リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つ目のふるさと??なのか?
写真が結構あるんだけどアップできない環境なのでとりあえずtextだけで・・・

11月24日(土)
主のいない佐藤家で目覚める。
ハノーファーは信じられないような晴天でした。
午前中、グリーグとブラームスを中心にさらう。
杉村さんは夜コンサートがあるらしくって今日は合わせは無し・・・
O嬢が佐藤家にネットをしに来たのでパリで頂いてきた超旨い羊肉ステーキや家におきっぱなしになってた乾物系を利用し食事を振舞う。
昼休みの後、いろいろデスクワークをやり、ちょっとうたた寝でもしようかなと思って、5時半ごろベッドに入って、起きたら朝の4時半でした。
やっぱり疲れてたのかね?
それともただ単にハノーファースタイル(引きこもり癖)が戻ってしまったのか?

11月25日(日)
せっかく早起きしたので朝からいろいろとデスクワークをする。急遽追加で弾くことになった武満の悲歌の楽譜をプリントアウトしたり・・・
以前残していったアルファ米とか、芋がら(ずいき)とか、切干大根があったのでそれらを適当に調理し朝食を摂る。味噌とかそのまま冷蔵庫にあったし・・・
のろのろしている間に、ろくに指慣らしをする時間も無く11時から杉村さんと合わせ。うーん、さすがエネルギッシュな演奏、引っ張られる感じがして楽しいです。

昼休みはNさんとKroepckepassageのイタリアンでお茶、食事、ラヴィオリ、量が少なかったけど結構おいしかった。あまりに空腹だったのでティラミスもとったら、デコレーションがなかなか綺麗で癒されました。
7541442_1113620203.jpg


さて、いろいろ愚痴った気もするけど、なんか少し元気になった。付き合ってくれてありがとね!

17時からWegrzyn先生のレッスンでUhleの別館へ。今回は見物でなくちゃんと自分の音を聴いてもらえるので張り切って出かける。とにかくハノーファーはすべてが近いから助かりますね。
さてグリーグ、割とすっきりとしたレッスンだったもののいくつか的確な指摘を頂き満足・・・
しかし、僕、ヴァイオリンの先生にはバランスのこと言われることがあるんだけど、そんなにうるさいかね?自分で録音とか聞いてもあんまりそうは思わないんだけど・・・頭の中のイメージがすでに違うんだろうか?
「今朝初めて合わせたにしてはExcellent」という微妙なお言葉を頂き、レッスン室を失礼しました。

夜は、特に宴会をするわけでもなく切干やらの残りでさっさと済ませました。

11月26日(月)
前日よりずっと降っていた雨はみぞれやらあられやらに変化しながら、しまいには雪に・・・結構降ってたけど、積もりはしませんでした。
7541442_2371414576.jpg

朝は例によってデスクワーク、いろんな書類作成に追われてました。とにかく最近紙と戦うことが多い・・・ピアニストでピアノだけ弾いていたいつもりなんだけど、やはりお金の絡むことも多いから事務からは逃げられないみたい。

会場に行って合わせをするつもりだったんだけど、ピアノの鍵を借りるのに一悶着、指慣らしとリハとGPとすべて兼ねたようなのを20分かそこらやって本番を迎える。というわけで、結局全部で3時間ちょっとしか合わせてません・・・でも、プロになったらみんなこんなもんだよね・・・?がんばれ即戦力!

13時からの本番は、予期せぬ刃こぼれもあったものの一応熱演、老人で満杯の会場はかなり盛り上がりました。悲歌とグリーグのあとピアノはチェンバーベテランの大野さんにバトンタッチ、ファリャとブラ3と続きみなさん大満足のようでした。二人ともお疲れさま!ブラ3は僕も来週弾くので、生で聴けて勉強になりました。

ただ、学校から予期せぬ手紙を受け取る。
ハノーファーの学校は8月に除籍にしたって書いたと思うんだけど(除籍後2年間は試験が受けられるとの話だった)、10月から規則が変わり再度登録しないと試験が無効になる・・・との話。
この件で以来かなり苦労してます。当日はビューローが閉まってしまいどうにもならなかったから、フランスから慣れないドイツ語で電話したりメール書いたり・・・でも何事も経験だと思ってがんばらないとね!どうやらまた学生の身分を得ることになりそうです。健康保険も入りなおさなきゃいけなかったり面倒そう・・・
どうにもならなかったらもう卒業資格なんてあきらめてしまおうとも思っているんだけど、来週の短いハノーファー滞在時に試験等の合間を縫って進めないといけません・・・

何はともあれ、打ち上げは大野さんと杉村さんと3人でイタリアンのRossiniへ・・・ホタテの生スパゲッティを食べながらしばし歓談。その後寒空のなか中央郵便局へ向かい朝作成した書類を某所へ発送・・・

家に戻り、大慌てで片付けて出発、パリへ飛びました。
7541442_4080433116.jpg

今回は15区にある常宿のT邸。到着したら、もう10時半ごろなのに、すぐにシャトレに出かけるそうな・・・パリ時代のほぼ同期、島田彩乃ちゃんの送別会だって・・・ドイツへ行くらしい。ドイツから着いた直後にドイツへ発つ人の送別会ってのもなんか変な感じではあるが迷わず同行、ムールとビールに囲まれながら、懐かしい友人たちと午前様の歓談でした!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/111-b2930618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。