リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8年ぶり(?)のニュルンベルク
11月29日(木)
さて、今日はまた移動日です。
朝ヤマハへ行って、やはりデスクワークに追われました。ある書類の遅着を詫びるメールを書いたり、とある学校に出す書類だったり・・・その後、30分強だけさらうことができましたがまもなく時間切れ、ヤマハを後にします。そして、Auberの郵便局からまた日本に向けて速達発送、52ユーロ、なんでこんなに高いんだろう?
途中、理奈ちゃんへのお土産のマカロンを買ったりしながら、一度T邸に戻り、急いで荷造りをする。
ぎりぎりにタクシーで出発、ラジオからパリ近郊の殺人事件のニュースが流れてきて運転手さんが嘆いていました。
さて、移動時間は貴重な睡眠時間ということで機内では爆睡、ほどなくニュルンベルク空港に着陸、理奈ちゃんが迎えに来てくれました。うわさには聞いていましたがほんと可愛い子ちゃんで最初緊張しましたが、互いの愚痴やら世間話をしながらヴァイツェンビール飲んでニュルンベルク名物の焼きソーセージを平らげる頃にはすっかり打ち解け、カフェを梯子して結団と相成りました。
この街には、その昔パリから自動車旅行で訪れたことがあるんですよね。僕が基本的に運転手で、後は当時免許取立ての大萩が助手って感じで、あと男一人女二人で4日間で3000キロあまりを走破したすさまじい旅行でしたが、その最初の投宿地がここニュルンベルクだったんですね。中央駅周辺とか、旧市街とか確かに記憶があって、懐かしい気分でした!

11月30日(金)
理奈ちゃんが朝からホテルへ迎えに来てくれて、今回のコンサートを開いてくださる井上さんのお宅へ一緒に伺いました。井上さんはもう長年ニュルンベルクに住んでらっしゃり、奥様もこちらの方で、学生達のコンサートを自宅のサロンで開催したりして支援してくださっている、留学生にとって神様のような人なのです。
到着後、お茶を一服いただいたのち練習。まずは個人練、だって弾けてないもーん。それからしばらくしておもむろに合わせを始めました。ブラームス3番、個人的な思い入れの結構大きい曲、なのに、今回初体験です。さあ、燃えるような演奏をしよう!と俄然張り切ります。理奈ちゃんの音はパワーがあって、心にぐんぐん突き刺さってくる感じで僕も安心して弾きまくれますね。

7541442_2739148961.jpg

さて、井上さん宅はお昼もご馳走になり、(その後もずっと食事の面倒を見てくださいました。)それから車でHochschuleまで送ってくださいました。ゲーデ先生のレッスンです。これも結構楽しみにしてたんだ!
ゲーデ先生はとっても気さくで熱心な方でして(そして家族愛溢れているそうな)、じっくりと見てくださいました。やっぱりレッスンを受けると、いろんな意味で安心するというか、肯定されるにせよ否定されるにせよ、演奏の土台が出来上がる感じがしますね。不思議な効果です。
再度井上さんが迎えに来てくださり、また練習に向かいました。
夜になって始めたカルメンはソナタと違ってド伴奏、あまり自分の経験のない分野で最初は大変でしたが、理奈ちゃんの的確な助言の甲斐もあって、どうにか形になりそうな予感がしてきたところで当日の練習は終了になりました。

12月1日(土)
朝は割とゆったりと過ごして、しばらく合わせをしてるうちに、ほどなく16時になり本番。
20人くらいではありましたが、とても「耳の肥えた」お客様がた、ということでちょっと緊張!
ブラームスは、早いうちから燃えすぎたかもしれませんが、とにかく燃えました。3楽なんかはそんなに悪くなかったと思います。4楽の最後のページでバスを激しくはずしたのは痛かったけど・・・
ラヴェルも最後のページでかっこ悪いミスしてしまった。まあ油断は禁物ですね。カルメンは昨日の心配をよそに、かなり息が合ったと思うけど・・・
7541442_2907144008.jpg

7541442_3380285007.jpg

7541442_2885909798.jpg

(井上さん、奥様、そしてお孫さんも)

今回、僕にとってはブラームスもラヴェルも、そしてカルメンですらも新しく、唯一僕の弾いたことのある序奏とタランテラは彼女にとって新曲だったみたいで、二人とも弾いた経験のある曲、というのはアンコールのタイスくらいしかありませんでした。おまけに初めてのパートナーだし、いろいろと大変だったとは思いますが、お互いにとっていい経験になったのではないか、と思います。僕もひとまわり大きくなれるよう頑張るから、また、やろうね!
終了後はまた井上さんにご馳走をいただき、ホテルまで送っていただきました。

12月2日(日)
朝6時半のICEでハノーファーへ移動しました。車中は当然爆睡です。最近、乗り物で寝るのがますます得意になって来ました・・・
到着後荷物を置いてすぐに学校のホールで明日のリハーサルでした。でも、最近放置していた曲がほとんどなので最初は全然弾けなくて往生しました。2時間もさらった頃、ヴァルディ先生がいらっしゃいました。先生は明日から別のコンクールの審査のため、僕の試験には立ち会うことが出来ないのです。
まさか、全然弾けてません、とか言うわけにも行かないから、ひととおりの曲を少しずつ弾きいくらかの助言をいただきました。
その後、友人達と昼食を食べにイタリアンレストランへ行きました。帰りにクリスマスマーケットを物色!
帰ってきてから、昼寝をしたり、ちょこっとさらったりしているうちにあっという間に夜になり、さらにはまたもやCD関係のデスクワークに追われてもうこんな時間になってしまいました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/113-efc1cef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。