リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びパリ
前回の日記にも写真をアップしました。良かったら見てください。

11月27日(火)
T氏は寝ていらっしゃったので一人でT邸を出発しメトロでヤマハへ、リビツキー先生とお昼過ぎに約束をしていたんだけど、たまたま時間が空いていたようなのでちょっとピアノを聴いていただく・・・いや、最近室内楽ばっかりさらってたから、ちょっとソロを弾いてみてよといわれたときはあせったけど、ドビュッシーとシューベルトを少しずつ弾きました。
そのあと、ブラームスやラヴェルなどをさらい、それからさらに日記を書いたり、書類やメールを書いたり、ひととおりのデスクワークをさせてもらう。そしてお昼も食べないまま15時過ぎヤマハを後にしました。

その後はLes Hallesのタルト屋さんで永野英樹さんと待ち合わせ、来年共演するコンサートのことを中心に、あまり長くは居られなかったけどお話しすることが出来ました。

7541442_1460676240.jpg


その後母校CNSMへ行く。もともとはベロフ先生にコメントをいただきたくて、CDを渡す約束をしていたのですが、ほかにも何人か僕の先生がいらしていたようなので教室まで会いに行きました。やっぱり、パリとのつながりは大切にしたいですから・・・
あと、後輩たちにも何人か出会うことが出来ました。2004年に修了しているわけだから、もちろん学生はもうほとんど入れ替わっちゃってたけど、先輩で先生になってる人がいたり、伴奏をずっとやってる人も居るし、鍵を渡すおじさんやおばさんや、懐かしい顔ぶれがいっぱいでした。ちょっと複雑な構造のこの学校、抜け道や裏階段も駆使して、当時を懐かしみました。もちろんEugene Juminのサンドウィッチプーレも食べたし!
7541442_2718071612.jpg

それに今回新しく知り合えた子も居たし。(やはり思い切って声もかけてみるもんです。)
1996-2004、8年も通った学校・・・ある意味、僕が生涯で一番長く連続して所属した組織なんです。完全に関係が切れちゃったら寂しいですからね。

CNSMを後にしてBonne Nouvelle界隈へ、先日お世話になったおばさまが京大の先生とディナーをするから一緒に来ませんか?と誘ってくださったので出かけてきました。界隈のアールデコ様式のいかにもなビストロで食事、でも、アンドゥイエット、なかなかおいしかったですよ。
先生方のお話もやはり研究職同士わかりあえる部分が多くてとても楽しかったです。

さらにT邸に戻るとブイヤベースを肴に宴会が行われていました。もちろん参加、ルヴィエクラスの後輩で今売り出し中のRomain Descharmes君と同じくルヴィエクラス同輩のきょーこねえさんが来てました。共通の友人の話しなんかをしているうちに久々にルヴィエクラスの雰囲気が漂って、これまた懐かしい気分でしたよ。
そこにヤマハのSさんも加わり、結局宴会は朝の6時前まで行われてしまいました・・・

11月28日(水)
眠い目をこすりながらヤマハへ。久しぶりにバリバリさらいました。
その後、今日もやっぱりデスクワーク、何をそんなに書くことがあるんだろう、って思うんだけど、やっぱりやることがあるんですねぇ・・・ルヴィエ先生に聞いていただくための音源を整理したり・・・大変でございます。
その後、Rome通りのの楽譜店へ、何軒か回ったんだけど、結局目的の楽譜(ラモー)はファクシミリ以外手に入りませんでした。まあ、ファクシミリはファクシミリで面白そうだから買ったけど。
今日も再びCNSMへ、ルヴィエ先生はとってもとってもお忙しそうだったけれど、どうにかCDをお渡しして、あとちょっとしたお手紙を書いていただくことは出来ました。先生、白髪増えまくり・・・あの黒髪が年を感じさせなかったのにねぇ・・・
その後は再びRomeまで戻りマドリッド通りのCNRへ、ちょうどメシアンコンクールの最中で日本から僕の同級生が受けに来てたんだよね。彼女は無事通過し、一緒に食事しに行きました。どこでもいい!ということだったので、やっぱり勝手知ったるバスティーユ!やっぱり、帰ってくると不在の期間なんて流れ去ってしまうから不思議です。やっぱり故郷なんだなぁ!
T邸に戻るころには、今日も真夜中、カルネも6枚も使って疲れたけど、楽しい一日でした・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/112-df6f769f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。