リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高~い学生証、ヨッフェ先生
12月3日(月)
さて、学校のシステムチェンジのことで始まった例の揉め事ですが、今日一応ひとつのステップに到達、というのは・・・・・・
今朝ビューローに様子をたずねに行ったら、いきなり新しい学生証を渡されました。
今まではペラペラの紙切れだったのに、なんかICカードに変わったみたいで立派な見た目でした。
7541442_3513390455.jpg

しかしこれでまた名実ともに学生に戻ったことを実感!なんだかすごい嬉しい気分がしたのはやっぱり僕がピーターパンだからなのでしょうか?とはいえ、まだ保険に再加入するという面倒なイベントが残っていますが・・・

さて、その後10時からGPでホール入りしました。
このハノーファー音楽大学のホール、良い音楽ホールに恵まれていないこの街にあって、小規模ながらとても気持ちのいいホールなんです。

7541442_2638216988.jpg

(右の灰色の建物が学校、左の高い白い建物が僕のもと住処です。人生で学校が一番近かった4年間でした)

ピアノの調子もよく繊細なタッチにも応えてくれました。

昼寝のために寄宿先に戻ったところ、結局3時間以上寝てしまいました・・・
18時に再度リハ入り。要所だけ確認します。
そして19時35分、5分押しで本番スタート。
出だしはいつものように緊張していたのでドビュッシーは結構怪しいパッセージもあったかもしれませんがどうにか切り抜け、フランクではだいぶ音楽に入り込むことが出来たように思います。しかしこの曲は何度弾いても暗譜が怖いのだ!前半から2度のカーテンコールをリクエストされ、聴衆とは悪くないコンタクトでした。
シューベルトは、いろいろとスタイル上の問題点はあったような気もしますが、とりあえず表現意欲だけは欠かさない演奏を試みました。でも3楽とかはもっと変化つけても良かったかな?
アンコールはあまり考えてなかったのですが、結局、最近ピンチになるとやたらと登場する「金色の魚」を引っ張り出しました。思いがけないほどの盛り上がりで、なかなか嬉しかったですよ。

終了後はいつもの「アレキ」で飲み会。10人以上来てくれて、楽しく過ごしました。

12月4日(火)
30歳以上だから学生保険にはもう入れないと告げられ、郊外の別のセンターへ行くように言われる。今までは60ユーロ弱だったんだけど、
その場合最小のオプションで月に131ユーロということで、2万円ですよ。
1000円のランチが20回食べられる計算ですからこれは痛いですね・・・
学生証もらって喜んでたけど、すごい高いものにつきそうです・・・

お昼は元隣人とマックへ・・・朝以外でマックなんて久しぶりだなぁ・・・
夜はヴァルディクラスの精鋭ワン・シャオハンくんとフランチェスコ・ピエモンテージ君と夕食、二人が昨日の演奏をすごい気に入ってくれて、食事に誘ってくれたんです。元隣人も一緒にイタリアンに行きました。今まで知らなかったレストランだったけど、高いわけでもないし、とってもおいしかったですよ。ハノーファーでも探せばあるんですね。
精鋭二人は昨日の演奏についてアドヴァイスをくれたり、いろいろと業界の、それも普段見れないような高い世界の話(来週キタエンコと弾くんだけど・・・とかそういう話)をしてくれて、なんだかすごく刺激になりました。そうそう、ハノーファーってこういうところだったよなぁ、ということを思い出し、そこに居られたことを幸せに思うとともに、自分はもうこの世界で踏ん張れないのかなと思うと、少し名残惜しくなりました。
まあでも、自分の世界を少しずつ広げて頑張らなきゃいけないんだよな・・・

12月5日(水)
朝5時過ぎに出発してパリへ、11時からディーナ・ヨッフェ先生のレッスンでした。厳しいけれど、決して期待を裏切らず、いつも僕の大好きなレッスンをしてくださる先生です。
うちの親が先日東京でお会いしたことを覚えていて下さり、また横浜で一緒に弾いたダニー君のお母様でもあることから、彼がいろいろ話をしていたみたいで、今日はいつも以上に親近感を感じてくださったみたいです。
2時間のレッスンでは、シューベルトのイ長調ソナタを弾いたんですが、本当に目からウロコが落ちるような素晴らしいもので、全体の展望が大きく変わりました。今まで細部にこだわって全体を見落としていたみたいですね。
このレッスンをもっと前に受けられていたらなぁ・・・ってつい思っちゃうんだけれど、今受けられたというその事実を幸せに思わないといけないですね!
7541442_4015334140.jpg

これから、パリを後にしてチューリッヒへ飛びます!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/114-f0d4bf5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。