リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月記後半
11月13日(火)
今日は午前中に演連から電話がありチラシ等の打ち合わせのため神谷町に召喚されました。
出掛けにランチは鶯谷の焼肉店でビビンパを食べようと思っていたのだけど、結局ビビンパとカルビのセットにしてしまう・・・
で、Lushがイトシアの中に出来たから、ポイントカード引き換えに行くついでにデザートでも食べようかと思って有楽町に寄ったんですが、相変わらずあのドーナツやさんはすんごい行列なのね。平日の昼間なのに、一体皆さん何をなさっているのかとたまげました。(自分もその場には居るが、並ぶほど暇ではない)
とはいえ僕も何か食べたくなってベルギーワッフル屋さんに行ったのですが(こちらは行列なし)、結構高いんですねぇ。
ユーロが高くなったとはいえ、まだ本場の方が安いかも。てか値段は似たようなもんかも知れないけど、量が圧倒的に違う。
早い話、少ねぇ!って感じなんです。やっぱりワッフルっておなか一杯にならないとね。(独逸人化か?)
有楽町の甘味日欧比較といえば、次はパリでしか行ったことのないアンジェリーナでも行ってみようかと思います。
さて、神谷町の仕事を済ませ、内幸町まで歩いて咳の薬をもらい、ヤマハへ行こうと思い再び有楽町まで歩ききったのに、定休日!がーーーん。仕方がないので、本郷のアカデミア行ったんですが、目的の楽譜は見つからなくって・・・もうパリで探すことに決めてとっとと帰りました。
夕食は根岸でとんこつラーメン、替え玉もバッチリです。


11月14日(水)
午前中に一人レッスンだったんですが、最後は時間切れ気味であわただしく出掛け神保町の隠れ家的カフェへ。コロムビアのMさんと合流、コーヒーが美味しいですねぇ。
今日は取材三昧なんです。まずはタワレコのintoxicateという情報誌、続いて音楽現代・・・マニアック話はもちろんのこと、少々ハッタリじみた事や営業トークもぶっちゃけ裏話も、躊躇せずとにかくしゃべりまくりました。これも大切なお仕事です。コンクールの狭い世界を抜け出して、どうにか皆さんに知ってもらい身近に感じていただかなければ、ソリストはやっていけないんだから。
次の取材まで少し時間が空いたので書泉へ行ったんですが、僕の聖地6F(鉄道誌とか)は改装中で休み。がーーーん。最近休みによく当たるような・・・
少し神保町をぶらぶらした後、神楽坂の音友社へ移動、音友の記事の取材をしていただきました。
そして、全てが済んだ後、うちの親とも合流し麹町のすし屋「後楽」へ。最近、こちらへ伺う機会が多いですね。今日もオーソドックスながらたいへん美味しいお食事でございました。

11月15日(木)
今日も芸大日です。
終了後は少しさらって、またも神保町へ・・・今日はぶらあぼの取材をしていただきました。やはり話が弾んでしまい少し遅くなったのですが、六本木のコロムビアまでタクシーを飛ばしまして次はショパンの取材。それぞれの雑誌のカラーを踏まえてしゃべっていたつもりではあるんですが、だんだんどこで何を話したか分からなくなってきました・・・出来上がりが楽しみなような怖いような・・・
帰りがけに上野のアトレのスペインバルで独り呑み。とはいえワイン一杯だけ。ボジョレーも気になったけどもうすぐパリだから遠慮しスペインの強い赤と臓物系のタパスをつまみマドリーを懐かしみました。

11月16日(金)
今日は南麻布のコロムビアスタジオで最終編集およびチェックです。昼過ぎに広尾駅から歩いて10分ほどの現地へ。
開始前にジャケ写の確認、選定でした。今回はフィルムでの撮影だったので仕上がりにはドキドキしていましたが、何枚かはよさげなのがありました。
そして問題の編集・・・これがまあものすごい長丁場だったんです。1st.editでもそれなりには仕上がっていたのですが、やっぱり少しでも良いものにしたいですからね。ミスを直すだけではなく、音楽的にも作りこむ気で、気に入らない部分はどんどん直して行きました。でも、ラ・ヴァルスのレコーディングの長丁場の直後にサーっと通しただけだったドビュッシーはテイク自体が少なくて少々苦労しました。
ディレクター兼編集担当のKさんは風邪気味、その咳がどんどん悪化していくさまが手に取るように分かって本当に気の毒だったんですが、だからといって中断するわけにも行かず・・・
細かいプロセスはこの際企業秘密、ということにしますが、Kさんの素晴らしい技術と不屈の闘志には本当に脱帽しました。CDって本当にいろんな人のさまざまなプロフェッショナリスムが重なり合って初めて出来上がるものなんですね。
しかしすべてが終わったのはなんと朝の4時40分!日比谷線の始発を待つことも可能でしたが明日のこともあるので結局タクシーに乗りました。高速使って、10分ちょっとで着いたけど、一葉さんでは収まりませんでした。僕も深夜だけタクシーやろうかしら、と一瞬考えたよ。

11月17日(土)
今日はちょっとした用事があったので久しぶりに多摩川渡りました。でも、徹夜明けだったものでわりとすぐに疲れちゃって・・・
本当は夜に王子ホールでakira君とデムスの演奏会があったんで帰りに寄ろうと思っていたのですが、結局伺えませんでした。
夜はなんとなくさっぱりしたものが欲しくって回転寿司・・・

11月18日(日)
川村文雄君の演奏会でトッパンホールへ行きました。あそこは駅から遠いし、よく晴れているので自転車で出発!
御徒町の松坂屋に寄り道しおみやげを探したんですが、僕も御菓子とか頂いても残念ながら余らせてしまうことがあることを思い出し吟醸酒を購入!最近居酒屋に通ってるらしいのでたまには家で飲んでね。と言おうかと思って。
演奏会は大変完成度が高くとても素晴らしいものでした。とっても刺激になりました。
でも、思ったほど知り合いに会えませんでした。日曜の昼間なのに・・・桐朋のみんなとか結構薄情なんだろうか・・・?
それでも一人だけ(一級上の男子)会って飯田橋のProntoでお茶。神保町の例のカフェもだけど、ここって地下にあるんですよ。やっぱ隠れ家ですよね!
その後は大手町の産経でモストリーに取材して頂くため移動しました。木枯らしにビル風が加わって少し苦しかったけど、都心は道が広くて自転車にもやさしいですね。
今日は他誌とはちょっと毛色の異なる話をしたような気がします。どんな記事になるのかなぁ?
で、寒空の下ふたたびチャリに乗り入谷のサムラートでカレー食って帰宅しました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/108-d703365e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。