リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルートにプロコに試験に結婚式にコンクール??
2月4日(月)
芸大はお休みですが・・・
合わせです!なんと12時から!そんな早朝に始めなくても・・・とか思った
クーラウの曲ってのが案外難しくって、なんかモシュコフスキーのエチュードを思い出させるような内容なんですよ。ピアノのドソロもあるし。
しかしプロコは良い曲だゎ
プロコつながりでロミジュリの譜読みも開始、こちら10日が本番です・・・それまで暇ならぜんぜん間に合うけど、実際は過密な予定の合間を縫って・・・メシアンの解凍もしながら・・・間に合うのか??

2月5日(火)
フルートつながり、というわけではないですが、瀬尾さん来日中のため銀座でお会いする。せっかくだから、ということでリヒャルトの"vn"ソナタとプロコをあわせる。いやぁ、できるもんなんですねぇ。フルートで・・・でも、レパートリーが多いって恵まれてるのかな?とも思った>ピアノね

2月6日(水)
今日も合わせです。12時から・・・
合わせ自体はスムーズに終わる。もっと主張してくれてもいいんだけどね
・・・で、またデスクワークですよ。まぁ言ってみれば自分を宣伝する書類なんですが、8時ごろまで掛けて編集しました。いつものExPackにつめて、小雪の中上野郵便局まで自転車を飛ばし、差し出してきましたよ。締め切りは明日だったからね。
そのあとも練習したっていうのが、僕の切羽詰り具合を物語ってます・・・

2月7日(木)
本番当日ですが、コンサートの曲だけさらう、というわけにいかないのが辛いところ。
入谷で乗った日比谷線が菊名行きだったので、そのまま都立大まで運ばれる。しっかし時間掛かるね日比谷線は。
15時にリハ入りだったんだけど、朝、きちんとさらったので少々遅刻。しかし、譜めくりさんはもっと遅刻、というわけで、ホールでも練習できました。
前半はいまいち熱があがらなかったけど・・・
後半は曲への愛情に助けられ、やらかしつつも熱演したと思います。
終演後はえりなちゃんと軽く飲み。
おつかれさまでした。

めぐろパーシモンホール
植村順子フルートリサイタル
H.カスキ:フルートソナタ 変ロ長調 作品51
F.クーラウ:フルートソロの為のファンタジー ニ長調 作品38
F.クーラウ:ウェーバーの歌劇『オイリアンテ』による主題と変奏
作品63
* * *
J.S.バッハ/P.マイゼン編:無伴奏チェロ組曲(フルート版)
より第2番ニ短調BWV1008
S.プロコフィエフ:フルートソナタニ長調 作品94

2月8日(金)
G大副ピの試験でした。早朝10時ちょっと前に集合、それぞれの部屋へと向かいます。皆さん、集合時間はちゃんと守りましょう。遅刻もせいぜい5分か10分なら許容範囲、てか時には礼儀ですらあるけど、集合時間30分後にだれも入って来ない、ってのはねぇ・・・
某先生が横でピリピリしているのが伝わってきて、少々緊張・・・笑、しかし、服装のことにしても(コートのまま弾きだそうとした輩がいたりして)、カードの出し方とか(片手で投げるように突き出したりしちゃぁいけません)代表して叱ってくださったので、われわれ助かりました。勉強にもなったし・・・
僕も一人にだけ小言を言いましたが・・・
今回の部会は僕もおとなしくしていました。雰囲気に慣れてしまった、という部分もありますが、こないだみたいなタイムリーな怒り(笑)も無かったしね。今度の新任さんたちも紹介され、一年経ったことを実感しました。
精養軒個室で立食の懇親会、いやぁ、身分不相応ですねぇ。会費もお高かったけど・・・笑
先生方の意外な(でもないか・・・)一面も見られて、緊張しつつも楽しく過ごしました。そして、自分の立場がだんだんこちら側に近づきつつあることを実感、受け入れなければなぁ、という気分にもなりました。
しかし、酒は一滴も飲めませんでした。練習しなきゃならんもんで・・・
そして、眠かったけど本当にしたんだよ!

2月9日(土)
今日は一つ下の従姉妹、春香の結婚式で横浜へ。朝も申し訳程度にさらう。午前中音出しなんて・・・
最近、東京駅から東海道線に乗ると、E217に当たる機会が多いです。少数派なのに・・・
会場はみなとみらいホール裏のホテル、レストランはトゥーランドット、ですよ!
長らく会っていなかった親戚たちに再会、懐かしみつつも写真撮ったり、結構な過密スケジュール。
しかし、彼女の弟であるさらに4つ下の従兄弟も12月に結婚するとかでフィアンセを連れてきていました。それはいいとして、みんなであんたはどうするの?とか聞くのやめてくださいよ。そんなの、想像も出来ません。金なし時間なし人望なし・・・まぁ、幸せそうでうらやましい部分もあるけど、僕はその前にやることが山のようにあるんです!
こちらもほとんど飲めずに、タイミングの良いところで月の光弾いて、退席してまいりました。帰りは睡眠時間にしようと思い桜木町から京浜線乗ったんですが、結構良く眠れて鶯谷に着く頃には頭もスッキリ、帰宅後はちゃんと23時まで練習しましたよ。

2月10日(日)
さてさてやってきました錦糸町ダブルヘッダー。
8時45分というまぁ僕にとっては信じられない早朝にリハ。
7時起床で、支度もそこそこにバスに乗り込み、トリフォニー向かいの松屋で朝食(笑)
実はこのホール使うの初めてなんですよ。4月にメシアン弾くので、今日、様子が見られて良かったです。まあそんなに響くホールではないんですね。
本番まで時間があるので、今回主催の日本屋の社長さんがお店のホールまで連れて行ってくれて練習。
今日は、こどもたちのコンクールだったんですね。それで、午前と午後の部それぞれ最後にゲスト演奏、という立場でした。
アドバイザーとしてお越しだったのはあの根津さまのお母様と國谷先生でかなり緊張!

写真撮影を待つ間に弁当をかき込み、そしてCD販売、サイン会、即着替えてまた練習、みたいな感じで、頑張りました。

前半 13時
ハイドン ピアノ・ソナタ第46番変イ長調Hob.XVI-46
ショパン マズルカ作品33(4曲) 

後半 17時30分
ドビュッシー 月の光
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差しより
第11曲「聖母の最初の聖体拝領(Premiere communion de la Vierge)」
第10曲「喜びの聖霊の眼差し(Regard de l'Esprit de joie)」
プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」からの10の小品Op.75より
~別れの前のロメオとジュリエット (Romeo bids farewell to Juliet)

ドビュッシー 金色の魚

終了後は隣のホテルの豪華中華料理!今日こそ、ビールに紹興酒に焼酎各種を飲みまくり、花束と酒瓶抱えていい気分で帰宅いたしました。
みなさん、ホンマにお世話になりました!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/13 00:00】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/14 01:15】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/14 02:11】 | # [ 編集]

素敵な演奏ありがとうございました。
はじめまして。
2月10日の錦糸町は、長時間大変お疲れ様でした。
錦糸町の第2部の方で、菊池さんの演奏を聴かせていただいた者です。

ステキな演奏を、本当にありがとうございました。特にメシアンは感動ものでした。
最初の曲は香りまで漂ってくるような。2曲目は映像が迫ってくるような。
忙しい曲なのに、余裕があり説得力のある語り口調で、本当にすばらしかったです。
CDも素敵な演奏ですね。買ってから何度も聴きました。いまやお気に入りの1枚です。

素人が偉そうなことを言ってしまいましたが、一言この感激とお礼を伝えたいと思いました。
今後のご活躍を心からお祈りします。
また素敵な演奏を聴かせていただけるのを楽しみにしておりますね。
【2008/02/14 23:23】 URL | MM. #- [ 編集]


コメントをお寄せくださりありがとうございます。
一部のコメントは、ちゃんと管理人だけに見えているのでご心配なく!

>>MM,さま
よろしければ4月の演奏会もお越しくださいませ。
あの調子で20曲ですから、準備がめちゃくちゃ大変です。聴くのも大変です。
が、最後には必ず泣かせます。ていうか弾いてても泣きます・・・素晴らしい曲です。
【2008/02/15 09:41】 URL | 管理人 #lgQT.hkU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/128-1914cae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。