リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪天候を呼ぶ男?
3月12日(金)
今回は前回のドタバタと違って少し前から決まっていた話だったので、富山には前日入り。最終便でひとっとびです。しかし富山へ着くと、風が強い・・・なんか波乱がありそうな・・・

3月13日(土)
朝はみなさんで吉野家・・・カレーに牛皿というパターン。
そして会場の北アルプス文化センターに到着しました。途中の景色に雪がなく、あ、本当はこういう景色だったのね、と思う。
指慣らしをして、その間にセッティング調整などして、午後、というか夕方に近いような時間から録り始めです。
35019801_1788279427.jpg
35019801_1063227783.jpg
35019801_240377554.jpg
35019801_2446725227.jpg
(この椅子に譜面を置いて暗譜を助けるのですw、というかチェック用)
16番をおしまいまでと、17番の1楽章までできました!

夜遅く、終了後は、お待ちかねの「漁火」です。
46180814_2834871221.jpg
46180814_2472886504.jpg
46180814_1359303572.jpg
46180814_324548795.jpg
このカニの甲羅ほぐしは素晴らしいですよ。大将は大阪のカニ道楽で修業されたかたなのです。

3月14日(日)
今日は初めて富山ANAホテルの朝食に手を付けましたが・・・ソフトクリームまであるとは・・・なかなかですね。
今日の収録は順調に進み、17番の残りと18番全てを録り終えることができました。これで懸案はすべて片付いたと思っていたのですが・・・

3月15日(月)
朝から猛烈な強風、ホール内部にいても、ゴーっと響く重低音が聞えてしまっています。きっついなぁ・・・
前回の大雪といい、「菊地さんの時はなんかあるね~」と言われてしまう・・・笑 次回は雷でも来ますかねぇ??
収録の方も、さんざん弾きこんであるはずの告別でけっこう苦労する。コンサートだったらホールの残響で聞こえないような部分を、超高性能マイクが拾ってくれてしまうので、いつも以上にナーバスになりなかなかOKテイクを出せませんでした・・・昔のマイクならこんな苦労はなかっただろうに・・・とも思ったけれど、そのかわり現代ほどの編集技術も無かったわけだからおあいこですよね・・・
でもどうにか告別を完了!シューマンは、次回に持ち越しです。それでも、ソナタ4曲、普通のCD一枚分はじゅうぶんとれました。

飛行機飛ぶか心配だったのですが、問題なく帰京しました。
そして・・・レッスンしましたよ・・・!深夜まで。よく働いた!!!

3月16日(火)
流石に午前中は死んでました・・・
夕方からレッスンして・・・
それからオペラシティに行きました。いちおう開演45分前には出発したのですが、渋滞しててどうなることかと思ったのですが、命を削らない程度にすり抜けて、ギリギリ間に合いました。
桐朋の1コ先輩の鈴木康浩くんのヴィオラリサイタル、僕も来年出演する、「B → C」シリーズの一環なので、見学も兼ねて行ってきたのですが、これがもうむちゃくちゃ素晴らしい演奏で、感激しました。僕の定番の無伴奏ヴァイオリンパルティータも弾いてくれたし!
いろんな友人にも会えましたし、とても楽しかったのですが、さらにひとりレッスンのためトンボ帰りしました!

3月17日(水)
朝からGay大、合わせです・・・
何かというと、翔子ちゃんと弾く25日のルヴィエ・・・それから星谷さんの新作エチュードでした。はい、大初見大会でした。だって星谷さんのは楽譜その日に仕上がったんだから・・・笑(ルヴィエのは少しまえにもらっていたのですが・・・こちらの都合でww)
それでも有意義な練習ができたと思います。
終了後は自分のレッスン室でその他の曲の譜読みなど・・・
夕方ラーメン食べて帰宅して、2人レッスンしました。

3月18日(木)
今日も朝からG大、内容は昨日とほぼ同じ。
翔子ちゃんと根津の「釜竹」でうどんランチ、絶好の散歩日和ですよ!!
46180814_3893568031.jpg
46180814_1983394992.jpg
なのに再びレッスン室に缶詰、今日は9時半ごろまで居残りました。現代曲の練習もしましたが、最後は21日に岡崎で説明会をするピティナの課題曲、A1 B C級の40曲くらいの課題曲をふよみ&分析して、脳が混乱してきたので、帰ることにしました。子ども教えるって大変なんですね。頭が下がります。
今日もラーメン終止!ww
改装してから初めて行ったけど、千石自慢の「肉醤玉ラーメン」て新めにゅー?賛否両論あるようですが、僕は嫌いじゃなかったですね。
なんか麺ばかり食べてるような・・・
スポンサーサイト
ショパンモーツァルトシューマンベートーヴェン・・・
3月6日(土)
夕方のショパンの講座のために必死でふよみと研究。

2010年3月6日(土) 18:30-20:00
朝日カルチャーセンター新宿
レクチャーと演奏「ショパンの日記・マズルカ」
 [ ]内はパデレフスキー版の番号
Op.17-1~4 [10~13]
Op.24-1~4 [14~17]
Op.33-1~4 [22~25]
Op.50-1~3 [30~32]
Op.63-3 [41]
Op.68-4 [51]

3月7日(日)
午前中は4月25日本番のモーツァルトのコンチェルトをふよみ、
そして合わせに、藤沢まで出かけました。江ノ電なんてちょー久しぶりに乗りました。藤沢で食べた家系のラーメンがなかなか美味しかったです。
アマチュアの方々なのでもちろんプロオケのようなわけにはいきませんでしたが・・・それでも27番って本当にいい曲だよな~!

帰ってきたら、今度はシューマンやらベートーヴェンやらを必死でふよみ。

3月8日(月)
今日は貴重なひきこもりday。16番もだし新曲のテンペストの暗譜はもちろん怪しいし、アレグロとかも弾けてないし・・・><どーすんのって感じですが・・・シューマンの楽譜出版のための作業にもかなりの労力を割きました。

3月9日(火)
朝はレッスン、午後、夜の会議の楽譜を整理。、ふたたびレッスン、それから、明日の歌曲の合わせをMさんと・・・
終了後は、楽譜の編集について会議、と題して入谷に出来た話題の焼鳥店に行ってきました。みぞれが降りしきる中、昭和通りに面したこじんまりとした店でしたが、すごくおいしかったです。
37311230_4266556413.jpg
37311230_2053454956.jpg
37311230_2035191840.jpg
37311230_1265719472.jpg
37311230_660397631.jpg
そしてお酒も素晴らしく、二人で一升という深酒をして半分前後不覚にて、雪まみれになって帰宅ww
でも、おかげでとっても素直な気持ちになれたんだな!

3月10日(水)
多磨全生園というところに訪問コンサートに行きました。
とっても重い歴史と戦ってきた、ハンセン病の療養施設です。
プログラムは、ベートーヴェンの月光の一楽章とドビュッシーの月の光の予定だったのですが、指慣らしに熱情をちょこっと弾いていたら、「それ弾いて下さいよ」みたいな話になり、急きょ熱情の全楽章に変更になりました・・・楽譜も持って来ていなかったのですが、どうにか暗譜で弾ききることができました。

35019801_2795253333.jpg
(舞台では耳は取りました・・・笑)

2010年3月10日(水) 13:00-14:15
国立療養所多磨全生園(東村山)
ベートーヴェン 「月光」1楽章
ドビュッシー 月の光

ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」
ベルリオーズ、Le spectre de la rose
小林秀雄 落葉松
など・・・

帰宅して、ひとりレッスンして、必死でさらいました・・・笑

3月11日(木)
午前中は連日の疲れでぐったりしていたけれど、夕方から、あすからの富山入りに備えて必死でさらう。どうにかなるかな・・・?
やっぱセンセイか・・・
2月25日(木)
午前は霞が関の診療所へ行く、別になんでもないんですが、咳の薬が切れてて参ったので・・・
そして池袋へ行って東武の地下でお弁当と、みんなへのお土産を買う。チーズのお菓子にしたよ!
たまにはお弁当も悪くないね。
37311230_2533708515.jpg
それから6時間のレッスン。みんな試験前だからね・・・

2月26日(金)
やっと来月の録音の内容を決め、準備に取り掛かる。
シューマン アレグロ トッカータ
ベートーヴェン 16, 17, 18 ,26番
そのうちアレグロとテンペストが新曲なのでなんとかしなきゃ・・・
夜は、久しぶりの正調MJ会でした。
イタリアーノのダーリンがいるお友達が僕にフランス語を習いに来て、引き換えにこのような料理を作ってくれましたとさ!
37311230_3807101080.jpg

2月27日(土)
朝から、5人レッスン。夕方終了後、オヤジの新居を見に行く。まぁ新実家、ってやつ?鶯谷から小一時間、小田急線の某駅、なんかりっぱな家に住んでんじゃん?オヤジの友人を交えて宴会。

2月28日(日)
電車が見える・・・
35019801_3690183525.jpg
35019801_498533615.jpg
35019801_2984420704.jpg
一人暮らしのくせに立派すぎるマンションを後にし、車で10分くらい、10歳から18歳まで暮らした旧実家の片付けに行く。
まぁ懐かしいものが出てくるわ出てくるわ・・・かなり処分しましたが、めぼしいものは持って帰ってきました。15歳で書いた遺書とかマジでウケる!
帰宅して1人だけレッスン、それからふよみ。

3月1日(月)
なんと朝の8時から自宅レッスン、受験してるんです。がんばって。
終了後はすぐ東京音大で試験官。それ自体は1時には終わるらくなものだったのですが・・・夜まで、6人レッスン・・・
帰ってさらう気力はもうありませんでした。

3月2日(火)
貴重な引きこもりふよみDAYでした。間に合うかな・・・?

3月3日(水)
朝から、試験官、休憩なんかほとんどなし、終わってから即会議、帰ってきたら8時半とか・・・
それでも必死でさらいました。

3月4日(木)
昨日とほぼ同じ内容。ただし、今日は会議じゃなくって、来年度からKさんと一緒に教える生徒ちゃんと顔合わせして帰り道みんなでアイス食べました!
買い物して帰宅し練習。

3月5日(金)
まいにちまいにち人のばかり聴いて疲れてしまいました。今日も39人の演奏を聴いて帰宅。必死でふよみ。

あしたはマズルカを勉強しなきゃ・・・がんばるよ。なんかこの日記読むと、ずいぶんセンセイっぽくなってきちゃったな・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。