リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりのヨーロッパ(前編・ウィーン・プラハ)
3月11日(金)
今日から7泊9日という日程でヨーロッパへ出かけます。純然たるヴァカンスです。2年近く国内に幽閉され精神が疲弊しきってしまったので、ちょっと充電して来ようというわけです。
またスカイライナーで成田へ!今回は荷物もパスポートも持ってます!
今回はフィンランド航空の12時ちょうどのフライト(A330)で飛び立ち、10時間ちょっとでヘルシンキに着くのですが、2度目の食事が出るころ「日本で地震があった。ヘルシンキ空港に日本大使館の人が来るので情報を収集するように」とのアナウンスがありました。それ以上の情報は何もなく、ついに関東大震災が来たのかとやきもきしながら到着。東北で大きな地震があったことを知りました。ネットでさらに情報を集め、家は多少心配でしたが東京は震度5ということなので、さほどの大事ではないと判断、ひとまず旅行を続けることにしました。そもそも最終目的地のパリまで行かないとおうちへ帰れない旅程組んじゃってたしね。
エンブラエル170(飛行機)に乗り換えウィーンに到着。1990年、1997年、2001年、2005年、2009年以来の6回目、通算すれば2か月は滞在している街ですから、スムーズにホテルまで到着。
ちなみに前回の滞在はこれ
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-239.html
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-240.html
ネットをつなぎさらに情報収集。東北地方の被害の大きさにため息が出てしまいました・・・

3月12日(土)
時差のおかげで朝早く起きてネットを見ると福島第一原子力発電所で問題が起きているとの報道。真っ先に考えたのは毎月のように通っている浪江のことでした。原発の隣町ですから・・・どうすることもできないのですが、とりあえずみなさんの無事を祈りメールをしました。
小学生のころ、東海村で大事故が起きた場合のシミュレーション本を読みましたが、それによると東京は無人の廃墟となるとされていたし、第2のチェルノブイリ級、あるいはよりひどい「東日本封鎖」という結末もわずかながら想定しました。自分が難を逃れてヨーロッパにいて良かったのか、悪かったのか、もしかしたら二度と家には帰れなくなるかもしれない。銀行口座の金は回収できるかな?パリですぐ仕事探しかな?などとも思いながら、とりあえず中央墓地へ向かい心を落ちつけました。
3925213_1097111792_43large.jpg
3925213_1097111761_126large.jpg
3925213_1097111735_8large.jpg
ここへは僕がウィーンを訪れるたび(ベートーヴェンコンクールのたびに願かけに行っていたというのが真相)にほぼ必ず足を運んでいるのですが、前回の2009年ではパスしてしまっていたので、その罪滅ぼしも兼ねて・・・墓地で出会った青年も日本のことを心配していましたが、とにかく祈りました。ついでに、6月のベートーヴェンソナタ全曲の成功も祈ってきましたが・・・
3925213_1097166143_167large.jpg

そして、ウィーン人の友人と腹ごしらえ、
3925213_1097166436_183large.jpg
ウィーン名物のひとつターフェルシュピッツ。
3925213_1097166360_62large.jpg
3925213_1097166395_136large.jpg
懐かしい街を散歩
3925213_1097166456_176large.jpg
3925213_1097166472_243large.jpg
3925213_1097166502_153large.jpg
青騎士展をやっていたアルベルティーナ美術館を鑑賞し、夜は「ナクソス島のアリアドネ」を見ました。前回2009年の時はフォルクスオーパーに行ったのですが、今回は国立歌劇場でした。行列して立ち見だったけど5ユーロかそこらで、堪能しましたよ!やっぱりリヒャルトは最高!
3925213_1097166519_197large.jpg
明日の早朝移動に備えて、睡眠・・・

3月13日(日)
夜も明けないうちにホテルを出発。
5時50分発という早朝の列車でプラハへ発ちました。
3925213_1097166562_206large.jpg
3925213_1097166569_202large.jpg
3925213_1097166577_50large.jpg
3925213_1097166583_239large.jpg

2005年以来のチェコです!いつの間にかシェンゲン協定に加盟していたようで、パスポートコントロールも無くなってました。
3925213_1097166596_158large.jpg
3925213_1097166605_116large.jpg
車窓、ブルノの大聖堂

10時19分、定刻にプラハ到着。心なしか6年前よりも明るくなっている感じ。街をぶらぶらし、屋台で腹ごしらえをしたり、
3925213_1097166648_248large.jpg
3925213_1097166650_138large.jpg
3925213_1097166699_52large.jpg
3925213_1097166824_195large.jpg
3925213_1097166771_193large.jpg
午後はプラハ城に向かいました。
今回初めて見つけて感動したのは、
聖ミクラーシュ教会のこの落書き、日付を見て下さい・・・
3925213_1097166964_123large.jpg
3925213_1097166943_107large.jpg
1826年、1850年・・・本物っぽいですよ。こんなのが沢山ありました。

聖ヴィート聖堂のらせん階段は相変わらずハードでしたが、やはりこの風景を見せないわけにはいかないと思い必死で登りました。
3925213_1097167032_143large.jpg
3925213_1097167118_25large.jpg
3925213_1097167106_55large.jpg
3925213_1097167053_145large.jpg
3925213_1097167134_164large.jpg

ホテルはオペラ座からすぐ近くで、夜は「ルチア」を見ましたがどうも疲れが溜まっていたのかうとうとしてしまいました。イタリアオペラがどうも苦手ってのもあるけど・・・(ヴェルディは好き)ヴェリズモがなぜヴェリズモなのかわかった気がしました。
3925213_1097167150_33large.jpg
3925213_1097167153_186large.jpg
3925213_1097167176_209large.jpg
3925213_1097167187_187large.jpg

3月14日(月)
前日に引き続きプラハ、今日も再びプラハ城へ行き、昨日見られなかった王宮などをこなしました。前回気に入った黄金小路が工事中だったのはちょっと残念・・・
そして・・・歩き疲れた体にご褒美!
ピヴニッツェ(ビアホール)で乾杯!
ウ・フレクーという店の強いビール。
3925213_1097167211_145large.jpg
3925213_1097167225_161large.jpg
3925213_1097167232_111large.jpg

うまいうまい!!!チェコのビールはやっぱり最高!
すっかりいい気分で空港へ向かい、古巣ハノーファーへ向けてひとっ飛び。チェコ航空、機材はATR42。

僕の住んでいたアパートに、今は後輩の佐藤卓史君が住んでいるのですが、ありがたく転がり込みました。前回同様ぼくの部屋はほぼ僕が住んでいた時のままで、自分の家のような気分です。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-238.html(2009年6月)
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-12.html(こういう経緯でした)
まぁ2006年から2007年にかけての日記にはさんざんハノーファーのことが書いてありますよ。リアルで住んでたんだから。

しかし佐藤君も秋にはこの街を離れるとのこと・・・懐かしいこの家とも、これでお別れです。
良く通っていた近所の「パガニーニ」でヴァイツェンを飲みながらピッツァを食べる。
スポンサーサイト
春休みの始まり復習
どうも気分的にそんな気になれなかったのですが、
そろそろ更新を開始しないといけないですね!

3月2日(水)
税務関係の書類を整理して、

3月3日(木)
税理士さまに来ていただく。今年も還付金たくさん戻ってきますように!

3月4日(金)
東京駅で牛タンを食べ、病院と書店へ行きました。
3925213_1097019361_203large.jpg
帰ってからは例によって、明日のバッハを必死でさらいました。

3月5日(土)
2011年3月5日(土)18:30-20:00

朝日カルチャーセンター新宿
平均律クラヴィーア曲集第1巻 全曲演奏と解説シリーズの最終回。
第19-24番の6曲を取り上げました。

3月6日(日)
だいぶボーっとしてたようですが・・・

3月7日(月)
東京音大の補講日で籠ってました。

3月8日(火)
朝から、ふよみ、洗濯をささっと済ませ。
G大の入試。今年もささっと無事に終わる。
帰宅して1人レッスン。
荷物をガタガタとまとめて羽田へ向かう。
松山空港着が少し遅れて、松山からの特急いしづちに乗り遅れ、今治まで深夜各駅停車の旅を満喫する羽目に。ホテルついて好物のじゃこ天とおにぎりをパクつく。

3月9日(水)
今治国際ホテルからの眺め
しまなみ海道が見えます。
3925213_1097041360_86large.jpg

PTNA 課題曲説明会
今治の望月楽器にて、今回も時間に限りある中ですが、
課題曲の要点と魅力をお伝えできるように頑張りました。
愛媛各地から今までにもお世話になった先生方にお越しいただいたほか、今治の岩佐先生に大変お世話になりました。どうもありがとうございました。
3925213_1097019402_35large.jpg
ヨーロッパ旅行の準備をするべくあわただく東京へ帰りました。
特急しおかぜからの瀬戸内海がきれいでしたね。春はもうすぐ、という感じです。
3925213_1097041404_75large.jpg

3月10日(木)
今年度最終の補講のため東京音大にこもりました。
事務の手続きなどをきちんと済ませ、帰宅して荷造り。
いろんな知人にメールを書いたりしてたら、いつも通り半徹になりました。

さて、明日からは2年ぶりのヨーロッパです!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。