リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春を取り戻せ!
朝はちょっと散らかりすぎた家を片付ける。
午後にイケアの配送があって、やっと部品が揃ったので、CDタワーなどを組み立ててみました。全部で400枚くらい入るはずなんだけど・・・全然足りないです・・・やっぱりリッピングして原盤は実家に送るか・・・
しかし、配置するときに壁紙思い切り傷つけちゃった。てか、壁紙、ヤワ過ぎる。人がぶつかるだけで傷がつくんだから・・・
ま、当分住むつもりだからいっか・・・


そんなわけでせっかく早起きしていたのに、夕方から、やっと練習開始。
しばらくラ・ヴァルスを両パートさらってみたのですが、なんか最近ほとんどソロを弾いていなかったので、ソロをさらってみました。最初はドビュッシーとかフランクとか、ちゃんとCDに入れる曲をさらっていたのですが、なんかプレッシャーもあってストレスに・・・なんかドソロな曲を弾きたくなりました。
最近、近所からブラームスの1番が聞こえてたんですよ(pfソナタ)。で、その無邪気な勢いになんとなくイライラしてた僕・・・
そういえば、ドイツでも隣人の若い韓国人がさらってたっけ・・・というわけで、楽譜を出してきて譜読みしてみる(←やなヤツ)
でも、日ごろの鬱憤も溜まってるし、今日はここぞとばかりにさらいました。それも3楽のスケルツォから・・・笑
そのうち小包が届き(中身は酒!笑)中断してみると、ああ聞こえてきました同じ曲が(おまけに3楽)・・・んー、負けるわけにはいかないぞ!!!で、息もつかずにさらいまくった・・・笑
ある意味スポーティーで、汗をたくさんかきましたが、3時間もさらう頃には3,4楽章は大体通せるように・・・けっこう快感じゃん?

で、思ったこと。
最近、こういう曲を毛嫌いしてたんですよね。なんか若気の至りみたいな曲・・・悲しいことや辛いことにも直面したし、なんか気分的に鬱な曲がしっくりきてた・・・

でもね、まだ僕も老成するには早いんですよね。なんか懐かしい気分にもなったし、こういう曲を弾けば沈滞したムードを吹き飛ばせるんじゃないかと思いました。
で、近いうちに、弾いてみようかなぁ、と思いました。

そして、壁越しに対抗するなんて、幼稚極まりないんだけど、まあ、それもいいじゃないですか!?そういう幼児性も、演奏家には必要かも、とか思った・・・最近、大人の事情ばかり見てたから・・・
一瞬ヤな気持ちになるかもしれないけど、きっと某ピアニスト氏も練習に熱が入るだろうから、僕は良いことをしているのだ!!

どうも発想の転換を迫られることが多いです。
やっぱり立ち止まっていないで、失われた青春を取り戻さなきゃ!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/102-c7017503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。