リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けて!12月3日(金)杉並公会堂
3925213_876631682_218large.jpg

2010年12月3日(金) 18:00開場 18:30開演
杉並公会堂 小ホール
ヨーロッパアーティスト クリスマスフェスティバル in すぎなみ2010

1. 安藤 園子 (Pf:佐藤望央)
ソプラノリサイタル
カッチーニ:アヴェ・マリア
モーツァルト:オペラ『イドメネオ』より “お父様、兄弟達、さようなら!

2. 上野 眞樹 (Vn) & 前山 仁美 (Pf)
ヴァイオリン&ピアノデュオリサイタル
ベートーヴェン ソナタ第5番「春」Op.24(Vn&Pf)

3. 森裕美子(Pf:宇宿真紀子)
ソプラノリサイタル
ドビュッシー:星の夜
プッチーニ:ボエーム“私の名はミミ” “あなたの愛の呼ぶ声に”


4. 菊地 裕介 共演:上野眞樹(Vn)・宇宿直彰(Vc)
ソロ・デュオ リサイタル
シューマン:アレグロ Op.8(Pf)
ショパン:3つのマズルカ Op.59(Pf)
ショパン:  チェロとピアノのための華麗なるポロネーズ Op.3(Vc&Pf)
シューマン: ヴァイオリンソナタ第1番 Op.105 (Vn&Pf)

以上全てを一公演でお聴きいただける充実した内容です。
僕も、シューマンのヴァイオリンソナタは鈴木舞ちゃんと調布で弾いて以来2度目、ショパンの華麗なるポロネーズは今回初出、そしてソロも2曲演奏し、いずれもお楽しみいただけるものと考えますし、その他のプログラムの中にも興味深い演目があると思います。

しかし、どういうわけかいつもにも増して券売の状況が非常に苦しいです。
場所もそんなに辺鄙なところではないと思うのですが・・・
僕もチケットを大量に定価で引き受けているのですが、ほとんど手元に残ってしまっています・・・
聴いて下さる皆さまにはそれぞれ500円引き、一般2500円 学生1500円でご提供させていただこうと思っています。
メッセージをお送りいただければこの割引価格にて置きチケさせていただきます。
どうかお誘い合わせのうえお越しくださいますようにお願いします。
yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp
参考URL
http://europa-artist.com/concert.html
スポンサーサイト
11月中旬も芸術と食欲・・・幸せ!
11月11日(木)
一日中書類と戦っていました・・・・いつも通り午前になってから上野郵便局のゆうゆう窓口に・・・疲れた・・・

11月12日(金)
昨日書類と戦ったせいで学校へ行けなかったので、今日は補講でした。シューマンのトリオの譜読みもきちんとやりたかったんだけど、なんか疲れてしまってあんまりできなかったです。

11月13日(土)
昼過ぎまで練習し、芸大でトリオを初合わせ!いやいや、素晴らしい曲ですよこれ。いくつか間延びするっぽいところもあるけど、だからと言って演奏の機会が少ないのはもったいなさすぎる。切ないし、苦しいし・・・でも美しいです。
終了後は居残り。一人でさらう。
帰ってスペアリブとワイン!うまかった!

11月14日(日)
Aちゃんと玄関で待ち合わせて朝一でつくばへ。南千住までタクってTXで40分、'85科学万博のころを思えば←実に便利になりました。
ノバホールってそのころにはすでにあったらしいし、茨城は親の地元なのに今回来るのは初めてでした。なかなか弾きやすいホールですね。
リハ、そして本番。打ち上げ・・・といつもの調子なんだけど、今日は親の地元ということでたくさん親戚が来てくれて嬉しかったな!やっぱり大事ですね。いつものこととは言え、今日も僕は出ずっぱりで疲れましたが、シューマンはとってもエキサイティングでした。これでしばらくトッカータから離れられる?のだろうか・・・
結局帰ってきたらすっかり夜になっていました。

2010年11月14日(日) 14時
茨城県つくば市 ノバホール
高エネルギー加速器研究機構(KEK)科学と音楽の饗宴2010
第1部 講演 飯島澄夫「科学を楽しむ!」
第2部 コンサート
瀬崎明日香 上森祥平 菊地裕介
ブラームス ハンガリー舞曲 第5番  トリオ版
ビゼー=フバイ カルメンの主題による幻想曲
ショパン ボロネーズ第6番 「英雄」 作品53
フォーレ 夢のあとに チェロ
シューマン トッカータ 作品7
シューマン ピアノ三重奏曲 第1番 作品63
ピアソラ リベルタンゴ

11月15日(月)
朝一でオクタヴィアの赤坂スタジオへ。
シューマンのCDの最終編集をしていました。
素晴らしい仕上がりになったと思います。
12月15日発売。収録曲目はアレグロ、ダヴィッド同盟舞曲集、フモレスケ、トッカータ、です。
HMVやアマゾンなど予約を開始しているようですので、ぜひよろしうお願いします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3944146
終了後はいったん帰宅してから、後輩と上野にできた新しいワインビストロに行ってみました。
3925213_863716350_52large.jpg
とても楽しく、美味しい時間でした。

11月16日(火)
朝から夜までしっかり東京音大にこもりました。
特に面白いことはありませんでしたが・・・帰ってきてから洗濯などしたのがトドメの疲れでした。

11月17日(水)
慣れというのは恐ろしいもので・・・芸大の仕事を始めた頃は7時間のレッスンで精魂尽き果てていたんだけど、今は東京音大の10時間超に比べればなんてことなく感じますね。終了後は急いで帰って来てから、遠方からはるばる来てくれる生徒さんをレッスン。雨の中大変だったね。ぼくもこの日自転車でぐしょぬれになりました。1時間天気予報ってあてにならないな~と。

11月18日(木)
山手線、西武新宿線、西武拝島線、西武国分寺線、と電車を乗り継ぎ鷹の台へ。自然が豊かな、空気の気持ちいい公園を抜けて、津田塾大学の小平キャンパスへ向かいました。

総合2010 「知の冒険―新たな可能性を求めて―」
第21回(11月18日) ジャンル:音楽
「設計図からモニュメントを/ 「熱情」を読む」
講師:菊地 裕介 氏(ピアニスト)
13時より特別教室

一般の大学(女子大、だけど・・・w)で講演するなんて初めての経験でしたが、何か言いかけてから(ん?これって通じるのか?)と思いしどろもどろになることしきり。自分が日ごろ使っているボキャブラリーがどれだけ音楽の狭い世界でしか通じないものか、つまり日頃どれほど狭い世界にこもって生きているのか、ちょっと実感しました。担当の学生さんは喜んでくれたのでよかったと思いますが、彼女も音楽勉強経験のある人ですからね・・・なかなか万人に通じる話と言うのは難しいとは思いますが、これから経験を積もうと思います。後輩の清塚君みたいにキャッチーなトークをできるようになる見込みはなさそうだけど・・・

終了後はもと来た道を高田馬場まで戻り、フォーシーズンズホテルへ。
日本頭痛学会の宴会での演奏で、つくばのメンバーでシューマントリオとピアソラを演奏させていただきました。
リハと本番の間にホテルのビストロで食事をいただき、すっかりリラックスモードになりきったところでの本番はテンションの切り替えが難しかったですが、2回目ということもありだいぶ安定した演奏ができたと思います。

無事に二つ目の仕事も終わり、丸の内のイルミをちょこっと見てから、僕のお気に入りのマンダリンのバーに行きました。そう、トイレがすごいあのホテルね。
自然、食事、夜景・・・etc. 何もかもが素晴らしい、夢との境目が無くなりそうな一日だったな。

11月19日(金)
朝から東京音大。今日いつもと違ったのははフィンランドのシベリウスアカデミーから来たヨハンナさんのレッスンをしたこと、バッハ=ブゾーニのシャコンヌを弾いてくれました。なんかヨーロッパの若い子の演奏って久しぶりに聴いたけど、完成度はまだイマイチなんだけどところどころに強く感じている主張があって、とっても懐かしい気分になりました。英語はずいぶん忘れてしまっているみたいだけど・・・代わりにドイツ語やフランス語が出てきたりして・・・でも彼女おおむねわかってくれたので助かりました。
帰宅して、美味しいものつくって食べて飲んで・・・
神の思し召し、って素晴らしいな!って思う一日の終わりでした。

11月20日(土)
久しぶりの自宅レッスン日。
朝から夜まで、8時間以上はやってたと思います。しっかり働いた後は、ゆっくり休めますね。

11月21日(日)
昼間は上野に出かけて用事を済ませたりして、帰宅してから12月3日に弾くショパンのチェロ合わせでした。ピアノの方が明らかに音数が多くて、ちょっとおかしいんですけどね。でもそんなことでへこたれる僕ではありません。
めっちゃご無沙汰していた鳥昭で、日本音コンの優勝賞金をゲットするためにローマから戻ってきている吉田ともあきはじめ5人で食事。楽しかったし、肉も酒も美味しかったし、やっぱり旧友は僕のこと本当によくわかってて、いろいろフォローしてくれて、僕は幸せを感じることができたと思います。

11月22日(月)
いい夫婦の日、ですってね。
朝は溜まりまくった雑務を整理し、札束を数えたり(笑)銀行に行ったりしてました。
それから東京音大でレッスンし、西武で買い出しをしてきました。そしてこうして日記を書いたり、まだ残るいろいろな書類を片付けたりしています。明日は祝日だ~~つまり一日中さらえるということ。こんな幸せにどうして感謝しないわけがありましょう。というわけでいまさらながらボジョレを傾けて神の恵みに感謝することにします。万歳!
芸術と食欲の11月上旬
10月30日(土)
自宅レッスン3人、しかし伸びに伸び6時間・・・
おうち御飯を美味しく頂きました。

10月31日(日)
自宅レッスンだとたまにしか来ない子たちだからつい頑張って詰め込んじゃうのだよね。3人で3時間のつもりがノンストップで5時間になりました・・・!さあラーメン喰おう!←twitterより転載 笑

11月1日(月)
芸大にこもり昼飯抜きでレッスンと練習をしていたようです。
そしてまたもやラーメンを食べていたとか・・・←
3925213_846756110_170large.jpg

11月2日(火)
東京音大に朝からこもっていました。”火曜日は朝から6時間連続レッスンして昼休みなんだけど、2人連続で欠席、思いがけず空き時間ができたので昼飯ついでに池袋をぶらぶら…ジュンクの後スタバで締め。そろそろ戻ってあと3人レッスン。 ”とツイート

11月3日(水・祝)
めちゃめちゃ嬉しい休日。
ふよみをしたり、解凍暗譜したり6日のコンサートに向けて最後の練習日、珍しく充電をしていたようです・・・
かぼちゃを煮ていた。らしいですね。美味しかった!

11月4日(木)
東京音大に朝から晩までこもっていたようです。
お昼は池袋に最近できた札幌牛亭でハンバーグ。少ししょっぱかったかな・・・?
3925213_846756130_70large.jpg

11月5日(金)
未明尖閣動画に貼りつき睡眠不足になるも、朝から芸大にこもって夕方までレッスン、その足で大倉集古館へ。
明日のリハーサルをしました。
タカギクラヴィアさん所蔵の1887年NYスタインウェイD-54958!素晴らしい楽器です。
ロマン派の巨匠がよみがえります!!明日が楽しみ!

11月6日(土)
大倉集古館での本番でした。

2010年11月6日(土) 18:00
東京 ホテルオークラ 大倉集古館
菊地裕介ピアノリサイタル

モーツァルト ピアノ・ソナタ第18番ヘ長調K.533+494
ショパン 3つのマズルカ 作品59

シューマン トッカータ ハ長調(Toccata)Op.7
シューマン フモレスケ変ロ長調(Humoreske)Op.20

沢山のお客様と素晴らしい楽器、そして会場に鎮座まします大仏様のご加護あってよい演奏会にできたと思います。マズルカ初出もどうにか無事でした。ありがとうございました。
打ち上げは溜池の焼き鳥店で楽しく飲みました!
3925213_846756144_125large.jpg

11月7日(日)
朝一番のスーパーひたちで福島へ。
講評の合間にトッカータを3回演奏するのはとてもハードでしたが、これで膿を出し切って(いい加減に弾いたということではないですよ)9日の芸大の本番に備えます!!

2010年11月7日(日)
福島県南相馬市浮舟文化会館
ピティナ・ピアノステップ 福島小高地区 トークコンサート
「超絶技巧とロマン派」
シューマン トッカータ

11月8日(月)
朝一で浪江の紅葉を見に行きました。
携帯写真で恐縮ですが、水っていいですね~~
3925213_846756530_156large.jpg
3925213_846756519_45large.jpg
3925213_846756544_110large.jpg
3925213_846756560_214large.jpg
3925213_846756575_26large.jpg
3925213_846756583_232large.jpg
その後ひとりレッスンし、
東京へ帰りました。
3925213_846756595_5large.jpg

急いで買い物と掃除と準備をして、MJ新入歓迎会、として5人集まり久々のフルMJ会しました。ベルリンに留学しちゃった後輩Y君の跡継ぎさんだからとても大切です!
おいしい鴨すき鍋をメインに、ハムにフロマージュに、僕は今日もがっつり飲んで楽しかった。Aちゃんこれからよろしくね、ほんとに!

11月9日(火)
・・・という経緯で普通に午後始動でした。
軽く練習して、奏楽堂へ。久しぶりですがよく響いて、弾き手にとってはストレスの少ないホールです。
こういう演奏会ですから、当然並べて比較されちゃうわけで、とても恐ろしい面もありましたが・・・楽屋にピアノがあったので必死でさらい、出端にトッカータという恐ろしい本番をどうにか無難に終了できました。ほかのみなさんほとんど聴けませんでしたが、聴きに来て下さった皆様どうもありがとうございました。

2010年11月9日(火)19:00 開演
藝大プロジェクト 奏楽堂
演奏藝術センター主催
第1 回「凛」-天才たちの青春
シューマン:アベッグ変奏曲Op.1 秦はるひ
シューマン:蝶々Op.2 後藤友香理
シューマン:トッカータOp.7 菊地裕介
ショパン:ロンドOp.1 中桐望(修士1 年)
ショパン:ドン・ジョヴァンニの「お手をどうぞ」による変奏曲Op.2 鶴見彩
――――休憩――――
リスト:練習曲集Op.1 喜多宏丞(博士1 年)
リスト:ノルマの回想(1836) 安田里沙

その後秦先生が同僚たちを招待して下さったディナーは本当に素晴らしかったです。六本木という普段僕が行かないセレブエリアwですが、これならたまには行きたい、とうなるフロマージュとワインがありましたから!!マコンの貴腐なんて初めて飲みました。大将が先週?北海道の山で獲ってきたというエゾシカさまもオツでした。
3925213_846756157_238large.jpg
3925213_846756176_96large.jpg
3925213_846756208_228large.jpg
3925213_846756231_223large.jpg
3925213_846756244_222large.jpg
3925213_846756254_157large.jpg
3925213_846756273_120large.jpg
ほんとうにほんとうにありがとうございました!

11月10日(水)
普通に眠かったですが、朝から芸大にこもります。
今日の根津ランチは舞ちゃんに教えてもらった参鶏湯でしたニンニク臭でレッスンごめんなさい。
3925213_863716328_128large.jpg
終了後は文化会館で北川先生のリサイタルでした。モーツァルトで始まった先生の唄いまわしは本当に自然で美しい音楽、なのですがレーガーの大曲もあって、コントラストが際立つ美しい演奏会でした。
僕もいつまでもモチベーションを高めて頑張りたいな!と思いました。流れで楽しく飲ませていただき帰宅。

このあたりで一度切ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。