リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明け早々ピンチ
どーも!
年明け早々ピンチが続いています。
自分の行動を忘れそうなのでそろそろ日記書いておきましょう。

1月1日(火)
文字通り、ただの火曜日でしたがなにか?
普通にネットサーフィンしてたらいつの間にか年明け。
何となく寝て、起きたらもうお昼前。

初詣なんて知らん、みたいな日記を書いたけれど、それじゃあんまりなんで、引越しの挨拶もしていなかった氏神様の下谷三島神社に詣でる。しかし、お神酒はおことわり、だって仕事だから・・・

15時に原田君を入谷駅に迎えに行き、そのまま小野照崎神社(学問、芸能の神様)に連行、文字通り、「困ったときの神頼み」をしてまいりました。

7541442_282553101.jpg


そして合わせ、リヒャルトの4つの最後の歌、まだ譜読み段階でゴメン!>原田君
ヴァイオリンソナタの方は少しマシでしょ?

白菜と鰹節のお雑煮は食べたけど、御節は無し・・・

1月2日(水)
八王子音楽祭のあわせでお昼から八王子へ、共演者たちと合わせをする。そしてその後ステージへ、ゲネプロ、のはずなのに、ステージ上で思い切り譜読みの延長の練習。
まあ何だか疲れました。
帰りは、一番早く来るのがスーパーあずさだったのでとりあえずそれに乗って新宿へ。途中で寄り道がしたくなり西口のヨドバシへ。一眼デジカメでも買おうとしたんだけど結構高かったのでソフマップを探したんだけど、新宿ソフマップは縮小していたのかデジカメは見つからず。
で、意地になって秋葉原に寄り、ソフマップで無事にデジカメ購入、じゃんがらでラーメン食って銀座線乗って三ノ輪駅のスーパーで買い物して帰ろうと思ったら休み。結局年明け早々オリンピックへ行くことに・・・

1月3日(木)
そりゃあもう、さらいましたよ。ちゃんと。
でも、昨日買ったカメラを試したのは当然の行動。
9532801_2191133785.jpg
9532801_1298789162.jpg
9532801_3153914809.jpg
9532801_1221517552.jpg
9532801_1968185227.jpg


1月4日(金)
上に同じです。6年ぶりのラ・ヴァルスに一週間もののメシアン2曲、そして3日物のシューベルトですからね・・・
夜9時ごろ家を出て、八王子のホテルへ向かう。
東京駅から中央ライナー、189系の3列グリーンを堪能しました。

7541442_1133780582.jpg


東京駅でお弁当買おうと思ってたんだけど、中央線ホームには駅弁売り場がなく、ビールだけ買ってどうしようって思ってたら、新宿で駅弁売店の目の前に着いたんで急いで釜飯弁当を購入、小旅行を楽しみました。

1月5日(土)
八王子音楽祭です。朝、ヴィオラの宇野さんのお宅で練習させてもらう。そして10時過ぎからゲネプロ、11時から本番。
現代曲でもないのに譜面をおいたのは今回が初めて・・・怖かったです。でも、僕は譜面を置くことに関しては実は肯定派。あまりに難しくて譜面なんかみる余裕がないって曲でもなければ、譜面見ていたほうがインスピレーションが湧きます。なんかその辺、今月の音友に特集されているようで・・・笑
午前終了後は若い子達のクインテットのリハを見学後一緒に食事へ・・・いや、そのシューベルトのすさまじい熱演とは裏腹に、何ていうか本当に若くて無邪気、ある意味ガキっぽい彼ら。中学生ってこんなもんだったかな、と思いつつ、彼らの演奏とのギャップにゾクっとする。

7541442_2061299573.jpg


夕方は16時から彼らのコンサート、僕は三浦君のヴィニャフスキと宇野さんのヒンデミットを伴奏。このヒンデミットが結構難しかったのだよね・・・

7541442_3389157437.jpg


終了後は八王子のコーヒー店で健全な打ち上げ!

そして僕と三浦君は仙川へ・・・それぞれの友達に会い、結局その後スタバでほぼ全員集合とはね・・・
結局帰ったら夜中でした。コーヒーの飲みすぎで眠れず・・・

1月6日(日)
自宅でレッスン、なんと飛騨高山からのお客様。
ピアノを始めて1年という小学校1年の女の子とその先生。
僕は始めて一年でこんなに弾けなかったなぁ>K545とか・・・

1月7日(月)
普通に、なだれ込むように芸大出勤日。
いつもは鶯谷で朝食を食べるんだけど、今朝は郵便局に行ったら思いのほか時間が掛かり、食べ損ねる。
途中、休んだ生徒さんが居たので根津駅の吉野家で朝食。
思いのほか高い出席率でフルに働く、合間にはシェーンベルクを練習。
終了後は9時前までレッスン室でさらい、帰りがけに久々に鶯谷立ち飲み。そして締めに家系ラーメン笑
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/121-ff8f9fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。