リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会予定 (2007年3月31日更新)
今後の演奏会出演予定です。

___________________________________________________________________________________________


2007年2月26日(月)19:00開演 東京芸術劇場大ホール

☆2007都民芸術フェスティバル(東京都助成)
オーケストラシリーズNo.38

東京交響楽団 指揮:飯森範親  ピアノ:菊地裕介

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

http://www.jfm.or.jp/concert/orc.htm
http://www.geigeki.jp/topics.html
_________________________________________________________________________________________

2007年4月5日(木)
フランス Brive-la-Gaillarde市
リサイタル
Tchaikovsky “Meditation” op.72-5
Beethoven Sonata No. 32 en c mineur op.111

Poulenc « Theme Varié »
Tchaikovsky «Grande Sonate » en sol majeur op. 37 Movs. 3 et 4
Scriabin Poème “Vers la flamme” op.72

_________________________________________________________________________________________

2007年4月20日(金)19:00開演 東京文化会館大ホール

<ロシアの風景>
―華麗なるロシア大作曲家の系譜―
Руский пейзаж

お話 池辺晋一郎
第1部 
チャイコフスキー:カンツォネッタ*     ヴァイオリン:大谷康子
リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行*    ヴァイオリン:齋藤真知亜
ラフマニノフ:ヴォカリーズ*        ヴィオラ:百武由紀 
アレンスキー:小さなバラード*       チェロ:苅田雅治
プロコフィエフ:フルート・ソナタ ニ長調から第1、第4楽章*  
                      フルート:高木綾子   
                      以上 ピアノ:藤井一興* 
ムソルグスキー:蚤の歌          
ロシア民謡から「ステンカ・ラージン」「ヴォルガの舟歌」
バス:福島明也 ピアノ:
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番  クヮトロ・ピアチェーリ
                      ヴァイオリン:大谷康子・齋藤真知亜
ヴィオラ:百武由紀 チェロ:苅田雅治

第2部
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカから(バビン編曲による2台のピアノのための)
                     ピアノ:菊地裕介・佐藤卓史

チャイコフスキー:くるみ割り人形から(エコノム編曲による2台のピアノのための)
ラフマニノフ:2台のピアノのための組曲第2番から「タランテラ」
                     ピアノ:デュオ・グレイス
                         高橋多佳子・宮谷理香         
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」    ピアノ独奏:清水和音  
http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=90:P0=GGWH01:P10=1:P2=003934:P3=0006:P5=0001:P6=001
___________________________________________________________________________________________

2006年4月24日(火)
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
菊地裕介&佐藤卓史デュオコンサート

プログラム

チャイコフスキー:瞑想曲 作品72-5 (菊地ソロ)
Tchaikovsky Meditation Op.72-5

ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3章(バビンによる2台ピアノ用編曲)
Stravinsky: Three Movements from “Petrushka” (Transcribed for 2 pianos by V. Babin)

メシアン:アーメンの幻影~第4曲「願望のアーメン」
Messiaen: Visions de l’Amen – IV. Amen du Désir

*休憩*

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集より (佐藤ソロ)
J.S.Bach: Auswahl aus dem Wohltemperierte Klavier

モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
(菊地裕介・佐藤卓史による2台ピアノ用編曲)
Mozart: Sinfonie Nr.41 C-dur K.551 “Jupiter”
(Transcribed for 2 pianos by Y. Kikuchi and T. Sato)

http://kawai-kmf.com/concert-info/2007/04.24/

___________________________________________________________________________________________
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/1-b31005ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。