リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走、佳境へ
12月21日(金)
今日はCDジャーナルのインタビュー、神保町の先方のビルはなんと引越し中!今日の18時に完全撤収、とは見えない状況でしたが、間に合ったのかな?
終了後は水道橋までテクテク歩きながら飲食店を物色、結局韓式定食屋でサムゲタン雑炊を食らう。その後ドトールに移動し、やっと出来上がったあるレポートの資料を整理したり、関係する先生に手紙を書いたり・・・そして封筒に詰める。三崎町の郵便局から思い切って発送。
これでひとまず一段落ですね。
帰宅後、明日弾く曲をちょっと物色。譜読みに取り掛かる。

12月22日(土)
午前中、調律師さん来訪。弦も5,6本張ってもらう。また全ての音が出るようになったよ!
ところが何に疲れていたのか、ちょっと弾いた後昼寝してしまう。
そして、夕方・・・
なんと、結婚式ですよ!
高田君とさやかちゃん、もう15年以上の長い付き合いの二人。やっと披露宴にこぎつけました。ホンマにおめでとう!!
青山病院の向かいにあるシェ松尾。誰かがここで結婚式したい、って言っていたような・・・
旧友、先生方にもお会いできました。美味しい料理と酒でグデングデンになったところで演奏のリクエスト
ドビュッシーとブラームスをちょこっと弾きましたが、どんな風に弾いたかほとんど思い出せませ~ん
いやいや、それにしても、花嫁は美しいですね!あ、もちろん日ごろからお美しい方ですけどね!今日は心底うらやましいと思ったよ。ますます幸せになってね。

12月23日(日)
ある用事で久々に桐朋へ行きました。しかし最近、ここも警備が厳しくなりましたよね。以前は呼び止められることなんてなかったのに・・・それだけ僕がオッサン臭くなったのだろうか。早く職員に復帰して、堂々とこの門をくぐれるようにならなければ。

12月24日(月)
ええ、練習しましたよ。もちろん。
シェーンベルクを中心にね。
夜は日暮里で飲み会。パリ仲間と、その友人、そしてその友人。みたいな。美人ぞろい、ではあったのですが色気のない飲み会です。
当初行く予定だったアイリッシュパブ「オコンネル」はなんとお休み。結局通常の居酒屋に居座る。しかし、なんだか空いてましたね・・・

12月25日(火)
練習しましたよ。今日も。
ノエル、ということでついにメシアンの「ノエル」に取り掛かる。あと10日ちょっとで弾かなきゃいけないのにね・・・
他にも「魔王」とか「楽興の時」とか、譜読みしなきゃいけないし、「ラ・ヴァルス」の解凍にも未だ取り掛かれて居ませんね・・・

12月26日(水)
12日のトリオの合わせで10月以来の国立へ。行きがけに年賀ハガキ200枚をやっと購入。15時からあわせ始めて、終わったのは結局22時過ぎてました。浄夜、すんばらしい曲なんだけど、長いし、ムズい!濃い数時間を過ごしました。
終了後は国立でスタ丼なるものを食し、ニンニク臭をバラ撒きながら帰宅しましたよ。やれやれ。

12月27日(木)
午前中はもちろんさらう。しかし年賀状の作成にもそろそろ本腰を入れないと・・・ということでどっちつかずの結果になる。
夕方は新宿へ向かいまずはハノ友人とお茶、その後桐朋の後輩千晶ちゃんが合流、誕生日プレゼントとともにチラシの束をドサっと渡す。もうマルチ商法のようにばら撒いちゃってください、とお願いする。
その後は渋谷に移動、僕のコンサートに良く来てくださるOさん親子と会食。この方、一見ただのオバさまですが実はスーパー科学者のため頭の回転の速いこと速いこと・・・娘さんも一見おとなしそうですが、病院でスゴ腕ふるってる方なんですよね。
おいしいうどんすき、初体験でしたよ。

12月28日(金)
今日も年賀状と戦いながらさらいました。
夕方はまたもや新宿へ、新宿なのに「日比谷Bar」、「日比谷Bar」なのに新宿。高田夫妻を囲んでの忘年会でした。それにしても、R.Y.さんが隣席にいらっしゃると、いつも飲みすぎるような・・・
しょーじき、こんな飲んだくれてる状況ではないのですが、参加すると大抵チケットを買っていただけるんですよね・・・今日も、ありがとうございました~!!

12月29日(土)
八王子で共演するヴィオラの宇野さんが来宅、ヒンデミット、あわせ。しかし、今朝になって譜読みを始めた(しかも前日の酒量の影響あって寝坊)もので、一回目はワケのわかんないこと弾いてしまってごめんなさい。譜面に書かれたテンポにかなり苦しんでいたんだけど、そのテンポではほとんど誰も弾きません、とのことで安心。次の合わせの時にはバッチリさらってきますよ~。
あまりにも荒れ果てた家に、これではモチベーションに支障を来たすとの判断より奮起してちょっと片付ける。ゴミもずいぶん捨てたし、買って以来ずっと放置していたイケアのキャスター付き引き出しも一つ組み立てました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/119-0175c23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。