リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月22日!発売、お願い、そしてご報告
ヘルプミーです!!

2010年7月22日(木)19:30開演
杉並公会堂小ホール(東京都杉並区荻窪駅)
Europa artist
サマーフェスティバル in すぎなみ 2010
菊地裕介ピアノリサイタル
ベートーヴェン ピアノソナタ 第21番 ワルトシュタイン op.53
スクリャービン 幻想曲 op.28
シューマン フモレスケ op.20
39399661_2195627734.jpg
39399661_1663010458.jpg
http://europa-artist.com/

この演奏会ですが、まだずいぶんと空きがある状況です。
今年重点的に取り組んでいるシューマンの、僕が考える最高傑作であるフモレスケ、そして絢爛豪華なロマンの洪水であるスクリャービンの幻想曲という、楽しんでいただける内容だと思います。
また、同日は、CD「ベートーヴェン ピアノソナタ全集」第1弾として
"Monumental"が発売されます。
51b6J4gL29L__SS500_.jpg
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3857734
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF-%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E8%A3%95%E4%BB%8B-p/dp/B003TIAZUU(密林の廻し者ではないですがいちおう・・・ワンクリックしちゃいましょう!)
第16番
第17番「テンペスト」
第18番

第21番「ワルトシュタイン」
第22番
第23番「熱情」
第24番「テレーゼ」
第25番「かっこう」
第26番「告別」
までの合わせて9曲、
ベートーヴェン30代の傑作を集めた録音です。
SACDの素晴らしいサウンドクウォリティの2枚組で、わずか3000円です!広く僕のことを世に知っていただくため、今回からお世話になっているオクタヴィア・レコードさんによる応援価格です!
それを記念して、収録曲の中でも最も出来栄えの良い一曲であるワルトシュタインソナタをプログラムに追加の上、当日は発売記念即売およびサイン会を行います。

ぜひぜひ、お誘い合わせのうえ、お越しくださいますように、お願い申しあげます。
チケットを大量保有しておりますので、来ていただける方は、
一刻も早くメッセージを下さい!!!!
mailto:yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp

また、5日後、僕の誕生日にも同じフェスティバルで、素晴らしいフルーティストの瀬尾和紀さんと共演させていただくので、こちらもよろしくお願いします。(こちらのチケットは持っておりません・・・)
2010年7月27日(火) 19:30
杉並公会堂小ホール
Europa artist
サマーフェスティバル in すぎなみ 2010
瀬尾和紀フルートリサイタル
プーランク フルート・ソナタ
R・シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ op.18 ほか

それから、これは事後報告になってしまいました。
すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
さる6月15日に、全音楽譜出版社から発売された、
以下の楽譜は、僕の校訂および解説によるものです。

国内で手に入る同作品の楽譜としては、もっとも安価なものでもありますので、演奏なさる方はぜひお求めになっていただけますと幸いです!

シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集(Op.6)
菊地裕介 校訂・解説
菊倍判/48頁
価格:1,260円(本体1,200円)(税込)
JAN:4511005075017
ISBN:ISBN978-4-11-111152-7
111152-7_150.jpg
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=22780

シューマン:アレグロ(Op.8)
菊地裕介 校訂・解説
菊倍判/24頁
価格:1,050円(本体1,000円)(税込)
JAN:4511005075000
ISBN:ISBN978-4-11-111151-0
111151-0_150.jpg
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=22786
スポンサーサイト
旅がらす
6月21日(月)
朝から3人レッスン。
午後は再びセンター南のスタジオへ。
今日は晴れていたのでバイクで。これなら終電を気にすることもないし・・・!
100621_2038321.jpg
案の定、必死の作業にもかかわらず24時過ぎまでかかりました。深夜の首都高はスイスイかと思いきや工事で渋滞・・・おまけに暴走トラックが多くて少々恐ろしいですね・・・
しかし、今日の作業で欠点の多くを取り除くことが出来ました。最後まであきらめてはいけません!

6月22日(火)
眠い目をこすりながら東京音大へ。11時間の引きこもりです。
急いで帰宅してから名古屋から来た生徒さんを一人レッスン。親戚の家へ帰すため鶯谷駅まで送り届けたらもう23時を回ってました。

6月23日(水)
朝から芸大。夕方までレッスンの後、羽田へ向かい、北陸の某都市へ向かいました。

6月24日(木)
早朝、ちょっと曲芸的なスケジュールである仕事をしてきました。詳細は内緒。
山に別れを告げて、再び東京へ。
100624_1012171.jpg
その足で港北のスタジオへ。夜までかけて最後の仕上げをしました。トラックナンバーまでしっかり打って、これでマスター完成です!

6月25日(金)
朝からレッスン、その後、赤坂のオクタヴィアの本社に初訪問、CDJournalのインタビューをしていただきました。ざっくばらんに語りましたが、いい記事を書いてくださることだろうと思います!
その帰宅して再び2名レッスン。しっかり働いたので、夜は鶯谷園に行きました!相変わらずこのカルビはすばらしいですね。
100625_2237281.jpg
100625_2238391.jpg
100625_2315541.jpg


6月26日(土)
早朝羽田へ向かい、長崎へ。
久しぶりにJAL。737ナローボディ機、ヨーロッパではさんざん乗りましたが、日本ではめったに当たらない機種ですね。
前回行ったときのステンドグラスの駅舎がなくなっていてショックでしたが、淡々と仕事をこなしました。詳細は内緒ですが、某所のピアノ整備のお手伝いと、ついでにその方の関係者のレッスンなど・・・ひとつひとつは小さな出会いですが、こうしてだんだんに地方にご縁が広がっていくのはとても大切なことですよね!

6月27日(日)
日帰りでもよかったのですが、さすがにもったいないので昼過ぎまで観光してきました。ありがたいことにしっかり晴れてくれました。
観光スポットのほとんどは15年前とほとんど変わっていませんでした。市電は100円だったのがインパクト大きかったのですが、残念ながら120円になっていました・・・
帰りの飛行機はエアバスでした。これもなんだか日本ではあまり乗れないですから、懐かしい気分になりました。
午後には帰ってきました。体調が思わしくなかったのですが、G大で必死でスクリャービン譜読みとフモレスケ解凍を開始。

6月28日(月)
今日もせっかくの休日だったのですが、昨日からの体調不良がたたり、あまり元気には動けませんでした。あまり無理をせずに、長らくほったらかしだった会計作業などの雑用をこなす・・・

6月29日(火)
朝から東京音大。今日も11時間です。
終了後、急用のために土砂降りの中バイクを飛ばして府中へ。
深夜帰宅するときも途中から土砂降り、レインコートは持っていたものの、リュックの中の楽譜がしわしわになってしまいました。

6月30日(水)
それでも朝からG大。
夜まで、スクリャービンなどさらいながら、レッスンしていたら、和音さんから電話があって、急遽神楽坂でフレンチをごちそうになりました。うちの生徒ちゃんが和音さんの特別レッスンだったので、ご報告会を兼ねてディナーでした!笑

7月1日(木)
いつもどおり朝から11時間にわたり東京音大に缶詰になりました・・・
体調も最悪です。雨中走行がトドメだったのか、咳が止まりません。
練習が・・・やばいです。

7月2日(金)
練習のために一日あけてあったのですが、結局夕方まで寝込んでしまいました。夕方から5時間ばかり必死でさらいましたが・・・まだやばいです。どうなることやら・・・スクリャービンもシューマンも。

7月3日(土)
朝6時半に起きて、荷造りをして、すこし練習して、それからスーパーひたちに駆け込み乗車。浪江まで爆睡しました。
お昼をご馳走になって、すぐにレッスン開始。
今日は3人でおしまい、「必死の」練習を数時間させていただき、その後どじょうなべなどご馳走になり、すっかりスタミナをつけました。まだ本調子とはいえないものの、体調はだいぶ回復しました。

7月4日(日)
朝6時半に起きて、11時の本番まで必死でさらいました。どうにかなるかな~~~?

2010年7月4日(日)10時45分開場 11時開演
福島県浪江町
添田みつえ先生宅
サロンコンサート
ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」
スクリャービン 幻想曲
シューマン フモレスケ

さすがに数日間では暗譜までは持っていけませんでしたが、どうにか曲にはなりました。22日へ向けていっそうブラッシュアップしたいと思います。この機会を与えてくださって、本当にありがとうございました。

終了後5人レッスンして、今日はどじょうではなくうなぎをいただき、最終のスーパーひたちで上野へ向けて帰宅中であります!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。