289910975.jpg

花火の途中で、僕はホストながら、ちょこっと抜け出しました。わりと近所に在住の土田先生にハノっ子のくみこがレッスンを受けている、ということで飲みに誘われダブルブッキングだったので・・・鶯谷の中華まで、先生と知り合いだというのでT子ちゃんを引き抜いて、ゲタつっかけてお会いしに伺うと、すでに結構盛り上がっているご様子、生ビールをさらに飲み、そして紹興酒を飲みまくり毒を吐きまくりました。同じくハノっ子のM奈ちゃんも居て久々の再開で嬉しかったです。土田先生は、ずっと尊敬していて、お話ししたかったので、こういう形でご縁を深めることができてよかったです。
みんなが待っている?と思い1時間ちょっとでお暇し家に戻りました。

そのまま少しずつメンバーが膨れ上がり、飲みはさらに進行し、午前になってしばらくしたらK音さんが今をときめくD進くんを連れてきて、びっくりしましたがとても光栄でした!10年以上前パリでコンサートに押しかけちょこっと会ったっきりで、憧れの存在でしたから。
2人揃うとビッグな武勇伝が相次ぎ、自分がとてもちっぽけな存在に思えてしまいました。

結局6時頃解散となりましたが、とてもとても楽しい一夜でした。ね?
みんなありがとう!

7月26日(日)
少し片づけて仮眠・・・また10時頃起きだしました。
まずは東京音大へ、夏期講習の打ち合わせ・・・西武で500円で買った天丼をぶら下げていきました。
そのままレッスンになだれ込みましたが、今日は3人で切り上げていったん帰宅しました。

福岡へ行く準備、いちおう2泊3日ですからきちんとしないと・・・
そして、何よりモーツァルトの練習をせねば・・・ということでした。

それでも6時過ぎにはジタバタと家を出て、羽田へ向かわなければなりませんでした。折からの豪雨の影響で、飛行機は少し遅れましたが、無事に15年ぶりの九州上陸を果たしました。長かった~!前回は青春18きっぷでの訪問でしたからね・・・今回はクラスJっての初めて使ったんですが、かなりオトクですね!もともとANA派でしたが、プレミアムクラスは貧乏な僕にとっては高すぎるので鞍替えします。

ホテルも早めに取っておいたので、1万円未満で天神のわりといい部屋に泊まれました。早め行動は大事なんですね。
35019801_4153383433.jpg

7月27日(月)
ついに、また一つ歳をとり・・・カレンダーには無い数字になってしまいました・・・
気分的には、19歳からハタチになった感じで、そろそろ大人にならなきゃいけないのかな?みたいな・・・
朝早く出発し、会場へ向かいました。
今回のステップ、なんと79人の参加者で・・・
コンチェルトの子もかなりたくさん!

夜の8時まで、かなりハードでしたが、その合間にコンチェルトを弾かなきゃならず・・・でも、気合いで乗り切りました。昼休みにちょこっと合わせたんですが、急遽ファゴットの2番を僕が弾くことになり・・・アレンジ・・・結構たいへんでしたが、そのおかげで堂々と楽譜を置いてやることができたので、本番はかえって安心して弾けたかな??この地元のオケの中に、高校の同級生のIちゃんを見つけたときはびっくりしましたが・・・

2009年7月27日(月)16:30-16:50
福岡市立南市民センター  入場無料
ピティナ・ピアノステップ 福岡南
トークコンサート
木村厚太郎指揮 オーケストラ スタイルK
モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 K.488 第3楽章

http://www.piano.or.jp/step/schedule/detail/2009072776112.html

それにしても、短い曲が多いとはいえ、あんな子供たちのころから本物のオーケストラと共演できるなんて、夢みたいですね。僕が初めてオケと共演するのは、やっと17歳になってコンクールの舞台でのことした。ほんの10年ちょっと前ですが、その頃はそれ以外に可能性はありませんでした、どんどん世の中は進歩するんですね。

今回アドバイザーでご一緒した大阪の小原先生という方がとても愉快な方だったのが印象的でした。同じくご一緒した池川先生、そして主催の久保山先生、ともにお世話になりました!

打ち上げと誕生祝いをしていただき、ビールに紹興酒に中華料理を食べた後、ひとり「赤のれん」のラーメンを頂きました。中華をたくさん食べた後だったのでちょっと脂きつかったですが・・・紅生姜入れたら結構いけてしまいました。おめでとうメールの返信にバタンキュー、というわけにもいかず・・・でもうれしかったです。

7月28日(火)
6時起きして、空港へ向かわねばなりませんでした。
カレー食べて機内では爆睡・・・ゴーアラウンドして羽田到着が遅れたこともあり、急いで都内へ、霞が関のクリニックによって、いったん帰宅、荷物を置いて着替え、すぐに出かけなければ、池袋での講習には間に合いませんでした。今日は副科も専科もとりまぜ、8人の指導をして・・・
終了後は前からお約束していた通り、目白のイタリアンでEB原先生にお食事をごちそうになりました。
いただいたイタリアのワインがどれもとてもおいしかったですね!

しかし帰ってきたら夜中でした。
また明日も明後日も・・・自宅レッスンにコンクール審査に・・・8月4日までの連続勤務、がんばります。
スポンサーサイト
コンクール第2弾
7月18日(土)
池袋Day。
朝9時から夜7時まで、ほんの15分ほどの休憩をはさんで働きました。
終了後は、Mちゃんにフロマージュ食べさせて、ほんの少しのカマンベールを残して見事完食と相成りました!!

7月19日(日)
午前中はかなりまいってましたが、午後から始動。
一応、土用の丑の日ですので、南千住の「尾花」にでも行こうかと思ったのですが・・・松坂屋にお中元の手配をしに行って、そこで意外と時間を使ってしまい、夕方からのレッスンに間に合わせるために、結局うなぎ弁当を買って済ませてしまいました。
5727653_1969156369.jpg
5727653_2197539026.jpg
しかしこれをゲットするための行列が意外と長くて・・・急いで帰って夜は11時過ぎまでレッスン・・・

7月20日(月・祝)
ひさびさの休日、だったはずなのですが、今日もお昼過ぎまで起きられませんでした。やはり身体に来ているのでしょうか・・・
うちにもなんどかご招待している先輩のA先生に誘われ、お寿司を食べに行きました。お店は勝手に決めてよい、とのことで、行ったことのある四谷の寿司屋に行こうかと思ったのですが、日・祝休みのようで電話には応答がなく・・・結局、よく目の前を通るのに入ったことがなく気になっていた、御徒町の「勘八」にお邪魔しました。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003613/

下町の気さくな感じの板さんに、伝統の江戸前を教えていただきました。久々のマトモな寿司。堪能いたしました。また誰か連れてきますね!
A先生には、なんか予期せぬことでごちそうになってしまって・・・本当にありがとうございました。また、我が家にご招待しますね。
二次飲みは慣れた店、上野駅の「バニュルス」で・・・

7月21日(火)
審査員シリーズ第二弾は、安川加壽子記念コンクールでした。
出がけに家のエレベーターの中で、偶然、某参加者と出会ってしまい・・・笑
途中まで一緒に行きましたが・・・あらぬ誤解を受けても困るので会場入りは別々にしました。

西武線に乗って、はるばる保谷へ、会場に着くと、予想していなかったほどに大御所の先生方が、実行委員としていらっしゃって、身の回りの世話をしてくださって大変に恐縮でございました。
しかし、実行委員の先生にしても審査員の先生にしても、はたまた事務のお手伝いをしてくださる若い方の中にも、世の中、心の底から尊敬できる人とそうでもない人がいるものだと実感します。我が身にもつまされる思いだったので、精進したいと思います。

審査は大変な強行軍でした、15分プログラムで、1日目は28人中6人棄権で、22人を審査しました・・・10時半に始めて、終わったら7時半、
正直、参りましたね。慣れないスーツルックも疲れました。
とはいえ、必要ですから、帰りがけに池袋でもう一着スーツを新調しました。やれやれ。
帰宅後は、いただいた今半のすきやき弁当を・・・バタンキューです。

7月22日(水)
2日目、棄権者は2名と少なく、21人を審査しました。
それでも、終了は6時近くでした。
全体を通して・・・あくまでも個人的見解ですが・・・
今のところ突出した人も見えませんでしたがかなりレベルは高めだと思いました。次以降の快演も期待できそうですね!
もちろん、そうでもない方、残念な方もいらっしゃいましたが・・・地道に勉強を続けていただけたら、と思います。

審査会議は、大変に公正なやりかたで、十分納得できる結果が出たと思います。残念ながら自分の生徒は通過できませんでしたが、演奏を聴く限り自分もあまり応援することはできず、皆の公正な審査の結果だったと思いますので納得です。

2次へ進まれたかたは、がんばってください!!楽しみにしています。

今日も帰宅途上でスーツの直しを受け取り、さらに身の回りの物をいくらか買い込みました。さいきん、物いりで大変です・・・
今日もいただいたお弁当でかるくビールを頂いて、すぐに練習しました。モーツァルト、27日までに暗譜しなくては・・・!

7月23日(木)
朝9時から、池袋に缶詰でした。

今日は、茨城の水戸三高というところから、見学のクラス(30名くらい?)が大学にいらしていて、
うちのクラスのレッスンを1時間、見学していかれました。
大きな教室で、それでもマスタークラスではなく個人レッスン、ていうのは少々違和感はありましたが、来てくださった生徒さんたちにとって何らかの刺激になってくれていれば大変に幸いに存じます。
もし、ピンとくることがあったら、東京音大にぜひ志願してくださいね。

そのまま夜7時過ぎまで連続レッスン。
帰りがけに、日暮里のクスクス屋さんに3人で行きました。
そして、ザッハートルテの残りも平らげました。

おやすみなさい・・・!
明日も働きます・・・!
いつもありがとうございます
いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

ひさかたぶりに演奏予定を更新いたしました。

もうすぐ、あと2週間弱で、完全なバカンスを4週間ほどとるつもりです。
それまで、必死に働いて、コメントやお便りも少しずつ返信させていただこうと思っています。

なかなか返事が来ない、という方、もうしばらくお待ちくださいませ。

こういう公開の場を設けておいて、本当に私の勝手で申し訳ないのですが・・・
よろしくお願い申し上げます。
はははつよし!!
7月14日(火)
池袋に缶詰になる日。久々にチャリ通。朝ならまだしんどくない、朝9時から、しっかり働きます。
今日の院の授業では、フランクとフォーレというフランスの素晴らしいヴァイオリンソナタを2曲も勉強することができて幸せでした。
これで院は夏休みなので、プチ打ち上げで東通りのカレー屋さん「Tomboy」に行きました。
いつも空い・・・ぃや、10人で行ってもゆったりできる貴重なお店です。そしてランチならそのボリュームの割に、10人分払ってもたいして高くない・・・
5727653_1965328980.jpg
ナンはおかわり自由ですから・・・!

午後も時間延長になるほどしっかり働いて、帰宅しました。

7月15日(水)
午後からG大で明日のコンサートの合わせのため、必死で譜読みを仕上げました。やっと足を引っ張らない程度にはなりました。
終わってから、大丸にスーツを取りに行き、ついでに弁当でも買おうと思ったのですが、結局買ったのはワイン、で、夜は日暮里葵のつけ麺。おいしゅうございましたょ。
もちろんそのあとも必死でさらう。

7月16日(木)
何度か共演させてもらっている高木綾子ちゃん、そして去年の大阪以来の長原幸太くんと、紀尾井でコンサートでした。
朝10時半入りだったので、さらう余裕もなく会場へ。

今回、綾ちゃん、「妊婦さまコンサート」ですよ。素晴らしい!生命の神秘だ!もう8か月くらいになっておなかに第2の生命がいることはバッチリわかるのですが、「別に普通だから~」なんて、なんてことない顔して、完璧に美しく吹いちゃってます。母強し!?ってやつ?
今回もほとんど新曲で、おまけに数日前に曲目追加とかもあっての、突貫工事でした。最初の合わせの時は、「どうなることか・・・!?」ってな感じでも、この2人とだと淡々と、冷静に音楽を作りあげ、それでいて本番になると熱く、とても自然に音楽できる気がします。正直、楽しいっす!(まぁ必死ですけど・・・)
またできる日を楽しみにしてます。
17848725_1707310883.jpg

7月16日(木)
13:30開場
14:00開演 紀尾井ホール
アリオン・アフターン・コンサート2009第2回「高木綾子と仲間たち」
  共演:高木綾子、長原幸太

<曲目>
 *ピアソラ:タンゴの歴史より、ボーデル1900/カフェ1930/ナイトクラブ1960 
(Fl+Pf)
ドビュッシー:シリンクス(Flソロ) 
ライネッケ:フルート・ソナタホ短調「ウンディーヌ(水の精)」 (Fl+Pf) 
     休憩
*イベール:2つの小品 (Fl+Vn+Pf) 
モリーク:フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ  
マルティヌー:フルート、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 

アンコール
Earth,チャルダーシュ

終了後は四ツ谷でプチ打ち上げして、帰宅。撃沈です・・・

7月17日(金)
午前中はちゃんと起きて自宅レッスンをして、朝ごはんも食べず空腹になったので生徒ちゃんに香味屋つきあってもらいました。(もちろん僕もちだょ!)
僕が頂いたのは洋食弁当4200円也です。さすがにちょっと高い気はしますが・・・他ではなかなか味わえないおいしさではあります。
5727653_2269253298.jpg
それから久々に「デン」のプリンも、相変わらず旨かったす。

それからホテルオークラの「大倉集古館」へ行き、9月5日のコンサートの打ち合わせをしてきました。
会場はこんな感じのところで、仏像と向かい合ってピアノを弾くことになりますが、なかなか楽しめそうです。
20214091_602167028.jpg


2009年9月5日(土) 17時30分開場 18時開演
大倉集古館

曲目は
バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ベートーヴェン 6つのバガテル 作品126
ショパン 24の前奏曲 作品28

・・・ということで、ちょっと4月のリベンジになります。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/hana.html

終了後は銀座で「必要な」買い物をし、いつも通り御徒町で髪を切ったり染めたり・・・帰ってきて、27日にひくコンチェルトを譜読み開始しました・・・あっという間に夜中。

明日も朝から○一日池袋dayです。
提出物とか今から仕上げます!眠れない・・・
いつになったら夏休み?
7月6日(月)
G大勤務。
朝から晩まで・・・疲れました。
夜はMJ会。

7月7日(火)
七夕ランチ、ということで東京音大の学食がバイキングになり大混雑!
しかし、一度盛りということで、あまりたくさんは食べられなかった気が・・・
勤務終了後は、雑司ヶ谷鬼子母神の縁日を冷やかしながら都電に乗って・・・
20214091_127689037.jpg
前から行きたかったのにいつもいっぱいだった大塚の焼き鳥やさん「蒼天」へ。全音の、楽譜無事発売しましておめでとう飲み会でした。
噂にたがわず、ひとつひとつの仕事がしっかりしていて、絶品の良いお店でした。
5727653_3765613183.jpg

5727653_1274253957.jpg

日本酒の品ぞろえも素晴らしかったですよ!
5727653_2031636991.jpg
皆さん、ぜひ一緒に行きましょう!
そして、買ってくださいね。楽譜!!
20214091_177372388.jpg

7月8日(水)
G大へ、やっぱり今日も朝から晩まで・・・
終了後は・・・ヴァイオリニストのMちゃんと連れだって、
昨日は雑司ヶ谷でしたが、今日は入谷の鬼子母神の朝顔市・・・
20214091_3993818693.jpg
これもだんだん自分的定番イベントになってきましたね。季節感を感じます。
そして、自宅へ移りフロマージュ会になりました。
思い切って開けたNuits-Saint-Georgesが最高でした。

7月9日(木)
東音日なのですが、ブランチに西武の地下で海鮮丼を買ってしまう・・・
終了後は急いで帰宅して、ひさびさに再会したAちゃんと、生徒を交えてプチフロマージュ会ののち自宅レッスン・・・きちんと夜中まで働きました。

7月10日(金)
G大の試験&p科大部会の日。
同室は東先生と山城先生、そして児嶋先生とはPTNA以来の再会。
今回はあまり問題も起こらずスムーズに終了しました。
部会もスムーズ、すべてスムーズだったので数名の同僚と谷中ボッサへ・・・
その後、霞が関へ向かいヤボ用をすませ、有楽町で夏物などを買って帰ってきました。
そして、すぐに自宅レッスン・・・終わったらやっぱり夜中。

7月11日(土)
さすがに体調がおかしくなり・・・午後までずっと寝てました。
そして、リハビリを兼ねて16日のコンサートの譜読みを開始。
頑張らないと!!

7月12日(日)
雑用をしつつ、練習に明け暮れました。
台東区は2人区なので、結果が一つしか見えず、面白みのない選挙区だったとのであまり意欲はわきませんでしたが、それでも投票はちゃんと行きましたよ!!
まぁ、全体では思った通りの結果になりましたね。

夜はまったりと過ごす。

7月13日(月)
お昼から16日のコンサートの合わせ・・・

7月16日(木)
13:30開場
14:00開演 紀尾井ホール
アリオン・アフターン・コンサート2009第2回「高木綾子と仲間たち」
  共演:高木綾子、長原幸太

<曲目>
 *ピアソラ:タンゴの歴史より、ボーデル1900/カフェ1930/ナイトクラブ1960 
(Fl+Pf)
ドビュッシー:シリンクス(Flソロ) 
ライネッケ:フルート・ソナタホ短調「ウンディーヌ(水の精)」 (Fl+Pf) 
     休憩
*イベール:2つの小品 (Fl+Vn+Pf) 
モリーク:フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ  
マルティヌー:フルート、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 


やばいです。けっこう難しいです・・・
譜読みしたて、とか言い訳はできません!
頑張らなくっちゃ!!!!

死ぬ気でさらってます。

でも、明日も朝から晩まで大学に缶詰です。ふぇ~ん><
審査する側にまわってみたら
またいつものつまらん日記になり下がるかな・・・?
ピアノ弾かなさすぎでやばいです。明日から練習再開せねば!!

6月29日(月)
藝大日、みんなと再会しました。それなりに良い出席率。
昼飯は谷中の「もへい」。
夜までがんばったけど、時差ボケも手伝って相当に疲れました・・・撃沈どす。

6月30日(火)
池袋日。雨ばかり振りますな・・・!
昼飯は「キンペイ」の冷しゃぶサラダ。
夜は、K音さんとK美とY美がお土産のチーズめがけてうちにやってきました。
頑張って運んできたフロマージュ、喜んでもらえてよかったです!!

7月1日(水)
今日は藝大日。
今日も良い出席率。淡々とこなす。
谷中の薬膳カレーが2日酔いに優しかったどす・・・
夜は根岸三社塾でラーメン食べたんですが、新味の味噌とんこつ美味しかったのにもうすぐ店じまいするらしく残念です・・・

7月2日(木)
ブランチを西武の地下で調達し大学へ。
夜まで連続してレッスンし、終了後はFちゃんが遊びに来ました。上野駅でいろいろ買い物してお食事。フロマージュ、そしてやっと届いたザッハートルテ、今日も喜んでくれてよかった。

7月3日(金)
まだ時差が抜け切れていないのか、昼過ぎまで起きられませんでした。
そいで夜まで自宅レッスン・・・
終了後倒れこみ、再び死んだように寝ました・・・が明け方起きてしまい、日記とかシコシコ書く。

7月4日(土)
そんなわけで時差ボケ継続中のまま、コンクール「審査員」初体験でした。こないだまではいけにえの立場でしたが・・・逆転!!フフフ
PTNA特級、第一次予選で、大塚の東邦音大の講堂が会場でした。
雲行きは怪しかったけど、チャリの方が速そうだったし道もいつも池袋行く時の途中なので、シコシコ漕いで行きました。審査員の先生方(秦先生、稲田先生、笠間先生、児嶋先生、干野先生)はみんな顔見知りで、ただ一人名古屋の清水先生とは初対面でしたが、友人や生徒から話はさんざんうかがっていたのでそんな気もせず、アットホームな雰囲気で仕事ができました。

みなさん頑張って演奏されていて、自分もまだまだ負けられん、と思いました。愛情をこめて辛口講評しましたので・・・恨まないでください。
・・・しかし、曲目リスト見て「これは!?」と思っていたら、MJ(自宅マンション)の某隣人が出場されていてびっくり!毎日天井越しに聴いていた演奏を目の前で聴いてしまいました。意外と緊張している様子で、なんだか「がんばれ」って思っちゃいました。・・・もちろん極めて冷静な配点をさせてもらい、講評ではすごく実感こめて改善の提案をしました!(辛口ですけど・・・)
おんなじピアノ弾き(ライバル)だと思い今まで苦言していたけど、やっぱ立場違うのかな・・・と実感し、博愛精神が生まれてしまいました(苦笑)。がんばってね!
上野に買い物に寄って帰宅。夜は後輩のYさんが来宅し、フロマージュ会をしました。ぜんぜんなくならん!!

7月5日(日)
2日目、欠席の方もいらっしゃり早めに終了。

審査会議ってのも初体験でしたが・・・詳細はもちろん内緒。だけど、極めて、信じられないほど淡々とフェアに決定。まぁ国際コンクールとは違うのでしょうね・・・
みなさんそれぞれ違った点数の付け方でしたが、今回は平均を出したら僕の審査した点数順とまったく同じようにきれいに上位がハマったので、何の不満もありませんでした。最上位の人たちへの点の付け方が僕は辛かったみたいですが・・・(だってどうしても基準は国際コンだから・・・)
進出が決定した皆さんは、おめでとうございます。次もがんばってください。

東京駅までS水先生と同行し、大丸、ヤマハ、ビックカメラで買い物し、鶯谷でラーメン食って帰宅したら疲れて夕寝してしまいました・・・

明日もまた藝大。同じ一週間の始まりです。
Paris→Tokyo食い倒れ!?
6月24日(水)
ウィーンよりパリへ移動、夜はシャンゼリゼ劇場でピリス様のコンサートでした。
20214091_3007318293.jpg20214091_864968408.jpg

イケメンチェリストPavel Gomziakovとの共演。
プログラムはショパンが中心で、
練習曲op.25-7 (ピアノ+チェロ版)
ピアノソナタ第3番
リストの悲しみのゴンドラ(ピアノ+チェロ版)
が前半、
後半は
マズルカ op.67-2 67-4
それからチェロソナタ

最後は遺作のop.68-4 のマズルカで、
非常に素敵なコンサートでした。
20214091_972441066.jpg
終演後お会いしに行ったら、パリ音楽院時代の友人Sodi Braide君にも会ってビックリ!いろいろ話しました。
夕食は一人だったのですが、学生時代よく通ったBistro Romainのカルパッチョ食べ放題で・・・
5727653_3394279645.jpg

実はこの日、宿をとってなかったのですが、パリ到着後(おいおい・・・)連絡した友人たち、この日に限ってNGで、かといって目上の人の家に転がり込むには申し訳なく、開演1時間前にスーツケースを引っ張ってホテル探しをする羽目になったのですが、どこも100ユーロ以上するうえに今夜は空室なしとかって返事・・・でもまもなくサンラザール駅近くで100ユーロ未満で無事に見つかって事なきを得ました。フランス語が通じるってありがたいですね。ドイツも楽しかったけれど、ドイツ語は少し考えないと出てこない、そこ行くとフランス語は自然に出てくるし、やっぱり第2の故郷という感じで非常に落ち着きます!

6月25日(木)
雑用をしたり、いつもの宿の「田近亭」に移動したりしているうちに夕方に・・・
今夜はOpera Bastilleの小ホールでラヴェルの「子供と魔法」の室内楽ヴァージョンがありました。
20214091_2184095448.jpg20214091_2224065438.jpg

室内楽だからこそ聴こえてくるエクリチュールが非常に美しくかつ緻密な音楽で、あらためてラヴェルの偉大さを実感しましたよ。今度はオケ版でも聴いてみたいですね。
20214091_1464442601.jpg
(今回の旅行後半の戦果)

さて、終演後は、一緒に行ったMakiちゃんと、さらに作曲家のノンちゃんを誘って、クスクス喰らいに行きました。
パリに来たら必ず行く、というくらいの、僕のカルチェ、マレ地区のクスクス屋さん「Chez Omar」です。相変わらずあわただしい雰囲気でしたが、クスクスのヴォリュームはすごい!!
5727653_2855832313.jpg
(左の肉、一人前です・・・)
5727653_1274470305.jpg
モロッコ人の店員もノリノリで、楽しく腹いっぱいになりました。

6月26日(金)
昼は1月に共演したM瀬S吾君とランチ。
20214091_3215936424.jpg
サンルイ島の素敵なレストランで、おいしかったですよ。
5727653_21183350.jpg5727653_420742066.jpg
その後Galerie Lafayetteへ行って日本へ持っていくお土産、ワイン8本、チーズを4キロくらい買いました。行きつけの店にも行きたかったのですが、時間がなかったので・・・

夜は、前回もお邪魔した
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-110.html
大家さんのご両親に夕食をごちそうになりました。
僕の住んでいたカルチェ、マレのレストランです。

20214091_1150143921.jpg20214091_3369637175.jpg
20214091_4249707284.jpg
(左手奥の少しくすんだ家が僕の住んでいた建物です。)
5727653_1598739943.jpg
(サレール牛のステーキ、赤身で程よい噛みごたえがあり最高)
お宅にもお邪魔し食後酒に1940年物のポルトを頂きました。
5727653_421863724.jpg
意外に力強い風味にびっくりしました。ムッシューマダム共に80も後半ですが・・・お元気でお過ごしください。

翌6月27日パリを発ち・・・

6月28日(土)
早朝に成田に着きました。
もわっとした空気に・・・帰国を実感しました。
これはこれでまあ落ち着きますね・・・!

仮眠ののち夕方、早速ふらりと浅草に出かけて、うなぎ屋へ吸い込まれる・・・
5727653_3357626369.jpg
いつもは蕎麦なんですが、今回は「うな鐡」のひつまぶしが日本食食べ初めでした。
夜、帰宅後は、とある先生とMJの住民が入り乱れてチーズ宴会をしましたとさ!!

でも、明日からは13日間連続で仕事です。一日たりとも休みはありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。