リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回横浜市招待国際ピアノ演奏会と自分
11月1日(木)
昨夜までのレコーディングの疲れは、当然残ってましたが、そうも言ってられない!というのは、今日から横浜市招待国際ピアノ演奏会のイベントが目白押しなのです。
子供の頃、加藤先生にチケットを渡されては毎年のように通った演奏会です。自分が出演する日が来るとは、感無量です!
にもかかわらず、朝一番ですみだトリフォニーへ向かい、抽選会に参加、というのは来年11月に、永野英樹さんとのデュオで、メシアンのアーメンの幻影全曲演奏、を企画しているのです。
しかし希望の日はまったく取れず、仕方がないので松屋で朝飯食って、元来た道を都バスにゆられうたた寝・・・くたびれてるなぁ・・・

30分くらい仮眠して、お昼ごろみなとみらいホールへ向かいました。2004年9月21日のリサイタル以来ですから3年以上経っています。まずはピアノ選びです。3台のヤマハの中から、気に入った一台を選びました。同じメーカーだと余計なことを考えないで済むので助かります。
その後練習室で練習、夕方になってやっとホテルに移動しました。元町のホテルニューグランド、知らなかったんですが、マッカーサーとかがいた由緒あるホテルらしいですね。夜景なんかもとても綺麗でした。想像以上の歓迎ぶりに身が引き締まりました。

615804487_143.jpg

615804487_101.jpg


レセプションパーティーというのがあって、コンサートとは違う曲を弾かなきゃならなかったのです。会場のピアノで軽く指慣らしをして、また部屋へ戻り仮眠。
パーティーには各界の有力者がいらっしゃっていて(山岡先生や加藤先生はもちろんのことヤマハの方々とか現みなとみらいホール館長の池辺晋一郎先生とか・・・)、そこで4人順番に弾くわけですからまあ緊張しますわな・・・ドビュッシーの金魚にしましたけど・・・
いろいろな人と話をしていたらデザートを取りそびれ、パーティー終了後は完全にバタンキューでした。

11月2日(金)
本番です。まあ、本番の日の過ごし方なんてみんな似たようなものでしょうからあえて書きませんが、特筆すべきは昼飯にせんば自由軒のカレーと一風堂のとんこつラーメン双方を食べてしまったこと・・・いくらエネルギーが必要とはいえ、ねぇ・・・やばいです。

本番自体は、前半の中華ヴィルトゥオーゾピアニスト君のあとに弾くということで、なんだかコンクールのようでいつもの3倍くらい緊張してしまいました><
リラックスできたのはアンコールの武満、雨の樹素描IIだけでした。雑音を立てられた方がいらっしゃって、これはお客さん退屈してんじゃないかと思って気が気じゃなかったです><
これは集中してない証拠かしら・・・
が、それも全て自分の実力のうち、ありのままを聴いてくださったことを本当に感謝します!正直、まだまだこの若さであのような大曲をとりあげることに関しては各方面から賛否両論があるのですが、一歩一歩前進していきたいです。
終了後は山岡先生と出演者一同でイタリアンでした。美味しかった!

11月3日(土)
朝、素晴らしいホテルを名残惜しくもチェックアウト今日はピティナ・ステップという発表会のアドバイザー・インターン、という名目で中山の楽器店へ。
小さい子達の演奏、正直コメントするのが難しかったのですが、僕を指導してくださった江崎先生はビッシリとコメントしてらっしゃいました。何事も経験と修行だなぁ!
予期せぬことだったのですが、何か一曲弾いてあげてよ。ということでジーンズのまま舞台上へ・・・朝から一度もピアノ触らないまま、また金魚弾きました。でも、結構喜んでもらえたので調子に乗ってコンサートやCDの宣伝もしてしまいました。営業しなきゃ!
午後の2日目の公演のあと舞台上で挨拶をする必要があったのでみなとみらいにもどり、今日の2人の演奏を鑑賞、いろいろ刺激を受けました。
そして、ちゃんと燕尾に着替えて舞台上での挨拶も終え、その後のお別れパーティーも終わったあと、共演のダニー君と秋葉原へw
途中で韓国のキム君も合流、そしてお世話になったみなとみらいホールのスタッフのひとりとも合流。ヨドバシとか、いろいろ見たり買ったりして回った後、ダニーくんの強い希望で焼肉店を探すも見つからず、結局鶯谷の行きつけの店へ!w
さすがに家は汚くて泊められないので、12時前に彼らを横浜へ向かう京浜東北線に乗せて、帰宅。これまた轟沈でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/107-926b4a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。