リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ巨大危機に突入
10月18日(日)
朝から2名レッスン・・・
それからメンコンを必死でさらう。

10月19日(月)
やっと夏休みが明け、今日からG大へ。
ほどほどの欠席者の合間を縫ってメンコンを必死にさらう。
わき目も振らずに、とはこのことです。
帰宅後ももちろん11時までさらう。

10月20日(火)
今日も朝から池袋へ。
夜まで働いて、終わったら夜中まで必死にさらう。
まだまだ暗譜が出来上がっていません・・・
明日弾くラフマもさらう。必死で。
インフル病み上がりの生徒と濃厚接触wwしたことがちょっと気がかり・・・

10月21日(水)
朝のうちに出発、水戸へ。
春に東京音大に見学に来てくださった水戸第三高校にお招きいただき、演奏と特別レッスンをしてきました。
水戸城址のとても環境の良い学校でした。
ラフマニノフのソナタは、後半燃料切れでしたが・・・
高3と高1の生徒さん、2人ともショパンを準備してきてくれたのですが、とても情熱たっぷりで完成度の高い演奏をしてくれて、僕も気が引き締まりました。
父方が茨城の出身なので、やはり親近感がわきますね。みなさん、ありがとうございました。上野の家からも行きやすいので、また機会があったらうかがいたいです。
近いとはいえ、帰宅したらもう真っ暗でしたが、残された時間でメンデルスゾーンを必死でさらう・・・笑

10月22日(木)
午前、あわてて荷造りし羽田に向かい、伊丹から守口市の練習場へ直行。食事ののち初オケ合わせでした。指揮の児玉さんは余裕たっぷりの方で、不安におびえる僕を勇気づけてくださいましたが、初回ということでなかなか思うような音楽ができず大反省。
ここでさらいこまなかったら、僕は大きな汚点を残してしまいます。

生徒のRちゃんが地元の先生のつてで練習できる場所を探してくれて、大感謝でした。豊中市にある、お医者さんを引退された個人のお宅の庭にできたホール・・・(スケールが・・・すごいです)

なんだか熱っぽく身体もだるかったのですが(インフルじゃないだろうな~~!?)素晴らしい音響にモチベーションも上がり、メンデルスゾーンはもちろん、スクリャービンの解凍、ブーレーズのふよみも開始。あっという間に4時間が経ちました。

福島のホテルに着いたのは10時過ぎで、夕食は吉野家でさびしく・・・
インフル疑惑のためすぐに寝る。

10月23日(金)
早起きして朝マックし、ピアノを貸してくださる女神様のような先輩(ルヴィエクラスの姉弟子)Nさまのお宅に伺いました。
都心の天満橋すぐ!立地も便利で、もう素晴らしすぎる!エントランス、廊下の広さからしてうちの倍はあります!!実際床面積も倍あるのだとか・・・?そしてオーナーさまです。やはり堅実な人は偉大です。
ピアノの部屋だけはうちの方が広かったですけれど、部屋数が違いますからね~~~
ともかく、この苦境にあって練習させていただけたのは非常に助かりました。ホンマにありがとうございました。ごく近所に住むrintaroと再会し3人で素晴らしいカフェに行って昼飯。そのまま大日へ。
今日のリハは欠陥をすべてクリアしたとはいえないものの、どうにか面目を保てる演奏ができました。どうにか明日の本番につなげそうです!

終了後は昨日と同じく豊中のお宅に伺い夜まで練習しました。
ホテルにもどる途中で「いかり」によって買い込んだ惣菜で一人晩酌。
体調は小康状態、どうやらインフルではなかったようです。

10月24日(土)
起きて、支度して、吉野家で朝飯食ってシンフォニーホールに入りました。この楽屋Eも一年ぶり。次はいつ来られるかな?
17848725_2660976250.jpg
(写真は去年のものですが)
リハは全部通す時間がなかったのでさわりだけ。

今日の公演の大きな特徴は、本番が2回だったこと。
一回目の本番が半ばリハのような雰囲気になってしまい、いまひとつ集中できませんでした。どうしても、もう一回あとで弾かなければいけないと思うと、腹をくくれないというか、全力を出し切ることができないんですね。そんな言い訳をしていてはいけないのですが・・・
それでもどうにか弾ききり、生まれて初めてコンチェルトのときにアンコールをする。月の光で・・・
昼の部終了後、近くでラーメンを食べ、再びホールへ戻る。
また軽く指ならしをしたら、夜の部の出番です。こちらの方が思ったような演奏ができたと思います。昼の部の後、児玉さんがステージでの振る舞いも指導してくださって・・・その結果、出て行った瞬間から気持ちが引き締まり、集中力も違ったような気がします。この2回の比較がすごくわかりやすかったので、次回から心がけようと思います。

2009年10月24日(土)昼の部1330 夜の部1700
大阪 ザ・シンフォニーホール
大阪シンフォニカー交響楽団 指揮・児玉宏
名曲コンサート2009
モーツァルト 交響曲第34番
メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第1番ト短調
シューベルト 交響曲第3番

児玉さん、コンマスの豊嶋さん、そしてオケ、スタッフのみなさん、計2800人のお客様、どうもありがとうございました!

そのまま新大阪行って新幹線に滑り込みました。
帰りがけに上野で、Mちゃんはじめ友人たちの飲み会が行われているということで顔を出し、深夜帰宅、その後プチMJ会。
寝たのは2時過ぎだったかな??

10月25日(日)
かなりぐったりとしていましたが、そうも言っておられず、午後にはブーレーズのふよみを必死で・・・!抜粋とはいえ、されどブーレーズ、やはり手ごわいです!!!27日に初合わせなのですが・・・
必死で必死でさらう!!!

10月26日(月)
G大、今日から生徒の都合で出勤時間が早まり、朝がつらいです。
でも欠席者が多めで助かる。昼ごはんも食べずに、必死でブーレーズをさらう。なんとか合わせられる状態にしないと!!!!
帰宅後も必死で、11時までさらう。

10月27日(火)
朝から、必死でブーレーズをさらう。
午後一でG大で合わせ。今日の合わせでは、打楽器が不在だったのと、ブーレーズ自身が結局どのように棒を振るか想像もつかないということで、半端な形で終わる。とはいえ、いちおう音出しをしておいてよかったと思います。
次は京都で、ブーレーズ本人によるリハですから、恐ろしいですね。
終了後はYちゃんと落ち合い松坂屋のハーブスでお茶。ここ数日張りつめていたもので、どうしてもこういう時間を取りたくなってしまいます。
帰宅後はレッスンを夜中まで・・・スクリャービンさらいたいよ~~~~!!

10月28日(水)
今日も3人レッスンしなければなりません。
でも、メール日記会計その他雑事も溜まっており、やばい状態なので、泣く泣くこなしています。練習しなきゃ!!!!スクリャービンの翌日には弾かなければならないラヴェルも解凍しなきゃいけないし、15日のショパンもふよみしなきゃいけないし、プロコのソナタだってあるのに~~~!!!!!><
明日も学校に行かなければならないなんて!!!???山籠りしたいです。

今日も京成株下落。一時は購入来の下げ幅が100円を超える・・・orz 日経平均が回復基調にあった時期も含め1か月半にわたりだらだら続くこの売り浴びせ、もはやいじめとしか思えません。業績もぜんぜん悪くないようなので理解不能です。
東武も500円割れスレスレ、ほかの銘柄も冴えず、今日の含み損214,881円。完全な塩漬け、もう死にたいです。まぁ無視して練習に励みます。
スポンサーサイト
11月を乗り切れるかどうかはココが勝負だが・・・
10月8日(木)
台風が来て休みになると楽しみにしていたのですが、
結局午後から出講の僕には関係のない話でした。
・・・まぁそれを口実に休む者がいたので結果的には少し楽になったのですが・・・

夜は翔子ちゃんの壮行会ということでプチMJ会。

10月9日(金)
天気がよかったので、昼間は都内を走り回る。
夜は、みずきちゃんの発表会で日暮里サニーホールへ行きました。
さすがにこれだけ近場だとスルーはできませんよ!!

10月10日(土)
夜までおとなしく練習していました。
Fちゃんとビールを飲みクスクスを食べる。
ベリーダンスはやってませんでした。
次は水タバコに挑戦します。

10月11日(日)
6時間のつもりが結局それを大幅に超過し集中レッスン。
くたびれましたが楽しいこともあるのでOK。

10月12日(月)
買い物に出たりしながら、のんびり過ごす。

10月13日(火)
毎週、朝9時から夜7時までレッスンの火曜日。
加えて今日は帰宅後自宅レッスン・・・
その前に急いでクリーニング屋に行き、さらに買い物。
でも、きちんとこなしましたよ!
今日も納豆は4パック68円だったからご機嫌。

10月14日(水)
胃腸のぐあいがおもわしくなく、気分が悪いのでグタグタと過ごす。
まあ、一日休んだらだいぶ調子良くなりました。幸いなことに。

10月15日(木)
木曜日は本来午後からなのですが、今日はお客様が来てたので朝から自宅レッスン、そのままジタバタと学校へ。
途中、空きができたりして、外の風に当りながらお茶したり、いい気分でした。
終了後はYちゃんと(先日のYちゃんとは別人ですw)「蒼天」へ。
37311230_2102966749.jpg
今日も最高においしい!今日はホロホロ鳥の串を堪能する。

10月16日(金)
どうも疲れ気味でぱっとしない体調。
相変わらずさえない株価に落胆しつつボチボチと練習する。

10月17日(土)
ここ最近の怠惰な生活のツケ、というか、溜まりに溜まってしまった雑用をいっぺんに片付ける、メール書き、ブログをアップし、こうして日記を書き、日は暮れてしまいました。これから昼ご飯を食べて、練習します。
10月の疾走開始
10月1日(木)
自分のレッスン終了後、MちゃんがK音さまのレッスンを受けるのでJ館に見物に行く。
本日の最後だったので、部屋に入るや否や
「もうつかれたからレッスンやんなっちゃった何か食いに行こう」
と予想通りのお言葉が飛び出るも、なんだかんだでちゃんと聴いてくださいました。
それにしても、「おれこの曲弾いたことないんだけど」と言いつつ「こんな感じでしょ?」って弾いてくれる音の素晴らしいこと!
やっぱり素晴らしいアーティストには、そばにいられるってだけですごい価値があると思いますね~。その価値がわからない人も、世の中には多いのだけどね。
終了後は前のレッスンの子も合わせて4人で鶯谷園に繰り出し、カルビを食べまくりました。
37311230_3204750452.jpg
K音さん最後に声でなくなってましたけど大丈夫ですか?

10月2日(金)
思い立ったが吉日、ついに部屋の掃除にかかりました。
ほぼ一日仕事、雨の合間を縫って満載の台車で倉庫と2往復し、当面の不用品をだいぶ排出いたしました。ゴミもすさまじい量が出ましたが・・・ひとり黙々と荷物を運びまくったのでちょっと腰に来ました。
まあこれで、比較的初期の状態に戻ったと思います。
とはいえ、酒と食品が減ればまだまだスッキリさせられるだろうな・・・
とにかく狭い家に住む限り、このあたりをうまくやらないと生活になりません・・・書類を書く机がすべて物置になっちゃって、そのたびひっかき回さなきゃならなかったり、最近はなにか作業をするたびに物探しに費やす時間が膨大で生活効率が著しく低下していたので、多少時間をかけても整理した価値はあると思います。

10月3日(土)
午前中、1名レッスン、
すぐに荷造りも済ませ、羽田へ。
松山行の飛行機に乗り込み、席に着こうとすると「菊地くん!?」との呼び声!なんとM瀬先生夫妻が2列前にいらっしゃるではないですか?別に自分の行く仕事にはまったく関係ないでしょうから、これほどの偶然はめったにありませんね。驚きでした。
松山空港からタクシーで本日の宿へ、明るいうちに到着できるなんてめったにありません。久々の和室で、ゴルフを見ながら昼寝。
35019801_1502034005.jpg
宿に込みだった、なかなか美味しい食事の後、伊予市文化会館へ下見に行きました。すばらしく年季の入ったホール、椅子の列番がイロハです。楽器はヤマハの50年選手でした。まだ寝てたので、ラフマニノフとかを弾いて起こしておきました。林苑子先生と連弾の練習も一瞬。
宿へ戻って、温泉ではないものの大浴場にサウナと満喫し、
35019801_3919648502.jpg
合宿かなにかの学生たちを横目に一人さびしく眠りにつきました。

10月4日(日)
今日も100人を超える大型のステップでした。
ミニトークコンサートも普通に乗り切り、

2009年10月4日(日)1300-1320
伊予市市民会館 大ホール
愛媛県伊予市
ピティナ・ピアノステップ・トークコンサート
「ルートヴィヒの七変化-変奏曲の魅力」
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
091004_伊予トークコンサート

夜までアドバイザーを勤めあげました。
伊予は、ピアノが盛んな地域のようですね。こどもたちのレベルがなかなか高かったです。
打ち上げも楽しく・・・午前様に。

10月5日(月)
それでも7時には起きて、準備をしなくてはいけませんでした。

2009年10月5日(月)
愛媛県伊予市
学校コンサート
伊予市立南山崎小学校4-6年
伊予市立北山崎小学校6年
伊予市立北山崎小学校5年

という3回の授業。
内容は林先生がほとんど考えてくださっていたので、
僕はちょこちょことしゃべったりピアノを弾くだけで済みました。
アンコールの声がかかり、ハンガリー舞曲初見で連弾という離れ業も・・・笑

しかし田舎の子供たちは可愛いですね。ピアノを習ってる男の子が小犬のワルツ披露してくれたり・・・
並んで写真撮って「親子みたい」と言われたのはちょっとショックでしたが・・・笑、東京と比べると田舎には若いお父さんも多いのかもしれません。
そして、子供たちと机並べて給食初体験しました!カレーライスでした。牛乳パックのたたみ方を教わりました・・・笑

瀬戸内の海も美しく、もうしばらく滞在したかった気もするのですが後ろ髪を引かれる思いで帰京しました。
日暮里に荷物を預け用事をすませながら帰宅すると、もう夜中でした。
最後、上野から京成で帰ったのですが、日暮里駅がホーム移転してきれいになってて感激です。少々安っぽい建築ではありますが、とりあえず新しいので気持ちがいいですね。出口が不便なのには閉口しましたが、上野から乗って下りホームで降りる客なんてほとんどいないから仕方ないのかね。
35019801_3938032724.jpg
新型スカイライナーも走りだし、来年には成田新線も開業し未来は明るそうに見えますが、株価は急降下を続けてます・・・orz←株主

10月6日(火)
朝から東京音大。
夜は自宅レッスン、
正直、ヘトヘトです・・・

10月7日(水)
一日中寝てた気がします。メンコンの譜読みをしたり、
昨夜買ってきたさんまで下手すぎる寿司を握ったり
35019801_3066225028.jpg
気楽に過ごしました。おかげで生き返りました。台風よ、来るなら来い。結局東京音大は休講にはならない模様。明日も仕事です。
時間とスペースが必要(お金もだが)
9月19日(土)
愛知県小坂井町でのリサイタル。朝から必死でリハ、本番へなだれ込む。
母方のゆかりの地ということで、母の同級生、そして祖母の同級生がたくさん来てくださいました。自分の故郷ではないものの、やはりいいものですね。ラフマニノフも初演ならではの緊張感でどうにか乗り切る。

2009年9月19日(土)15時開演
愛知・小坂井町(豊橋近郊)
フロイデンホール
菊地裕介ピアノリサイタル
ショパン 24の前奏曲 作品28

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36

アンコール
ベートーヴェン バガテルop.126-3
ドビュッシー 月の光
35019801_1257632637.jpg

終了後は、懇親会があり、
17848725_1706435724.jpg
その後祖父が幼少のころから営業しているといううなぎや「丸よ」さんに祖父母と3人で行きました。
37311230_3162428774.jpg
37311230_1424266689.jpg
豊橋風、基本的に関東風の蒸しうなぎなのですが、皮を上にして並べるのが独特ですね。
市電に乗り、新幹線まで送ってもらい、深夜帰宅。

9月20日(日)
スクリャービン、ウィーンの夜会、ショパンファンタジーを必死で練習開始。タイムリミットまであと1週間!!

9月21日(月)
朝9時からからレッスン、夜までレッスン。
10時間以上教えてましたね・・・
終わったら10時近くて、もうさらう元気はありませんでした。

ランチは翔子ちゃんと香味屋で。
今日はビーフシチュー。写真は真っ黒ですがおいしかったです。
37311230_3854887730.jpg

9月22日(火)
午前中、ちょっと大きな買い物をする。
午後は必死でさらう。

9月23日(水)
とにかく必死でさらう。3曲同時練習はさすがにつらいです・・・

9月24日(木)
東京音大でレッスン、明日から高校の実技試験なのでその子たちの最終チェックも・・・

9月25日(金)
もうね。必死で必死で暗譜作業にいそしみました。
本当につらい仕事です・・・笑

9月26日(土)
高校ピ演の試験。
みんな頑張って弾いてますね。
夕方終了後、すぐに退散して必死でさらう。

9月27日(日)
朝から必死でさらう。
そして、お昼過ぎに現地入り。
行きがけに食らったのはすき家のうな牛生卵かけ。

リハーサル、とにかく2時間必死でさらう。

本番では懸念事項が噴出した感はありましたが・・・
とにかく弾き切りました。
聴いてくださったお客様、また僕の新しいレパートリーの開拓に立ちあってくださって、本当にありがとうございました。

2009年9月27日(日)15時30分開場 16時開演
ヤマハ銀座店(仮店舗)サロン
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
ショパン 幻想曲 作品49
シューベルト=リスト ウィーンの夜会第6番

スクリャービン ピアノソナタ第4番 作品30
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36
kikuchi01.jpg

終了後は珍しく打ち上げにも参加!
夏休み明けの譜読み地獄から、一瞬ですが少し肩の荷が降りました。

9月28日(月)
ピ演前期試験二日目@池袋
細かいことはともかく、みんな暗譜が飛ばなくってえらいなぁって思いました。素晴らしい!
終了後は巣鴨のPTNA本部に初めて行きまして、とあるインタビューをしていただきました。2時間以上好き勝手にしゃべりましたが、どんな記事にしていただけるか楽しみです。
さらに、大塚蒼天、再訪しました。今回、カウンターだったので写真もないのですが、相変わらず素晴らしい焼き物、そしてお酒!
堪能いたしました。付き合ってくれたYちゃんどうもありがとう!

9月29日(火)
朝9時から東京音大に缶詰。少々きつし。
院の授業ではプーランクの即興曲を一気に7曲消化。来週もがんばりましょう。
おなかの具合が・・・とか言っていたくせに昼飯は二郎に行ってしまいました。オイオイですね。黒ウーロン茶は飲みましたけど・・・
夜7時に終了後即帰し、さらに1名レッスンしました。コンクルがんばってね!

9月30日(水)
朝からお2人様レッスン、2人とも長引いて、終わったら2時・・・
さすがにここ数日の疲労がたまっていたので寝ました。
起きたらもう暗くなってました。
ここのところ気が回らず家の中が廃墟だったので片づけに着手。大袋3杯のゴミと2抱えの紙・段ボールの処理をする。

そうそう、とにかくこの家がどんどん手狭になってきたので、長年の懸案事項の1つトランクルームをついに導入しました。
今日鍵が届いたので、まずは雨の合間を縫って抱えている大量の在庫CDをもっていきました。(どうか買ってください、お願いします・・・m(__)m)
楽天で買った台車も、きちんと働いてくれました。足りなきゃ複数契約すりゃいいと思ったので、0.5畳の最少サイズですが、まだまだ空きスペースはありますね。これから何を持っていくか考えます。
とにかくいらないものに囲まれて暮らすのにはつかれたので・・・収納場所のほとんどが使わないものに占拠され、機能していません。
どうかこれ以上ものが増えませんように・・・
在庫食糧もこのところ必死で減らしています。基本的に自炊を続けていて、朝食はほぼ毎日クッキーなど、頂いたお菓子類です。糖尿病になりませんように・・・

しかし、最近いつの間にか時間が過ぎています。前回の日記を書いたのが10日以上前だなんて信じられない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。