リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続く試練、東京編
1月15日(火)
12日のコンサートでお取り違えになられたコートを預かっていたので文化会館で待ち合わせ、寒い中チャリに乗りお渡しに行く。この方、某巨大鉄道会社の元会長さまだとか・・・クラと鉄道は切っても切れん!
なんとなく息抜きがしたくなり不忍池へ行くとゆりかもめの大群。
思わずレンズに傷の付いた携帯を取り出してしまう。

7541442_776022833.jpg

7541442_863855047.jpg

7541442_1942968636.jpg

7541442_1786540504.jpg

7541442_1614766324.jpg

7541442_3077217864.jpg


弁天堂のところで餌付けしていて、まあすごい賑やかでした。

なんとなく丸井に行って、ちょっとだけ服を買う。結局セール品にはあまり手を出さず。
昼食は広小路口向かいの東京牛丼で

1月16日(水)
良く覚えてないけど、練習してたはずです。
プログラム、入れ替えなきゃいけなくて必死!

1月17日(木)
上に同じです

1月18日(金)
朝は文化会館でピアノ選びとリハーサル、重要な書類の提出のため半分徹夜だったので、眠かったです。実は文化の小で弾いたのはこれが初めてです!まあ緊張するわ。
あまりにジャングルになっていたので美容室に行き急いでカットだけしてもらい、そのあとは溝の口で洗足の説明会&懇親会(←意味分かります?洗足学園のことです)。
明日リサイタルなのに余裕だね、とか言われるけど、余裕はまったくありやせん。でも、礼儀だとおもうので・・・

1月19日(土)
とにかく必死でさらいました。当日もさらいすぎたかもしれません。17時からリハ、19時から本番、ちょっと疲れてましたね。とても大切な機会なのに、ケアレスミスや集中力の途切れが目立つ本番でした。なにより、恐怖心の強さから表現意欲が少し低下していたように思います。久しぶりの重要な本番で緊張がいつもより大きかったってこともあるかも。それにしても、ベストコンディションで臨めるように、次はもう少しうまいことスケジュールを調整しないといけませんね。
でも、来てくれたお客様にはホンマに感謝です。398名だそうで、定員に比べればだいぶ少ないけど、まあ上出来でしょう。持ち出しはなくて済みそうだし、CDも120枚も買っていただけましたので・・・
サイン会もみなさん待っててくださって、本当に嬉しかったです。
でも、疲れました・・・
終了後はうちの親と家の近くで軽く飲む。

曲目

ドビュッシー 映像第1集
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差し 第11曲「聖母の最初の聖体拝領」
プーランク 主題と変奏

ドビュッシー 映像第2集
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差し 第13曲「降誕祭」
フランク 前奏曲、コラールとフーガ ロ短調

アンコール
ラヴェル ラ・ヴァルス
ドビュッシー 月の光

1月20日(日)
某地方都市より親子でレッスンにいらっしゃいました。(つまり二人のレッスン、てこと)
さすがに疲れていたのか、それだけをこなして、あとは大した仕事もしなかったように思います。

1月21日(月)
芸大日です。試験が近いのでやはり出席率がすごくよかったです。合間に、メントリの解凍に取り掛かる。いちおう21時過ぎまでさらって、またオリンピックで買い物して帰りました。一人鍋、一人宴会。
ちなみに、この日買ったものは、

味噌だれモツ焼肉
ぶり大根
和牛フィレステーキ
鴨肉、ネギの塩だれ
などに続々化けました。けっこう良いもの食ってるかも。でも、見事に全部半額で買ってるのよ

1月22日(火)
月刊pianoの取材でコロムビアへ、またまた調子に乗っていろいろしゃべってしまう。その後は徒歩圏の演連へ移動し反省会と、4月のリサイタルの打ち合わせ。
FAXリボンが切れていたのでアキバのヨドバシに寄って、他にもいろいろ買ってしまった・・・

1月23日(水)
12時から原田くんと合わせ、今度はリヒャルト全楽章とドビュッシーです。まあ、こないだ途中からやってあったから、そんなに不安はないかな?

1月24日(木)
14時から原田くんと合わせ、そして18時からはえりなちゃんと合わせ、たまたまリヒャルトが共通曲目なのだけど、二人の解釈の違いに改めて感心する。えりなちゃんとは、パルピティもちょっとチェックする。こういう、ピアノが本当に伴奏の曲って、テンション保つのが大変ですよね!でも、共感して乗せてあげないといけないもんね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/125-15a97091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。