リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後追い日記、広島編
最近、時が矢のように過ぎ去っていきます・・・
お父さまが広島出身の原田君の誘いで広島行ってきました。

1月25日(金)
今日は新幹線に4時間乗るので、良い休息になります。
という目論見で、徹夜作業。前回の日記もその間に書きました。
とにかく最近デスクワークが多いです。マネージャーがいないと苦労します・・・メールも一日10通近く書いている気が・・・(PCの)

9時50分ののぞみに乗るのに、例によって東京駅到着は3分前・・・
でも、今日は乗り込んだ瞬間、まだ発車ベルが鳴っていなかったのでよしとしましょう。
実は、500系、って初めて乗ったんですよ。浜松や掛川行くので主にこだま、ひかりユーザーだったので、のぞみってそんなに乗らないし。でも、写真とかとる余裕はなくって・・・
品川駅で原田君合流。

今日はとにかく天気がよくって、富士山もくっきり。
10404765_388786433.jpg

ちょっと寝てたら、関が原通過中。
10404765_2708498401.jpg


そうこうするうちに広島に着きました。
宿泊先はリーガロイヤルホテル。まあ払ってくれるんなら泊まります。13年前の前回は自腹で東急ホテルだったけど・・・
最近、その分現金でくれ!とかは思わなくなりました。笑
22階の部屋の眺めも良好。
10404765_1760402240.jpg

10404765_2717230386.jpg

さっそく歯科医師会に挨拶に行き、その後はスタインウェイのある「浜松ピアノ」さんへ。練習しました。
コルトーが弾き初めしたらしい1952NYスタインウェイ。ベートーヴェンが怖いですね。
10404765_1219148892.jpg

2時間弱あわせた後、27日の会場のウエストプラザへ・・・
僕が来るということで、新品のピアノを前倒しで入れてくれたんです。
10404765_4218250861.jpg

10404765_2164326280.jpg

2008年1月24日納入、って書いてあるでしょ?=
ここで、新しい命に魂を吹き込むために弾きこみ。

夜は、「酔心」なるお店で魚介をえっと頂きました。メバルの煮付けにオコゼの唐揚げに、カキフライくん!
10404765_3241259749.jpg

10404765_3992213146.jpg


いい気分で夜景も美しく、眠りに付きました。
10404765_2480736687.jpg


1月26日(土)
今朝は、高校の同級生のTちゃんの御宅に練習させてもらいに伺いました。Tちゃん、ご結婚されて、今はもうすぐ赤ちゃんが産まれる、ということで身重、なんだけど、今回いろいろとお世話になりました。
紙屋町から電車に乗って(どーでもいいが広島には東京と同じ、あるいは似た地名が多い。紙屋町、八丁堀、大手町、胡(えびす)町とか、とどめは「牛田早稲田」っていうバスの行先には仰天しました。東武線と東西線は直通運転してません・・・笑)、西観音町電停へ、Tちゃんが迎えに来てくれました。ホンマにおなかおっきくなってますね。大事にされてくださいね。再会を懐かしみちょっとお茶。
このTちゃんはチェリストさんなのですが、なんとスタインウェイ君をお持ちです。30年くらい前の、いい音の楽器でした。是非もっと弾いてあげてね。僕でよければまた行きますよ!
その後、ご実家に少しだけご挨拶、ご実家は舟入本町っていう街中の酒屋さん。ワインが積んであって、思わず目がキョロキョロしてしまいました。近くのお好み焼きやさんで、コテ片手にペロリと平らげました。写真も撮ることなく黙々とね。ごちそうさま。
そして、再び「浜松ピアノ」まで送ってくれて、合わせ。
終了後は今日の会場、リーガの宴会場でリハ。「広島県歯科医師会設立100周年記念祝賀会」というおめでたい席なのです。
10404765_1778248076.jpg

曲目は、ドビュッシー、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

しかしね、本番、うるさすぎましたよ。原田君の音を聴くのにも苦労するくらい。大画面に、僕の憮然とした表情が映ってしまったかも・・・
特に後ろの方にいる方々。前のほうのお偉いさんはきちんと聴いてくれたのに・・・
仮に礼儀としてであっても、一応聴いてくれる方、そして、本当に演奏を聴いてくれようとしている方がいるかもしれないのに、迷惑かもしれないって想像力は働かないのでしょうか?僕らは、いいんですよ。でも、他のお客さんに失礼でしょ?
そして、僕らを招いてくださった広島県歯科医師会のかたがたにも失礼だと思いませんか?僕らに、恐縮されていましたよ。ホストにそんなことをさせちゃったらダメでしょう?仮に、天皇陛下がご臨席されているパーティーでも同じことをやりますか?
でも、普段コンサートで、聴いてもらえる、ということが、どれほど幸せなことか実感いたしました。
僕らのときは遠慮していただいていた食事が始まっていたにもかかわらず、MCでガンガンに増幅したポップスのかたがたはそれなりにウケてましたね。なんか妙な敗北感を感じて彼らとは一言も会話しませんでした・・・笑、プライド高いんだね、僕。

終了後は今はエリザベト音大で先生をしてらっしゃるMちゃんとイタリアンバーで二度目の飲み。いろいろと毒を吐きあいましたよ。ええ。

でも、招いてくださったことにはホンマに感謝しています。
僕らもこれをひとつの経験にして、どうしたらあのような状態でも注目してもらえるか技を磨きますね!

1月27日(日)
少し早起きして、散歩。
10404765_1039208327.jpg

ホテルをでて
10404765_3980573861.jpg

地図で気になっていたハノーバー庭園、にも行きました。
10404765_1166840753.jpg

10404765_811889447.jpg

10404765_987742558.jpg



東急ハンズに開店と同時に入り、
今日のCD即売に使う袋を購入。
一度ホテルに戻りチェックアウトして、会場のウエストプラザへ向かいました。
リハと弾きこみの後、本番。
会場は満員になり、盛況でした。新広島テレビ(だったかな?)のアナウンサさんが司会をしてくださったのですが、さすがプロは雰囲気作るの上手ですね。お客さん、もともと客層も違いますが、昨日とはぜんぜん違う雰囲気で、釘付けになって聴いてくださいました。歯科医師会の会長さんと局長さんも来てくださり、今日は良い環境で聴いていただけましたよ!

広島市紙屋町ウェストプラザビル 5Fギャラリー
ドビュッシー ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
ドビュッシー 映像第一集
R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ
原田陽(vn.)
菊地裕介(pf.)

CDの即売は、Tちゃんと旦那さんが手伝ってくださいました。どうもありがとうございます!たかが10枚、されど10枚、一歩一歩売り上げを増やしますぞ!

終了後は広島駅に直行、あわただしく東京に戻ってきて、21時30分からひとり生徒君をレッスンしました。がんばったでしょ?

お世話になった方々、みなさん本当に良くして下さってホンマにありがとうございました。もちろん目標は広響定期ですが、こうやって一歩一歩努力します。また行きますね!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/126-6ce6c29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。