リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや休暇ではない
2月17日(日)
午前中は調律に来ていただく。
2ヶ月弱で切れ弦はほんの3本だったから、少しローペースになりましたね。しかし、いくら調律してもらっても、誰に調律してもらっても、調子いいのはほんの数十分、あとは最低1ヶ月は妥協の世界。どうしてピアノってすぐ狂うのかな?かといってデジピでさらおうとは思いませんけどね・・・
夕方、ひとりだけ生徒来訪、ちょっと厳しいことを言う。
夜は後輩のS子ちゃんと日暮里のO'Connellでビールを飲む約束をしていたのに、また休み・・・
今度は電話してから出掛けなきゃ・・・

というわけで、日本屋さんに頂いた「あやかし福助」なる芋焼酎で二人で宅飲みしました。台所でスキヤキとかビンボー臭いけれど、焼酎は逸品でした。冷蔵庫もかなり溢れ気味だったので・・・

2月18日(月)
雑用などしながらのんびりと過ごしました。
もちろん、名古屋の曲は頑張ってさらってましたけど・・・
夕方玲子ちゃん来訪、23日のコンサートの合わせをする。すごい迫力ですね!こちらも表現意欲が湧くってもんだ!その直後にY島さんが楽譜を取りに一瞬来訪、3人でつかの間の再会を楽しみました。
みなさん帰宅後は・・・さらいました。

2月19日(火)
今日は出掛けもせず、家でさらってました。
といっても、そんなに真面目に過ごしたわけでもなく、相変わらず休暇モードは続いちゃってますけど・・・

2月20日(水)
名古屋行きです。
相変わらずのあわただしさで、東京駅ダッシュは今日も健在。
でも、今日は山手線京浜線ともに遅れてたせいです。いつもより5分以上余計に掛かったから・・・朝出発の定番、東京駅のうず潮で朝食、3分で済ませ、ダッシュしました・・・
会場は豊臣秀吉と加藤清正が生まれた、という地にある公園の一角にある、400席くらいのホールでした。
初代CF-IIIみたいなのがありました。とにかく弾きまくってたたき起こす。そして僕の記憶も定着させる。
そんなに素晴らしいホールではないですけど、家でさらっているよりはやっぱりずっと楽しいですからね。
18時30分からの本番ではいつもどおりトークも交えて・・・
名古屋はうちの母方のルーツなので、親戚筋がけっこう来てくださり、盛り上げに成功しました。演奏も、多少の事故はともかく、コンサートとしては悪い内容ではなかったと思います。
CDも予想を遥かに上回る枚数が出ました。お客様も素直でいらっしゃいます。
11489850_2265356148.jpg
最近はトークも慣れてきて
11489850_851329040.jpg
結構大きくアクションしてるんですね
11489850_1354361829.jpg
比べるとおじさんですねやっぱり・・・
11489850_149837644.jpg
こうしてみるとまだ若いですね(両脇は祖父母です)

名古屋市中村文化小劇場
文化プラザ名曲コンサート
菊地裕介演奏曲目
リスト 巡礼の年第3年より
エステ荘の噴水(Les jeux d'eaux a la Villa d'Este*)(1877)

メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差しより
第11曲「聖母の最初の聖体拝領(Premiere communion de la Vierge)」
第10曲「喜びの聖霊の眼差し(Regard de l'Esprit de joie)」

プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」からの10の小品Op.75より
~別れの前のロメオとジュリエット (Romeo bids farewell to Juliet)

ドビュッシー 前奏曲集第2巻より、第12曲「花火(Feux d'artifice)」

アンコール
金色の魚、月の光

後半はベテランの佐藤康子先生。
これまた盛り上げました。プロだなぁ。

終了後はすばらしぃ料理をいただき、すばらしぃホテルへ。
まぁ見てくださいまし。
11489850_152903369.jpg
一瞬手をつけてしまい・・・
11489850_1011784214.jpg
ほたてとそら豆のしんじょでした
11489850_2244163453.jpg
太刀魚の刺身って初めてでした
11489850_1461326018.jpg
全てが絶妙なバランス
11489850_2561060238.jpg
割烹でパンナコッタ、でもベストに入るお味
11489850_23982102.jpg
まぁ撮りますよね。33階のお部屋です。
11489850_2674522657.jpg
バベルの塔にしては低すぎます。これ。
11489850_45552607.jpg
いい部屋だ!じーん・・・

お世話になったMさん、そしてN家一同イチビキの皆さん、ホンマにどうもありがとうございました。

2月21日(木)
朝はゆっくり朝食をいただき、電気文化会館というところへ。
ここの館長さん(昨日も来て下さいました)が僕に興味を持ってくださってホールを見せてくださいました。こちらは昨日のところとは違い本物のコンサートホールで、いい響きでした。ピアノも30分くらい触らせてもらいましたが、やはりさらに表現意欲が湧きます。いつか呼んで下さる、そうですので、実現できるように頑張りますね!
終了後は味噌カツ弁当とビールなど買い込み、ふつーの700系に乗って、ふつーに帰宅しました。今日は、帰ってからはさらいませんでした。

2月22日(金)
ゆったりと目覚め、午前中はゆっくり過ごしました。リヒャルト、すこしはさらいましたけど。
2時過ぎに玲子ちゃんが成田から日暮里到着、久しぶりにダージリンでインド料理。満腹になったところで合わせをする。最初は消化中で寝てましたが、だんだん調子出てきましたね。特にある人物の話をしてから・・・笑
本当はパウゼでの友人のコンサートに行きたかったのですが、さすがに無理でした。ごめんなさい。

2月23日(土)
買ってしまいました山手線駅メロ目覚まし時計Part.1
http://www.eki-net.biz/ekinet/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=49642
これで快適かつ泥臭いお目覚めが待っている、と思って
さっそく使い出したのはいいんですが・・・

しかし、現実には今朝もバッハのフーガでお目覚め。僕も最近弾く必要があって練習していたフーガですよ。
ただひたすらリピート練習なさるのは結構なのですが、(最近になって声部ごとに練習したりなさるようにもなりましたが・・・)ずいぶん長期間弾いてらっしゃるのに相変わらず明らかな音間違い、譜読みミスが3つ。先生は何を見てるんでしょうねぇ・・・?

何日間か自分も同時に練習したりしてたんだけど、ぜんぜん直らないんですよ。暫く放置してたんだけど、今日はたまりかねて、あちらさんの一瞬の沈黙を狙って、一所懸命、間違ってるところが分かりやすいように、弾き比べたり、正しい音だけ連打したりしたのに、再び弾きだすかの人、なーーーーんも変わらず頑ななんです。
決して上から目線で物を言っているわけじゃありません。
実際、僕はその方の練習から自分の音間違いを一つ発見して、すぐに直しましたからね。ありがたいことです。こういうのって相互刺激、切磋琢磨だと思うのですが・・・みなさんも、CDとか他人の練習とか聴いて「アレッ?」って思い音間違いを直した経験、おありですよね・・・?

結論としては、もしかして先生が言っても直らないのかもしれない。本人の責任。そして、やはりソルフェージュは重要、ということになりました・・・・

今もまた練習なさってるけれど、そこに来るとついつい耳がダンボになり、直後に強い失望を味わいます。すごいストレス。
でも、やっぱどこかかわいそうだから教えてあげたいけど・・・僕の仕事じゃないもんね・・・
心当たりがある人はこっそりメールください・・・

さて、本番の準備しよっと!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/130-d0dda0db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。