リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し備忘録、12月中旬
みなさんお元気ですか?
年の瀬は実にあわただしいですね!

僕もまだまだとっても忙しいんだけど、
そろそろ何やったか忘れてきたので、今のうちに日記書いておきます。

12月10日(月)
深夜帰宅、3週間ぶりの我が家は最高!家が大好き。本当は引きこもりが好き!
山のような郵便物や、広告の束と戦い、3時ごろ就寝。
8時ごろ起床、身の回りを片付け芸大へ・・・
久しぶりに行ったのに、今ひとつ出席率は低め。みんな忙しいのかしら?とはいえいちおう授業なんだから・・・
夜は文化会館でWTOの演奏会。
http://wto-elp.com/
今回僕は乗っていないのですが、いろんな人に会えました。自分のリサイタルのチラシが間に合わなかったのが悔しい。

12月11日(火)
朝、文化会館のコンサートのチラシ3000枚&ポスター40枚がやっと届く。これから頑張って撒かなくちゃ。時を同じくしてフルートの植村さんからもチラシが届く。とりあえず、芸大に持ってくか・・・
15時、毎日新聞の梅津さんに会いに竹橋へ、年明けに記事になるとのことです。楽しみ。
終了後は銀座のヤマハへ、「ドビュッシー」について、ちょっと資料を求める。実はとあるプロジェクトに応募したのです。そしたら、論文or楽曲分析を22日必着で出しなさい、って手紙が来てパニクってるわけ。
桐朋時代の同級生かとうくんが帰国中なので同じく同級生のアベさんと新宿で待ち合わせ色々と話を聴く。しかし新宿に紀伊国屋が2軒あるって、初めて知りましたよ。自分の行動範囲ではあの3丁目のしか知らなかったから、待ち合わせでちょっとしたトラブルが

12月12日(水)
なにしてたんだっけ?ちょっとサボるとこのように忘れます。
確か、疲れ果てて寝ていたような・・・

12月13日(木)
芸大補講。やっとチラシとポスターを置きに行く。
夕方、神戸よりぽっちゃり王子こと崎谷君が来京。自宅近くの居酒屋で呑み、鶯谷でラーメン笑、その後拙宅にて同郷会に発展し、オール(笑笑)

12月14日(金)
「眠眠打破」摂取の後、お昼過ぎ、フルートの植村さんと初セッション。とりあえずプロコだけ合わせる。それにしても、眠かった。ごめんなさい。次はちゃんとパッチリお目目で・・・

12月15日(土)
引きこもってグタグタしてました。

12月16日(日)
原田くんと打ち合わせ。南千住で待ち合わせて(日比谷線電車内で鉢合わせしたけど笑)山谷ディープゾーンの「カフェバッハ」へ。とっても美味しいコーヒーを頂けるのに、気取りもなくっていいお店でした。
その後拙宅へ移動しパソコン見ながら打ち合わせ継続。1月12日、面白いコンサートになりそうです!

12月17日(月)
久々に羽田空港へ行った。成田とはぜんぜん雰囲気が違うよね。検問もないし。
しかし未だに日本国内線の乗り方は今ひとつ慣れないです。
帰宅後は週末提出するドビュッシーのレポート作成のための構想を練る。いまさら。とりあえず、ヴァイオリンソナタの1楽章をアナリーズすることに決定。資料を拾い読み。

12月18日(火)
ドビュッシー、アナリーズ開始!突貫工事です!ベッドの中でスコアをにらみながら、気が付いたことをどんどんメモして行く。

12月19日(水)
12時、演連に召喚され神谷町へ。チケットなどを受け取る。さて必死で売らないと・・・
昼食の後神楽坂に移動、14時から音友でレコ芸のインタビューでした。コロムビアの村山さん、いつも付き添いありがとうございます!
終了後は御徒町によってタケヤで文具などを補充、祝儀袋も買いました。(そのココロは次の日記参照)
急いで帰宅。アナリーズ構想はひととおり終了。パソコンで打ち込みながらアイディアをどんどん文章にして行く。目標の8000文字には至らなかったけど、6000は超えたからまあよしとしましょう。

12月20日(木)
今日は譜例を作成、それにあわせて本文も訂正する。とりあえず、出来ました!
夕方は某友人と待ち合わせトッパンホールへ・・・
理奈ちゃんのリサイタル、のつもりだったんだけど、松本君とのジョイントだったのね。松本君のピアノに大変刺激を受ける。最近、紙と向き合ってばかりだったから、そろそろピアノが弾きたくなる。
終了後は神楽坂でモツ鍋。バブル以来のような・・・臓物好きです。
たいへんおいしゅうございました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/117-c770cf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。