リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月記前半・・・つまり週記か
11月4日(日)
さすがに使い物にならなかったんで午前中は家でダラダラ。
昼過ぎに銀座へ出掛け、イタリアンのカフェで原田君とランチ。
いろいろと打ち合わせをしました。
その後来週のジャケ写撮影に備えていつもの美容室へ、バッサリサッパリしてもらいました。ジャケ写の撮影だと伝えたら張り切って仕事してくださいました。御徒町のIさんちゃんとスタッフロールに名前載せるからね!

11月5日(月)
2週間ぶりの芸大。
今日は終了後とあるイベントがあるので気もそぞろ。早めに切り上げないといけないし・・・というのは・・・
「マリア・ジョアン・ピリス、ワークショップat浜離宮」 参加、という素晴らしい体験ができたのです。
人間の筋肉、呼吸、意識の三位一体で自然な音楽を引き出すこととか、すごーく素敵なお話でとても参考になりました。ピリスさんはテレビで見たとおりの小柄な方でしたが、放っているオーラはやはり半端じゃなかった。そして最後に弾いてくださったベト110のアリアとフーガ、ものすごい集中力!これが世界の第一線なんだなぁ・・・一生忘れられません!
僕もシューベルトのA-durソナタの2楽章のあの悪夢的一節を弾きました。
これを先に受けていれば僕の先日のレコーディングやコンサートも全然違ったものになったかもしれないのになぁ・・・とか思いました。でも、これからの未来に向けてさらに前進しようと思います。終了後は、この機会に久しぶりに集まったメンバーで銀座呑み!

11月6日(火)
体調を微妙に崩し、家でデスクワークをこなしながらもダラダラ・・・生徒さんがひとりお見えになりましたが、すでに教室で先生をされて長いという方なので恐縮してしまいました。何かお役に立てているならば良いんだけど・・・・

11月7日(水)
なんか、手帳を見る限り一日家に居たようです。とても久々の体験だったんじゃないかな?ヨーロッパ歴訪の準備をしたり、コンサートの企画やらでメールを20通以上書いたり、いろいろ雑務に追われながらものんびり出来たと思います。

11月8日(木)
今日は芸大補講の日です。これから週2なので僕も生徒さんも大変です。
終了直前に友人に偶然会い、そのままお茶しに行きました。
彼女も母校に戻りたくっていろいろ話を聞きに来たり、顔を出しているようです。
帰国のタイミングを探るって難しいよな。仕事ってないもんだよな、
みたいなこの年代特有の会話に終始。
みんな頑張っているんだなぁ・・・

11月9日(金)
10時からジャケ写の撮影がありました。
久々の早起きです。なんと6時50分!

行きがけに髪をセットしてもらいに御徒町へ行ったら小中学校の前通るんですが、ちょうど登校時間だったみたいで(8時15分ごろ)校門で先生が「遅いぞ」とか叫んでてもう絶句。
僕は今日は超朝型じゃん?とか思ってたのに。てか学校ってそんなに早い始まりだったっけ?僕は8時30分から50分ぐらいだったよ。
だけど・・・その頃は7時とかに普通に家出てた気がする。中学じゃ遅刻分岐点だったし。

で、幡ヶ谷のスタジオへ向かいました。
ピアノを小道具に、いろいろ撮ったんですが・・・
自分が自分じゃなくなっていく瞬間ですよね・・・
メイクとかライティングとかしているうちに、自分が自分の手を離れて人が作ってくれたイメージの素材になる。
それが商品を作るということなのかな?とか思ったりして・・・
みなさん出来上がりをお楽しみに・・・!

20071118221009.jpg

(この写真はポラです。決定稿ではありません。)


11月10日(土)
4日前に崩し始めたまだ体調が回復してません。
akira君のおうちにチラシとかの打ち合わせで伺いました。池田山の一軒家ですよ、なんかセレブな感じですよね。
さて、チラシは1月12日の代官山のやつです。出来上がったチラシ、アップしたので見てくださいね。

tirashi.jpg

20071118221056.jpg




11月11日(日)
今日は生徒さんが4人、やってくるはずだったのですが、一人風邪をひいたので3人になりました。
でも、僕のレッスンはとにかく長くなるので3人でもけっこう精一杯でしたよ・・・
1時間とかで効率よく教えられる人がうらやましいですが・・・
だってたまにしか来ないから、てか見てあげられないし、時間過ぎたからって何か言い残したまま返せないしねぇ。

11月12日(月)
今日も芸大、朝は早起きしてロームの助成金の申請書をシコシコ作成。まずまずの出席率。
昼休みは例によって4時からで一時間のはずなんだけど、レッスンが少し長引いた上に、桜木の郵便局へ行ったりしてたら時間がなくなり谷中のデニーズであわただしくオムライスを掻きこむ。
その後一人欠席したので18時35分ごろ終了し、余裕を持って文化会館へ移動。
岩崎淑先生の室内楽の演奏会でした。
グリーグのヴァイオリンソナタ全曲、チェロソナタ、そして三瀬先生作曲のトリオ(委嘱新作)
その間、ピアニストである淑先生は出ずっぱりですよ。タフで、すごいなぁって思いました。
ヴァイオリンのジョセフ・リン氏がまた自然でかつ正確にして清澄な音楽作り、これが大変素晴らしく、本当にいい演奏会を楽しませていただきました。一緒に弾きたいかも・・・←ヴァイオリニストフェチ

終了後はアトレのLimonelloで打ち上げに誘ってくださり、先生の生い立ちのお話とかいろいろ伺いながら大変楽しいひと時を過ごしました。僕も50年後も弾き続けていられるように頑張ろうと思いました。
終わったのは12時半過ぎで・・・やっぱタフだなぁ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/106-88023b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。