リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつやすみはレバーがつかれる
8月16日(日)
朝は8時前から高砂へ。
帰ってきてしばらく練習しましたが、収拾付かず、暗くなってから名古屋へ出かけました。いつもお世話になっていて、9月には共演していただく松川さんのおうちにお邪魔しました。僕の好きな龍力の「米のささやき」大吟醸を冷やしてくださっていたので、おいしいケーキとともに頂きました。

8月17日(月)
9月の演奏会のために合わせをしました。
モツのフルート、ハープのコンチェルト、フルートの野瀬さんとのデュオの牧神はまぁいいとして、予定されているブーレーズのソナチネ。とっっっっっっても難しいのですが、ほとんど練習していなかったのに合わせるということになり、実に悲惨でした・・・というか本当に難しいです。それだけやっていればまだどうにかなりそうなのですが・・・どうなることやら?
他にも譜読みしなければいけない曲は山ほどあるので、もしかしたらごめんなさいしてしまう可能性もありますが、できるところまでは頑張ります。
・・・と、そんなトホホな合わせの後ではあったのですが、名古屋の街に出て、地元出身のRちゃんと、蓬莱のひつまぶしをいただきました。こういうB級系の食べ物もやめられないですね。ここは早々と退散。
5727653_1061748344.jpg
そのまま松坂屋の地下でフルーツなど買って、とっておいた栄のホテルのデカ部屋に行きました。去年フェイラーのときにとまったところです。

35019801_2457839097.jpg35019801_3728375783.jpg

でもなぜデカ部屋かって・・・

もちろん宴会をするためです。いい加減たまってきていたので、わざわざ東京からワインや焼酎、持参したんですから!後ほどRちゃんの先輩?のYちゃんも加わり、短い時間ですが楽しく語り合いました。少し頭が回ってきたころ解散となりました。

8月18日(火)
キングサイズダブルをフルに使って、酒量のわりには快適に目覚めることができました。そのまま東京に帰ってきてから東京駅でとんこつラーメンと明太子ゴハンと餃子のセットを食べ、寄り道をしながら帰り、ゴロゴロしていたらこのような素晴らしいものが次々に届きました。
5727653_3537945143.jpg
宴会、しようかとも思ったのですが、あまりノリが良くなかったのと、明日からの4日連続宴会を考えるとここはおとなしくするべきかと考えなおしました。でも、鮮度が大切なだだちゃはすぐにゆでて、ほんの少量のビールで、ちょっとだけ肉を焼き、つつましく、でもおいしく、頂きました。
だだちゃの残りはしっかり冷凍してありますよ!いなかから買ってきたとうもろこしもゆでたりして、自然派の夕食でした。

8月19日(水)
また朝から京成に乗って出掛けていたのですが、帰ってきたら異様に疲れてしまい、昼寝・・・昼は豆と肉と塩もみの瓜とキムチと冷麺(笑)
夕方からは広尾に出かけました。
今日はイタリアン。
すごーく久々に伺った、「ラ・ビスボッチャ」です。ここの料理って本当にシンプルなんだけど、豪快で、まさにローマあたりのトラットリアの趣で、ジャパンナイズされてなくて、最高ですよ!!
5727653_2997780438.jpg5727653_4199280605.jpg
5727653_1194734689.jpg5727653_443924107.jpg
5727653_430359244.jpg5727653_2798320933.jpg
招待してくださったHさん親子、ありがとうございました!お二人があまり飲まれない方なので、僕も控え目にした結果、最後まで冷静に、お話もとても楽しくすることができました。
それにしても僕はいろんな人に目をかけてもらって本当に幸せです!お世話になる一方で、ほとんど何もお役に立つこともできていないのに・・・
でも、感謝の気持ちが強いからこそ、この輪をつないで行きたいですね!

8月20日(木)
朝から6時間にわたってレッスンをしました。(夏休みったってね!)
それから出かけて、銀座の"緑の"ドトール(あそこです)で札幌からやってきたMちゃんと束の間のお茶をしました。そのあとは、THのKM谷先生が六本木の焼き鳥やさん「八兵衛」に連れて行ってくださいました。あまり飲みもしませんでしたが、僕は半ば怒りながら愚痴を言っていただけなのに、うんうん、って聞いてくださって、本当にすみませんでした。
おいしかったのに、つまらん話をしてしまって・・・
福岡由来の店らしいですが、鳥もおいしかったですが、酢キャベツと、食後のゴマプリン?がとっても美味しかったです!

まだまだ未曾有の連日宴会は続くのでありますが、夜以外は家で野菜を食べ、健康に乗り切ろうと思います。
スポンサーサイト
ぼくのなつやすみ(その1)
8月9日(日)
朝一で所用のため葛飾の高砂まで外出し、11時に戻ってきてから晩まで、10時間を超えるレッスンをいたしました。
精根尽きはてましたが、がっぽり稼ぎました(笑)
誕生日ケーキまでいただいてしまったし・・・
5727653_1464356072.jpg
朝ごはんにまで登場しましたが、とてもおいしかったですよ。

8月10日(月)
基本的には疲れ果てた精神のリハビリをしていたのですが、夕方はまた高砂に行ってとても面白い体験をしました。まぁそのうち書きます。
ある生徒くんの日記に触発されて、帰りに堀切のラーメン屋で醤玉(じゃんたま)そばなる油そばを喰らう。ビールが欲しくなるものの飲みませんでした・・・

8月11日(火)
後輩のAちゃんにねだられて(笑)香味屋ランチに行きました。
今日はボロネーゼ食べてみました。あ、じゃなくてミートソースだ。
5727653_4195455191.jpg
そう、ボロネーゼというよりはミートソースという感じで、アルデンテとかではなくって純日本の洋食という感じの、一皿でございました。昔懐かしい贅沢の思い出、て感じの逸品かな?

8月12日(水)
朝は家の片付けなどをして(あまりの乱雑さにちっとも進行しなかったけど・・・)午後、ひとりだけレッスン、
夕方は今日も高砂通い。

8月13日(木)
今日もひとりレッスンして・・・それも学校の子、つまり無料、そして後ろが詰まっていないから比較的長時間です!(えらいなぁ)さらに食育と称してまた香味屋へ。最近通い詰めてますね・・・
5727653_3591863091.jpg
5727653_2720655937.jpg
オムライスと定番のメンチカツですが、卵の表面が鏡のようです!

夏期講習のザルツブルクの土産話を聞かせてもらい、懐かしい気持ちに浸りました。僕も1997年から2005年にかけて、6回も通った思い出の街なので・・・また行きたいな!
夕方は所用で上野へ。お金も時間もどんどんなくなります・・・

8月14日(金)
母親の墓もあるし、お盆だし、ということで父方の実家へ、一年ぶりに行きました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-170.html
今回は趣味と実益を兼ねて(?)
つくば駅でレンタカー借りて行きました。運転するの、何年ぶりだろ?って感じですけど、特に違和感もなく・・・いや、ありました。というのは、なんか最近流行っているのでプリウス借りたんです。そしたら、まずエンジンのかけかたがわからない(当たり前)シフトレバーの使い方もわからないし、クラッチのところにパーキングブレーキだし・・・
まぁ、でもなれれば実に快適なクルマですね。売れるのもわかります。
35019801_3755497118.jpg
本当は、友達を誘って筑波山にでもドライブに行きたかったのに、前の日メールまわしても誰も乗ってくれず、仕方なく、朝早く田舎の家に直行しました。
35019801_2618636377.jpg
35019801_3022411484.jpg
筑波山が間近に迫る町・・・
35019801_347570988.jpg
35019801_1863662856.jpg

家も車も年季が入っています。
35019801_1153887668.jpg
35019801_1323390928.jpg
どうですか?まぁ文明社会からは程遠いのですが(笑)
資産の無いプロレタリアート年金生活は貧しいので(笑)クーラーもありません。暑いし虫の声も筒抜けだし何よりフスマ隔てて筒抜けのイビキに悩まされほとんど眠れず・・・日頃防音マンションを締め切り夜もクーラーガンガンで、近隣の練習音に神経を立てていた自分の生活の悪しき文明化を実感しましたよ・・・こういう原風景は、ちゃんと守らないといけませんね。
でも、祖母やその他親戚たちがみな一通り達者でやっているのを見て、安心しました。

8月15日(土)
朝早く田舎を抜け出して、帰宅しました。60キロ走って満タンにしたガソリンが1.5リットルしかなかったことに、低燃費を実感しましたね。(まぁ誤差はあったでしょうが)
朝10時にはすでに東京の自宅でレッスンしていましたから・・・

そして、午後は横浜へ出かけました。
県立音楽堂で、飯森先生がベトのシンフォニー全曲マラソンコンサートをやっていて、その最終日でした。
ヴァイオリンの舞ちゃんとお友達のT君に誘われて、行くことにしたのです。
今日は8番と9番、こないだBSでやってたカラヤンBPOとはまた違った趣でしたが、若いソリストも素晴らしく大変白熱した熱演、会場では、特に終演後、東響のみなさんに会うことができてよかったです。もちろん飯森先生やコンマスの高木さんともお話しできたし。

暑い中スーツを着込んでいったのには理由があって・・・
前述の2人と「終わったら飲みに行こう」と約束していたのですが・・・
今晩はフレンチのフルコースに招待しました!
こないだイトコが結婚式やったみなとみらいのこの店に行ってみました。
グランシエール葉山庵
http://www.hayamaan.com/grandciar/
この店のポイントは、フレンチなのに健康に良さそうなところ!
ヘルシー感がありながらおいしかったですよ。コッテリじゃなきゃフレンチじゃねぇという気分のときには向きませんが、ここのフォアグラ茶碗蒸しは本当においしい。
とはいえこう毎日遊んでいると、だんだん財布も軽くなってきますが・・・(笑)お値打ちで有名なプピーユを開けましたが・・・
でも、大切な後輩は、もっともっと大切にしたいし。喜んでくれたのでうれしいです。僕も先輩にしてもらったことだから、これからもがんばって働くんだ!

野暮なので、写真は撮りませんでしたので、内容を文字で。

<冷たい前菜>
佐島の鮮魚と阿武隈川メープルサーモンのデリス
福島産オクラのソース
<温かい前菜>
三浦地鶏の低温調理 旬野菜のサラダ仕立て
胡麻味噌風味
<スペシャリテ>
フォアグラの茶碗蒸し トリュフの香り
<魚料理>
活〆アナゴと新ゴボウの赤ワイン煮 カヌレ仕立て
ゴボウのグラスを添えて
<お口直し>
福島産夏トマトのグラニテ バジルのジュレ
<肉料理>
仔羊背肉のロースト
神本さんのナスとクルジェットのタタン仕立て
<デザート>
パティスリー葉山庵生野シェフがイマージュした
真夏のグランデセール
<食後のひと時に>
バラの香りのセーデルブレンドティーまたはコーヒー
小菓子と共に
<パン>
焼きたての豆乳パンと天然酵母パン
東京湾大華火祭
行ってきました屋形船初体験!

ところで出かける前に気がついたんですが、我が家のベランダから、ついにこいつが見えてきました。
9532801_2983438028.jpg
そう、押上に建設中の東京スカイツリー(新東京タワー)です。
9532801_625019636.jpg

http://www.tokyo-skytree.jp/

すでに相当の存在感がありますが、最終的にはこの数倍の高さになるのです。なんせ東京タワーの倍近い高さになるのですからね。下町の誇りですね!

さて、木場の船着場から屋形船乗ったのですが、けっこう揺れるんですね。でも酒をガブガブ飲んでいたせいか、船酔いとかにはなりませんでしたが・・・つらそうにしている方も少々いらっしゃいましたね。
35916097_941711410.jpg
35916097_1895904057.jpg
35916097_2123878596.jpg
35916097_1706352340.jpg
今日は花火でゴタゴタということで火は使えず、銀座「あさみ」というところのお弁当でしたがこれがとても美味しかったですよ!

連続写真を大量に撮影したのですが、ここには、ちょこっと厳選の抜粋。
35916097_30827139.jpg
35916097_322203575.jpg
35916097_849439851.jpg
35916097_546575537.jpg
35916097_1387668287.jpg
35916097_1662453447.jpg
35916097_1808996613.jpg
35916097_2938340808.jpg


もうね、感動しました。光と音とのタイムラグからいうと、打ち上げ地点から200mくらい、もう尺玉なんか上から降ってくる感じでした。
花火がきれいで迫力満点だったことはもちろんですが、最も特筆すべきことは会場の空気が一つになっていたこと、東京港全体に花火の音、そして観衆の歓声がこだまし、皆が花火という一つのイベントに酔いしれている様に感動したのです。
来年もこの東京という街が平和にこの大会を迎えられるように、そしてここにいる皆が元気で再び集えるように、強く祈りました。

同じ風切り音、爆発音でも、まったく同じこの街で64年前に響いたそれは、悪夢以外のなにものでもなかったのですから。
それから生き続けた人、その後に生まれた人、そしてその時息絶えた人々の魂すべてが、この平和の上に成り立つ美しい花火のもと、ひとつに集っているように感じられ、思わず感無量になり涙が流れてしまいました。
花火そのものからは、タイミング、スペーシング、重ね方、色遣い、など、ピアノの演奏にも通ずるいろんなことを僕なりの感性で感じ取り、とても勉強になりました。

このような芸術的な美しさに触れると、世の中、実に小さく、みみっちく、思考停止状態の、くだらなく、せせこましく、馬鹿げたことばかり言っている人間が、自分の身近にも少なからず存在することを改めて嘆かわしく感じるのですが、たまにでもこうして心を一つにできる瞬間があると、ああまた一年頑張ろうという気になれるのですから、瞬間の芸術はやはり素晴らしいですね。
世の中、最も大事なことはやはり芸術的な感性と豊かな素直なまっすぐな感情だと思うのです。
音楽家もがんばらねば!それを持たない人がどうしてモーツァルトやベートーヴェン、プロコフィエフやメシアンを理解できるのですか?世の中の汚さや自分自身の醜さ、人間のぶっちゃけた感情を直視できない子供がどうやって一人前の芸術家に成長できるのでしょうか?

型にはまったきれいごとでは芸術には到達できません。ガチンコでぶつかりあう人間の感情の渦を体験し、それを表現しなくては。
やっとこさ
8月4日(火)
朝から池袋でレッスン。
終了後は、代々木上原に行きました。みそつけ麺たべて・・・
MusicasaでY社の試弾会がありました。
ただ練習してれば良い、とか言われてたので譜読みする楽譜を持っていったのですが、実際には・・・マイクまで取り付けられカメラは周り・・・ギャラリーもたくさん、というところで、試弾!でした。
なんで急きょ練習もしてなかった熱情をネタに・・・!

終了したらさすがに力が抜けました。
これで、いちおう夏休みです!!ヤッター!
とはいえ、まだちょこちょことは働きますが・・・連続労働は一時停止です!

8月5日(水)
文字通りの腑抜けでしたが・・・
でも家を片づけたり、メールなどの整理をしたり、いろいろしているうちにあっという間に夕方に。
京成に乗ってちょこっと郊外の散歩に出かけ、帰りがけに上野で松坂屋のお中元解体セールへ!すごい人でしたが結構な掘り出し物をゲットできました!!

8月6日(木)
まずは、64回目の原爆の日に祈りを捧げます・・・

恩師加藤先生の追分の山荘に伺いました。
おととし以来の久々の訪問でした・・・上野から新幹線でわずか1時間弱、軽井沢の駅を降りた瞬間に、やはり空気が違います。
35019801_3289311742.jpg
しかし、人はどこへ行っても多いですね。
5727653_122474667.jpg
ライスコロッケとケルシュなんですが、
これってイタリアのアランチャータみたいなもんですね。なんだかどちらも懐かしい味わいで思わず撮影。

山荘、そしてお山や森などの写真は、なぜかとりませんでした。先生夫妻、そしてネコちゃん、そこに流れる独特のテンポと写真の気分が合わなかったので・・・

で、何をしていたかというと、お食事やお酒をごちそうになる以外、ほとんどピアノを弾いていました。誰にも邪魔されず、誰の練習も聞こえず、学生にも聞かれず、自然の中でひたすら練習、ラフマの譜読みがだいぶ進みましたよ!
素晴らしい贅沢なひととき、先生、ありがとうございました!

8月7日(金)
美知子先生が素晴らしい地場野菜でつくってくださった夜ごはんまでごちそうになり、最終、に近い新幹線で上野駅に降り立ったのですが、追分を出る直前に、パリから一時帰国中のぽっちゃり王子ことS谷からメールがあり、日暮里のいつものオコンネルで深夜ビールを飲みました。
一年以上会っていなかったので、積もる話がありましたが・・・
なぜか自分の一年間での変化を実感してしまいました・・・いろいろ大変だったからなぁ・・・

8月8日(土)
朝は自宅レッスン、
今日も香味屋でカレーを食らいました。
5727653_4105226538.jpg
写真あまりおいしそうではないけどおいしかったです。

これから木場に出かけて、屋形船です。
東京湾花火大会!お願いです雨さんあんま降らないで!それか早く降っちゃって止んで!

明日は朝から夜中まで、考えるのもうんざりするほど連続で自宅レッスンなので、束の間の楽しみです!
たいせつな勉強
7月29日(水)
今日から第6回安川加壽子記念コンクールは第2次予選に突入です。
また保谷に出動、なのだけど、今回は午後からでした。
1人、自宅でレッスンしてからの出動。

委員長は変わらず多美智子先生ですが、メンバーは少し入れ替わりました。野平先生とか青柳ススムさんとかがjoin。
とにかく夜まで、ひたすら聴きました。
古典のソナタ一曲、そしてバッハ、ラモー、クープランのいずれか、という課題。一次の時とはだいぶ印象が異なる参加者もチラホラ・・・古典ってやっぱり難しいんだな~と実感。

夜まで働いて、帰りがけススムさんが池袋で中華おごってくださいました。芸劇楽屋口すぐそばのここの名物という黒酢酢豚、メチャおいしかったです。

帰宅、睡眠。

7月30日(木)
2日目、今日も、でかける前に、別のコンクールを受けている生徒を一人レッスン。
さて、コンクールは昨日と同じ印象はありましたが、昨日より拮抗している感じでした。審査会議は、同点者すら出ず誠にすんなり終了。最上位は完全に納得。中間層はまぁだいたいOK。という感じの結果。やはりみなさん少しずつ考えることは違うようですね。
でも、だからこそ9人もの審査員がいるわけで、コンクールというのは本当に奥深いものだと思いました。この経験を生かして作戦を練ってから参加していれば、今まで自分が受けたコンクールでももう少し良い成績を出せたかもしれない。と思いました。
まぁ、後の祭りですが・・・

今日はさっさと帰宅。それでも最終バスの一本前でした。
帰ってから、某参加者くんの残念会をしました。お疲れさまでした。僕も今回は強くは応援できなかったんだ。いつものキミじゃなかった。
でも勝負は時の運だから!次がんばれ!

会が終了したら明るくなってましたが・・・

7月30日(金)
審査員としては昨日でお役御免だったのですが、途中まで首を突っ込んだコンクールだったので最後まで見届けるべく、眠い目をこすりながら朝から保谷へ向かいました。

フランス音楽を課題とする本選の演奏は、さすがにほとんどの方が渾身の熱演で、素晴らしかったです。疲れて崩れてしまったケースもなかったわけではないですが、十分にハイレベルな戦いで、このような本選参加者を選出できたことを審査団の一員として誇りに思いました。

たくさんの重要人物が来訪していて、レセプションではスピーチまで求められてキンチョーしましたが・・・無事に務めあげました。
こんな新人の僕(今回は4日差で年齢制限にひっかかり出場はできない身分でした・・・)ですが、今回本当に素晴らしい経験をさせていただきました。
若い参加者たちの真摯な熱演から多くのインスピレーションを得て、大変な励みになりました。もちろん他人の振り見て我が振り直せ、という部分も・・・それはそれで素晴らしい勉強でした。

審査委員長の多先生、その他審査員の先生方、委員のみなさま、裏方で働いてくださったすべてのスタッフの方々、そして演奏してくれた参加者のみんな、どうもありがとうございました。

そして優勝した仁田原くんおめでとう!特に2次予選は本当に素晴らしいものでした。

帰りは日暮里で一杯やって・・・12時過ぎには帰宅。

8月1日(土)
午前中はボーっとしていましたが、
午後に入ってからまずなまりきった指のリハビリ、ちょっとガスパールとか弾いてみたけどぜんぜん弾けない・・・
そして朝日カルチャーセンターのレクチャーの準備をささっとして。
新宿へ出かけました。

「変貌するバッハ」

というテーマで、おもに自作の編曲について、その哲学や手法などをとめどもなく語りましたが、それでも面白い、と思ってくださった方がかなりいらっしゃったようで良かったです。今回、あまりピアノを弾かずに済ませてしまったのが心残りでしたが、上記のような生活であまり楽器を触っていなかったので・・・

しかし、このレクチャーシリーズ、レクチャーと銘打ちながらも、毎回、自分の考えかたやしてきた勉強について再確認を迫られ、自分にとってとても勉強になります。それにつきあってくださっている受講生のみなさまに本当に感謝です。

終了後は楽譜やCDなどにサインをさせていただき・・・
特に悪さをせず、スーパーで買い物だけして帰宅しました。

安売りのスルメイカ買ってきたので、酒飲みながらイカの塩辛を漬けてみたりしましたが・・・おいしくできるかな?

8月2日(日)
昼過ぎまで、上野や有楽町に出かけで所用をすませたりカレー食べたりしていましたが、帰りがけに上野駅から自転車出した瞬間に土砂降り、濡れました。
夕方から夜まで自宅でレッスン・・・、みなさんコンクールとか準備されてますが、・・・どうなることやら・・・?安川コンクールのようなハイレベルなものではなさそうですが・・・

8月3日(月)
朝9時から東京音大でレッスンです。トイレ休憩以外ノンストップで・・・3時過ぎまでレッスンしました。
6時に渋谷で待ち合わせで、いったん帰るのは億劫だったので、25年超ぶりに、サンシャインに行ってみました。腹ペコで、どの店もかなり混んでいたので空いていたイタリアントマトでお茶しました。東京音大の周辺だけ見て、池袋ってなんとなく冴えない町だと思っていたけれど、本当はこっちの方に人が流れているんですね。

渋谷で待ち合わせ、向かった先は代官山の小川軒という老舗の洋食屋さんで・・・僕をサポートしてくださる親子・・・お二人ともすごい経歴の頭の切れる賢人さまなのですが・・・にお招きいただきました。こんな高級店、ひとりじゃ敷居が高いのですが・・・どの品もシンプルながら非常に丁寧な手の込んだ逸品でした。どうもありがとうございました。代官山のタワーマンションにちょっとお邪魔して、しばらく談笑ののち帰宅しました。
70代と40代と30代の会食・・・人生について考えさせられました。

明日も池袋と、代々木上原で働きます!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。