リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみと悲しみ・・・
3月3日(月)
先月インターネットで衝動買いしたCDラックが届く。
同じマンションの学生君に手伝ってもらい組み立て。
去年の10月以来箱詰めのまま放置されていて我が家の大部分を足の踏み場もない状態にしていたCDたちがやっと納まりました。
もうリッピングしてパソに収めるのとかあきらめた。
7541442_1565787557.jpg

写真には収まりきらないサイズ・・・1668枚収容の優れものです。

夕刻、山岡先生の生徒さんがウクライナでのコンクールの準備のため来る。すごいなぁ、僕が13歳のときはとてもこんな風に弾けなかったです。このときも先生のご病気を心配していたのですが、まさか翌日にその日がやってくるとは思っていませんでした。

3月4日(火)
山岡先生の訃報に呆然。
同世代のピアニストの中でももっともお元気そうな方だったのに・・・
お加減が非常によろしゅうないとは伺ってましたが、つい数ヶ月前お元気なお姿を見ていたばかりなのでやはりショックです。

謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

生徒さんが二人来る。

3月5日(水)
ゆっくり練習したり書類を整理したりしてました。

3月6日(木)
午後は玲子ちゃんと合わせ、
その後表参道のカワイで宮澤むじかちゃんの演奏会。
緻密に準備された、繊細で女性らしい演奏でした。
文雄君と3人で・・・
7541442_4081294994.jpg


この、トレモロ会というシリーズ、次回は僕が出演します。
6月25日です。
打ち上げに便乗させてもらい、
食べた品の数々・・・ごちそうさまでした。
7541442_2013748769.jpg

7541442_4156735491.jpg

7541442_2463893920.jpg

7541442_3829864556.jpg


3月7日(金)
午前中は玲子ちゃんと合わせ。だいぶ素早い仕事ではありましたが、当日の瞬発力に全てを賭けて解散!
僕はその後仙川へ、S先生とO先生、懐かしい顔ぶれで安心するっていうか、なんか緊張しません。同じく新任の4月からの同僚さんとも顔合わせしました。
彼女とアンカーでお茶&僕は遅い昼食・・・

3月8日(土)
朝は髪を切ったり染めたり・・・なんか白髪増えたみたい・・・

そしてまた銀座シャネルで玲子ちゃんのコンサート。
今日も熱く厚く暑く篤く音楽しました。楽しかったね!

プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ2番
ドビュッシー ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
あとイザイの4番。

7541442_312163789.jpg

(なんか偉そうな僕)

終了後は、今日もフメクリストしてくれたあゆみちゃんと3人で、日本橋の三井タワーマンダリンホテル最上階へ(またかよ・・・)
レストランの景色も料理もなかなか良かったのですが、
7541442_3678094280.jpg

(ナパ・ヴァレーのクラレットを開けてみた)
7541442_2640994956.jpg

(りょーちゃん、怖いよ・・・笑)
7541442_962245019.jpg

7541442_983588782.jpg

すごかったのはトイレ・・・話には聞いていたのでカメラを持参←田舎者
7541442_2030272137.jpg

(モザイク掛けられなくてすみません)
ちなみにこのビル、我が家からも見えるんです。
でも逆を探すのは面倒なんでやめました。

あゆみちゃん離脱後は、玲子ちゃんと八重洲のバッカスでビールさらに3杯追加して、帰ってきました。

3月9日(日)
山岡先生葬儀のため横浜へ・・・大変悲しく寂しいひとときでした。
しかし、会場が狭すぎて全員は入れなかったんですが、廊下に溢れたんで中の様子に聞き耳立てていたのに、うしろのオバサマがたがペチャクチャうるさくて聴こえないんです。仮にもお葬式なんですよ。不謹慎にも程があると思いません?ヒソヒソ話だって十分耳障りなんです。小学生だってもう少し静かにできるんじゃないでしょうか?何度かため息混じりに睨み付けたんですが気付く様子も無し・・・モラルってなんなんでしょう?もしももしもあの方々が仮に偉い先生だとしても、お里が知れます。
会場は高台の上で、眺めもよく、春の陽気がとても気持ちよかったのが切ないです。

帰りは鶯谷で久々にラーメン。
夜は買い物に出まして・・・半額のものを10点以上購入、定価とは4000円近くの差が付きました

3月10日(月)
午前中は戴冠式の譜読み、午後はレッスン。
夜は自作のヴォンゴレ。
7541442_2447450669.jpg


おやすみなさい。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
チェックしてなかった~~!!
久々に見てみたら、さりげなく私が居るではありませんか!(笑)
お手洗いの写真もアップしてたんだ、確かにコレハ笑え・・・すごいですね。

いやぁ、今思い出してもプロ子+ドビュッシー楽しかったですわ~、また弾きましょ弾きましょ!
メシアン辺りいきますか?
【2008/03/26 13:28】 URL | 玲子 #- [ 編集]

遅いヒト
こっちはアップするの遅いんですゎ。

楽しかったねぇ。ぜひまたやっちゃいましょうよ。メシアンやっちゃいましょう。
【2008/03/28 01:33】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/133-26b78846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。