リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅延回復はいつ?
5月1日(土)
10-1で起こされ朝から不機嫌になる・・・笑
典型的な燃え尽き症候群・・・そんなに頑張ったわけでもないんだけど、何せ4月は体調が悪かったもので・・・寝だめでした。

5月2日(日)
シューマン原稿書き、そしてふよみにちょこっと取り掛かる。シューマンのヴァイオリンソナタ・・・なんだかシューマン漬けですね。
でも夜は宅飲みでリラックス。したよね?

5月3日(月・祝)
西洋野菜を大量にいただきました。僕の大好きなフェンネルも丸ごと1株!!これはどうやって料理しよう?
舞ちゃんと合わせ。シューマンソナタ以外の楽譜を舞ちゃんに持ってきてもらいました、つまり完全な初見大会でございましたごめんなさい。
舞ちゃん、楽器をかえたみたいでとても迫力のある音がしてます。楽しみですね。さらいます!
夜はいただいた野菜でスープを作りシャンパン片手に味わっていたのですが・・・なぜか明大前の居酒屋へ呼び出され・・・帰れなかったよ!笑

5月4日(火・祝)
帰宅後、天気があまりにも良かったので、このところ放置し過ぎでバッテリー上がるのも嫌なので近所を軽くツーリング。
18972147_2731534981.jpg
(今368m、だって)
建設中のスカイツリー根元に北十間川ってのが流れてるんですが、どの橋にもカメラを持った人のすごい人だかりでした。
18972147_2716870052.jpg
すでに観光地化してます完全に。
18972147_1129574836.jpg
(オマケ、うちのちっちゃな坊や)
荒川の土手とか気持ちよく流し、1時間ほどで帰宅。いいリフレッシュができました。
しかしさすがに眠かったので横山氏のショパンに圧倒されながら昼寝。
それからいよいよ原稿と戦う。今日は指使いやらアーティキュレーションなど譜面づらとの闘いに終始する。

5月5日(水・祝)
いよいよ文章に取り掛かりましたが・・・もの書く才能ありません本当に時間がかかります。まず調べ物がやばい。英語やドイツ語は当然のことながら、フランス語ですらこんなに辞書を使わないと読めないとは・・・自分の学のなさを本当に悔いました。
完全に原稿にささげた一日でした。朝から始めたのに、遅々として進まず・・・連休明けに少しでも結果を出さなければいけないので徹夜しました。めちゃくちゃ気分が悪くなる。
せめてきちんと食べなきゃ、ということでフェンネルの残りや葉っぱはマグロの血合いとマリネにしていただきました。これはウマかった!

5月6日(木)
体調不良(ウソではないですマジで)で学校はお休み。それでも昼過ぎに原稿(の一部)を届けに全音に行きました。それから、池袋ヤマハ、芸大、鶯谷、日暮里とまわり、楽譜などの資料集めや、銀行に行ったり旅行の準備やら、もはや先延ばしにできない雑事を片付ける。
帰宅後も、仮眠をして、もちろん続きとの戦いですよ~・・・

5月7日(金)
もちろん朝から原稿と戦い、少しだけ進める。あっという間に夕方になる。けっきょく、文章を考えて打つという実質の作業時間よりも、アイディアを練ったり、資料集めをしたり方針を検討したりする時間の方が膨大になってしまいます。その割に結果として出てくるものは少なかったりして。
初心者なもので、方針が固まっておらず慣れてないんですね。だから仕事、だと思うと割に合わないけれど、それは当然で、これは修行をさせていただいているのだと実感しています。大変だけど、スキルアップの機会をいただけているのだから幸せです!
だんだんに慣れていくかと思いますが、やはりこの歳になると新しいことを学ぶのには時間がかかりますね・・・

しかしさすがに少しはさらわないと明日のコンサートがやばいので、2時間弱の練習。あとは明日、会場で詰める覚悟で、いつもの最終のぞみに飛び乗りました。

5月8日(土)
ツインの部屋に通されたもののあんまり使い道ありませんでした。笑
35019801_1391905898.jpg
少し寝坊をしてしましました。
マリオットでオムレツを焼いているお兄ちゃんの声は相変わらず大きいです。
あおなみ線で荒子へ。さっそくリハ開始です。まずアンコールの曲を何にしようか考え、今日弾くモツのソナタの次のページがファンタジーだったのでそれにしてしまい、さっと解凍しました。
ここのところ楽譜作りで記憶容量がおかしくなっているので、モツは楽譜見ましたが、やっぱりその方が安心して弾けますよね~?
アレグロ、今原稿を書いている真っ最中なので把握しているつもりなのですが、じっさい人前で弾くのは初めてで、やはり怖かったです。

2010年5月8日(土) 15時
愛知県名古屋市 中川文化小劇場
モーツァルト ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調K.333
シューマン アレグロ op.8
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 op.6
アンコール
モーツァルト 幻想曲 K.475

終了後は、今後のプロジェクトについてMさんと会談をして、さっと帰京しました。来年6月に、名古屋であっと驚くことをやりますよ!!!
帰宅後は、あるピアニストに頼まれた感想文を書いたり、やっぱり仕事。
でも、名古屋で美味しいお弁当を2つもいただいたので、終了後は幸せいっぱいに宅飲み☆

5月9日(日)
午前中はちょっとマターリ過ごす。
午後は芸大にこもり練習、そして再び舞ちゃんとあわせ。
少しはましになったかな・・・?
焼肉食べました。久しぶりの龍昌園のおばちゃんも元気そうで良かった。

5月10日(月)
メールの返信、プログラム作成、旅行会社、セミナーの準備、税金、クリーニング、郵便局・・・溜まった雑用の数々をこなし、ふたたび夜通し原稿と戦いました。ピアノ弾けないし。
一段落するところまで終わったら、もう朝の8時でした・・・マジ明るいし。

5月11日(火)
今日はちょっとした雑音の修正のため富山へ行く予定だったので学校も休みだったのですが、ドタキャン、というか、編集の素晴らしい技術のおかげで急遽行かなくても済むことになり、降って湧いた休日に感激して・・・まずは朝寝、それから・・・もちろん仕事をしています完全な休日なんてものは僕にはありません。なぜなら常にあらゆる仕事が遅れていて、いろんな人を待たせている状態だから・・・(ごめんなさい・・・)
いつか遅延を取り戻したいのですが・・・長期休暇でもなければなかなか難しそうです。今年の夏休みまで持ちこたえられるかな??
今日の分だって、必ず補講をするわけだから、単なる先延ばしですからね。
スポンサーサイト
4月は辛かった・・・
4月12日(月)
富山行き。練習と荷造りをして15時ごろ出発、
今日は新幹線にしたのですが・・・
越後湯沢で乗り換えたはくたか、途中からスピードを落とし、ついに糸魚川で5時間に渡って足止めされてしまいました。
徐行運転もできないほどのそんなにひどい風雨とも思えなかったのですが、最近の日本は事なかれ主義が激しいですからね・・・
到着したのはもう日付が変わる直前・・・
漁火で1年ぶりの友人と飲む予定がキャンセルになりました。
しかたがないのでコンビニで四合瓶を買いましたが・・・笑

4月13日(火)
録音開始、まずはベートーヴェン、22番、24番を仕上げる。
しかし体調が本当にすぐれません。のどが痛くてたまらなかったけど、それはどうにか我慢できたものの、鼻水はどんどん垂れてくるし、だるいし、で、参りました。
夕食はカレーうどん。笑

4月14日(水)
25番、ダヴィッドの前半までを録りました。
今日も気分は優れず、昼寝したり、熱さまシートを貼りながら、だましだまし進行しました。
弾いてる時はぜんぜん大丈夫なんですけど・・・休んだ時にドカっとくるんですよね。なかなか再開できずペースがあがらないという・・・
帰り道で薬屋を発見し寄る。
夜はやっと漁火へ!!ただし酒はなしです・・・本格的に病人。

4月15日(木)
熱は少し下がったみたいです。ダヴィッドの後半まではすんなり終わり。トッカータを力技で仕上げ、アレグロ、に突入しましたが、時間切れで一発どり!たぶんこのままでは使えないので、また次回パッチをあてるか、あるいはやり直しでしょうね・・・
帰りは飛行機、最終便であっけなく帰京。やっぱり富山は飛行機が無難かな・・・

4月16日(金)
東京音大の打ち合わせ日。
だったのですが、病院に行ったため打ち合わせ時間がきわめて短くしかとれませんでした。今日からレッスンすると宣言していたのですが、結局みなさんあまり準備できていなかったみたいで、2人しかレッスンできず時間を持て余してしまいました。おかげですこし練習ができましたが・・・
去年は諸事情で出来なかったのですが、今年はちゃんと新歓をしました。健全に、池袋の自然食品バイキングで・・・8時半には解散したという・・・笑
みんなよろしくね!

4月17日(土)
体調不良は相変わらずだったので、半日床に伏しました。
夕方からプライベートの生徒さんをレッスン・・・はやく健康になりたい・・・

4月18日(日)
藤沢までモーツァルトの練習に行きました。
今日は暗譜でやろうと思っていたのですが間に合わず・・・
でも、少しは進歩していたはずです。
帰宅中、猛烈に気分が悪くなり、帰宅後即寝込む。しかし全音の締め切りのため必死で原稿に取り組む、しかし途中までしか仕上がりませんでした。それでも朝3時くらいまでにできた分だけ、サンクスから送りました。
どうしてこう要領が悪いんだろうか・・・

4月19日(月)
芸大年度初日。異常に良い出席率・・・笑 もちろんこれが本来の姿なのではありますが、正直参りました。笑
キャッスルのもりあわせ久しぶりに食べたよ。

帰宅後は必死で平均律をさらう、あさっての講座をどうにかまとめないといけないので・・・1巻のやったことある6曲くらいすぐに弾けるかと思ったら意外とそうでも無くてすごく苦労する。

4月20日(火)
東京音大。雨のため電車出勤。
本当は9時始まり20時終わりなのですが、今日はいろいろな都合で10時始まり19時終了。しかし体調不良が続いているためにゲッソリしました。
帰宅して必死でバッハをさらう。
夜も咳がひどくよく眠れません。喘息の薬は効かないらしいです。

4月21日(水)
6時半起きで名古屋へ。
リハもなく、ぶっつけで11時からの講座。
平均律6曲のレクチャーコンサート、苦しい局面もありましたが、どうにかまとめてきました。
日響楽器さんにお世話になりました。

2010年4月21日(水) 11:00
愛知県名古屋市
日響楽器池下店 ピティナ名古屋支部主催
バッハにちなんだレクチャーコンサート
インヴェンション 第1番
平均律クラヴィーア曲集 第一巻1-6番

持って行ったCDを完売して下さって本当に助かりました。ありがとうございました。
所用をすませたのちみそカツ喰って帰京しました。
しかし気分は相変わらずすぐれず・・・猛烈なだるさから寝込む。

すこししてから引き続き全音の原稿と戦いました。モーツァルトもさらわないといけないんだけど、生憎その暇はありませんでした・・・・

4月22日(木)
今年度の東京音大は、火、木とも朝9時から夜8時までびっしりで・・・
今日がその実践初日になりました。今日も雨のため電車出勤。
朝から酷い頭痛、しかしマツキヨは9時前ではまだ開いてなくて頭痛薬が買えませんでした。
正直、とても辛かったですが、それでも帰り道にわずかな体力を振り絞って食糧を買い込み帰宅。野菜を食べないとね・・・

4月23日(金)
別にいま自分の身に何が起こったわけでもないんですが、最近強く感じて、あきらめた(方針転換した)こと。
率直と情熱をモットーに、強い信念を持って生きてきましたが、結果、いわれのない迫害を受け、悔しさからより一層激しい抵抗を続けてきましたが、もはや人間性を捨て、教師というレッテルを貼られた機械になり下がることを受け入れざるを得ません。日本の硬直した思考停止状態の社会で生き延びるためには芸術的な思考は否定しなければならないようです。人間性を最優先に行動すると、必ず社会にパージされるから。
自分で考え抜いて納得したことだけに基づいて行動していきたかった。いつまでもみんなと対等でありたかった。100パーセント素直でいたかった。でも、それを受け入れない人々がすでに存在する以上、僕の理想はかなわないのです。人間としての弱さを持ったふつーの先輩、おに~ちゃんでいたかった、誰からみてもゆーたんで構わなかった。
でも、先生という名のつまらないオッサンになり下がるしかない。実際歳をとってしまったし、そう見られているのだから、若い人から差別されても仕方ない。
尊敬するヨーロッパの先生がた、そしてアーティストの先輩がた、せっかく素晴らしい生き方を見せてくださったのに、日本人は吸収する気がないみたいです。ヨーロッパの音楽を勉強しているのに、ヨーロッパ式の思考ができなくてどうするつもりなんだろう?それを教えるのが教育なのではないのか?
日本は減点主義だから、仕方ない。どんなにがんばって実績を積んでも、ミス一つで足元をすくわれる恐ろしい世界。100のプラスと1のマイナスより、10のプラスと0のマイナス、が勝ち。

きっと世間からは、更生した、くらいに見えるのでしょうけど、実際は精神の死亡に向かって歩み始めているような気がします。いつまで僕の音楽が自然な形で居られるか・・・でもショスタコーヴィッチのように、内面で抵抗する努力はしたいと思います。負けません。
ただこうなったらとことんやります。お上の扱いやすい男になってみせましょう。

頭痛は頂点に達しました。日暮里の薬局に寄って頭痛薬を買い、寝込む。おかげでやや回復しましたが・・・

4月24日(土)
朝は全音へ、楽譜の方向性のことで議論と打ち合わせ、原稿はいまだ仕上がらず・・・
帰宅してモーツァルトを必死でさらい、藤沢へ、今日は会場練習。

藤沢市民会館、なかなかいい響きでした。
帰宅したらもう10時過ぎでしたが、それでも必死で暗譜をしました・・・

4月25日(日)
9時半入り、ということで7時起きで会場入り。
GPの時点でまだ暗譜が怪しかったのでリハ室のアップライトで必死の確認作業をする。

本番では大きな事故も無く、気合いで乗り切りました。

2010年4月25日(日)14時
神奈川 藤沢市民会館大ホール
湘南アマデウス合奏団
指揮 田部井剛
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 K.595

アマオケと共演するのは初めてでしたが、なんともいえない連帯感もあり楽しく弾かせていただきました。
また秋に24番をやるのも楽しみです。

新宿に寄ってストレス発散し帰宅。

4月26日(月)
自宅レッスン日。
5人みて、その後29日のためにダヴィッドなどをきちんと暗譜で通せるように準備開始。

4月27日(火)
今日もいやがらせのような雨により電車出勤。今年度は一回もバイク出動できてません。
東京音大火曜日10時間レッスン。
帰宅して必死でさらう。

4月28日(水)
芸大7時間レッスン。のはずだったのですが、欠席があり実質5時間くらいで済みました。
明日のプログラムにバッハが入っていたことに突然気づき、あわてて必死で解凍。
O裏でバタ丼を久しぶりに食べる。
レッスン終了後、いったん帰宅してから、上野駅へ向かい、スーパーひたちで福島県の浪江へ。
651系、デビュー以来21年経ってやっと乗ることができました。
大雨で徐行運転が始まったときはどうなることかと思いましたが、どうにか30分ほどの遅れで、11時前には到着することができました。
今回お世話になる添田先生には、岡崎のステップでお知り合いになったのです。これも御縁ですね。先生お母様のお宅にとめていただく。

4月29日(木)
7時起床、ご飯をいただき、
練習、リハ、そして本番。

2010年4月29日(木・祝)10時45分開場 11時開演
福島県浪江町
添田みつえ先生宅
サロンコンサート
バッハ=ブゾーニ シャコンヌ
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 op.6

ダヴィッド初本番、課題は残したものの、これを次の本番につなげていきたいと思います。次回は5月8日名古屋ですね。

終了後、6人の生徒さん達をレッスンしました。かなり弾ける子もいたし(まさかスクリャーの10番がでてくるとは・・・!?)、よく話を聞いてくれてかわいい生徒さんたちでした。

レッスン終了後あまり話し込む時間も無く、ジタバタと最終のスーパーひたちにのって帰京しました。

暖かいおもてなしをありがとうございました。

4月30日(金)
いつのまにか4月も最終日ですね。
家の雑事と所用、そして全音の原稿を進めたり、ブラームスワルツのふよみにとりかかったりしている間に、あっという間に4月は幕を閉じました。
とにかく、体調不良、そして鬱状態と戦わなければならない月でした。
来月は上向きになりますように。必ず上向きにします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。