リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイク400超の恐怖
翌10月28日
台風一過の素晴らしい晴天!
案の定水戸の疲れを何となくひきずっていたんだけど、無性に天丼が食べたくなり吉原は土手の伊勢屋に自転車を飛ばしました。なにもこんな忙しい時に、それも日曜日だし・・・って思ったんだけど、10人以上の行列を見てげんなりするも漏れてくる香ばしい油のにおいに負けてしまい、45分待って入店、オーダーするも到着までさらに30分、天丼ロ、と、なめこ汁、待った時間の6分の1ほどで完食、してしまいました。
でも、ボリュームもたっぷりで美味しかったし、昭和初期の建築と相まってとても雰囲気の良いお店でしたよ。わりと近所なのに、いつも近くを通るたびに行列に恐れをなして入らなかったのですが、満足できました。
そのまま自転車を飛ばし浅草駅で明日のチケットをゲット、さらに秋葉原まで足を伸ばして石丸で気になる音源をいくつか確保、アイディアを集めました。
帰ってくるともう3時をゆうにすぎていて、それから必死でさらったけれど、まだまだかなり不安な状態です。さらに、録音で使うために縮小する楽譜のコピーやメール書きなど雑用もなかなか終了せず、結局ベッドに入ったのは3時過ぎでした・・・

10月29日
結局ギリギリに起床、ひと風呂浴びて、さっさと荷物をまとめました。
今日の目的地は群馬県の笠懸野文化ホール。3年前に鍵冨君と録音した思い出の地でもあります。
三ノ輪から日比谷線、そして北千住から東武線の特急に乗車。
新桐生の駅からタクシーで少々、2時間ほどで現地に到着。やっぱり懐かしい風景。爆弾ハンバーグ屋もあったし!
しかし、水戸にしてもそうだったけど、今の家になってから、とにかく地方や海外に出掛けるには便利になりました。旅がちな身にはありがたいことです。
コロムビアのスタッフさんたちや調律師さんはすでに会場のセッティングをして下さっていて、音決めをしながら指慣らし。
さっそくラヴェルに取り掛かりました。
しかし、これが想像していた以上に難しくって・・・一人で片パートだけさらっていると、なかなか気づかない独特の癖ってのがついているみたいで・・・これがもう片方のパートとあわせるときに障害になるわけです。だから、できるだけその癖を取るように弾いていくんだけど、そうすると無味乾燥にもなりがちだし・・・結局どこかで線を引かなきゃいけないんだけど、それがなかなか難しいところです。
多重録音、自分とあわせるんだから簡単だろ?って言う人もいるんだけれど、これはとんでもない誤解で、いくら自分であっても、自分の手を離れて録音となってしまった以上、それは「機械」なんですよね。「機械」はこちらがどんなにサインを送っても、合わせてはくれないんです。
東京から解説をお願いしている萩谷さんも駆けつけてくださり、応援してくださいました。
というわけで、セクションごとに数十テイクを重ね、たまたま「奇跡的に」合ったようなテイクを場所ごとに拾っていきました。気の遠くなるような作業で、夜の9時過ぎまで粘っても10分少々のこの一曲録り終えることが出来ませんでした。大丈夫なんかな・・・??
ただ、終了一時間ほど前に、「あるやり方」を発見、これが功を奏し、どうにか希望を持って眠ることが出来ました。

10月30日
二日目、懸案のラ・ヴァルスをどうにか食事前に終わらせることを目標に、10時過ぎにスタート!
さて、「あるやり方」というのは、生音をまったく聴かずに、クローズのヘッドホンを使って、ミックスの様子をダイレクトにモニターしながらやるという方法。
最初は左耳だけに片パートを流して、あとは生音であわせていたんだけど、今ひとつやりにくかったのです。
結局、2台ピアノって、相手の音だけ聴いているんじゃなくて、混ざった結果のホールの音を聴いているわけですから、確かにこれが正解だったのかもしれません。おかげで少しスピードが上がり、最後まで行った後は、この方法で前半を何箇所かとり直しました。しかし、素晴らしいスタッフの技術力、そしてやる気とプロ意識に助けられ、どうにか原型は出来上がりました。(これからミックスのバランスなど修正するのだ)本当によかった!

出前の食事を取り、夕方になって、大幅な遅れをもってソロの録音に入りました。ただ一人デュオに比べればこちらははるかにすんなり進み、ドビュッシーは全てとり終えてしまうことができました。やれやれ・・・

10月31日
今日はわりと心の余裕を持って、プーランク、フランクと録り進み、無事に全曲を上げることができました。最終の特急に駆け込み乗車し、どうにか東京へ戻ってまいりました。
ソロも、もっとこだわることも出来たかもしれないけれど、とにかく最後までたどり着くことが目的だったので、ある程度のところで切り上げて体力を温存しました。
しかし、やっぱりCD一枚作るのは大変なことです。
コンサートのように一発勝負ではない分、楽な部分もありますが、だからといって、人間の体力、集中力にも限界があるので・・・
多少傷があっても、録音だしいくらでもやり直せるのになんで?とかバカにしちゃいけません。これからは人の録音を聴く姿勢も少し変わるかも・・・と思いました。

613680632_125.jpg


613680632_131.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/105-f403e394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。