リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑のトリオ30's!笑
1月28日(月)
芸大の日です。広島の疲労を引きずりつつ・・・
今日も矢鱈に出席率が良好でした。
2月8日の試験前、今年度最後のレッスンでした。
みんな、頑張ってくれよぉ・・・
終了後は僕も、10時近くまで残って必死でさらいました。10ウン年ぶりに弾くメントリとかメントリとかメントリとかね・・・笑

1月29日(火)
えりなちゃんが谷中ホールのおじさんと仲良くしていて、ご好意で練習に使わせてくれるということで、お邪魔しました。
西日暮里だからチャリで10分ほど、近くてありがたいです。
ここ、すごーーーく響きます。お客さんが入ると緩和されるらしいのだけど、気持ちよすぎて、何が何だか、よくわからない部分もありました。でも、楽器も素晴らしいB型が入っていて、雰囲気が出て、本番が楽しみになってきました。

1月30日(水)
今日も谷中ホールへ、今日は大阪からりんたろーの登場です。徹夜明けだそうですごい顔して現れた彼ですが、やはり彼と弾くのは楽しい!おぉ、そうきたか?みたいな感じで、いろいろと表現意欲が湧きます。
休憩中に目の前の大島ラーメンに行ったり、終始和やかな雰囲気で練習しました・・・
ここ、なかなか良いですよ。それに近いし。そのうち、何かに使わせてもらおうかな・・・

1月31日(木)
今日は、自宅で合わせ。響きがないので、粗が目立ちますよぉ。でも、この両方でやっておけば、おそらく本番はその中間の響きでOKでしょう。
まずはえりなちゃんと、そして、りんたろー合流という流れ・・・結局、ピアニストは出ずっぱりですね。いつものことだけど・・・メントリとかも、一人だけずーっと弾きっぱなしだし16分音符だらけだし・・・笑
今回のプログラムを頑張って譜読み&解凍しつつも、合間には僕はバッハとベートーヴェンをさらわなければならなかったのです。なぜでしょうねぇ・・・?笑

2月1日(金)
15時にリハ入りでした。調律もちょうど上がったところ。僕が中学の頃良く家に来てもらっていたIさんでした。懐かしい・・・!
えりなちゃんは、そのスリムな見た目とは裏腹に、今日もとてもエネルギッシュな演奏。リヒャルトの2楽とか泣けてきました。デュオはこうでなくっちゃ、って感じでした。
りんたろーは「このあと俺入っていけるかなぁ?」とか言ってたけど、
いざ入ってくれば今日も絶好調!ステージの雰囲気も色が変わり、イケイケモードに!メントリもドラマチックに軽妙に、そして、アンコールのおふざけも程ほどに、笑
今日はホンマに良いコンサートだったと思います。文化会館の小ホールも、こないだよりもっと好きになれました。
来てくれたみなさん、ありがとう!

加藤えりなヴァイオリンリサイタル+α
R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ変ホ長調Op.18
パガニーニ イ・パルピティ

ドヴォルジャーック わが母の教えたまいし歌
アクロン ヘブライのメロディ
クライスラー 中国の太鼓
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番ニ短調Op.49
vc.金子鈴太郎
Peter Kiesewetter(b.1945) 悲愴的タンゴ
Monti/石川さゆり(笑) チャルダッシュ

終了後は不忍池の笑笑で打ち上げ。
今日のステージ4人組
7541442_3860364395.jpg


魅惑のトリオ30'sです。みんなタメで30歳
そして譜めくりはこないだ千葉で譜めくりしてくれたAちゃん、今回聴きに来てくれるってことだったのでついでにお願いしたら快く引き受けてくれました。おかげで今日も気合入ったよ。笑

2月2日(土)
ちょっとしたことで軽く落胆しつつも・・・笑、ピアノに軽く触り、鶯谷の松屋でブランチして(笑)仙川へ・・・
まぁ、ヤボ用なんですけどね。すごい先輩やら先生方やら懐かしい方々にお会いしましたよ。
用事の合間に、今日はアンカー久しぶりに空いていたので文雄くんとお茶しました。CDもやっと贈呈してまいりました。
夕方、用事は終わり、帰りがけに神田でまたジンギスカン食べましたよ。うまかった!!それにしても文雄くんは良く飲むんですね・・・笑

2月3日(日)
家の片付けとか、昼寝とかでほぼ一日が終わりました。雪も降っていたので引きこもることにしました。

9532801_885921754.jpg
9532801_1837707096.jpg
9532801_3095934422.jpg


外は、すごーく静かでした。

・・・しかし、家の中は、地獄です。
みんなさらいすぎ!それもなんか鬼気迫るものが・・・選曲のセンスとか最低だし・・・
何でそんなにリストとかラフマとかばっかり弾くのかなぁ・・・昨日僕が弾いてきたフーガも聴こえてくるし。
あ、でも、僕も、エステ荘の噴水譜読み始めましたよ。20日には本番なんだけど・・・笑。そういう曲なら好きですが・・・タランテラとかBACH(リストの)とかありえんし。もっと若い頃なら、弾いたかな、いや、どうだろ?
もっとハイドンやドビュッシー、フォーレとか、ショパンでもマズルカとか弾きなさいよ!みんな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/127-334f52c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。